読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年11月30日 甲武信ヶ岳(日帰り)

 

f:id:yamajoshi:20141202170023j:plain

 

毛木平P〜ナメ滝〜千曲川源流〜甲武信ヶ岳山頂〜千曲川源流〜ナメ滝〜毛木平P(ピストン)

 

シャクナゲの季節からずーっと行きたいと思ってた甲武信ヶ岳にお仲間さん達と行ってきました!今シーズン初の雪山です。6時から登山開始予定だったので車中泊しました。

 

毛木平駐車場までは高速降りてからけっこう走ります。途中から真っ暗でビミョーにわかりにくかったです。でも、その代わり駐車場に着いた時は満点の星空が見れました〜☆この時期にしては、あまり寒くなかったです。ちなみに、駐車場のトイレはすでに冬期閉鎖中でした。

 

f:id:yamajoshi:20141202170141j:plain

 

5時に起きて、予定通り6時には登山開始。この時は快晴で風も全然なかったから、今日は暑くなるかな?なんて心配してたんだけど…

 

遊歩道みたいなところを歩いて行くと水の音がして、沢沿いの道になりました。ここから、千曲川の源流ポイントまでは、ほぼ沢沿いの緩い坂道ですっごく気持ちのいい道でした。夏に来たら沢で遊べて、苔も綺麗でめちゃくちゃ良さそうです!

 

山の北側になるので、太陽が登ってもなかなか日が当たるようにはなりませんでした。歩いている分には全然寒くなかったから問題なかったけど、霜やツララがだんだん目に付くようになってきて、やっぱり寒いんだな…って感じでした。沢も所々凍ってる部分が出てきました。

 

f:id:yamajoshi:20141202170225j:plain

 

ナメ滝自体はあんまり大した滝じゃなかったけど(笑)手前はすでに大きく凍っていて、氷と滝のコラボがなかなかいい景観を作りだしてました。

 

f:id:yamajoshi:20141202170326j:plain

 

ナメ滝を過ぎてしばらくすると登山道も少しずつ凍り始めてきて…。まだ大丈夫だろうと思ってたのに勢いよく転んじゃいました(汗)膝が痛かった〜。2回は転びたくないから、カンプのアイスマスターを装着!これで怖いものなし(笑)

 

途中、すれ違ったおじさん達は小屋閉めしてきた方達でした。山頂の様子を聞いたら『風もなくて、富士山が良く見えるよー』ってことだったから、みんなですっごく楽しみにしてたんだけど…。だって、この時はまだめっちゃ快晴で真っ青な空だったし。

 

f:id:yamajoshi:20141202170420j:plain

 

 

その後も急登という急登はなく、沢沿いの同じような感じの道をずっとユルユル歩いて行きました。ちょっとずつ雪の量が増えてきて、沢の氷も増えてきました。沢の氷達は出てくる度に芸術的で、ついつい足が止まります。

 

f:id:yamajoshi:20141202170527j:plain

 

千曲川の源流は、下からポコポコ湧き出てました。もちろん冷たかったけど、おいしいのかどーか味はよくわからず…。喉が渇いてなかったからかな?!結論は、暑い時の方がお水はおいしーねってことでした(笑)

 

源流ポイントで沢とはお別れして、やっと登りらしい登りが始まります。さっきまで、ところどころ雪だったのがほぼ全面に雪になりました。アイゼンしてるのが楽しくて、雪もアイスバーンもガシガシ歩きます。このアタリから雲が出始めてきて、なんだか天気が怪しい感じに…。

 

30分くらい登ると稜線にでました。金峰山に続く道との分岐点です。せっかく稜線に出たものの、嫌な予感は的中。風は出てきたし、曇ってるし、ガスもすごいしでなーんにも見えませんでした。それでも一縷の望みにかけて山頂に向かいます。

 

f:id:yamajoshi:20141202171015j:plain

 

稜線に出てからは大した登りはないって思い込んでたのに、以外と登りがありました。お仲間さん達のペースが早く、ついていくのに必死(苦笑)頑張ってたら木の根っこに引っかかって転んじゃいました。本日2度目の転倒…かっこ悪過ぎる(泣)

 

ちょっとした岩場を登りきると山頂に着きました〜!山頂は意外と狭かったです。雪は10cmもなかったかな。風は強く、ガスで何も見えません。さっきまでは富士山が綺麗に見えてたはずだったのに…。全然晴れる気配もなく、寒かったので、写真だけ撮って下山することに。

 

山頂にはこんなかわいい観音様(?)がちょこんと雪に埋もれてましたよ〜。みんなの無事を見守ってくれてるのかな?

 

f:id:yamajoshi:20141202170645j:plain

 

風が避けられて、ちょっとしたスペースのある千曲川の源流ポイントまで下ってランチにしました。ランチ食べてたらちょっとずつ太陽と青空が戻ってきて、なんだかちょっと悔しかったけど、またシャクナゲの季節に来たいから、山頂の眺望はその時まで楽しみにとっておきます。

 

みんな健脚だからすごいスピードで下山したけど、登りの時には日影だった沢に日が当たるようになってて、流れはキラキラ、釜は青くなってて、実は登りよりも景色が綺麗だったんだよ~☆みんな気付いたかな?

 

山に登り始めてから1年が過ぎて、そこそこ数は登ってきたから少しは歩き方も上手になって、体力もついてきたかなーって思ってたけど、アイスバーンで簡単に転んじゃうし、みんなには置いてかれるしで全然ダメ(苦笑)まだまだひよっこ、経験が足りないなーと実感した山行でした!