2018年6月3日 三国山~三角山(日帰り?)

f:id:yamajoshi:20180614215352j:plain

 

三国峠P~三国峠~三国山頂~三角山頂~三国峠~東屋~三国峠

 

白砂山でシラネアオイにもムラサキヤシオにも会えちゃったんだけど、もっとたくさん咲いてたりして…なんて可能性に期待して三国山と三角山にソロで行ってきました!せっかくここまで来てるなら平標山に登るのもありかな…って思ったりもしたけど、平標山は混んでそうだし、お花に足止めされてかなり時間がかかっちゃいそーだったので、前から気になってた三国山にしてみました。

 

車中泊した道の駅中山盆地から三国峠までは40分くらい。予定では湯沢側の登山口から登って、三国山~三角山~大源太山~三角山って歩いて、三角山から朝貝に下って、R17を歩いて駐車場に戻ろうと思ってたんだけど、湯沢側の駐車場が工事中との情報を前日夜にキャッチしたので、群馬側からピストンすることにしました。アップダウンがあるからピストンするのも迷ったんだけど、舗装路を50分も60分も歩くのもイヤだったしね…

 

群馬側の駐車場も3ヶ所のうち1ヶ所は工事中っぽかったです。トンネルに近い狭い駐車場に停めようかと思ったんだけど、時間が余ったら東屋側から下山しようと思ったのでトイレのある大きな駐車場に停めました。2ヶ所ある登山口のうち、1ヶ所は大きな駐車場の斜め前のコンクリート切れ目のところ、もう1ヶ所は三国トンネル入口手前を右側にありました。

 

f:id:yamajoshi:20180614110800j:plain

 

緩い登りが九十九折に続きました。せっかく車中泊したんだから早く出発すればよかったのに、なんだかんだで遅くなっちゃったから登りはじめからすでに気温が高かったです。でも、樹林帯の中で日陰だし、たまに風が通ったので順調に登って行けました。陽ゼミが大合唱してて、夏みたいな感じだったけど。

 

f:id:yamajoshi:20180614110949j:plain

 

サワハコベ

 

f:id:yamajoshi:20180614111116j:plain

 

朝露を纏ったムラサキサギゴケ…

 

f:id:yamajoshi:20180614111148j:plain

 

ニョイスミレ…。朝露でキラキラ☆

 

f:id:yamajoshi:20180614111209j:plain

 

これは何だっけ?

 

f:id:yamajoshi:20180614111310j:plain

 

わー、白いのもいました。シロバナサギゴケ

 

f:id:yamajoshi:20180614111331j:plain

 

東屋へ向かう分岐を通過してしばらく平坦なところを歩いて行きました。このフサフサのお花は…?

 

f:id:yamajoshi:20180614111417j:plain

 

そして、三国権現のある三国峠に到着。無事に下山できますよーに☆鳥居の後ろには最初に目指す三国山が見えました。

 

f:id:yamajoshi:20180614111458j:plain

 

ノミノフスマ…かな?

 

f:id:yamajoshi:20180614111538j:plain

 

朝露を纏ったニガイチゴ…

 

f:id:yamajoshi:20180614111604j:plain

 

ヤマハタザオも花びらの周りに小さい水滴をつけててめちゃくちゃカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180614111709j:plain

 

神社の右側から登山道に入って、ウワサの階段に取り付きました。あやうく、湯沢側の登山口に歩いて行きそうになって、また、道を間違えそーになっちゃったよ(汗)。前日の白砂山は途中から力任せに登っちゃって最後の方の登りがちょっと疲れたので、今日は最後まで余力が残せるように丁寧な足運びを意識しました。三国山の山頂までは苦手な階段が多いのわかってたから、特にね…

 

f:id:yamajoshi:20180614111739j:plain

 

蕾が多いけど、ウラジロヨウラク…。数はあんまり多くなかったかな。

 

f:id:yamajoshi:20180614111946j:plain

 

まだヤマツツジが咲いてました。蕾もあったけど、花びらがシワシワなのが多かったです。

 

f:id:yamajoshi:20180614112007j:plain

 

延々と続く階段にはコケが生えてつところがありました。ちょっと毒々しいよね…

 

f:id:yamajoshi:20180614112050j:plain

 

ツクバキンモンソウ…

 

f:id:yamajoshi:20180614112110j:plain

 

樹林帯から完全に抜けて周りが見渡せるようになると左武流山方面がスッキリ見えました。昨日とは反対側から見てる感じだねー

 

f:id:yamajoshi:20180614112241j:plain

 

相変わらず可愛いサラサドウダン…

 

f:id:yamajoshi:20180614112309j:plain

 

板っぽい階段も登って行きます。とにかくひたすら階段続き(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180614112336j:plain

 

しばらく階段を登ると平坦になりました。少し広くなってるところもあって、ベンチがたくさん置いてあったので休憩するのに良さそうだけど、まだまだ登り始めなので進むことにして、目の前に見える三国山に向かって再び階段ゾーンに入って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180614112436j:plain

 

三国山の巻き道分岐を通り過ぎて、まだまだ階段を登って行きます。…でも、ここは階段が斜めになりすぎちゃってるから、脇を歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180614112754j:plain

 

さっきからずーっと見えてた苗場山&苗場村。雪、少ないね…。苗場山もお花がすごいんだよね~。行きたいなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180614112853j:plain

 

そして、三国山への最後の階段です。階段苦手な自分的には珍しく、疲れずにけっこういい感じで登ってこれました。

 

f:id:yamajoshi:20180614112925j:plain

 

ということで、三国山頂に着きました~♪ 誰もいな静かない山頂です。下に軽トラ1台しか停まってなかったしね。って思ってたら、すぐにオニイサンが登ってきました。なんか、鈴の音がしてるなーとは思ったんだよね。そして、山頂にはたくさんのベニサラサドウダンが咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180614110441j:plain

 

幸福の鐘を鳴らしてから、先に進むことにしました。歩き始めてしばらくするとムラサキヤシオがたくさん咲いててテンションUP!

 

f:id:yamajoshi:20180614212354j:plain

 

このアタリは終盤に近かったけど、白砂山のムラサキヤシオに比べたらかなり状態はよくてキレイに咲いてました。青空に濃いピンクのお花が映える~♪ ずっと写真撮っていたかったけど、まだまだ咲いてるかもしれないのでとりあえず先に進むことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180614212442j:plain

 

マイヅルソウ…。白砂山はまだ咲いてるお花は少なかったけど、こちらではちょこちょこ咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180614212518j:plain

 

予想通り、ムラサキヤシオだらけの道をゆるーく下って、巻き道と合流してさらに下って行きました。目的のムラサキヤシオがたくさん見れちゃったので、実はすでに満足気味でした(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180614212654j:plain

 

ムラサキヤシオもたくさん咲いてたけど、イチバン多かったのはベニサラサドウダンかも?あちこちに鈴なりに咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180614212725j:plain

 

そして、シラネアオイも咲いてました~!さすがにこのアタリだともう終わっちゃってるかなー?って思ってたけど、咲き残っててくれました♪

 

f:id:yamajoshi:20180614212804j:plain

 

イワナシはこちらでもやっぱり終盤…

 

f:id:yamajoshi:20180614212914j:plain

 

カエデのお花…。何カエデかはわかりません(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180614212952j:plain

 

遠くに平標山と仙ノ倉山を眺めながら歩いてると、樹林帯に入ってちょっと急な下りになりました。 

 

f:id:yamajoshi:20180614213058j:plain

 

ここにもアズマシャクナゲが咲いてました。カワイイー♡

 

f:id:yamajoshi:20180614213148j:plain

 

そして、引き続きムラサキヤシオも…。透け感がキレイです。ってゆーか、こんなに咲いてるんだったら、望遠レンズ持ってくればよかった(泣)

 

f:id:yamajoshi:20180614213333j:plain

 

樹林帯を抜けて、目指す大源太山が見えたけど、けっこう遠いな…。ちょこちょこアップダウンしてるし、行けるのかな?時間かければ平標山でも行けちゃいそうだけど、帰りを考えるとお昼には下山したいんだよね。しかも、この先、ズルズル滑るかなり急な斜面で、最後にここを登るのはちょっとイヤだなって思いながら下りました(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180614213422j:plain

 

フサフサのイワカガミ…

 

f:id:yamajoshi:20180614213534j:plain

 

エチゴキジムシロもたくさん咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180614213606j:plain

 

ムラサキヤシオがどんどんキレイになってきました。傷んでるお花はほとんどありませんでした。望遠レンズ…(涙)

 

f:id:yamajoshi:20180614213646j:plain

 

稜線に出たら日差しが強くてめっちゃ暑かったけど、時々吹く風が気持ちよかったです。まずは、1597mピークに向かいます。しばらくは平坦で快適な道です。もっとお花が咲いてるかなーと思ったけど、笹が多かったかな。

 

f:id:yamajoshi:20180614213722j:plain

 

さっきのフサフサのお花と同じお花かなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180614213839j:plain

 

エンレイソウの実も…

 

f:id:yamajoshi:20180614213912j:plain

 

1597mに登って行きます。最初はちょっと階段っぽくなってました。

  

f:id:yamajoshi:20180614214321j:plain

 

鬱蒼とした木々の中を抜けて、1597mへの最後の登りです。暑ーい(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180614214111j:plain

 

アザミはまだ蕾でした。

 

f:id:yamajoshi:20180614214202j:plain

 

チゴユリ

 

f:id:yamajoshi:20180614214235j:plain

 

アカモノ…

 

f:id:yamajoshi:20180614214355j:plain

 

オオカメノキが空にシューっと伸びてました。

 

f:id:yamajoshi:20180614214424j:plain

 

そして、1597mピークからの下りにめっちゃキレイなムラサキヤシオの群生がありました。

 

f:id:yamajoshi:20180614214506j:plain

 

まだ、蕾もつけてて、めっちゃフレッシュなお花ばかり。アカヤシオシロヤシオも可愛いけど、ムラサキヤシオも可愛いねぇ。これから定番になりそ(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180614214551j:plain

 

三角山と大源太山が見えるけど、大源太山はやっぱりちょっと遠いなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180614214700j:plain

 

平坦な道になるとまたしてもシラネアオイと会えました。透過光でとってもキレイ。

 

f:id:yamajoshi:20180614214732j:plain

 

ヒメイチゲ…。周りには実がいっぱい。

 

f:id:yamajoshi:20180614214818j:plain

 

ツバメオモト…

 

f:id:yamajoshi:20180614214906j:plain

 

ムラサキヤシオロードを歩いて行きます。ほとんどヒトには会わないし、お天気はいいし、ちょっと暑いけどサイコーです!

 

f:id:yamajoshi:20180614214936j:plain

 

こんなにたくさんのムラサキヤシオに会えるとは思ってなかったなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180614215007j:plain

 

三角山のピークに登ってラスボスの大源太山へって思ってたけど、三角山に登る手前アタリで大源太山まで行ったらお昼前に下山できなさそうな時間になっちゃってることに気づきました。大源太山まで行って谷川連峰を眺めたかったけど、早い時間に帰りたかったし、目的はシラネアオイとムラサキヤシオだったのでこの時点で潔く諦めました。

 

f:id:yamajoshi:20180614215052j:plain

 

ここまでで思った以上にキレイなムラサキヤシオをいっぱい見れちゃったから三角山まで行かなくてもいーかもって思ったりしたけど、もうすぐだからとりあえずピークは踏んでおこうって思って三角山に向かってダラダラ登って行くと…

 

f:id:yamajoshi:20180614215132j:plain

 

山頂のすぐ手前に大き目のシラネアオイの株がありました~♪

 

f:id:yamajoshi:20180614215215j:plain

 

ほとんどのシロヤシオは終盤って感じで1つお花がついてるかどーかって感じだっだけど、この株はまだたくさんのお花を付けてました。三角山を諦めなくてヨカッタ(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180614215250j:plain

 

そして、三角山頂に到着でーす。平標山から仙ノ倉山への稜線が近くなりました。久々に平標山のお花畑にも行きたいけど、アソコはとにかくヒトが多いからね…。平日に行けたらいーんだけどな。

 

f:id:yamajoshi:20180614215624j:plain

 

苗場山もまだくっきり見えました。途中のお花畑もキレイだし、山頂の高層湿原もステキなんだよねー。なんて、誰もいない山頂でのんびり景色を眺めながら休憩したかったけど、直射日光がかなり暑かったし、また登って下ってを繰り返さないといけないので、ちょっとだけ休憩して戻ることにしました。何より、目的のお花をたくさん見れて大満足したしね。

 

f:id:yamajoshi:20180614215656j:plain

 

キブシ…じゃないよね?何だろ?

 

f:id:yamajoshi:20180614215751j:plain

 

さっき越えてきた2つのピークを越えて戻ります。三国山はピークまで行かずに巻き道を使うからね。

 

f:id:yamajoshi:20180614215829j:plain

 

もう、体力を温存する必要もないので、平坦なところは軽くRUNしながら戻りました。再びムラサキヤシオロード♪

 

f:id:yamajoshi:20180614215910j:plain

 

これでムラサキヤシオは撮り収め(笑)。また、来年会いに来るね~。次はやっぱり平標山から縦走して来ようっと。

 

f:id:yamajoshi:20180614220018j:plain

 

1597mピークに戻ってきました。ここから下って、三国山の手前の小ピークを越えて戻ります。

 

f:id:yamajoshi:20180614220133j:plain

 

小走りしてた割にはツマトリソウを見つけました~

 

f:id:yamajoshi:20180614220208j:plain

 

ナエバキスミレも…。ぽってりしててカワイイねー

 

f:id:yamajoshi:20180614220303j:plain

 

三国山手前の小ピークの登りがやっぱり急でちょいキツかったけど、何度も何度も振り返って景色を眺めながら登りました。平標山~仙ノ倉山…またね~♪

 

f:id:yamajoshi:20180614220352j:plain

 

エビス大黒ノ頭…かな? 

 

f:id:yamajoshi:20180614220426j:plain

 

そして、万太郎山谷川岳かな?谷側の主脈縦走もやりたいんだよね。肩ノ小屋に1泊すればできそうな気がするから来年に向けて計画してみたいな。

 

f:id:yamajoshi:20180614220459j:plain

 

コヨウラクツツジ

 

f:id:yamajoshi:20180614220536j:plain

 

小ピークまで戻ってきました。目の前に見えてる三国山には登らずに巻きます。

 

f:id:yamajoshi:20180614220617j:plain

 

巻き道分岐です。巻き道はほぼ平坦だったので、ここもRUNして行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180614220701j:plain

 

稜線では見かけなかったショウジョウバカマ

 

f:id:yamajoshi:20180614220733j:plain

 

三国山からの階段と合流して、階段を下って行きます。段差が大きくないので、かなりのスピードでテンポよく下ることができます。

 

f:id:yamajoshi:20180614220819j:plain

 

咲き始めのレンゲツツジ

 

f:id:yamajoshi:20180614220852j:plain

 

まだ水滴つけてるスミレちゃん…

 

f:id:yamajoshi:20180614220928j:plain

 

まだまだ階段は続きます。ベンチで休憩してたオジサン達とちょっとお話してから三国峠に下りました。

 

f:id:yamajoshi:20180614221031j:plain

 

かなり早いペースで下りて来れてちゃって、ちょっと時間に余裕ができたので、同じ道を戻らずに東屋を経由して戻ってみることにしました。尾根を巻く感じでずっと平坦な道なのかと思ったけど、少し下った後は緩く登りが続いて…。これはちょっと想定外でした(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180614221125j:plain

 

しばらく歩いて行くと沢がありました。顔を洗ったら冷たくてめちゃくちゃ気持ちよかったー♪

 

f:id:yamajoshi:20180614221228j:plain

 

タニウツギ…。朝も三国峠までの間に咲いてたんだけど暗くて撮れなかったからねー

 

f:id:yamajoshi:20180614221303j:plain

 

少し歩くとまたまた沢が出てきました。この後にももう1つ沢があったので合計3つ。最後の沢のところは滑りやすいので要注意です。

 

f:id:yamajoshi:20180614221338j:plain

 

このお花は?葉っぱはたくさんあったけど、お花らしきモノがついてたのはこれだけでした。

 

f:id:yamajoshi:20180614221413j:plain

 

え?まだニリンソウ咲いてる?!って思ったけど、葉っぱがちょっと違うよーな…

 

f:id:yamajoshi:20180614221455j:plain

 

どなたかいらっしゃいます…。近くには長岡藩士遭難の墓といってお墓がたくさん並んでました。

 

f:id:yamajoshi:20180614221547j:plain

 

そして、東屋に到着~。あとちょっとで駐車場なので休憩しないけど、かなり大きい東屋なので大人数でも休憩できそうです。東屋の少し先に分岐があって、そこからは九十九折で一気に下っていきました。 

 

f:id:yamajoshi:20180614221642j:plain

 

ヘビイチゴ…かな?

 

f:id:yamajoshi:20180614221715j:plain

 

ミヤマガマズミ…かな?

 

f:id:yamajoshi:20180614221755j:plain

 

サクサク下って、コンクリート壁の切れ目の登山口に着きました。車を停めた駐車場は道路を渡ってすぐです。大源太山に行かなかったので、寄り道したけど予定通りお昼前に下山できました。大源太山に行ってもお昼に下山できたなって思ったけど、次回のお楽しみってことで。

 

f:id:yamajoshi:20180614221830j:plain

 

帰りは、猿ヶ京温泉のローソンでランチ休憩してからR17をひたすら走って帰ってきました。R17は混まないし、走りやすくていーよね。急いだつもりは全然ないけど、予定よりも30分くらい早くおうちに帰って来れちゃいました。

 

めちゃくちゃお天気よくて暑かったけど、少し風もあったし、なによりムラサキヤシオがたくさん見れて大満足でした♡ シラネアオイにも会えたしね。ヒトは少ないし、お花は咲いてるし、アップダウンが続くのはちょっとキツイけど、稜線歩きはやっぱり楽しいです。来年は谷川の主脈縦走とかやってみたいから、ちょっと調べてみよーっと。とにかく。2日続けての稜線歩きとお花三昧の山行はお天気がよくてサイコーでした。そろそろ梅雨入りしちゃいそうだけど、その前に大満足の山行ができてヨカッタ♪

 

今年は、アカヤシオシロヤシオ、ムラサキヤシオと3つのヤシオツツジを見ることができました。アシタカツツジも見れたしね~。来年もたくさん見れるといーな。

2018年6月2日 白砂山~八間山(日帰り?)

f:id:yamajoshi:20180610143425j:plain

 

白砂山登山口P~地蔵峠~地蔵山~堂岩山頂~堂岩分岐~猟師の頭~白砂山頂~猟師の頭~堂岩分岐~中尾根ノ頭~黒沢の頭~八間山頂~池の峠登山口~白砂山登山口P…(車移動)…八間山登山口P~シラネアオイ群生地~八間山登山口P

 

大好きなシラネアオイの群生地があるということで、前々から気になりつつもビミョーに遠くてなかなか行けてなかった白砂山と八間山にソロで行ってきました!群生地の見頃は先週末みたいだったのであんまり期待してなかったんだけど、稜線歩きが素敵そうだったし、その稜線に自生するシラネアオイに少しでも会えるといーなーって思って決めました。

 

早起きして関越道で渋川伊香保ICへ。そして、ICから野反湖までは下道で約70km…なかなかな距離なんだけど、車が少なくてスムーズだったからかそんなに遠くは感じませんでした。6:30過ぎに野反湖展望台案内所がある白砂山登山口の駐車場に着くとすでに車がたくさん停まってました。白砂山~八間山を周回するとけっこう時間がかかるからみんな早くに出発したのかな?ちなみに、群生地に寄るルートで周回するとなかなかのロングになるので、自分は群生地に寄らないルートで周回した後に車で移動することにしました。

 

準備して登山口から出発で~す♪ この坂道のあと、少し階段も登って行きました。早くもツクバネソウとエンレイソウマイヅルソウに会えてテンションUP!この先もたくさんのお花に会えそうです。

 

f:id:yamajoshi:20180610143723j:plain

 

って登り始めたのも束の間、すぐに下りになりました。前日に雨が降ったみたいで、かなり滑りやすかったです。そして、もう1つ会いたいな~と思ってたムラサキヤシオにも早くも会えちゃいました♪ でも、薄暗かったのでこの先にまた会えることを期待して下って行くとハンノ木沢に出ました。

 

f:id:yamajoshi:20180610143807j:plain

 

少し登って行くとロープのある崩落地がありました。かなり道幅が狭かったから、念のためロープを掴みながら通過…ビビリなので(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180610143851j:plain

 

そして、今度こそ登り開始~!といっても、急なところはなくて、比較的緩やかに登って行く感じでした。稜線にアップダウンが待ってるのはわかってたので、バテないよーにゆっくりゆっくりと登って行きました。道の両側にはマイヅルソウの葉っぱがたっくさん。かなり上の方までマイヅルソウの葉っぱはあったけど、お花が咲いてたのはこのアタリだけでした。もう少ししたらマイヅルソウだらけの登山道になりそう。

 

f:id:yamajoshi:20180610143936j:plain

 

防火帯みたいな少し広い道になるとニョイスミレが咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180610144007j:plain

 

ツクバネソウも…

 

f:id:yamajoshi:20180610175146j:plain

 

北沢取水分岐という標識あたりからちょっとえぐれた荒れた道になってきました。

 

f:id:yamajoshi:20180610144233j:plain

 

ニガイチゴのお花もまだ残ってました。

 

f:id:yamajoshi:20180610150953j:plain

 

笹の間を歩いて行くと、小さな廃屋がありました。なにかの観測所って書いてあったけど、放置なんだね…

 

f:id:yamajoshi:20180610151050j:plain

 

とりあえず、地蔵峠に着きました。ツバメオモトが少しだけ咲いてたけど、お花に虫がついてたのでこの先にも咲いてることを期待してスルーしました(笑)。急な傾斜もなく、比較的歩きやすい道が続きます。

 

f:id:yamajoshi:20180610151154j:plain

 

ポツポツとミツバオウレンも出てきました。相変わらずカワイイ~♡

 

f:id:yamajoshi:20180610181710j:plain

 

シラビソ尾根の標識前後は背の高めの笹の間を掻き分けて行く感じで進んで行きました。すでに葉っぱは乾いてたの、でビショビショにならずに済んでよかった…

 

f:id:yamajoshi:20180610151435j:plain

 

コケとシダもかなり多くて、水が豊富なんだなーって感じでした。この先に水場もあるくらいだしね。咲き始めのゴゼンタチバナにも会えましたよ~

 

f:id:yamajoshi:20180610151736j:plain

 

そして、まさかのイチョウランにも会えちゃいました♪ こんなところで会えると思ってなかったからめちゃくちゃ嬉しい!5株くらい咲いてたかなー

 

f:id:yamajoshi:20180610151828j:plain

 

根っこゾーンもありました。短かったけどね。

 

f:id:yamajoshi:20180610182755j:plain

 

根っこゾーンと登りきると少し開けて、どこかのお山が見えました。明らかに白砂山ではないんだけど、どこのお山だろ?

 

f:id:yamajoshi:20180610151901j:plain

 

樹林帯に入ったり出たりしながら歩いて行きました。ふと地図を見てみたら、地蔵山はすでに通り越してました。標識とかなかった気がするんだけど、見落としちゃったのかな?かなりゆっくり歩いてたのにね…

 

f:id:yamajoshi:20180610151953j:plain

 

実ができかけてるエンレイソウ

 

f:id:yamajoshi:20180610152049j:plain

 

水場の分岐のところはちょっと広くなってました。ちょっとした休憩するのによさそうです。このアタリにはミヤマカタバミソウやイワナシが咲いてました。でも、イワナシは落花がほとんどで終盤って感じでした。

 

鬱蒼とした登山道をそのまま歩いて行くと、だんだん石がゴロゴロしてきてちょっとした急登になりました。ペースを乱さずに登り終えると登山道が大きくえぐれた感じになりました。このアタリにはけっこう雪が残ってたけど滑り止めは不要なレベルです。

 

f:id:yamajoshi:20180610152152j:plain

 

えぐれた道の後はまたまた笹の道に戻りました。ミネザクラがチラホラ咲いてるなーと思ったら、ついに白砂山がチラ見えしました。そしてすぐに堂岩山に到着したけど、全く見晴しがなかったのでスルーしました。ここまで来ればもーすぐ稜線に出そうな感じだったしね。

 

f:id:yamajoshi:20180610152459j:plain

 

今日はもう会えないかな~と思ってたけど、可愛いイワナシに会えました。この株には蕾もあったね。

 

f:id:yamajoshi:20180610152609j:plain

 

堂岩山から少し進むと目指す白砂山が見えてきて、なんとシャクナゲが咲いてました!頭の中はシラネアオイとムラサキヤシオのことでいっぱいで、シャクナゲが咲いてるなんて全く思ってなかったので嬉しかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180610152657j:plain

 

堂岩分岐で稜線に出て、白砂山へ進みました。お天気よくてめっちゃ素敵な稜線歩きができそうでウキウキする反面、見た感じけっこう遠いし(白砂山まで片道2kmでした)、けっこう登るんだな…って思いました(苦笑)。とりあえず、稜線歩きスタート♪

 

f:id:yamajoshi:20180610152755j:plain

 

快適な稜線歩きと思いきや、いきなり藪漕ぎっぽい下り…まぢか(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180610152934j:plain

 

ずっと藪漕ぎ状態が続くのかと思ったけど、すぐに歩きやすい道に戻って、シャクナゲロードになりました。今シーズンはシャクナゲ目的にお山に行くつもりはなかったので、思いがけずキレイなシャクナゲ達にたくさん会えてめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180610153210j:plain

 

場所によって、痛み始めてるのもあり、咲き始めもあり、蕾もあり…という感じだったので、いいタイミングだったと思います。

 

f:id:yamajoshi:20180610153252j:plain

 

オオカメノキもちょこちょこ咲いてました。今年は下から見上げるばっかりだったけど、やっと上から見れました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180610190348j:plain

 

いや~、いい眺め♪ でも、白砂山の前に大き目のピーク越えて行くんだね(汗)。アレが猟師の頭かな?

 

f:id:yamajoshi:20180610153327j:plain

 

時間はたっぷりあるので、シャクナゲロードを楽しみながらのんびり歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180610153357j:plain

 

うわっ、また笹がワサワサ生えてる…

 

f:id:yamajoshi:20180610153516j:plain

 

笹ゾーンを抜けるとミツバオウレンがたくさん咲いてました。今日、イチバン多かったお花はミツバオウレンかも?

 

f:id:yamajoshi:20180610153553j:plain

 

猟師の頭に着いたけど、分岐からまだ700mしか歩いてないんだね…。とりあえず眺めがよかったので、目の前のお山をパシャリ。八十三山かな?

 

f:id:yamajoshi:20180610153716j:plain

 

ここで休憩したい気持ちもあったけど、白砂山に行って戻って来ないといけないので進むことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180610153838j:plain

 

猟師の頭から少し下ると、白砂山の手前にもう1つ小ピークがあることがわかりました。何気にけっこうアップダウンあるよね。

 

f:id:yamajoshi:20180610153947j:plain

 

またまたシャクナゲロードです。こんなにシャクナゲが咲くんだねー

 

f:id:yamajoshi:20180610154058j:plain

 

ヒメイチゲにも会えました~♪

 

f:id:yamajoshi:20180610154146j:plain

 

このアタリも雪が多いんだろーね。木が曲ってるもん。

 

f:id:yamajoshi:20180610154324j:plain

 

ちょっとだけ残雪があるところを通って、金沢レリーフに着きました。ちょっと岩場になってて、ここからの眺めもなかなかよかったです。レリーフはどこにあるのかわからなかったけど…

 

f:id:yamajoshi:20180610154416j:plain

 

終盤のミネザクラはキレイに咲き残ってるお花を探すのが大変でした。ほとんどのお花がすでにボロボロで…

 

f:id:yamajoshi:20180610154457j:plain

 

少し下ってから、残すは白砂山への登りのみ!お天気がいいのは嬉しいんだけど、めっちゃ暑くなってきたーっ。真夏はこの稜線歩きはムリだね。

 

f:id:yamajoshi:20180610154533j:plain

 

白砂山へ向かう稜線には、コイワカガミとかナエバキスミレとか咲いてたんだけど、もちろん目的のシラネアオイも咲いてました!清楚なお花で大好きです♡

 

f:id:yamajoshi:20180610154610j:plain

 

この稜線歩きの救いは、たまに木のあるところもあることです。そこで涼を取りながら登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180610154639j:plain

 

コヨウラクツツジも咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180610154719j:plain

 

咲きかけのシラネアオイ…。お花も葉っぱもクルクル巻いててカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180610154757j:plain

 

たくさんのお花が咲く道をゆるゆる登って行くと、少しずつ山頂が近くなってきました。

 

f:id:yamajoshi:20180610154835j:plain

 

そして、白砂山頂に到着~♪ 狭い山頂にはオニーサン1人だけだったので、少し休憩することにしました。白砂山から先はトレースがありそうだったけど通行禁止になってました。途中で追い抜いていった背負子に氷結を2ケースも担いだヒト達は山頂にいなかったので、この先を行ったみたいだけど。ちなみに、この稜線を歩いて行くと、稲含山を越えて三国峠まで行けるそうです。いつか歩いてみたいなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180610154925j:plain

 

奥のお山は佐武流山かな?全然わからない…

 

f:id:yamajoshi:20180610155218j:plain

 

休憩してるうちに狭い山頂が混んで来たので、場所を譲ってあげることにしました。ちょっと雲が多くなってきちゃったけど、晴れてる時にシラネアオイシャクナゲも写真撮れたから、曇ってくれてたほうが涼しくてよかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180610155323j:plain

 

この稜線を戻って行きまーす。まずは、ガンガン下ります(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180610155508j:plain

 

エチゴキジムシロ…

 

f:id:yamajoshi:20180610155626j:plain

 

登りの時に曇ってたから後回しにしたシラネアオイの株。けっこう大きな株でお花をいっぱい付けてました。これに会えただけで、来てよかった~って思えます。

 

f:id:yamajoshi:20180610155718j:plain

 

カエデのお花?

 

f:id:yamajoshi:20180610155757j:plain

 

コイワカガミ

 

f:id:yamajoshi:20180610155835j:plain

 

ナエバキスミレ…。ぽってりしててカワイイよねー♡

 

f:id:yamajoshi:20180610155951j:plain

 

ちょっと道幅が狭くて、滑りやすいところもあるので気をつけながら下りました。

 

f:id:yamajoshi:20180610160027j:plain

 

金沢レリーフを越えて、猟師の頭へ登り返し…

 

f:id:yamajoshi:20180610160139j:plain

 

そして、猟師の頭から少しだけ白砂山の眺めを堪能して、堂岩分岐に戻るべく下ります。

 

f:id:yamajoshi:20180610160308j:plain

 

群生してるミツバオウレン…。ホントにすごい数だったなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180610160219j:plain

 

この赤い実は?

 

f:id:yamajoshi:20180610160518j:plain

 

小ピークにも登り返します。ここの斜面たくさん咲いてるシャクナゲを楽しみながら登り返したからそんなにツラくなかったです。遠くから見てもわかるくらいにシャクナゲはたくさん咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180610160549j:plain

 

無事に小ピークを越えて、堂岩分岐に戻ってきました。さっきは立ち止まりもせずにそのまま白砂山に向かっちゃったけど、景色を眺めてみたら遠くに赤城山らしきお山が見えました。

 

f:id:yamajoshi:20180610160733j:plain

 

さて、八間山に向かいます。ここからしばらくは笹原のほぼ平坦でルンルンな道です。白砂山に向かう道に比べると明らかにトレースは薄かったし、前後にヒトも全くいなかったけど、しっかり道は見えたので進んで行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180610161013j:plain

 

ショウジョウバカマ…。終わりかけかな?ミツバオウレンヒメイチゲコイワカガミもたくさん咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180610160840j:plain

 

快適な稜線歩きです。ここが昼過ぎの直射日光だとかなり暑かったと思うけど、曇ってくれたのでちょーどよかったです。シラネアオイも見れた後だったしね。

 

f:id:yamajoshi:20180610161251j:plain

 

白砂山を眺めながら歩ける素敵な稜線でーす♪

 

f:id:yamajoshi:20180610161324j:plain

 

中尾根の頭を通過してしばらくそのまま稜線を歩いてから、一旦、樹林帯の中に引きこまれて、また笹の中を下りました。

 

f:id:yamajoshi:20180610161516j:plain

 

下ったとゆーことは登りが待ってるとゆーことで。

 

f:id:yamajoshi:20180610161700j:plain

 

少し平坦になったところの後に黒渋の頭に向かうキツイ登りが待ってました。最後にキツイ登りがあるってわかってて心の準備はしてたからまだマシだったけど、かなりキツかったです。時々立ち止まって、振り返って白砂山を眺めたり、ミヤマカタバミを眺めたりしながら登りきりました。

 

f:id:yamajoshi:20180610161735j:plain

 

登りが終わるったところには、シャクナゲが待っててくれました。このアタリもまだまだキレイに咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180610162133j:plain

 

シャクナゲの道を進むと黒渋の頭に着きました。手前の急登で抜かされて、先行してたオジサン達は休憩してたけど、すぐに稜線に出れそうだったし、虫がすごかったからそのまま歩いて行きました。 

 

f:id:yamajoshi:20180610162252j:plain

 

黒渋の頭から稜線はホントにすぐでした。稜線に出たら気持ちのいい風が吹いててめちゃくちゃ気持ちよかったです♪

 

f:id:yamajoshi:20180610162349j:plain

 

しばらく涼んでから歩き始めると、ポツポツとシラネアオイに会えました。白砂山みたいな大きな株はなかったし、終わりかけのお花もおおかったけど、数的にはこっちのほうが多かったかも。

 

f:id:yamajoshi:20180610162519j:plain

 

ちょっと白っぽいシラネアオイ…透過光だからか(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180610162623j:plain

 

そして、遂に八間山ロックオン!!!まだ、アップダウンあるのねって感じだったけど、急いでなかったのでのんびり向かうことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180610162830j:plain

 

バイケイソウもそろそろ咲きそうです。

 

f:id:yamajoshi:20180610162901j:plain

 

2つくらい小ピーク(ってほどでもないけど)を越えると、八間山がハッキリ見えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20180610163007j:plain

 

ミツバツツジコイワカガミの蕾…

 

f:id:yamajoshi:20180610163058j:plain

 

フモトスミレもちょこちょこ…

 

f:id:yamajoshi:20180610163152j:plain

 

これでホントに白砂山とはお別れです。

 

f:id:yamajoshi:20180610163302j:plain

 

ということで、廃屋を過ぎると本日最後のピークの八間山頂に到着。ちょっと休憩しよーかなーって思ったけど、相変わらず虫がすごかったし、おまけにケータイの電波があんまりよくなかったので一気に下山することにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180610163348j:plain

 

八間山から勢い余って下山する道を間違えました。危うくシラネアオイ群生地の方に下りちゃうところだった(汗)。でも、そのおかげでキレイなツバメオモトに会うことができました。ってゆーか、めっちゃ下る前に気がついてよかったよ…。最近は、道間違いを防ぐために、ちょくちょく地図を確認するよーにしてるからね。

 

f:id:yamajoshi:20180610163521j:plain

 

山頂まで登り返してキャンプ場方面に改めて下山します。下りはかなりのペースで下りれるかと思ったけど、なかなかワイルドな道でスピード出ません(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180610163846j:plain

 

なかなか上手く撮れないコミヤマカタバミ…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180610163929j:plain

 

また、こんなえぐれたところも…

 

f:id:yamajoshi:20180610164011j:plain

 

カエデかな~?

 

f:id:yamajoshi:20180610164122j:plain

 

ズダヤクシュも咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180610164219j:plain

 

ユキザサも咲き始めでした。

 

f:id:yamajoshi:20180610164254j:plain

 

ひたすら下って行くと 野反湖見晴に着きました。でも、木々が邪魔しててほぼ野反湖は見えず…

 

f:id:yamajoshi:20180610164416j:plain

 

野反湖見晴からは想定外にレンゲツツジが出てきて、足元にはエチゴキジムシロがたっくさーん。

 

f:id:yamajoshi:20180610164501j:plain

 

ツマトリソウも…

 

f:id:yamajoshi:20180610164530j:plain

 

ゆるーく下っていくと茅の尾根という標識がありました。このアタリは平坦な道で楽々~♪ 登山口まで0.3mって書いてあったから、もーちょっとだーって思ってたんだけど…

 

f:id:yamajoshi:20180610164603j:plain

 

着いた登山口は白砂山登山口じゃなくて、池の峠登山口でした(泣)。車道を歩くか、再び山の中を歩くかだったのでどーせだから山の中を歩くことにしました。でも、平坦な道かと思いきや、せっかく下ってきたのに階段の登りが始まりました。

 

f:id:yamajoshi:20180610164821j:plain

 

やっと野反湖が見えました~

 

f:id:yamajoshi:20180610165609j:plain

 

階段を登るのはイヤだったけど、ここを通ったおかげでキレイなレンゲツツジに会えました。ところどことにベンチがあったから、ここは遊歩道?トレッキングコース?なのかなぁ?誰にも会わなかったけど(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180610165716j:plain

 

ちょーど咲き始めでとてもキレイでした。

 

f:id:yamajoshi:20180610165755j:plain

 

そして、諦めかけてたムラサキヤシオにも会えました♪ 近くのお花は終わりかけ、遠くのお花は望遠レンズがなくて撮れず…だったからめっちゃ嬉しかった~!ムラサキヤシオ、カワイイー♡

 

f:id:yamajoshi:20180610165841j:plain

 

もっと、濃い色のが見たかったけど会えただけで十分。贅沢は言えません。

 

f:id:yamajoshi:20180610165915j:plain

 

最後は、階段をひたすらひたすら下って駐車場に戻ってきました。

 

f:id:yamajoshi:20180610170011j:plain

 

そのまますぐに車で八間山登山口に移動して、シラネアオイ群生地に向かいました。駐車場からは10分くらいで行けちゃうみたいです。でも、また階段だ…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180610170110j:plain

 

コイワカガミがたくさん咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180610170541j:plain

 

アカモノ…かなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180610170617j:plain

 

階段の途中にある看板のところを左に曲がって行きました。右手のガレ場にコマクサが咲くのか…ってよーく見てみたら、イワカガミだけでなく、なんとコマクサもポツポツ咲いてました!ロープが張ってあって中には入れないので、望遠レンズがないと写真に撮れるのは2株だけでした。それにしても咲くの早過ぎじゃない?!

 

f:id:yamajoshi:20180610170706j:plain

 

登山道沿いにはベニサラサドウダンも…

 

f:id:yamajoshi:20180610170753j:plain

 

しばらく進むと樹林帯の中に上下にシラネアオイの群生地が広がってました。やっぱりピークは過ぎてたけど、まだ咲き残ってるお花もありました。

 

f:id:yamajoshi:20180610170837j:plain

 

こんなに咲いてるなら望遠レンズ持って来ればよかったわ…(泣)

 

f:id:yamajoshi:20180610170943j:plain

 

イチバン濃い色だったお花。正面から撮りたかったなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180610171118j:plain

 

しばらく群生地をブラブラ堪能してから駐車場に戻って、車中泊予定の道の駅中山盆地に向かいました。ランチに食べたラーメンサラダがイマイチだったので、無性にラーメンが食べたくなって、夜ゴハンには中之条にある味噌ラーメン専門店で味噌ラーメンを食べました(笑)。道の駅中山盆地は広くて綺麗な道の駅でした。温泉施設やコテージもあっていーかも。

 

シラネアオイを見るなら八間山だけでもいーかなって思ったりもしたけど、白砂山も登って正解でした!登りが苦手な自分としては、何回も何回も来るアップダウンはなかなかキツイけど、やっぱり稜線歩きは大好き♪ 自生のシラネアオイにもムラサキヤシオにも会えたし、咲きたてフレッシュなシャクナゲにも会えたし、行ってよかったです。そんなにヒトはたくさんいなかったんだけど、やっぱりイチバン混むのはノゾリキスゲの時期なのかもなぁ?

 

明日もお天気がよさそーなので、 午前中にサクッと登ってからおうちに帰りたいと思います。

2018年5月27日 赤岳(日帰り)

f:id:yamajoshi:20180609205557j:plain

 

やまのこ村P~(南沢)~行者小屋~地蔵の頭~赤岳展望荘~赤岳頂上山荘~赤岳頂~キレット分岐~行者小屋~(南沢)~やまのこ村P

 

久々にツクモグサに会いに行きたかったけど、杣添尾根から登るのは気が進まなかったし、でも美濃戸まで自分の車で入るのもイヤだったから、美濃戸口に車を置いて、赤岳展望荘にでもお泊りして、のんびり赤岳~横岳~硫黄岳と歩こうかなって思ってたんだけど、お仲間さんからお誘いがあったのでお仲間さん達と赤岳に行ってきました。赤岳は、美濃戸口から歩くのがイヤでしばらく行ってなかったので、忘れもしないあの吹雪の日以来の3年数ヶ月ぶり。夏山1回、冬山1回で今回が3回目でした。

 

お仲間さんにピックアップしてもらって、中央道で小淵沢ICまで行って美濃戸へ向かいました。お月さまもお星さまも綺麗に出てたので明日のお天気も良さそうだな~って思いながら、やまのこ村の駐車場で車中泊。やっぱり複数人での車中泊はほとんど寝れなかったんだけど4:30に起きて、5:00に駐車場の受付してから出発しました。

 

今回は時間重視で往復ともに南沢です。歩き始めてすぐに緑色のロープが出張られていて、ホテイランに会えました♪ でも、まだお日さまが昇る前で薄暗かったので写真は帰りに撮ることにしました。とゆーか、お仲間さん達の歩くペースが早いので写真を撮ってる余裕なんて全くなかったというのが正直なところ。まあ、ほとんど写真を撮ってなくても完全に置いて行かれちゃってたけどね(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609211202j:plain

 

葉っぱは青々としてるけど、空気は冷たかったです。温度計は見なかったけど、かなり寒かったはず。足元にはたくさんのコミヤマカタバミの蕾がありました。こちらも写真は帰りに撮ることにして進んで行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180609211429j:plain

 

沢を渡って登って行きます。歩き始めからペースが速いからめっちゃキツイ…

 

f:id:yamajoshi:20180609211748j:plain

 

ホントにキツイのは行者小屋から上だってわかってたから、できるだけ石は岩は避けて、平らな部分を選んでゆっくり登って行きました。完全に置いていかれてるけど、気にしなーい(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609212054j:plain

 

岩ゴロゴロしてきた…。過去に登りで2回、下りで1回ここを通ってるんだけど、こんなところあったっけ?ってところが多かったです。ボーっと登ってたのかな?

 

f:id:yamajoshi:20180609212610j:plain

 

岩の上に祠を見つけました。無事に下山してこれますよーに!どこかにお地蔵さん?観音さま?もいた気がしたんだけど見つけられず…

 

f:id:yamajoshi:20180609212936j:plain

 

うぉ!お日さまが出てきた。

 

f:id:yamajoshi:20180609213247j:plain

 

シラビソの森を歩いて行きます。コケお日さまを浴びてもいい感じ♪

 

f:id:yamajoshi:20180609214034j:plain

 

河原?に出るとお山が見えました。大同心かなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180609214433j:plain

再び森の中へ…。このアタリは平坦な道が続くから助かります(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609214701j:plain

 

そして、再び河原?に出ると今度は目指す赤岳が見えてきました。まだまだ遠いね(汗)。それにしてもいぃ天気だぁ♪ 山頂まで晴れててくれますよーに!

 

f:id:yamajoshi:20180609214934j:plain

 

しばらく河原?を歩いてから再び森の中に入って少し歩くと行者小屋に着きました。テントは数張りだけで空いてました。小屋が営業前だからかな?お日さまポカポカの小屋前で少し休憩することにして、お水を飲もうと思ったんだけど、手がかじかみ過ぎてて自分でザックを開けられず(苦笑)。やっぱり、かなり気温は低かったんだなー。上着は縫いでもグローブはしておけばよかった。何かあってもこれじゃ手が使えないや…反省。

 

行者小屋前からの赤岳。これから行くよー!!!

 

f:id:yamajoshi:20180609215343j:plain

 

行者小屋からは地蔵尾根で山頂に向かいました。最初は樹林帯でまだ残雪があったけど、両脇が溶けていて避けて歩けたのでチェンスパは必要なし。今日は忘れちゃったんだけど(持ってこようと思ってたのにおうちを出てから気づきました)、まだまだ高めのお山に行く時は持ち歩かないとね…

 

f:id:yamajoshi:20180609220448j:plain

 

だんだん傾斜がキツくなってきました。しかも、ズルズル滑りやすい。

 

f:id:yamajoshi:20180609220643j:plain

 

鉄階段の出現です。

 

f:id:yamajoshi:20180609220921j:plain

 

鉄階段の次は段差の大きい金網の階段になりました。お仲間さん達のペースは落ちることなく、どんどん進んで行っちゃったけど、ここは下山では通らないのでちょこちょこ写真を取りながら登って行きました。でも、いつもの自分のペースよりは明らかに早かったし、自分的にはかなり頑張ったと思います(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609221034j:plain

 

右に横岳、左に阿弥陀岳が見えてきたので、気晴らしに眺めながら登って行きました。だって、めっちゃ急なんだもん。地蔵尾根は雪の時しか登ったことないけど、夏山の方がキツイね…

 

f:id:yamajoshi:20180609221326j:plain

 

また鉄階段の出現です。階段、キライだょ…

 

f:id:yamajoshi:20180609221601j:plain

 

鉄階段を登り終わると中岳と阿弥陀岳がキレイ見えるよになりました。

 

f:id:yamajoshi:20180609221744j:plain

 

急登は続きます…。だから、高度が稼げて短い時間で稜線に出れるんだけどね。石を落とさないよーに気をつけながら登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180609221955j:plain

 

あれ?こんなところにお地蔵さまが…。初めて赤岳に登った時にここを下りで使って、周りのヒトが石をゴロゴロ落としてたところ。落石防止なのか金網が張ってありました。

 

f:id:yamajoshi:20180609222328j:plain

 

土嚢が敷き詰められてるところも…

 

f:id:yamajoshi:20180609222815j:plain

 

横岳に加えて、硫黄岳も見えるよーになってきました。

 

f:id:yamajoshi:20180609223006j:plain

 

振り返ると北アルプスが見えました。…肉眼では見えてたんだけど、写真だと映らないね(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180609223107j:plain

 

赤岳も近付いてきましたー。ここを登り終わってもまだ登らないとなんだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180609223340j:plain

 

ここの鎖場を登れば地蔵の頭で稜線に出れる…

 

f:id:yamajoshi:20180609223455j:plain

 

はい、地蔵の頭に着きました。心配してた風は全くなく、相変わらずお天気もよくてポカポカ~♪

 

f:id:yamajoshi:20180609223610j:plain

 

横岳にツクモグサを見に行きたいけど、今日はみんなと一緒だから赤岳だけでガマンガマン。来シーズンは行きたいな。

 

f:id:yamajoshi:20180609223707j:plain

 

行者小屋からは全くお花は見かけなかったけど、ここでやっとお花に会えました。コメバツガザクラ

 

f:id:yamajoshi:20180609224232j:plain

 

赤岳とコラボで。まだ、蕾が多かったかな。

 

f:id:yamajoshi:20180609224329j:plain

 

赤岳展望荘でちょっとだけ休憩して、山頂アタックを開始しました。

 

f:id:yamajoshi:20180609224523j:plain

 

県界尾根に向かうトラバースと赤岳頂に向かう道…。真教寺尾根で登って、県界尾根で下る周回も日が長いうちにやってみたいんだけどねー

 

f:id:yamajoshi:20180609224656j:plain

 

わかってはいたけど、ここもなかなかの登りなんだよね~。でも、カラダが登りに慣れてきたからか、ここからはそんなにキツくなかったです。3年前の冬に登った時は、ここからがめちゃくちゃキツくてめちゃくちゃツラかった…

 

f:id:yamajoshi:20180609225328j:plain

 

しかも、めっちゃ落石しやすいところ。一緒に行ったあまり経験のないお仲間さんがかなり大きめの石を落としそうになったんだけど、自分でとっさに押さえて危機一髪でした。ヘルメットがあっても当ったらヤバそーな大きな石だったけど、ないよりはあった方がいいから、ホントはヘルメットをかぶった方がいーんだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180609225514j:plain

 

振り返ってひとやすみ…。うーん、やっぱり縦走したいなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180609225604j:plain

 

最後に少しだけ残雪があったけど、ここもチェンスパなしで全く問題なし。

 

f:id:yamajoshi:20180609225920j:plain

 

岩の間からの阿弥陀岳です。

 

f:id:yamajoshi:20180609230212j:plain

 

山頂まであとちょっと…

 

f:id:yamajoshi:20180609230603j:plain

 

登りきって、蓼科山、北横岳、硫黄岳、横岳なんかの北側を見納めです。山頂まで行くとこっち側は見えにくくなっちゃうからね。

 

f:id:yamajoshi:20180609230743j:plain

 

そして、赤岳北峰に到着っ。赤岳頂上山荘前が北峰だって初めて知りました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609231113j:plain

 

みんなは北峰になんて目もくれずに通り過ぎて行っちゃったので、追いかけて赤岳頂に到着しました。お山に登り始めて数ヶ月でテント泊2回目で来た時は、晴れ間はたまに出てたけど展望は全くきかず、2回目に厳冬期に来た時は、吹雪で真っ白で何にも見えず、3回目の今日は霞みがひどくて遠望はきかないけど快晴・無風のサイコーにいいお天気!山頂も無風で半袖シャツでもポカポカで暖かかったです。ちなみに、この山頂標識は富士山とセットで撮れるようになってるみたいなんだけど、ヒトがいたのでムリでした…

 

f:id:yamajoshi:20180609231244j:plain

 

まだ山開き前だからか思ったよりかヒトは多くなくて、山頂標識での記念写真も待ったりすることはなかったです。激混みだったらすぐに行者小屋に下りるつもりだったけど、せっかく空いてたので山頂の少し下で休憩タイム~♪ 景色を眺めながらしばらくみんなでのんびりしました。遠くは霞んでてどこがどのお山かわからなかったけど、県界尾根と真教寺尾根は丸見えでした。

 

f:id:yamajoshi:20180609232003j:plain

 

下山は文三郎尾根からです。こっち側からは、大好きな権現岳の向こうに南アルプスが見えました。南アルプスも雪が少ないなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180609232251j:plain

 

ガンガン岩場を下って行きます。岩場、楽し~♪ カラダを故障してから丁寧に下りてるから前に比べたらスピードは遅いけど、やっぱり下りは得意だからさすがに写真を撮っててもみんなから遅れることはなかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180609232444j:plain

 

どんどん下って行きます。このアタリはすれ違いで混むんだけど、そんなにヒトが多くなかったので大して待たずに通過できちゃいました。登って来るヒト達はみんなキツそうで、だいたい譲ってくれたしね。

 

f:id:yamajoshi:20180609232919j:plain

 

キレット分岐からの中岳&阿弥陀岳~。今、阿弥陀岳に登ったら、前よりも上手に下れるかな?お天気悪かったし、ズルズル滑ってめちゃくちゃビビった記憶しかない(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609233337j:plain

 

文三郎尾根は延々と続く会談を登るのがキライなんだけど、登りながらこの景色が見れるのは好きなんだよね~。初めて登った時、あのゴツゴツしたところに近づいていく自分にすごくドキドキワクワクしたのを覚えてる。

 

f:id:yamajoshi:20180609234651j:plain

 

ガレガレの下りなので、滑らないよーに、石を落とさないよーに気をつけて下って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180609235159j:plain

 

出た!マムート階段!

 

f:id:yamajoshi:20180609235417j:plain

 

これを登るのがイヤで文三郎尾根からは登りたくないんだよね(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180609235644j:plain

 

そろそろ硫黄岳と横岳ともお別れ…

 

f:id:yamajoshi:20180609235853j:plain

 

行者小屋がかなり近くなってきました。ガレと階段のミックスですを下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20180609235932j:plain

 

この角度から見る中岳と阿弥陀岳も好きかも。

 

f:id:yamajoshi:20180610000004j:plain

 

再び階段です。段差は大きくないし、下る分にはいい階段(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180610000120j:plain

 

さらに階段を下って…

 

f:id:yamajoshi:20180610000208j:plain

 

この細い鉄階段を下ると樹林帯に入ります。

 

f:id:yamajoshi:20180610000312j:plain

 

樹林帯に入ると残雪がありました。端っこ歩けばいいんだけど、グチャグチャになってるところもあって、斜度があるところは滑りそうでちょっと歩きにくかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180610000356j:plain

 

行者小屋に戻って来て、小屋前のテーブルでランチにしました。早く帰らないと渋滞がヒドくなるのはわかってたけど、あまりにお天気がよかったのでついついのんびりしちゃいました。

 

f:id:yamajoshi:20180610000448j:plain

 

行者小屋からは登りに使った南沢をまた下って行きます。登りの時はほとんど写真が取れなかったから、写真を撮りながら下山しました。まずはフサフサのコケ、コケ、コケ…

 

f:id:yamajoshi:20180610000530j:plain

 

キノコみたいなコケ…

 

f:id:yamajoshi:20180610000621j:plain

 

朝は全く開いてなかったミヤマカタバミ

 

f:id:yamajoshi:20180610000654j:plain

 

このピヨピヨしたのよく見るんだけど、コケのお花なのかなー?

 

f:id:yamajoshi:20180610000726j:plain

 

ツルネコノメソウ…かな?

 

f:id:yamajoshi:20180610000816j:plain

 

岩陰に群生してるところもありました。

 

f:id:yamajoshi:20180610000906j:plain

 

キバナノコマノツメ…。名前にスミレって付かないけど、スミレなんだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180610000951j:plain

 

仲良く並んだ3つ子ちゃん。

 

f:id:yamajoshi:20180610001032j:plain

 

イワカガミはほとんどが硬い蕾でした。これがイチバン咲きそうだったかなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180610001108j:plain

 

まだ、カサカサした色の浅いコケが多いけど、梅雨明けにはキレイなコケが見られそう。

 

f:id:yamajoshi:20180610001149j:plain

 

なんか小っちゃいお花を見つけた~

 

f:id:yamajoshi:20180610001339j:plain

 

そして、タケシマランにも会うことができました。ラッキー♪

 

f:id:yamajoshi:20180610001421j:plain

 

ズダヤクシュ…

 

f:id:yamajoshi:20180610001458j:plain

 

開いてないミヤマカタバミもカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180610001604j:plain

 

濃いラインが入ったミヤマカタバミ

 

f:id:yamajoshi:20180610001530j:plain

 

タチツボスミレ…なの?さすがにこの時期じゃ違うかな(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180610001656j:plain

 

フモトスミレ…

 

f:id:yamajoshi:20180610001735j:plain

 

そして、そして、お待ちかねのホテイラン~♪ ラン科のお花って不思議なカタチのお花が多いけど、これもかなり変わってるカタチだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180610001815j:plain

 

斜め後ろから…(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180610001922j:plain

 

4つ子ちゃん。何だけど、数日前までは5つ子ちゃんだったみたい。

 

f:id:yamajoshi:20180610002001j:plain

 

それにしても、ベストなタイミングだったんじゃないかなー。めっちゃキレイに咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180610002042j:plain

 

3つ並んだお花をアップで…

 

f:id:yamajoshi:20180610002114j:plain

 

登山道脇で間近に見られるところにもけっこう咲いてたけど、登山道下の斜面にもたっくさん咲いてました。貴重なお花なので、みんながきちんとルールを守って大切にしていけるといーですね。

 

f:id:yamajoshi:20180610002148j:plain

 

シロバナノヘビイチゴ

 

f:id:yamajoshi:20180610002219j:plain

 

ヘビイチゴ

 

f:id:yamajoshi:20180610002306j:plain

 

フデリンドウ

 

f:id:yamajoshi:20180610002424j:plain

 

イカリソウ

 

f:id:yamajoshi:20180610002454j:plain

 

小屋の建物の近くにサクラソウとかクリンソウも咲いてたけど、入っちゃいけないのかなーと思っ撮るのはやめました。美濃戸山荘前ちょっとだけ休憩してやまのこ村に戻ってきました。帰りは中央道で想像以上の渋滞にハマっちゃいました。自分が運転してたら絶対に下道に降りちゃうんだけどね…

 

ということで、3年目3回目の赤岳はめちゃくちゃいいコンディションで登ることができました。まだ、あんまりお花は咲いてなかったけど、初めて見るホテイランもちょーど見頃で嬉しかったです♪ コマクサやウルップソウが咲き出すとめちゃくちゃ混むもんね…。でも、次はやっぱり冬に展望荘泊まりで行きたいかなぁ。雪の赤岳にまた登りたいっ。

2018年5月20日 黒岳~越前岳~呼子岳(日帰り)

f:id:yamajoshi:20180609133318j:plain

 

山神社P~愛鷹山荘~富士見峠~黒岳頂~富士見峠~鋸岳展望台~北白ガレン~富士見台~越前岳頂~高場所分岐~呼子岳頂~割石峠~山神社P

 

白砂山にシラネアオイを見に行きたいな…って思ってたんだけど、まだあんまりレコが上がってきてなかったのでアシタカツツジの咲く愛鷹山の最高峰越前岳にソロで行ってきました!愛鷹山に登るなら絶対にアシタカツツジの時期しかないって思ってたので、結果的にとてもいいタイミングで登ることができました。

 

イチバン人気のルートは十里木高原からのルートだと思うんだけど、ピストンするか下山後にバスを使わないとダメなので、周回できる山神社駐車場から歩くことにしました。けっこう大きめの駐車場がありそうだったので、急ぐ必要はないかなって6:30過ぎには到着できるようにおうちを出発~。高速使っても30分くらいしか時間が変わらないので、道志道で向かいました。山中湖まではいいお天気だったのに、富士山の向こう側のお山にはどんよりした雲がかかってて、御坂山塊のお山に変更しようかちょっとだけ迷ったけど、そのまま向かうことに。駐車場に着くと予想以上にたくさんの車が停まってて、2/3くらいは埋まってたかなぁ。富士山の麓は気温が6℃くらいにだったし、風も強めでちょっと寒かったけど、歩き出せば暑くなるかなってTシャツの上に薄手のソフトシェルだけ着て歩き出しました。

 

鳥居をくぐって苔生した石が転がる道をゆっくり登って行きました。ちゃんと整備されていて、傾斜もキツくなく、歩きやすい道でした。

 

f:id:yamajoshi:20180609133611j:plain

 

杉の植林帯を過ぎて、自然林に入りました。気持ちいい~♪ そんなに急なところもなく、ゆるゆる歩いていけます。

 

f:id:yamajoshi:20180609133838j:plain

 

ギンリョウソウがたくさんいました。

 

f:id:yamajoshi:20180609134004j:plain

 

ちょっとしたハシゴとか…

 

f:id:yamajoshi:20180609133756j:plain

 

ちょっとした橋とか渡って行くと愛鷹山荘が見えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20180609134129j:plain

 

愛鷹山荘からの登りが根っこだらっけでちょっとだけ急です…短いけど。気温低いけど汗をかきたくなかったから、ソフトシェル脱いでTシャツになりました。

 

f:id:yamajoshi:20180609134537j:plain

 

富士見峠に着いた時にはかなりの曇り具合だったから黒岳に寄るか迷ったけど、次に来る時は別のルートで登るかもしれないので、とりあえずピークは踏んでおくことにしました。富士見峠から黒岳へはけっこうな根っこゾーンの登りでした。まだまだ先は長いので段差の大きいところを避けて、ゆるゆる登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180609134721j:plain

 

最後の方は階段になりました。

 

f:id:yamajoshi:20180609134955j:plain

 

階段を登り終わると急に平坦になって歩きやすくなりました。ここから山頂までは大した登りはなかったです。途中、黒岳展望台とゆーポイントがあったけど、ガッツリ曇ってて何も見えなかったのでスルーしました。

 

f:id:yamajoshi:20180609135253j:plain

 

でも、小さいお花を見つけました~♪ 曇ってるから開ききってないけど、カワイかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180609135823j:plain

 

ヒトの声が聞こえてきたなーと思ったら黒岳の山頂に着きました。ベンチなんかもあって広場っぽくなってる広い山頂でした。こんなところに来るヒトはあまりいないかと思ってたけど、けっこうな人数とすれ違いました。

 

f:id:yamajoshi:20180609135920j:plain

 

ここの山頂にはサンショウバラが咲くみたいなので探してみたけど見つかりませんでした。さすがにまだちょっと早いよね…。代わりにツクバネウツギがたくさん咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180609140029j:plain

 

オオベニウツギ…かな?

 

f:id:yamajoshi:20180609140340j:plain

 

えっと、何だっけ?

 

f:id:yamajoshi:20180609140606j:plain

 

 

チラッとお日さまが出たものの、富士山にはガッツリ雲がかかってたし、そしてかなり寒かったです。久々に息が白かったし、手はかじかんじゃったし。山梨と静岡の県境アタリに雨雲が発生する予報になってたにも関わらず来ちゃったから、この時点では失敗したかな、やっぱり雲がかからなそうな御坂山塊にすればよかったかな、ってちょっと思ってました。ちなみに山頂には焚き火っぽい跡がたくさんあったんだけど、なんなんだろ?

 

下山し始めたらお日さまが少し出てきました。やった~♪

 

f:id:yamajoshi:20180609140756j:plain

 

富士見峠まではほぼ下りなのでいいペースで戻って、いざ越前岳へ。

 

f:id:yamajoshi:20180609141404j:plain

 

マムシグサ

 

f:id:yamajoshi:20180609141445j:plain

 

アシタカツツジが咲いてる気配はなかったけど、いつ出てくるかわからないので見逃さないようにキョロキョロしながら登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180609141552j:plain

 

しばらく登るとアシタカツツジらしきお花を発見~!お花がちょっと大きいけど、葉っぱは5枚だから交配が進んだ亜種かなぁ?でも、ここで咲いてるならこの先も咲いてる気がなんとなくしました。

 

f:id:yamajoshi:20180609141745j:plain

 

最初は歩きやすい道かと思ったんだけど、登山道がかなりえぐれちゃってて、登山道脇にトレースがいくつもついてました。ホントはちゃんと登山道を歩いたほうがいいんだろーけど、あまりにも歩きにくいのでトレースを辿らせてもらいました。

 

f:id:yamajoshi:20180609142132j:plain


その後もアシタカツツジを探しながらキョロキョロしながら歩いてたら、チチブドウダンを見つけました!高いところに咲いてて近くで見れなかったけど、カワイイ~♡

 

f:id:yamajoshi:20180609142304j:plain

 

だんだん晴れの時間が長くなってきたのでウキウキしながら歩いていきました。しばらくすると鋸岳展望に着いて、確かにそこからは鋸岳がよく見えたけど、もっとよく見える場所があったので鋸岳は後ほど…

 

f:id:yamajoshi:20180609143401j:plain

 

そして、再びアシタカツツジらしきお花とご対面~♪

 

f:id:yamajoshi:20180609143830j:plain

 

さらに登って行くと…

 

f:id:yamajoshi:20180609144034j:plain

 

アシタカツツジがたくさん咲いてました!ちょっと花びらがシワシワなのは寒さにやられちゃったからかな?

 

f:id:yamajoshi:20180609144158j:plain

 

ミツバツツジよりもかなりお花が小さくて、色が濃くてカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180609144230j:plain

 

最初はポツンポツンと出てくる感じだったけど、このアタリは群生してました。めっちゃキレイ~☆お花をたくさん付けているので群生感がすごかったです。そして、青空も出てくれてヨカッタ♪

 

f:id:yamajoshi:20180609144302j:plain

 

キケンのため立入禁止になってたところにかなりハッキリしたトレースがついてたからちょっと覗いてみたら、こここそが鋸岳展望地でした。ここが北白ガレンかな?ちなみに、このアタリも崩落してたので入るのはくれぐれも自己責任で。

 

f:id:yamajoshi:20180609144717j:plain

 

アシタカツツジの咲く道を歩いて行くと、道の上にはミツバツツジがたくさん落花してました。ミツバツツジの方が早いんだねー。まだ残ってるお花もポツポツあったけど、このアタリはほとんどが落下しちゃってました。

 

f:id:yamajoshi:20180609145053j:plain

 

濃いピンクと葉っぱの緑と空の青と…めちゃくちゃキレイ☆

 

f:id:yamajoshi:20180609145248j:plain

 

このアタリのお花はシワシワになってなくて、キレイに咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180609145325j:plain

 

こんな感じで道沿いにも山肌にもたくさん咲いてました。こんなに咲いてると思わなかったからめちゃくちゃ嬉しかった~♪

 

f:id:yamajoshi:20180609145456j:plain

 

撮っても撮っても飽きないので、全然前に進めず…。かなりたくさんのヒトに抜かされちゃいました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609145530j:plain

 

ちょーど曇っちゃったタイミングだったけど、あまりに花付きのいい木だったので思わずパシャリ。

 

f:id:yamajoshi:20180609145559j:plain

 

富士見台に着きました。お花と富士山のコラボ写真が撮れるいい場所なのに、残念ながら富士山には雲がかかっちゃってました。少し待ちたかったけど、諦めて先に進むことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180609145750j:plain

 

それにしても晴れてくれてホントによかったー。お花のキラキラ感も全然違うしね。

 

f:id:yamajoshi:20180609151308j:plain

 

カワイイなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180609151341j:plain

 

山頂に近づくに連れて、咲いてるミツバツツジが増えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20180609151716j:plain

 

左側はミツバツツジ、右側はアシタカツツジ。並んで咲いてると色が違うのがよくわかります。

 

f:id:yamajoshi:20180609151823j:plain

 

お花が小さめだったからアシタカツツジかと思ったけど、葉っぱがミツバでした。これだけ群生しまくってると、交配が進むんだろうなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180609151957j:plain

 

これはミツバツツジ。キラキラだね~☆

 

f:id:yamajoshi:20180609152210j:plain

 

ロープがついてるとことがあったけど、必要ないかな?基本的に歩きやすい道が続いてます。

 

f:id:yamajoshi:20180609152432j:plain

 

アシタカツツジ

 

f:id:yamajoshi:20180609152733j:plain

 

ミツバツツジ

 

f:id:yamajoshi:20180609152833j:plain

 

こんなキラキラの世界の中にいられるなんて幸せすぎる♡諦めずに越前岳に来たのは正解だったな。

 

f:id:yamajoshi:20180609152916j:plain

 

こんなにお花が咲いてる道だと歩いてて飽きないです。

 

f:id:yamajoshi:20180609153128j:plain

 

咲き終わったミツバツツジの絨毯…

 

f:id:yamajoshi:20180609153251j:plain

 

まだまだ咲いてるミツバツツジ

 

f:id:yamajoshi:20180609153359j:plain

 

ピンク色の道を歩いて行きました。こんなにピンクに染まった道を歩くのは初めてかも。

 

f:id:yamajoshi:20180609153512j:plain

 

こんなステキな道だけど、貸切です。さっきまで寒かったのに暑くなってきました…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180609153646j:plain

 

これは葉っぱはミツバだけど、お花は小さめなんだよなぁ。よくわからなくなってきました(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609154019j:plain

 

お日さまキラーン☆

 

f:id:yamajoshi:20180609154207j:plain

 

これはどっちだろ?どちらにしても花付きが良すぎです。

 

f:id:yamajoshi:20180609154424j:plain

 

ワイガヤする声が聞こえてきたな…と思ったら越前岳の山頂に到着~♪ 予想通りだったけど、かなりたくさんのヒトがいました。やっぱり、十里木からピストンするヒトが多いのかな?デニムにスニーカーなんてヒトも数人いましたょ。

 

f:id:yamajoshi:20180609154727j:plain

 

山頂はなかなかよい眺めでした。駿河湾ツツジのコラボ。霞んでたけど、けっこう遠くまで見渡すことができました。

 

f:id:yamajoshi:20180609154845j:plain

 

そして、ツツジと富士山のコラボ。山頂に着いた時は、かなり雲がかかっちゃってたんだけど、しばらくすると山頂付近は見えるようになりました。わーい♪ 富士山を見に来たわけじゃないけど、せっかくこのアタリに来たなら富士山を見たいよね。それにしても、雪少なくなったなぁ…。今日は残雪期の富士山を登るにはいい感じだったかも。来年は行こうかな。

 

f:id:yamajoshi:20180609155126j:plain

 

ウロウロ写真を撮ってる間にベンチが空いたので座ってランチ休憩しました。写真を撮るのに立ち止まったりはしてるけど、基本的には休憩なしで歩いてきてたしね。その間にもヒトがどんどん上がってきて、ちょっと年配の方とかもいたのでさっさと休憩は終了して呼子岳に向かうことにしました。

 

呼子岳へはまずは急な下りから始まりました。なかなか急な下りでここを登るのはちょっとイヤだなぁ(笑)。ここもあんまり道がよくなかったけど左右に避けられるところはなかったので、荒れた登山道を歩くしかありませんでした。

 

f:id:yamajoshi:20180609155523j:plain

 

でも、ミツバツツジやアシタカツツジが道の両脇にたくさん咲いてて、ツツジロードって感じでした。足元が岩っぽかったり、滑りやすかったりするので上ばかり見て転ばないよーに注意が必要です!(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609155815j:plain

 

急な下りは続きました。山神社からのルートも十里木からのルートに比べるとヒトは少なかったと思うけど、呼子岳に向かうこの道はさらにヒトが少なかったです。でも、けっこうなお年のオジサン&オバサン数組がこっちから登ってきてたりしてました。このルートを登りで使うなんて元気だなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180609160216j:plain

 

ここのお花もシワシワだ(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609160540j:plain

 

やっと平坦なところに出ました。なかなか気を使う下りでした(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609160728j:plain

 

ふと上を見ると葉っぱとお花に彩られためちゃくちゃキレイな空が広がってました。

 

f:id:yamajoshi:20180609160921j:plain

 

まだまだツツジロードは続きます。ここまでツツジだらけとは思わなかったなぁ。ビックリです。

 

f:id:yamajoshi:20180609161422j:plain

 

次々に可愛いツツジが出てくるからついつい撮っちゃいます。

 

f:id:yamajoshi:20180609161735j:plain

 

アシタカツツジだけじゃなく、ミツバツツジもたくさん咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180609161918j:plain

 

今シーズン最後のミツバツツジかなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180609162050j:plain

 

まだまだ下ります…

 

f:id:yamajoshi:20180609162426j:plain

 

右側が開けたところがあって、再び駿河湾が見えました。あのピークは大岳かな?

 

f:id:yamajoshi:20180609162500j:plain

 

平坦なところは気持ちいいです~♪

 

f:id:yamajoshi:20180609162537j:plain

 

木々の間からさっきまでいた越前岳を見てみると、緑色の山肌にたくさんのピンクの差し色が見えました。歩いててすごくツツジが多いなぁって思ってたけど、それ以上にたくさんのツツジが咲いてるみたいです。

 

ちなみに、これが本来の原種に近いアシタカツツジの色なんじゃないかなぁ?ミツバツツジ寄りのピンクっぽい色のお花が圧倒的に多かったけど。

 

f:id:yamajoshi:20180609162745j:plain

 

少し登って行くと…

 

f:id:yamajoshi:20180609164455j:plain

 

見晴しのいいところに出て、富士山と越前岳のコラボを見ることが出来ました。うわー、なかなかいい眺め!!!越後岳の山肌がツツジでかなりピンクに染まってます。ここには三角点ぽいのがあったけど、何だったんだろ?よく見ませんでした(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609164629j:plain

 

ここにはチチブドウダンがたくさん咲いてました。カワイイなぁ♡

 

f:id:yamajoshi:20180609165040j:plain

 

さらに登って行くと高場所への分岐に着きましたちょっとだけ行ってみたかったけど、今日はスルーして呼子岳に向かいました。最後の涸沢の下りが迷いやすいみたいだから、時間に余裕を持たないとね…

 

f:id:yamajoshi:20180609165356j:plain

 

分岐のところにイワカガミの葉っぱがたくさんあったのでお花を探したら、1輪だけ咲き残りを見つけました。

 

f:id:yamajoshi:20180609165925j:plain

 

分岐から呼子岳への道は時々開けてて、またまた駿河湾や…

 

f:id:yamajoshi:20180609170212j:plain

 

なんと南アルプスも見えました~♪ どれがどのお山かはさっぱりわからなかったけど。

 

f:id:yamajoshi:20180609170406j:plain

 

木々の隙間から見えたとんがったお山は位牌岳かなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180609170655j:plain

 

ロープのあるちょっと急なところを登って行くと…

 

f:id:yamajoshi:20180609170948j:plain

 

呼子岳に着きました。誰もいない静かな山頂でした。

 

f:id:yamajoshi:20180609171146j:plain

 

これで今日のツツジは見納めかな…

 

f:id:yamajoshi:20180609171237j:plain

 

山頂直下にはたくさんマイヅルソウが咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180609171554j:plain

 

呼子岳から少し下ったところの右手にちょっとした高台?みたいなところがあって、トレースがついてたから登ってみるととても眺めがよかったです。富士山と越前岳

 

f:id:yamajoshi:20180609171824j:plain

 

前岳のアップ。九重だと山肌が真っピンクになるんだろーけど、越前岳がこんなにピンクだとは思いませんでした。

 

f:id:yamajoshi:20180609172055j:plain

 

位牌岳への稜線です。こちらもアチコチがピンク色。来年はこっちを歩いてみようかなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180609172637j:plain

 

後はひたすら下るだけ…って思ってたけど軽いアップダウンはありました。

 

f:id:yamajoshi:20180609172840j:plain

 

ミツバツチグリ…かなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180609173021j:plain

 

途中、一ヶ所だけ道間違いをしそうな分岐っぽくなってるところがありました。トレースが真っ直ぐと右にあって、誰かとおしゃべりしながら歩いてたら真っ直ぐ行っちゃいそうなところでした。正解は右です。真っ直ぐ行くとすぐに藪っぽくなってトレースが薄くなるからわかると思うけど…。最近、ロストが多いのでGPSで確認しながら右に進んで行くとハシゴのある急な下りになります。

 

f:id:yamajoshi:20180609173342j:plain

 

下り終わるとすぐに割石峠に着きました。ホントに割れてる…(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180609173503j:plain

 

割石峠からはひたすら下りだから楽勝~♪ って思ってたけど…

 

f:id:yamajoshi:20180609173806j:plain

 

石がだんだん大きくなってきて、岩もゴロゴロしてきてめっちゃ歩きにくかったです(汗)。ところどころにテープついてたけど、どこが登山道なのかはよくわかんなかったし。とりあえずは涸れ沢沿いを下れば大丈夫そうだったので、テキトーに歩きやすそうなところを探して下って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180609173944j:plain

 

でも、振り向いたらいつの間にか登山道がちゃんとできてました。涸れ沢をずっと下っても行けると思うけど、登山道を歩いた方が楽だと思います。

 

f:id:yamajoshi:20180609174524j:plain

 

とゆーことで、登山道を見つけてからはテープと小さいケルンを探しながら登山道を歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180609175126j:plain

 

GPSによるとここが第2ケルンかな?

 

f:id:yamajoshi:20180609175029j:plain

 

何度か涸れ沢を渡ったりするんだけど、途中で一度だけケルンを見落として登山道に戻らすに涸れ沢を下ったら水が溜まってるところに出ちゃって進めなくなったけど、すぐ脇に登山道を見つけられたので復帰できました。同じように見落とすヒトが多いらしく、登山道に戻るトレースがちゃんとついてました。

 

涸れ沢から離れて登山道を歩くと、こんな苔生してるところもありましたよ~

 

f:id:yamajoshi:20180609175633j:plain

 

登山道は歩きやすいのでスピードアップして歩きました。第1ケルンまで来ると山神社までは残り2.2km。まだ、けっこうあるね…

 

f:id:yamajoshi:20180609175931j:plain

 

ここへきて、スルガヤマツツジが出てきました。やっぱり高いところには咲かないんだね。

 

f:id:yamajoshi:20180609180519j:plain

 

位牌岳への取り付きを過ぎると、いつの間にか左手には大沢が流れてて、その上を歩いて行く感じになりました。ちょっとだけ崩落してる部分もあったけど危ない感じはしなかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180609180954j:plain

 

フタリシズカ…

 

f:id:yamajoshi:20180609181503j:plain

 

イワニガナことジシバリ…かなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180609181542j:plain

 

大沢を渡渉すると車が入ってこれる林道になりました。林道には路駐がいっぱいだったから、自分が停めた後にもたくさんのヒトがきたんだねー。川遊びのヒトもちょこちょこいたけど。山神社に無事の下山を報告して、山神社駐車場に戻って来ました。GWに渋滞してた道志道は今日は全く混雑することはなく、順調におうちまで帰って来れました。ただ、道志道は2ヶ所で取締りをしてて、バイクと車が捕まってたのでスピードは出さずに安全運転を心がけたほうがよさそうです。

 

ちょっと時期的に遅かったかな…と心配しながら行ってみた越前岳だったけど、アシタカツツジ的に落花はほとんどなくて蕾がまだ残ってたのでちょーどよかったのかな?って思います。そのかわり、ミツバツツジはかなり落下が進んじゃってたけど、まだまだキレイに咲いてたお花もあって、落花のピンクの絨毯もすごくキレイだったので、タイミング的にはかなりよかった気がしてます。呼子岳に行く途中で見えてた位牌岳もツツジがかなりキレイそうだったので、来年はあっち側を周回してみよーかなって思います。

2018年5月12日 笙ノ岩山~蕎麦粒山~天目山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20180604220942j:plain

 

川乗橋BS~鳥屋戸尾根取付~笙ノ岩山~鼓ヶタワ~蕎麦粒山頂~仙元峠~天目山頂~一杯水避難小屋~東日原P

 

土日ともお天気が良ければ泊まりでちょっと遠めのお山に行きたい、GW明けで人気のお山も空いてるだろーから雪山かな?なんて思ってたけど、日曜はお天気が崩れる予報だったので土曜の日帰りに変更。ちょーど奥多摩アタリのシロヤシオが良さそうな感じになってそーだったので、ソロで蕎麦粒山と天目山を縦走してきました!両方とも前から登ってみたいと思ってたお山だったけど、どうせ登るならシロヤシオが咲いてる時にって思ってたのでいいタイミングで行くことができました。

 

 

ホントは有馬峠からピストンしたかったんだけど、おうちから有馬峠までは距離的にはそんなに遠くないのにグルっと回って行く必要があってかなり時間がかかっちゃうので、奥多摩側から登ることにしました。東日原からヨコスズ尾根を登る、川乗橋から鳥屋戸尾根を登る、鳩ノ巣から赤杭尾根を登る…とだいたいこのどれかなんだけど、バスの時間を気にしながら下山するのはイヤだったので、登山口までは電車やバスを使ったとしても駐車場があるところに下山したいなと。駐車場があるのは東日原か鳩ノ巣で、鳩ノ巣に下りるとなると朝の電車&バス移動も発生するし、山行時間もかなりロングになりそうだったので、東日原に車を停めてから川乗橋にバスで移動して、鳥屋戸尾根を登ってヨコスズ尾根で東日原に下りる縦走コースにしてみました。

 

東日原から奥多摩駅行のバスの始発が6:57だったので、それに間に合うように東日原に向かいました。駐車場に着くと20台くらい停められる駐車場の空きは残り5台…。混むことを予想して6:30には駐車場に着くようにしたんだけど、ギリギリセーフでした。東日原行の満員御礼状態のバスが到着して、折り返しのバスに乗ったのは自分1人だけ…まあ、当たり前か(笑)。乗客1人にもかかわらず運転手さんは丁寧にアナウンスしてくれました。川乗橋でバスを下りて、林道のゲートを入って100mくらいかな?左手に鳥屋戸尾根の取付きがあります。小さいけどちゃんと標識も立ってるのでわかりやすいです。

 

f:id:yamajoshi:20180529233846j:plain

 

鳥屋戸尾根は急登がずっと続くという前情報なのでいつも以上にペースを落として植林帯を歩き始めました。最初に頑張っちゃうと後半ツラくなっちゃうからねー。実際に歩いてみて、ウワサ通りのなかなかな傾斜だったけど、細かく九十九折にトレースついてるのでそこまでキツくは感じませんでした。これが直登だったらかなりヤバイかも(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180529234124j:plain

 

急登が一旦終わって、少し傾斜の緩いところを歩けると思ったのも束の間…

 

f:id:yamajoshi:20180529234303j:plain

 

また急な傾斜になりました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180529234343j:plain

 

急登をしばらく登っていくと植林帯を抜けて自然林に入りました。新緑がキラキラ綺麗だけど、やっぱり急登(苦笑) 

 

f:id:yamajoshi:20180529234514j:plain

 

よーく見たら階段っぽいところがありました。ロープもあったけど、怪しかったので触りませんでした。必要性も感じなかったし。もしかしたら、ここが滑落事故があったところなのかもです。登りで使う分には全く問題なさそーだけど、下りは気を付けないと下まで一気に滑り落ちちゃいそーなところです。

 

f:id:yamajoshi:20180529234557j:plain

 

平坦なところもありました。ひたすら急登が続くのかと思ってたからちょっと嬉しかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180529234647j:plain

 

あれ?樹林帯を抜けるのかな?って思ったけど…

 

f:id:yamajoshi:20180529234932j:plain

 

まだまだ樹林帯は続いたけど、傾斜は緩くなって歩きやすい道になりました。

 

f:id:yamajoshi:20180604222353j:plain

 

左が自然林、右が植林になりました。奥多摩はこーゆーところ多いよね。

 

f:id:yamajoshi:20180604222607j:plain

 

シロヤシオは全く見つけられなかったけど、ベニサラサドウダンが咲いてました。カワイイ~♡本日初のお花です。

 

f:id:yamajoshi:20180604222801j:plain

 

また少し平坦なところを歩いてから少し登ると笙之岩山に着きました。特に展望もない小ピークです。ここまでで抜かされたヒトは2人だけ…。やっぱり、破線ルートだし、キツイから人気ないのかなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180604223034j:plain

 

笙之岩山からは、せっかく登ったのに下って、少し平坦なところを歩いてからの登り再開です。ちょっとずつ登山道に大きな石が増えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20180604223649j:plain

 

そろそろシロヤシオが出てきても良さそうなんだけど…と思ってキョロキョロしながら歩いてたらシロヤシオの葉っぱを発見!でも、お花は付いて無かったから落花しちゃったのかな?って思ったけど、その様子もなくてちょっと心配になりました。でも、少し進むとサラサドウダンに会えました。カワイイなぁ♡

 

f:id:yamajoshi:20180604224116j:plain

 

そして、そのすぐ先でやっとシロヤシオを発見~♪

 

f:id:yamajoshi:20180604224322j:plain

 

わーい♪ めちゃくちゃカワイイ♡痛んでなくてキレイなお花。でも、この後、蕎麦粒山の山頂までに見たシロヤシオは、痛んでたり落花してたりでした。

 

f:id:yamajoshi:20180604224405j:plain

 

特に標識はなかった気がするんだけど、地図でいうところの松岩ノ頭?から下りになりました。しかも、けっこうな下り…(汗)。そしてこの下り、何も考えずに勢いよく下って真っ直ぐの尾根伝いに行ってしまうとロストします(地図に迷マークあり)。自分はペース落としてたので左にトレースがあるのがすぐにわかって、その先に赤テープも見つけられたけど、途中で抜かして行ったオジサンは勢いよく真っ直ぐ歩いて行っちゃいました。

 

f:id:yamajoshi:20180604224930j:plain

 

振り返るとこんな感じです。逆方向に歩く分には間違えようがないと思うんだけど…

 

f:id:yamajoshi:20180604225231j:plain

 

オジサン大丈夫かなーと思いながら、歩いてるとギンリョウソウを発見~。なんかお久しぶりな感じです(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180604225337j:plain

 

ここからはアップダウンは無く、蕎麦粒山までひたすら登りです。落ち葉で踏み跡がわかりにくいところもあるけど、よーく見れば見つけられます。

 

f:id:yamajoshi:20180604225531j:plain

 

ここは左の尾根筋も歩いて行けそうだったけど、間違えたりすると面倒なので尾根下のトレースを歩きました。

 

f:id:yamajoshi:20180604230043j:plain

 

このアタリにはフイリフモトスミレが咲いてました。けっこう紫色っぽいヤツ。カワイイ~♡

 

f:id:yamajoshi:20180604230243j:plain

 

よく見るフイリフモトスミレ…

 

f:id:yamajoshi:20180604230348j:plain

 

タチツボスミレ…かな?違うかも(汗)。スミレの写真を撮ってる間に、例のところで直進して行っちゃったオジサンが抜かして行きました。ちゃんと正しいルートに戻って来れてヨカッタ…。『あそこ、よくわかったねー。』って言われたけど、自分もいつものスピードで下ってたらきっと見落としちゃってたな…

 

f:id:yamajoshi:20180604230637j:plain

 

またしても出てきた急斜面をゆっくりゆっくり登って、途中で振り返って見ると…

 

f:id:yamajoshi:20180604231105j:plain

 

富士山が見えました。かなり霞んでたけど、見えただけでラッキー♪ って思えるから不思議(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180604231211j:plain

 

急登を登り終わると蕎麦粒山の巻き道分岐の鼓ヶタワに着きました。蕎麦粒山まではもーちょっとなので休憩しないでそのまま進むと新緑の中に鮮やかなピンクのミツバツツジが出てきました。ちょっと曇ってきちゃってたけど、十分にキレイでした。

 

f:id:yamajoshi:20180604231517j:plain

 

いい感じでお花が付いてます。

 

f:id:yamajoshi:20180604231658j:plain

 

岩っぽいところが出てきて、しばらく登ると…

 

f:id:yamajoshi:20180604232042j:plain

 

蕎麦粒山頂に到着です!山頂は岩っぽくて狭かったです。でも、川乗山方面が斜面だけど防火帯みたいに開けてたので、そこに座り込んで休憩してるヒトがけっこういました。こんなににぎわってるなんて思ってなかったのでちょっとビックリしました。

 

f:id:yamajoshi:20180604232345j:plain

 

川乗山方面の山頂直下に咲いてたシロヤシオ…。せっかく花付きがいいのに曇っちゃってたのがかなり残念。

 

f:id:yamajoshi:20180604232431j:plain

 

そして、ミツバツツジとのコラボも見れました~♪ これが見たくてここに来たんだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180604232620j:plain

 

ちょっとだけ休憩してすぐに天目山に向かって下り始めました。

 

f:id:yamajoshi:20180604232936j:plain

 

キレイに咲いてたけど、なにしろ曇ってて…。本来の色が出せない(涙)

 

f:id:yamajoshi:20180604234659j:plain

 

少し下ってから仙元峠に向かって登って行きました。仙元峠は巻くこともできたけど、ここは尾根沿いにシロヤシオがたくさん咲いてるということなので、天目山までは尾根沿いに小ピークを全て越えて歩いて行きました。このために体力温存して登ってきたからね…

 

f:id:yamajoshi:20180604235222j:plain

 

ギンリョウソウが群生してる。何回見ても気持ち悪いんだけど、ついつい写真撮っちゃう(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180604235514j:plain

 

まずは仙元峠に到着。ここで会ったオジサンは仙元尾根を下るって言ってました。地図には悪路って書いてあったけど、実線ルートみたいです。

 

f:id:yamajoshi:20180604235717j:plain

 

そして、仙元峠にはたくさんのお花をつけた立派なシロヤシオがありました。やっぱり登ってきてよかった~♪

 

f:id:yamajoshi:20180604235839j:plain

 

この先、どのくらいのシロヤシオに会えるかわからなかったので、かなりたくさん撮りました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180605000030j:plain

 

仙元峠から下る道にもたくさんのシロヤシオミツバツツジが咲いてました。シロとピンクのコラボがめちゃくちゃキレイ!!晴れてないのがホントに残念すぎるよぉ(涙)

 

f:id:yamajoshi:20180605000156j:plain

 

カワイイお花とカワイイ葉っぱ♡空が青かったらなぁ…ってそればっかり(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180605000322j:plain

 

尾根はかなりハッキリしてるので初めてでもわかりやすくて外すことはなかったです。たくさんのヒトが歩くみたいで、かなりトレースもハッキリしてました。

 

f:id:yamajoshi:20180605000728j:plain

 

アチコチにこんなコラボがあって、その度に見とれちゃうのでなかなか前に進めません。

 

f:id:yamajoshi:20180605000849j:plain

 

左側が登山道で薄暗い巻き道、右側が何度もアップダウンを繰り返す岩ゴロゴロの明るくてお花がいっぱいの尾根。シロヤシオは尾根の北斜面にたくさん咲いているので、絶対に尾根を歩くのがオススメです。川乗橋から蕎麦粒山まで急登をひたすら歩いてきてたから何度も繰り返すアップダウンはキツかったけど、シロヤシオを見たい!ってゆー気持ちだけで頑張れました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180605000930j:plain

 

ミツバツツジシロヤシオのアーチをくぐって行きまーす。

 

f:id:yamajoshi:20180605213458j:plain

 

思った以上にシロヤシオがたくさん咲いててウキウキなんだけど、とにかくアップダウンが多くて…

 

f:id:yamajoshi:20180605213618j:plain

 

途中で棒杭ノ頭とゆー標識を発見しました。他のピークにもあったのかな?

 

f:id:yamajoshi:20180605214621j:plain

 

こんな歩きやすいところもありました。ずっとこんなだと嬉しいんだけどね…

 

f:id:yamajoshi:20180605214929j:plain

 

稜線に出てからずっと曇りっぱなしだったけど、少しだけ青空が見えてきました。ちょっとだけ日が差すだけで全然違う…

 

f:id:yamajoshi:20180605215335j:plain

 

日差しがあるとシロヤシオの白さが際立つよね~

 

f:id:yamajoshi:20180605215522j:plain

 

そして、花付きがいい木が多かったです。 これでもかってくらいにお花がついてます。

 

f:id:yamajoshi:20180605215824j:plain

 

さらに引くとこんな感じ。すごいお花の数です♪

 

f:id:yamajoshi:20180605220014j:plain

 

ミツバツツジとコラボしてるところはたくさんあったけど、写真に撮りにくいところばかり…

 

f:id:yamajoshi:20180605220100j:plain

 

この木もたくさんのお花を付けてるよ~

 

f:id:yamajoshi:20180605220142j:plain

 

ピンクと白…キレイだなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180605220603j:plain

 

やっと青空背景にして撮れました!水色と緑と白とピンクと…めちゃくちゃいい感じ♡

 

f:id:yamajoshi:20180605220652j:plain

 

この木もお花をいっぱい付けてる。でも、またしても曇ってきちゃいました。晴れてたのは一瞬だった…

 

f:id:yamajoshi:20180605220820j:plain

 

上ばかり見てたけど、実は足元にはツルキンバイがちょこちょこ咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180605220744j:plain

 

最後の天目山への登りがかなりキツかったーーーっ。鳥屋戸尾根よりも急斜面だった気がします。自分の足が疲れてきてたからかもしれないけど…

 

f:id:yamajoshi:20180605220858j:plain

 

急登の途中で見つけたツクバキンモンソウ…

 

f:id:yamajoshi:20180605221332j:plain

 

急登が終わると植生が変わってアセビが多くなってきました。

 

f:id:yamajoshi:20180605221414j:plain

 

ここにもシロヤシオミツバツツジのコラボが…

 

f:id:yamajoshi:20180605221500j:plain

 

ちょっとゴツゴツしたところもあるけど、歩きにくいところはないです。

 

f:id:yamajoshi:20180605221552j:plain

 

キレイに咲いてるミツバツツジ。青空欲しい…

 

f:id:yamajoshi:20180605221658j:plain

 

大きな岩もありました。右側から巻きます。

 

f:id:yamajoshi:20180605221741j:plain

 

一杯水小屋の分岐を過ぎて、最後に少ーし登って行くと…

 

f:id:yamajoshi:20180605221843j:plain

 

天目山に着きました!3人しかいなくて静かな山頂でした…と言いたいところだけど、小さい虫がめっちゃ飛んでてめちゃくちゃウザかったです。山頂は眺めがよくて(誰かが木を切っちゃったんだよね)、歩いてきた稜線がよく見えました。

 

f:id:yamajoshi:20180605222205j:plain

 

そして、富士山も~♪ 手前は石尾根かな?

 

f:id:yamajoshi:20180605222237j:plain

 

山頂にはマイヅルソウが咲きかけてました。

 

f:id:yamajoshi:20180605222916j:plain

 

アセビも咲いてました。途中には木はあったものの、ほとんど咲いてなかったんだけど。山頂は日当りがいいからかな~?

 

f:id:yamajoshi:20180605223058j:plain

 

空いてたからのんびりしたかったけど、あまりに虫がウザかったのでサクッとランチして下山することにしました。下山は、酉谷山方面に向かって下って巻き道から一杯水小屋に向かおうと思ってたんだけど…

 

f:id:yamajoshi:20180605223356j:plain

 

巻き道への分岐がどこなのか全くわからず行ったり来たりウロウロ…。山頂からそこそこの急斜面をかなり下っちゃったから登り返すのはイヤだったし、下の方を覗いてみたらになんとなく道っぽいのが見えたので、道無き斜面をガシガシ下りちゃいました(汗)。巻き道に出るとめちゃくちゃ整備された歩きやすい道でした。うーん、どこが分岐だったんだろ…

 

f:id:yamajoshi:20180605223759j:plain

 

巻き道を歩いてたら左手にシロヤシオミツバツツジがたくさん咲いてるのが見えて、道の選択を間違えたことに気付きました(苦笑)。一杯水避難小屋の裏に出る道の方がよかったみたいです。でも、巻き道にも少しだけど咲いてましたよ~

 

f:id:yamajoshi:20180605224119j:plain

 

とりあえず、一杯水避難小屋に着いて、一杯水には興味がなかったので寄らずにそのまま下山することにしました。ヨコスズ尾根はめちゃくちゃ歩きやすい道でした。やっぱり実線ルートは違うね(笑)。急なところもなく、歩きやすかったのでサクサク下ることができました。

 

f:id:yamajoshi:20180605224305j:plain

 

一杯水小屋からめっきりシロヤシオは見かけなくなっちゃったけど、ミツバツツジは咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180605224355j:plain

 

さっきまであんなに曇ってたのに、下山し始めたらこんな青空に…。登りと下りの樹林帯の中でだけ晴れってどーゆーこと?!

 

f:id:yamajoshi:20180605224433j:plain

 

ホントに歩きやすい道だなぁ…。急登もないし、こっちから登った方がやっぱり楽そうだね。

 

f:id:yamajoshi:20180605224509j:plain

 

本日最後のシロヤシオ

 

f:id:yamajoshi:20180605224552j:plain

 

滝入ノ峰を巻くトラバースはちょっとだけ道幅が狭いので注意が必要です。落ちても死なないけど(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180605224901j:plain

 

トラバースの後の植林帯が意外と長くて退屈でした。落ち葉が湿ってて、ちょっと滑りやすかったし。

 

f:id:yamajoshi:20180605224953j:plain

 

やっと屋根が見えたーと思ったら浄水施設か何かでそこからもまだバス停まではけっこう距離がありました。そして、ここからがヨコスズ尾根でイチバン嫌な部分でした。わざとらしく敷かれた中途半端な大きさの石のせいでめちゃくちゃ歩きにくかったので、お花の写真を撮りながら気を紛らわせながら下りました。

 

フタリシズカ…

 

f:id:yamajoshi:20180605225056j:plain

 

お星さまみたいなマルバウツギ…

 

f:id:yamajoshi:20180605225141j:plain

 

セリバヒエンソウ…

 

f:id:yamajoshi:20180605225229j:plain

 

シロヤブケマン…かな?

 

f:id:yamajoshi:20180605225304j:plain

 

早く炭酸が飲みたい~ってひたすら思いながら歩いてバス停裏の車道に出て無事に下山〜♪ バス停にはバス待ちのヒトがたくさんいました。みんなどこに行ってたのかな?鷹ノ巣山かなぁ?駐車場に戻ったら5台くらいしか車がなくて、みなさんすでにお帰りのようでした。GWの翌週だからか夕方なのに道は空いてたので、寄り道せずにスルスル~っと帰ってきました。

 

シロヤシオの季節に歩きたいって思ってた蕎麦粒山と天目山の縦走はホントにサイコーでした。晴れ予報にも関わらず、ほとんど曇りだったのが残念だったけど、シロヤシオは咲きたてのお花が多かったし(蕾もけっこうありました)、花付きもよかったし、そしてシロヤシオミツバツツジもたくさん咲いてて、念願のコラボが見れて大満足です。行ってよかった~♪ 尾根に出るまでの登りはキツかったけど、トレーニングと思えばね。次は七跳山とかの方も行ってみたいなぁ。

 

ちなみに、のろのろカメさん歩き、登り苦手な自分の鳥屋戸尾根のCTです。川乗橋~笙ノ岩山までが2時間10分、笙ノ岩山~蕎麦粒山頂までが1時間30分で3時間40分。笙ノ岩山~山頂までは写真でかなり立ち止まってたのでー10分で3時間30分というところかなー。参考までに。

2018年5月6日 黒川鶏冠山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20180522232647j:plain

 

柳沢峠P~(ナラ坂)~梅ノ木尾根分岐~六本木峠~横手山峠~見晴台分岐~黒川鶏冠山頂~見晴台分岐~見晴台~横手山峠~六本木峠~梅ノ木尾根分岐~(ブナ坂)~柳沢峠P

 

GW最終日も晴れ予報。お山に行きたいけど渋滞には巻き込まれたくない…ということで条件は、①高速を使わず、なおかつ下道も混まずに帰って来れるところ、②下界の気温が30℃近くなるらしいので標高がそこそこ高くて涼しそうなところ、③あまりヒトが多くないところ、の大きく3つ。少し考えて思いついたのは秋に紅葉散歩に行った柳沢峠。行きは中央道で行って、帰りは甲州街道ではなくR411で奥多摩を経由して帰ってくればほとんど渋滞はないはず。しかも、柳沢峠あたりに来るヒトはそんなに多くないはずなので、混雑とは無縁の静かな山歩きができるかなーってことで、柳沢峠からの黒川鶏冠山にお仲間さんと行ってきました!GW6回目の山行です(笑)

 

お仲間さんをピックアップして中央道で向かいました。お天気がいいから下りの交通量が多いかと思ったけど、上りの方が明らかに交通量が多かったです。勝沼ICで下りてフルーツラインからR411を通って柳沢峠へ。朝早くから元気なバイカーさん達がいっぱい走ってました。7:30くらいに駐車場に着くと、駐車場は半分くらい埋まってました。何日か前のレコで8:00に満車って書いてあったので早めに来て正解だったかもです。でも、この駐車場に停められなくても他に停められるところはちょこちょこありました。

 

道路を渡って、キレイに整備された登山道を進みます。東京都の水道局が管理してる森だからかとても整備されています。去年の秋に来た時は、紅葉は終わりかけな上に雨だったからちょっと寂しい感じだったけど、今日は青空に新緑がキラキラ眩しいくらいでウキウキ歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180522233354j:plain

 

秋にはオレンジや黄色に染まってた木々たちが淡いグリーンになってました。やっぱり自然林はいいなぁ♪

 

f:id:yamajoshi:20180522233528j:plain

 

歩き始めがすでに1400m超えてたし、このアタリはあまり日当りもよくなくて気温も低めなので、さすがにまだお花は咲いてないかな…って思ってたんだけど、ふと足元を見たらなんとハナネコノメが!赤いガクはすでに落ちちゃったみたいでなかったけど、たぶんハナネコノメだよね?!ここにも咲くんだね~

 

f:id:yamajoshi:20180522233646j:plain

 

そして、スミレちゃん。タチツボスミレかしら?

 

f:id:yamajoshi:20180522234341j:plain

 

ハシリドコロ

 

f:id:yamajoshi:20180522234417j:plain

 

緩い登りしかないほぼ平坦な道を歩いて梅ノ木尾根分岐に着きました。前回はここから周回して柳沢峠に戻ったけど、今回はこの先に進みます。しばらくすると、コケ蒸した大岩がゴロゴロするエリアが出てきました。これだけコケ蒸してるってことは、沢は見えてないけどやっぱりお水が豊富なんだね~

 

f:id:yamajoshi:20180522234525j:plain

 

ツルネコノメソウ…かなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180522234628j:plain

 

そして、コケの中に小さい白いお花が…ヒメイチゲだぁ!小さくてカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180522234725j:plain

 

こんな丸太の橋?みたいなところも通って行きます。丸太ももちろん苔生してます。

 

f:id:yamajoshi:20180522234849j:plain

 

ヒメイチゲが群生してるところもありました。お花は期待してなかっただけに嬉しかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180522234957j:plain

 

コケコケ大岩と木々の新緑に目を奪われながら歩いてると六本木峠に到着。左手に道があったけど標識をチラッと見て監視道路だと思い込んでいたから、何も疑うことなく真っ直ぐ歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180522235121j:plain

 

ちょっとだけ植林帯を通過…。たまにこんな感じでちょっとだけ植林があったりするけど、どうしてここにだけ?って思うんだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180522235206j:plain

 

ワチガイソウ…あんまりたくさんは見かけませんでした。

 

f:id:yamajoshi:20180522235250j:plain

 

スミレの群生~♪ もう、名前の判別は諦めました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180522235342j:plain

 

ヒメイチゲと同じくらいたくさん咲いてたのがコミヤマカタバミ!お花もカワイイけど、ハート型の葉っぱもカワイイんだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180522235415j:plain

 

再びコケと大岩と新緑のステキな道…。うーん、めっちゃ癒される。そして、ヒトにもほとんど会いません。ここまでで会ったのは4人くらいだったかな?

 

f:id:yamajoshi:20180522235501j:plain

 

ホントにコケだらけ。梅雨が明けた頃はもっと緑色が濃くなってキレイだろーな。ちなみに、岩の上を歩いたりするので足元には注意が必要です。

 

f:id:yamajoshi:20180522235551j:plain

 

なんか冷たい風が吹いてくる…と思ったら、風穴がありました!めっちゃ涼しかった~。もっと暑かったらもっとありがたかったけど、そこまでは暑くなかったんだよね(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180522235654j:plain

 

コケと大岩ゾーンを抜けて、歩きやすい道になりました。

 

f:id:yamajoshi:20180522235848j:plain

 

フイリフモトスミレ…。このお花もけっこうたくさん咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180523000030j:plain

 

 ヘビイチゴ…かな?

 

f:id:yamajoshi:20180523000101j:plain

 

カエデのお花も…

 

f:id:yamajoshi:20180523000134j:plain

 

右手に木々の間からチラチラ南アルプスが見えるようになって、“こんなの見えるんだっけ?”と思いながらそのまましばらく歩いてからふとGPSを確認してみると…なんと丸川峠方面に歩いて来ちゃってました(涙)。しかも、寺尾峠までもう少しってところまで来ちゃってる。でも、大菩薩に行くつもりは全くなかったので六本木峠まで戻ることにしました。

 

六本木峠まで戻って、自分達が立ってたところの反対側に回り込んで標識を見てみると、黒川山・鶏冠山ってしっかり書いてありました。さっきは監視道路の表記しか見えなかったから、てっきり左に進む道は監視道路なのかと思ってました…(泣)。ちなみに監視道路は手前の細い道で、ちゃんとロープが張ってありました。とゆーことで、気を取り直して鶏冠山へ~っっ

 

f:id:yamajoshi:20180523000313j:plain

 

ほぼ平坦な道を歩いていくと植林帯の下りになりました。下ってるとゆーことは帰りは登り返しなのね…

 

f:id:yamajoshi:20180523000357j:plain

 

新緑にスポットがあたってる~(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180523000439j:plain

 

また丸太の橋。これはちゃんと橋って感じでした。

 

f:id:yamajoshi:20180523000520j:plain

 

落合から続いてる舗装路を越えてどんどん歩いて行きました。日差しが強くなってきて、葉っぱのキラキラ感がMAX!!!

 

f:id:yamajoshi:20180523000706j:plain

 

こんなステキな道を鳥の囀りを聞きながら歩いて行きました。紅葉もいいけど、新緑もやっぱりいいね~

 

f:id:yamajoshi:20180523000753j:plain

 

オオカメノキ…。これからたくさんのお花を咲かせそうです。

 

f:id:yamajoshi:20180523215526j:plain

 

黒川金鉱跡の分岐を過ぎて横手山峠へ。そして、横手山峠から黒川鶏冠山に向かいます。

 

f:id:yamajoshi:20180523215828j:plain

 

ちょっとした登りはあるものの、急登はなく、登山道もよく整備されていて歩きやすかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180523215907j:plain

 

見晴台のある尾根を巻くようにして歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180523215940j:plain

 

お!エイザンスミレだ~♪ このアタリで3株くらいだけ見かけました。

 

f:id:yamajoshi:20180523220037j:plain

 

しばらく歩いて見晴台分岐に着きました。見晴台には帰りに寄ることにして、先にピークを踏みに行くことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180523220135j:plain

 

山頂へは少し下ってから緩く登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20180523220246j:plain

 

フデリンドウを見つけました~♪

 

f:id:yamajoshi:20180523220322j:plain

 

アセビも少しだけ咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180523220406j:plain

 

最後は根っことミックスの岩場になりました。ちょっと急だけど、全く問題なく登れると思います。ちなみに、左側にエスケープらしきモノもありました。

 

f:id:yamajoshi:20180523220443j:plain

 

ちょっと急だけど、ちゃんと三点支持で登れば全く問題ないレベルです。

 

f:id:yamajoshi:20180523220524j:plain

 

その後に根っこゾーン…

 

f:id:yamajoshi:20180523220554j:plain

 

ちょっとした岩ゾーン…

 

f:id:yamajoshi:20180523220626j:plain

 

を抜けると山頂に到着しました。着いた時には3~4人ヒトがいたけど、ランチしてる間に誰もいなくなりました。ちなみにこの岩のところ、見晴しがよくてランチするにはサイコーの場所でした。

 

f:id:yamajoshi:20180523220816j:plain

 

大菩薩嶺と富士山…そして、つるし雲が出てました。しかもダブルで予備軍もたっくさん。

 

f:id:yamajoshi:20180523221004j:plain

 

山頂にはイワカガミが咲き始めてました。お日さまが当るところは咲いてたけど、日陰はまだまだ蕾でした。

 

f:id:yamajoshi:20180523220700j:plain

 

そして、シャクナゲ…。こちらも咲いてたのは日当りのいいところだけでした。ほとんどが蕾でした。

 

f:id:yamajoshi:20180523220743j:plain

 

のんびりランチしてたら、晴れたり曇ったりしてきたので見晴台に向かうことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180523221122j:plain

 

見晴台は狭い岩場でした。でも、見晴しはよかったです。かなり霞んじゃってるけど、南アルプスの峰々がなんとか見えました。

 

f:id:yamajoshi:20180523221154j:plain

 

秩父方面のお山たち…

 

f:id:yamajoshi:20180523221231j:plain

 

そして、再びの大菩薩嶺と富士山…って、つるし雲が4層になってる?!周りに子供らしきものもたくさんいるし。これってお天気崩れるんじゃない?ってことで下山開始しました。

 

f:id:yamajoshi:20180523221303j:plain

 

おまけでつるし雲と富士山のアップ。きっと富士山写真家のみなさんがアチコチで撮りまくってるに違いない。撮る場所に寄っては、なかなかいい写真になりそうです。

 

f:id:yamajoshi:20180523221341j:plain

 

地図には見晴台からは分岐に戻る道しかなかったんだけど、横手山峠方面に進むトレースがありました。けっこうしっかりついてたし、登りの時に巻いてきた尾根沿いを歩けばイケるかな?と思って、進んでみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180523221630j:plain

 

テープとかは一切ないし、ところどころトレースが薄いところもあったけど、とにかく尾根沿いを歩いて行きました。たまに間違いトレースもあったので注意が必要です。常に尾根上にいればほぼ問題ないと思います。

 

f:id:yamajoshi:20180523221705j:plain

 

最後、広場みたいなところに下りて、すれ違った地元のオジサンに『登山道そこだよ』って言われたからすぐに見つかるかと思ったけど先に進むと笹薮で、ちょっと藪漕ぎは大変そうな感じ…。広場まで戻って周りを見渡したら、ちょっと戻る感じに進むと笹薮がなくなりそうってことで行ってみると笹薮はなくなっていたのでそこから登山道に下りることができました。見晴台分岐まで戻って、素直に登山道を歩いてきたほうが絶対に楽だし早かったけど、プチバリルートは山を歩いてるって感じでなかなか楽しかったです♪ 下りてきたところの写真です。

 

f:id:yamajoshi:20180523221825j:plain

 

スミレちゃん…

 

f:id:yamajoshi:20180523221934j:plain

 

朝よりもたくさん開いてたヒメイチゲ…。カワイイなぁ♡

 

f:id:yamajoshi:20180523222017j:plain

 

六本木峠まで戻って、再びコケと大岩の道を歩いて戻りました。それにしても、ホントに雰囲気のいい道だな~

 

f:id:yamajoshi:20180523222125j:plain

 

すでに実?になってるヒメイチゲもいました…

 

f:id:yamajoshi:20180523222218j:plain

 

咲き掛けのコミヤマカタバミ

 

f:id:yamajoshi:20180523222307j:plain

 

梅ノ木尾根分岐まで戻ってきて、沢沿いを歩けそうなブナ坂を通って戻ることにしました。分岐からすぐの展望台。秋に来た時は真っ白で何も見えなかったけど、今日はカラマツ林と奥秩父のお山たちがよーく見えました。テーブルがあるから、ここで紅葉を眺めながらお茶とかしたらステキだなぁ☆

 

f:id:yamajoshi:20180523222406j:plain

 

このアタリは遊歩道?トレッキングコース?なのでとても整備されてます。歩きやすいね~って思ってたけど…

 

f:id:yamajoshi:20180523222440j:plain

 

イモノキ尾根分岐から沢沿いに行くのに地図に急勾配マークがあったところを下って行くと、なかなかの急勾配でした。でも、スニーカーだとちょっと厳しいかな?というレベル。トレッキングシューズはいてれば全く問題ない感じでした。

 

f:id:yamajoshi:20180523222519j:plain

 

期待してた沢はかなりイマイチなので割愛します(苦笑)。ブナ坂を経由してR411に出て、柳沢峠の駐車場に戻りました。下山したら絶対に食べようって決めてたソフトクリームはなんと完売してました…(涙)。けっこう暑かったもんね、売れちゃうよね。とゆーことで、すぐにアタマを切り替えてソフトクリームの売ってる道の駅たばやまに向かうことにしました。道の駅たばやまで食べたソフトクリームはめちゃくちゃおいしかったなぁ♡道の駅たばやまはGWにも関わらず(最終日だから?)そんなに混んでなかったし、その後、奥多摩を経由して帰ってきたけど一切渋滞なし!とゆーか、いつもの週末よりも空いてました。最終日はみんなおうちでのんびりしてるのかな…って思ったけど、中央道はやっぱり渋滞してたみたいなので、今日のお山選びは正解でした!(笑)

 

とにかくストレスなくのんびりお山が歩ければいーやって軽い気持ちで行った黒川鶏冠山だったけど、ヒトは少なくて静かだし、道は整備されてて歩きやすいし、急なアップダウンもないし、新緑はめちゃくちゃキレイだったし、コケやお花も予想外にキレイだったし、なんでみんな来ないんだろ?って思っちゃうくらいにヨカッタです!やっぱり、バスが1日2本しかないからかな…。でも、紅葉の季節にまた歩きたいなってゆーのと、バスで来て大菩薩嶺経由で縦走するってゆーのもやってみたいなって思いました。

 

今年のGWもたくさんのお山を歩けて大満足です♪ なんだけど、やっぱり来年は1日前倒しでお休みとって、久々に涸沢に行きたいなぁ…

2018年5月5日 加入道山~畦ヶ丸~大界木山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20180520205159j:plain

 

加入道山登山口P~東屋(水場)~加入道山分岐~加入道山頂~加入道山分岐~白石峠~水晶沢ノ頭~バン木ノ頭~モロクボ沢ノ頭~畦ヶ丸避難小屋~畦ヶ丸頂~畦ヶ丸避難小屋~モロクボ沢ノ頭~大界木山~浦安峠分岐~浦安峠~野外活動センター跡~加入道山登山口P

 

アカヤシオが満開の袈裟ヶ丸に行きたいな~って思ってたけど、前日の雨でお花が傷んでそうだし、相変わらず栃木方面はお天気が不安定そうだし、日光方面に日帰りで行くのはちょっともったいないなって思って、GW5回目の山行は近場のシロヤシオが咲き始めた丹沢の畦ヶ丸にソロで行ってきました!畦ヶ丸は2回目で全く同じルートというのもつまらないので、今回は加入道山にも寄ってみることにしました。

 

早朝から登ることもできたはずなのに何故か自分に甘くなって(笑)ゆっくり目におうちを出ました。順調に道志道を走って7:00過ぎに駐車場に着いた時には、上下合わせて10台くらいは停まってました。暑くなる前に標高稼ぎたかったから、サクッと準備して出発~。けっこう涼しかったけど、ずっと登りなのはわかってたので最初から半袖Tシャツで登りはじめました。

 

f:id:yamajoshi:20180520205258j:plain

 

チゴユリ

 

f:id:yamajoshi:20180520205341j:plain

 

ゆっくり新緑の中を歩き進んで行きます。

 

f:id:yamajoshi:20180520205420j:plain

 

フタリシズカ…

 

f:id:yamajoshi:20180520205635j:plain

 

うーん、青々しい。こんなの見てるだけで癒されるわ(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180520205731j:plain

 

グリーントンネル~♪ このアタリはまだまだ傾斜が緩いのでウキウキで歩いてます。

 

f:id:yamajoshi:20180520205928j:plain

 

東屋を過ぎると九十九折の登りになって、だんだん急登になっていきます。稜線に出るまでけっこう長いのはわかってるので、ゆっくりゆっくり登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180520210230j:plain

 

ちょっと平坦になったところで右側が開けて、富士山が見えました。ずいぶんと雪が少なくなったなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180520210421j:plain

 

ココは前回同様にえぐれた部分を登らず、脇のトレースを辿って行きました。こんな感じが2~3回続きます。

 

f:id:yamajoshi:20180520210658j:plain

 

そして、急に植生が変わって植林帯に。根っこゾーンです。

 

f:id:yamajoshi:20180520210916j:plain

 

道幅が狭く、崩落したらしき場所…。ここは直されてないんだね。場所が場所なだけに直すのは難しいのかなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180520211237j:plain

 

ここにはトラロープがあるんだけど、しっかりトレースついてたからロープ掴まなくても大丈夫でした。

 

f:id:yamajoshi:20180520211526j:plain

 

ミミガタテンナンショウ…

 

f:id:yamajoshi:20180520211837j:plain

 

このロープ場を過ぎて、しばらく登ると加入道山の分岐に着きました。

 

f:id:yamajoshi:20180520212016j:plain

 

かなりゆっくり登ってきてたので、休憩せずにそのまま階段を登って行きました。前回は、ここでけっこう疲れちゃってたから加入道山には行かなかったんだけど、今回はまだまだヨユーです。やっぱり、ルート知ってるとペース配分しやすいかもね。

 

f:id:yamajoshi:20180520212136j:plain

 

ブナかな?新緑キラキラだなー☆

 

f:id:yamajoshi:20180520212422j:plain

 

ゆるゆるな登りになって、加入道山頂に到着しました~♪

 

f:id:yamajoshi:20180520212806j:plain

 

休憩するにはまだ早いし展望もなかったので、避難小屋にも寄らずに分岐に戻ることに。下りながら登りの時には気づかなかったオオカメノキを見つけました。まだまだこれからですね~

 

f:id:yamajoshi:20180520213021j:plain

 

ミツバツツジは咲いてるお花もちょこちょこ見かけたけど、蕾もたくさんありました。

 

f:id:yamajoshi:20180520213334j:plain

 

真ん中にオレンジが入ってるからツルキンバイ…

 

f:id:yamajoshi:20180520213529j:plain

 

分岐に戻って、まずは白石峠へ。ここからは激登りとかなくて歩きやすい道になります。東海自然歩道~♪

 

f:id:yamajoshi:20180520214133j:plain

 

アセビの新芽…。相変わらずお花みたいでカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180520214451j:plain

 

せっかく登ってきたのに下ります(苦笑)。階段が新しくなってる?

 

f:id:yamajoshi:20180520214535j:plain

 

白石峠を通過してどんどん進みます。相変わらずほとんどヒトに会わないし、静かで歩きやすくていい道だなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180520215104j:plain

 

またまた下ります。かなーり下ります。ここも新しい階段になってました。

 

f:id:yamajoshi:20180520215257j:plain

 

キレイに咲いてるミツバツツジを発見!ちょっと遠いけど、ピンクがいい感じ。

 

f:id:yamajoshi:20180520215541j:plain

 

お花は何にも咲いてないし、歩きやすい道なのでサクサク進みます。シロヤシオが出てきたら、かなり足が止まっちゃうだろーしね…

 

f:id:yamajoshi:20180520215636j:plain

 

水晶沢ノ頭を過ぎたアタリからシロヤシオに会えるかと思ってたけど、見当たらず。葉っぱすら見当たりませんでした。

 

f:id:yamajoshi:20180520215902j:plain

 

それでも、シロヤシオはどこだろー?ってキョロキョロしながら歩いてたんだけど、会えるのはミツバツツジばかり…

 

f:id:yamajoshi:20180520220349j:plain

 

うわー、キラキラだぁ♡

 

f:id:yamajoshi:20180520220628j:plain

 

かなりキレイに咲いてるなぁ。咲きたてかな?

 

f:id:yamajoshi:20180520220815j:plain

 

アセビもちょこっとだけ咲いてました♪

 

f:id:yamajoshi:20180520220915j:plain

 

またまた下ります…

 

f:id:yamajoshi:20180520221029j:plain

 

シロヤシオになかなか会えなくて、日当りのいい表丹沢しか咲いてないとかないよね?早過ぎたとかないよね?ってちょっと心配になりました。

 

f:id:yamajoshi:20180520221234j:plain

 

ひたすらキョロキョロと上を見上げてたら、モジャモジャしてる木を見つけました。なんだかやたらと生命力を感じる(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180520221356j:plain

 

久々に登りらしい登りです。ちょっと急だけど、短いのでググっと登りました。

 

f:id:yamajoshi:20180520221715j:plain

 

このアタリにもミツバツツジが咲いてました。シロヤシオはどこ~???

 

f:id:yamajoshi:20180520221854j:plain

 

そして、シャガクチ丸を過ぎるとやっとご待望のシロヤシオに会うことができました!わ~い♪

 

f:id:yamajoshi:20180520222449j:plain

 

ミツバツツジがわっさわさ~

 

f:id:yamajoshi:20180520222746j:plain

 

カエデのお花…じゃないよね。何だろ?

 

f:id:yamajoshi:20180520222823j:plain

 

日が当たってないけどキレイです。まだ咲いたばっかりって感じで全然痛んでませんでした。

 

f:id:yamajoshi:20180520223743j:plain

 

お日さまが当ってるところを何とか探して…

 

f:id:yamajoshi:20180520224026j:plain

 

清楚で品があるお花だなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180520224103j:plain

 

実は風がかなり強くてお花が揺れまくっちゃってたから、写真撮るのがめちゃくちゃ大変でした。ボツ写真を量産しちゃったょ…

 

f:id:yamajoshi:20180520224134j:plain

 

さっき登ったのにまた下ります…

 

f:id:yamajoshi:20180520224840j:plain

 

そして、登り。ここはちょーっと登ります。逆向きに歩いたら階段の登りが多くなるから、やっぱりここを歩くなら時計回りだね。

 

f:id:yamajoshi:20180520225054j:plain

 

ほんのちょっとだけど、シロヤシオミツバツツジのコラボ~♪ ずっと見たかったヤツです。

 

f:id:yamajoshi:20180521222429j:plain

 

高い木にたくさんお花が付いてる~。青空とシロヤシオのコラボも最高!!!

 

f:id:yamajoshi:20180521222558j:plain

 

バンノ木の頭を通過するとシロヤシオが増えてきました。シロヤシオがわっさわさ~

 

f:id:yamajoshi:20180521223318j:plain

 

シロヤシオロードまではいかないけど、かなりアチコチに咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180521223507j:plain

 

花びらがフリフリになっててカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180521223715j:plain

 

お日さまを浴びてキラキラ輝いてました☆めっちゃキレイ!

 

f:id:yamajoshi:20180521223802j:plain

 

相変わらず風が強かったので、ホントに写真撮るの大変でした…(汗)。コレとか撮れたの奇跡だし!

 

f:id:yamajoshi:20180521223919j:plain

 

シロヤシオは葉っぱもカワイイんだよね。フチがちょっと赤いのもカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180521223952j:plain

 

アセビが多くなってきた後、少し登っていくとモロクボ沢ノ頭に到着します。ここまで来れば、畦ヶ丸はあとちょっと…。畦ヶ丸の山頂まで行ったらモロクボ沢ノ頭まで戻って、大界木山方面に向かう予定でした。

 

f:id:yamajoshi:20180521224907j:plain

 

モロクボ沢ノ頭を過ぎたところにあるヤセ尾根ゾーン。と言っても、大したことはないです(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180521225113j:plain

 

このコース唯一の鎖場。もーちょっと長いと思ってたけど、めっちゃ短かったです。足元は相変わらず滑りやすかったけど、鎖は要らない感じ。

 

f:id:yamajoshi:20180521225147j:plain

 

軽くアップダウンする道の両脇には、ところどころにシロヤシオが咲いててくれました。ミツバツツジとのコラボもかなりあったけど、日が当たってないところが多かったので帰りにお日さまの向きが変わることを期待することにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180521225556j:plain

 

こんなにたくさんのお花を付けた木も…

 

f:id:yamajoshi:20180521225628j:plain

 

畦ヶ丸に向かって少し登って行きます。この後、しばらく歩いて畦ヶ丸避難小屋に着きました。オナカがペコペコだったからランチにしたかったけど、避難小屋前のベンチが混んでたので先に山頂を踏みに行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180521230507j:plain

 

この階段を登ると…

 

f:id:yamajoshi:20180521230830j:plain

 

畦ヶ丸頂に到着~♪ 相変わらず見晴しはよくない山頂だけど、思ったよりもヒトがいました。あんまり座るのに適した場所がなかったので避難小屋前に戻ってみるとちょーどベンチが空いたのでランチにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180520205034j:plain

 

ランチ後は、モロクボ沢の頭まで戻りながら再びシロヤシオの写真を撮りまくりです。

 

f:id:yamajoshi:20180521231739j:plain

 

わーっっ!狙い通りお日さまの向きが変わって純光になってるー。真っ白なお花が青空に映えてるなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180521231815j:plain

 

シロヤシオミツバツツジの白とピンクのコラボ…

 

f:id:yamajoshi:20180521231857j:plain

 

またまたコラボ…

 

f:id:yamajoshi:20180521231937j:plain

 

このアタリがイチバンよく咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180521231659j:plain

 

振り返るとこんな感じです。しばらくここでシロヤシオを眺めてました。こんなにステキな場所なのに、すれ違ったヒトは数人でした。このヒトの少なさもいーんだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180521232018j:plain

 

もっとカワイイ写真を撮りたいーって夢中で写真をシロヤシオを追っかけてたんだけど、ふと“あれ?こんなにモロクボ沢ノ頭って遠かったっけ?”ってGPSを見たら、モロクボ沢ノ頭はとっくに過ぎてて、バンの木ノ頭近くまで来ちゃってました(泣)。このままピストンで戻ることももちろんできたんだけど、白石峠までの登り返しもあるし、同じ道を歩くのは好きじゃないからモロクボ沢ノ頭まで戻りました… 

 

標識は見てたはずなのに、何でモロクボ沢の頭を見落としたのかな?って思ったら、モロクボ沢ノ頭って文字がかなり小さい上に大界木山っていう表示がなかったんだよね。前はあった気がしたんだけどなぁ…なんて思いながら、大界木山に向かいました。

 

f:id:yamajoshi:20180521232551j:plain

 

ちょっと植生が変わって、両脇に笹とか出てきます。

 

f:id:yamajoshi:20180521232624j:plain

 

ヤセ尾根だけど高度感はないし、落ちる心配ももちろんありません。

 

f:id:yamajoshi:20180521232714j:plain

 

シロヤシオは見かけなくなっちゃったけど、キレイなミツバツツジがキター!!!

 

f:id:yamajoshi:20180521232811j:plain

 

大界木山に向かって登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20180521232849j:plain

 

山頂直下のちょっと急な登り…。ここが本日最後の登りです。

 

f:id:yamajoshi:20180521232934j:plain

 

大界木山に到着しました。モロクボ沢の頭からここまで会ったヒトはたった1人でした。開けてもいない地味な山頂なので、さっさと下山しよーと思って歩き出したら…

 

 

f:id:yamajoshi:20180521233012j:plain

 

山頂から少し下ったところにめちゃくちゃ立派なミツバツツジがありました。

 

f:id:yamajoshi:20180521233051j:plain

 

こんな感じでわっさわさとお花が付いてました。お花が多すぎて、どこを撮ろうかかなり迷いました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180521233132j:plain

 

山頂から少し下ったところに浦安峠に向かう破線ルートの分岐があります。前回の記憶があるので簡単に分岐は見つかりました。 

 

f:id:yamajoshi:20180521233216j:plain

 

ここは破線ルートだけど、しっかり道はあるので迷うことはまずないと思います。1ヶ所だけUターンする感じに曲るところがあるんだけど、真っ直ぐにもハッキリしたトレースついてるのでそこさえ間違えなければ大丈夫です。赤リボンを巻いた大きな枝が置いてあるので間違えて入ることはまずないと思うけど…

 

f:id:yamajoshi:20180521233522j:plain

 

なかなか急なところも下っていきます。ちょっと滑りやすいので気をつけながら下りました。

 

f:id:yamajoshi:20180521233610j:plain

 

でも、その後の九十九折の落ち葉ゾーンの方が注意が必要でした。かなりズルズル滑る感じです。

 

f:id:yamajoshi:20180521233808j:plain

 

浦安峠まで下りるとここからは長い長い林道歩き。このルートの唯一の難点はこの林道歩きです。退屈だけど、お花を探しながらブラブラ歩きました。

ということで、キケマン…

 

f:id:yamajoshi:20180521233849j:plain

 

カキドオシ…

 

f:id:yamajoshi:20180521233921j:plain

 

ムラサキケマン

 

f:id:yamajoshi:20180521234001j:plain

 

クワガタソウ…

 

f:id:yamajoshi:20180521234038j:plain

 

前にも見たからいーかなって思ったけど、何となくまた的様に寄っちゃいました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180521234128j:plain

 

前回はお仲間さんと一緒だったし、疲れちゃってたからスルーしたけど、階段を下りてみるとなかなかいい眺めでした。お水がめちゃくちゃキレイ~♪

 

f:id:yamajoshi:20180521234157j:plain

 

ヤマフジもたくさん咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180521234230j:plain

 

ちっちゃいスミレ…。この間、中沢山に行った時にみたスミレと同じかな?

 

f:id:yamajoshi:20180521234307j:plain


ということで、無事に駐車場に戻ってきました。加入道山に寄ったり、シロヤシオの写真を夢中で撮ったり、道を間違えたりしてたら下山はかなりいい時間になってて、ほとんどの車はすでに帰ってました。道志道でスルスルーって帰るつもりだったのに、ナビを検索したらまさかの渋滞!(汗)。でも、ここからじゃ逃げ道もないし、特に急いでもいなかったので、渋滞に巻き込まれながらのんびりおうちに帰りました。

 

2年前に来た時は、シロヤシオのピークはちょっと過ぎちゃったかなって感じだったし、空が曇りがちだったんだけど、今回は咲きたてフレッシュなシロヤシオにたくさん会えて、風が強かったもののほぼ青空だったので大満足です♡鳥の囀りを聞きながら、風の音を聞きながら、新緑とシロヤシオミツバツツジを1日中満喫できちゃいました。道志側からの丹沢は、表とは比較にならないくらいにヒトが少なくて、静かにお山が楽しめるので超オススメです。前後にずっとヒトが見えてるとゆーことはまずありません。ただ、このルートは周回すると浦安峠からの林道歩きが長いのだけがネックなんだよね…。周回せずにピストンすればいーのかもだけど。ちなみに、見晴しはほぼないので見晴しを求める時には向きません(笑)

 

今年の秋は黍柄山とか大室山とかこのアタリの未踏のお山に紅葉を見に来たいなぁ…