2018年1月27日 飯盛山(日帰り・雪山)

f:id:yamajoshi:20180217215408j:plain

 

平沢峠P~飯盛山頂~平沢峠P…(車移動)…吐竜の滝

 

超快晴のいいお天気だったけど、またしても寒波が来てて低温&強風予報…。北横岳でモフモフになった木々を眺めるのをめちゃくちゃ楽しみにしてたけど、直前に行ったヒトのレコによるとー20℃くらいになったみたいだったので、お仲間さん達の装備ではムリかなーと思って八ヶ岳のお隣の飯盛山に行ってきました!軽~いハイキングとゆーかお散歩になっちゃったけど、久々に歩く雪の上はめちゃくちゃ気持ちよかったです♪

 

朝、中央道の日野バス停でお仲間さんにピックアップしてもらいました。飯盛山ならCT短いから遅い時間の出発でも全く問題ないので楽々~♪ 中央道は全く渋滞もなく、久々に会うお仲間さん達とおしゃべりしてたらあっとゆー間に平沢峠に到着しました。晴れてはいるものの八ヶ岳には所々に雲がかかってる状態だったけど、久々に見る八ヶ岳はやっぱりカッコよかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180217215454j:plain

 

飯盛山に登る前に獅子岩に寄りました。駐車場の雪は完全に溶けてたけど獅子岩の周りには雪がしっかり残ってたので、岩の間の雪を踏み抜かないように注意して登りました。

 

f:id:yamajoshi:20180217215550j:plain

 

やっぱりここから眺める八ヶ岳はサイコーです。

 

f:id:yamajoshi:20180217215636j:plain

 

南アルプスの峰々もよく見えました。

 

f:id:yamajoshi:20180217215715j:plain

 

登山口から雪は積もってたけど、急な斜面がないのはわかってたのでとりあえずツボ足で登り始めたけど、しっかり雪は締まってて、トレースもしっかりついてたのでツボ足でも全然問題なかったです。駐車場では-10℃くらいだったけど、歩き始めて樹林帯に入ってほぼ無風になったら薄いメリノのベース+薄いフリースでも暑いくらいでした。登り始める前にソフトシェル脱いでおいてよかった~

 

f:id:yamajoshi:20180217215844j:plain

 

お楽しみが全然ない樹林帯だけど、久々に雪の上を歩いてるってだけでテンションUP~♪すぐに山頂に着いちゃうのわかってたのでなんだかもったいなくて(笑)冬枯れの景色を眺めながらいつもよりもさらにゆっくり歩いちゃいました。

 

f:id:yamajoshi:20180217220036j:plain

 

冬枯れの景色もキライじゃないんだけどね…

 

f:id:yamajoshi:20180217220511j:plain

 

少し登ったところで振り返っての八ヶ岳。この後、しばらくは八ヶ岳はお預けです。

 

f:id:yamajoshi:20180217220544j:plain

 

このアタリはちょーっとだけ急なんだけど、ホントにここだけ。あとはゆるゆるのめっちゃ癒しのルートです。

 

f:id:yamajoshi:20180217220623j:plain

 

平沢山へは行かずに分岐を飯盛山方面に進むと開けたところに出ました。誰も全く疲れてなんてなかったけど、時間はたっぷりあったし、眺めがよかったのでちょっと休憩することにしました。目指す飯盛山と富士山が見えてきた~♪

 

f:id:yamajoshi:20180217220737j:plain

 

雪がキラキラ…☆

 

f:id:yamajoshi:20180217220820j:plain

 

しばらく休憩した後、平沢山を巻く感じで南アルプスのお山たちを眺めながら歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180217221455j:plain

 

甲斐駒ヶ岳~!冬期黒戸尾根は今シーズンはまだムリだけど、夏には登りたいな。

 

f:id:yamajoshi:20180217221602j:plain

 

北岳~!去年は白峰二山で終わっちゃったので、今年こそは三山縦走したいっっ。北岳の手前左側は鳳凰三山オベリスクもしっかり見えました。

 

f:id:yamajoshi:20180217221657j:plain

 

枯れたアジサイの花びらがキラキラ☆

 

f:id:yamajoshi:20180217221354j:plain

 

これは???

 

f:id:yamajoshi:20180217221732j:plain

 

枯れ花三連発になっちゃった(笑)。早く春色のお花たちに会いたいな。

 

f:id:yamajoshi:20180217221813j:plain

 

飯盛山が近づいてきました。めちゃくちゃ晴れてるし、風はないし、眺めはいいし、快適なトレイル。

 

f:id:yamajoshi:20180217221927j:plain

 

南アルプス方面全景…

 

f:id:yamajoshi:20180217222007j:plain

 

清里駅からのルートとの分岐を過ぎるとヘリポートみたいなちょっとした広場に到着。モコッとした飯盛山が目の前です。

 

f:id:yamajoshi:20180218134600j:plain

 

ここからは一気に山頂へ。

 

f:id:yamajoshi:20180218134649j:plain

 

誰もいない貸切の山頂に到着しました。ずっと見えてたけど、ここからが一番近いので富士山をパシャリ。

 

f:id:yamajoshi:20180218134733j:plain

 

金峰山と左手前には瑞牆山。すっきり晴れてたので五丈岩もしっかり見えました。

 

f:id:yamajoshi:20180218134819j:plain

 

展望台(?)の向こうには浅間山も見えました。ここまで来ると浅間山も近いよね~。プリン眺めに黒斑山にも行きたいんだけどね…

 

f:id:yamajoshi:20180218134852j:plain

 

そして、メインの八ヶ岳~♪ 雪雲が増えちゃったな…(汗)。でも、手前の風景も含めてとってもいい眺め♡

 

f:id:yamajoshi:20180218134941j:plain

 

しばらく山頂で周りの景色を眺めたりしてたけど、ちょっと風が出てきて寒くなってきたので広場まで下りてコーヒータイム♪ 空を見上げると雲がすごい勢いで飛んでってたので、きっと北横岳はかなりの風だったんじゃないかなー?ちょっとだけ北横岳に未練があったけど、行こうと思えばいつでも行けるお山だし、今日は飯盛山で大満足です。

 

広場でも風が少し強くなってきたので下山開始~。下りもツボ足でも問題なさそーだったけど、転べないのでアイスマスターを着けることにしました。途中で振り返って、飯盛山と富士山を見納め。

 

f:id:yamajoshi:20180218135210j:plain

 

結局、帰りにも寄らなかった平沢山。特に何があるわけでもないけど、あっちの方が眺めがよかったような気もするので次に来た時にはまた登ってみよーかな。

 

f:id:yamajoshi:20180218135446j:plain

 

相変わらず茶色いお花…

 

f:id:yamajoshi:20180218135612j:plain

 

下りはノンストップでサクサク下りました。樹林帯から抜けたところで見えた八ヶ岳は雲がかなり取れてきてました。

 

f:id:yamajoshi:20180218135746j:plain

 

新芽だ~♪ ピンク色がカワイイ♡こんなに雪だらけで寒くても春の準備は少しずつ始まってるんだね。

 

f:id:yamajoshi:20180218135821j:plain

 

平沢峠で八ヶ岳を眺めながら片付けしてからヤツレンに行って、お気に入りのロイヤルミルクティーソフトをいただきました。めっちゃおいしかった~♪

 

f:id:yamajoshi:20180218135852j:plain

 

その後、お仲間さんオススメの吐竜の滝に行ってみました。駐車場から川沿いを10分くらい歩くと…見えてきました!

 

f:id:yamajoshi:20180218135922j:plain

 

全面氷結はしていないものの、風情のあるいい滝です。何人かカメラマンさんも来てました。

 

f:id:yamajoshi:20180218175920j:plain

 

正面から全景を眺めてみると、アチコチから水が流れ出てました。夏もよさそう。

 

f:id:yamajoshi:20180218175821j:plain

 

周りには氷のオブジェがたくさんできてました。

 

f:id:yamajoshi:20180218140112j:plain

 

天然の芸術品がキラキラして綺麗でした。

 

f:id:yamajoshi:20180218140148j:plain

 

しばらく写真を撮ってたけどなかなかいい写真が撮れず…(汗)。やっぱり滝を撮るなら三脚持ってこないとだなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180218140217j:plain

 

帰りはファミレスに寄ってランチしてから、中央道で日野バス停に送ってもらいました。冬の土曜日の中央道だからそんなに渋滞しないだろーなって思ってはいたけど、渋滞は全くなし!スノボやってた頃は必ず渋滞してたイメージなんだけどな…

 

久々に行った雪山は快晴で暖かくて雪質もよくてめちゃくちゃ気持ちよかったです。カラダの状態もあるけど、最近はそんなにガツガツ厳しいところを登りたいって気持ちはなくて、とにかくキレイな景色を見たいって気持ちの方が強いので2時間程度のお散歩でも大満足でした♡別に雪山は登らなくてもいーかなーってちょっと思ってたけど、やっぱり登りたくなっちゃいました。次はどこに登ろうかなぁ?

 

来週からは旅行に出るのでしばらくお山はお休み。復活するころにはお花が咲き始めてるかも。楽しみ~♪

2018年1月14日 秩父御嶽山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20180217152429j:plain

 

三峰口駅秩父御嶽山登山口〜タツミチ〜秩父御嶽山頂〜西の肩〜普寛神社~落合〜つちうちキャンプ場〜三十槌の氷柱〜ウッドルーフオートキャンプ場〜道の駅大滝BS

 

寒波が来てて、北日本日本海側は大雪でめっちゃ大変そう。でも、関東には一向に雪が降る気配はなく、気温はかなり低いものの晴天予報。もしかしたら赤城山は霧氷が…って思ったけど、あまり自信が持てなかったので却下。この寒さなら…と払沢の滝のサイトをみたら氷結度45%でボチボチ凍ってました。払沢の滝+浅間嶺もいーかなと思ったけど、払沢の滝が凍ってるなら他のところもいい感じになってるかな?って思って、一昨年、行きたいなーと思ったものの行けてなかった三十槌の氷柱を見に行くことにして、ついでに近くの秩父御嶽山にもソロで行ってきました!

 

6:00過ぎにおうちを出て三峰口駅の駐車場に向かいました。相変わらず、途中の道路に凍結はなし。雨も雪も降ってないから、山の中の林道で水が染み出てるとかないと凍る要素がないもんね。三峰口駅に車を置いてから秩父御嶽山を周回して、三峰口駅に戻ってから車で三十槌の氷柱に行くか、縦走してバスで帰ってくるか迷いながら運転してて、道の駅あしがくぼでトイレに寄った時に山と高原地図を見て決めようって思ってたら秩父の地図に載ってなくて、急ぎYAMAPの無料地図をダウンロードしました(苦笑)。前日、ヤマプラでルートチェックして過去レコでルートダウンロードしてたからまさか秩父の地図にないとは気がつかず…(汗)。前日、寝る前に急に行き先決めたりするとこーゆーことになりがちです。気をつけないと。

 

三峰口駅の駐車場はめちゃくちゃ空いてて、月極で借りてるヒトが数台停めてたのと、おそらく同じく秩父御嶽山に登るであろうオトコのヒトの車くらいしかありませんでした。駅の窓口で500円を払ってから歩き出しました。大通りに面してないし、全然ヒトもいなくてすごーく静かでした。車で走ってきた道を少し戻って歩道橋のあるところを斜めに入って行きました。少し歩くとトイレがあって、そこを曲って少し歩いていくとたくさんのカカシが…。このアタリは贄川宿という宿場町だったみたいだけど、カカシとの関係はよくわかりません。

 

f:id:yamajoshi:20180217153148j:plain

 

地面をえぐるった感じの登山道に入っていくと、左右にお墓がたくさんありました。侮ってましたがなかなかの傾斜です。

 

f:id:yamajoshi:20180217153331j:plain

 

即道の墓???

 

f:id:yamajoshi:20180217153433j:plain

 

お墓エリアが終わって九十九折に登って行くと見晴しのいいところがありました。

 

f:id:yamajoshi:20180217153551j:plain

 

麓の村と名前がわからないお山…三峰山かなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20180217153656j:plain

 

ここにもアセビが生えてるなーと思って花芽をチェックしてたら、すでに開いてるお花がありましためちゃくちゃ早いっ!!!それにしてもカワイイなぁ…♡

 

f:id:yamajoshi:20180217153751j:plain

 

傾斜の緩い道を歩いて行きました。こんな道だとサクサク歩けちゃいます。落ち葉もサクサクでいい感じ♪ 歩くヒトが少ないのかなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180217154012j:plain

 

しばらくすると“二番高岩”という標識がありました。ということは、さっきのは一番だったのかな…?なんて思いながら寄ってみました。一番とそんなに代わり映えはしなかったけど、なかなかいい眺めでした。

 

f:id:yamajoshi:20180217154618j:plain

 

その後は直登気味のちょっとだけ急な登りでした。

 

f:id:yamajoshi:20180217155150j:plain

 

こんな根っこがたくさんあるところもありました。この登りはそんなに長くは続きません。

 

f:id:yamajoshi:20180217155301j:plain

 

その後はひたすら杉林の中を歩きました。平坦でお楽しみがないのでいつもよりかなり速いペースで歩けちゃいました。YAMAPの地図だと、いくつも小さいピークを越える感じになってたけど、実際は小さいピークは全て巻けるようになってました。

 

f:id:yamajoshi:20180217155642j:plain

 

この杉林がとにかく長かったです。ほとんど変化がなくて、強いての変化と言えば途中から草が増えたことくらい…かなり退屈でした(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180217155847j:plain

 

ひたすら杉林を歩いて鞍掛山・猪狩山・古池方面の分岐のタツミチに着いた時には1時間近くCTより早くてビックリ。確かに今日は見所も写真撮るモノのないなって思って、たまにはトレーニングもいーかなっていつもよりはちょっと早めに歩いてて、久々にちょっと汗もかいちゃってたけど、それにしても1時間も?って感じでした。謎のCTです…。ずっと暑くてベースだけで歩いてたんだけど、さすがにタツミチからは稜線歩きになるから薄いフリースを着ました。暑いって言っても気温はかなり低かったはず。朝、歩き始めた時は氷点下だったしね。

 

f:id:yamajoshi:20180217160532j:plain

 

しばらく平坦気味の尾根を歩いて行った後のヒノキの植林帯がかなりいやらしい感じでした。斜めに登山道が切ってあって、かなり急な上にめっちゃ滑りやすくて道幅も狭い…。怖くはないけど、めちゃくちゃ歩きにくかったです。ここから下るのは滑りそうで絶対にイヤだなって思いました。

 

f:id:yamajoshi:20180217161252j:plain

 

登り切ってそろそろ山頂かな~?なんて思ったけど、岩っぽい尾根になりました。さっきの斜面よりもずっと歩きやすかったです。特に危ないところも難しいところもなし。

 

f:id:yamajoshi:20180217173402j:plain

 

ベンチのある強石口への分岐を過ぎると山頂が見えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20180217173607j:plain

 

凛々しい狛犬さんです。

 

f:id:yamajoshi:20180217173655j:plain

 

結局、登山口から誰にも会うことなく山頂に到着!そんなに広くはないけど、ある程度のスペースはあるのでのんびりできそうでした。

 

f:id:yamajoshi:20180217173816j:plain

 

雪山が見えてる…日光連山かな??そして、赤城山には霧氷ってたみたいでした。うーん、またやっちゃったか(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180217180103j:plain

 

浅間山がちょこんとアタマを出してました。

 

f:id:yamajoshi:20180217180202j:plain

 

ギザギザの両神山。ここまで来るとかなり近くなります。

 

f:id:yamajoshi:20180217180134j:plain

 

ここで少しのんびりしたかったけど、三十槌の氷柱に行くのが今日の目的。三十槌の氷柱から三峰口駅までのバスの本数が少なそうだから、すぐに下山することにしました。落合方面へは下り始めがかなり急…ザレと岩のミックス的な…(汗)。でも、一応、ロープはついてたので心配なヒトは掴まれます。

 

f:id:yamajoshi:20180217180319j:plain

 

そして、そのうち鎖になる(しかも新しい)のでしっかり掴まれば安心です。

 

f:id:yamajoshi:20180217180353j:plain

 

その後は樹林帯の九十九折の急な下り。ここもズルズル滑る感じだったので転ばないよーに気をつけつつも飛ばし気味に下りました。

 

f:id:yamajoshi:20180217193828j:plain

 

九十九折が終わるとトンネルに出ました。前はここから落合に向けての登山道があったんだけど、今は作業道ということで通行止め。わかっててこっちに来たんだけどやっぱり通れなかった…。仕方ないので林道をひたすら歩くことにしました。この林道がかなり長くて苦行でした。強石口へのルートで下山すればよかった…(泣)

 

たまに小走りしながら何とか長ーい退屈な林道歩きが終わって、麓にあった神社をチラ見。お稲荷さま、コワイょ…

 

f:id:yamajoshi:20180217180437j:plain

 

普寛神社の看板を読んだら、春にはカタクリが咲くって書いてありました。見に来たい気持ちもあるけど、このアタリは花粉がすごそうなのでムリかなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180217194920j:plain

 

車道に出て、三十槌の氷柱に向かいました。自分が調べてたバスの時間までは50分しかなくて、ここから三十槌の氷柱までは30分かかる…見る時間がたった20分しかないなら急がないと!って、かなり早足で歩きました。途中で“氷柱は左”って看板が出てきたからつられて左に橋を渡って行ったら、つちうちキャンプ場に行く道になっちゃって。どーやら、駐車場への誘導らしかったんだけど、途中で川を渡れるところもなく、ちょっと遠回りっぽかったけど三十槌の氷柱には着きそうだったので更にスピードアップして歩きましたそして、つちうちキャンプ場で環境協力金を払ったタイミングで残り25分…

 

f:id:yamajoshi:20180217180558j:plain

 

時間がなかったので、つちうちキャンプ場内の人工の氷のオブジェはチラ見だけ。

 

f:id:yamajoshi:20180217180631j:plain

 

河原に下りて急ぎ気味に歩いて三十槌の氷柱に向かいました。川は自然に渡れるようになってましたよー。少し河原を歩いて行くと遂に三十槌の氷柱が見えてきました!!まずは天然モノからです。

 

f:id:yamajoshi:20180217180720j:plain

 

ピークはもーちょっと先なのかもしれないけど、これでも見ごたえ十分。写真撮ったりしてたらバスの時間とかどーでもよくなってきちゃって、とりあえず目指してたバスは早々にあきらめて、のんびり鑑賞することにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180217180756j:plain

 

少し先の人工の氷柱。人工に作ってるだけあってかなり立派な氷柱でした。人工な上にこっちの方がさらに日が当たらない場所なので、けっこう育ってました。

 

f:id:yamajoshi:20180217180842j:plain

 

ホワイトバランス調整せずに撮ったのでかなり青くなっちゃった…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180217180926j:plain

 

水面への映り込みもキレイです~♪

 

f:id:yamajoshi:20180217192453j:plain

 

大きくてなかなか写真に収めきれないので反対側からも。

 

f:id:yamajoshi:20180217192529j:plain

 

モコモコした部分のアップー

 

f:id:yamajoshi:20180217192645j:plain

 

人工は迫力あるけど、やっぱり天然モノの方が風情があるとゆーかなんとゆーか好きな感じなので、再び見に行きました。って言っても、すぐそこなんだけどね(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180217192609j:plain

 

ツララのギザギザがすごいっ!

 

f:id:yamajoshi:20180217192719j:plain

 

ちょっとだけ日が差してキラキラしてました☆

 

f:id:yamajoshi:20180217192750j:plain

 

川の水はこんなに青くてキレイ。夏にキャンプ場に泊まって川遊びするのもよさ気です。

 

f:id:yamajoshi:20180217192821j:plain

 

何気に日影だからめちゃくちゃ寒くてカラダが冷え切っちゃったのでそろそろ切り上げることに。階段を登って、最後にウッドルーフオートキャンプ場の駐車場から人工モノの氷柱を眺めてみました。ライトアップもキレイなんだろーけど、そのままの方がやっぱりいい気がしちゃいます。だって、お水がキレイだから元々の氷の色がキレイだしね。

 

f:id:yamajoshi:20180217192852j:plain

 

大満足してバス停に向かいました。三十槌の氷柱にイチバン近いバス停は三十場なんだけど、バスが来るまでかなり時間があったので宮平まで歩いてバスに乗ることにしました。けど、この車道がすこぶる怖かったです。一応、歩行者用のラインはあるもののかなり狭く、何気に車の通行量が多いのでめちゃくちゃ歩きにくかったです。そんなこんなで宮平までなんとか歩いたんだけど、まだまだ時間があったので行けるところまで行こうと歩きだしたら、下山した落合を超えて道の駅大滝温泉まで来ちゃいました。それでもまだ時間があったので、トイレに行ったりしてバス停に戻ったら…なんと急行が発車したところでした。道の駅に着いたタイミングで時刻表を再確認しておけばよかったーって思ったけど、かなり混んでた急行に比べてそのあとに来たフツーのバスはめっちゃ空いてたので楽々座って三峰口駅に戻れたから、まあよかったかな。

 

相変わらず閑散とした三峰口駅に戻って、駅そばを食べようかと思ったら残念ながらお休み…。冬の間はお客さん少ないだろーから仕方ないけど。帰りに芦ヶ久保の氷柱にも寄ろうかと思ったけど、あそこはあまりにも人工的すぎるのと、三十槌の氷柱でおなかいっぱいになってたのでそのままおうちに帰りました。

 

三十槌の氷柱は素敵だったし、思ったよりもヒトも少なかったからのんびり鑑賞できたけど、やっぱり氷柱といえばの雲竜渓谷の氷柱を久々に見に行きたいなぁ。それにしても、秩父御嶽山はめっちゃ静かなお山でした。特に何があるってわけではないけど、ちゃんと整備されてて、緩い登り部分が多い感じなのでサクッと短時間で登るにはいいお山だと思います。ただ、大滝に下る林道はひたすら退屈すぎるのでオススメしません。どうしても大滝温泉に入りたいのであれば強石口方面の登山道を杉下峠まで下りてから大滝に向かうのがいいかもしれないですが、ベストは三峰口~強石口の周回ルートなのかなーと思います。

 

来週はお仲間さんと軽い雪山に行く予定。久々の雪山なので登るお山がどこでもめちゃくちゃ楽しみです♪やっぱり雪山が好き♡

2018年1月7日 宝登山~御嶽山~天狗山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20180114184816j:plain

 

見晴P~宝登山神社~登山口~宝登山神社奥宮~宝登山頂~ロウバイ園~七坂~小鳥峠~野上峠~神まわり分岐~御嶽大神御嶽山)~三笠山大神~白峰神社(天狗山)~普覚神霊~琴平神社~防山不動明王~八海山大神~秋葉神社~摩利支天~一心神霊~防山稲荷大明神御嶽山登山口~岩畳~見晴P

 

赤城山に霧氷を見に行きたかったけど、風が強そうだったし、お天気がイマイチ読めなかったので、早くもロウバイが咲き始めてる…というレコを見てソロで宝登山に行ってきました!まだ、1~2分咲きということだったので、ちょっとしか咲いてないのはわかってたんだけど、来週からロウバイ祭り?が始まるみたいだし、レコがどんどん上がるにつれて混んじゃいそーなのでフライング気味だとは思ったんだけど、行ってみることにしました。やっぱりお花が好きなんだよねー(笑)

 

CTが短いからちょっとゆっくり目におうちを出発~。明るくなってからおうちを出たのは久々かも。先週と同じ道を通って、299で秩父方面へ。長瀞はちょっと遠いんだけど、電車で来るともっと時間かかっちゃうからやっぱり車がベターなんだよね。長瀞駅前には駐車場があるし、宝登山神社にも駐車場があるんだけど、両方とも500円。踏み切りを渡ってちょっと奥に行ったところにある見晴駐車場はなんと200円!なので見晴駐車場に停めよと思ったら500円玉しかなくて、料金箱制でおつりはないからどーしよーって思ってたら、同じく200円の向かいの駐車場にオバーチャンがちょーど来たところでおつりくれたから向かいの駐車場に停めました。こっちは早朝は開いてないかもなので、おつりがないように小銭を持ってきたほうがいーですね。

 

トコトコ歩いて、宝登山神社へ向かいました。まずは大きくて立派な鳥居。3年くらい前に来た時はこっちから下山したんだけど、電車の時間に間に合わせるために急いでて神社には寄れなかったからね…

 

f:id:yamajoshi:20180114191439j:plain

 

本殿です。地元の消防署の方々が大勢でお祓いにいらっしゃってました。

 

f:id:yamajoshi:20180114191608j:plain

 

なんとなーくぐるっと回ってから登山口へ向かいました。林道っぽい道をユルユルと登って行きました。前はここを小走りで駆け下りたなー。電車の時間が気になってたのもあるけど、退屈な道だったから(笑)。その時は駆け下りたからかショートカットが全く目に入らなかったんだけど、今回はゆっくり登ってるのですぐに見つけられました。林道はつまらないので早速ショートカット!

 

f:id:yamajoshi:20180114192804j:plain

 

あれ…なんかちょっと入り込んじゃった感じ?大丈夫かな?って思ったけど、すぐに開けてすぐに林道に出ました。

 

f:id:yamajoshi:20180114192908j:plain

 

フワフワー♪

 

f:id:yamajoshi:20180114193045j:plain

 

ショートカットして、林道に出てを繰り返してたら、見晴しのヨサゲなところに出ました。あれ?なんか雪山見えてる?もしや、赤城山?うわー、晴れてるし、霧氷ってるじゃん!今日、赤城山に行こうか迷ってたのに…(泣)

 

f:id:yamajoshi:20180114193237j:plain

 

ちょっとガッカリしながら歩き続けてると、ショートカット道で赤い実を見つけました。ホコリだらけだったけど(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180114193818j:plain

 

最近よく見るヤツ…

 

f:id:yamajoshi:20180114194002j:plain

 

トゲトゲ付きの赤い葉っぱ。ノイバラかな?

 

f:id:yamajoshi:20180114194112j:plain

 

ドライアジサイ

 

f:id:yamajoshi:20180114194240j:plain

 

ロープウェー駅のところまで登って来たら一気に見晴しが良くなりました。

 

f:id:yamajoshi:20180114194902j:plain

 

雪山がかなり見えるよになりました。赤城山と日光連山かな?谷川岳も見えるらしーけど、見落としました…

 

f:id:yamajoshi:20180114195144j:plain

 

奥宮に向かう階段。春にはこの階段の脇にツツジが咲くみたいです。

 

f:id:yamajoshi:20180114195351j:plain

 

こちらも立派な鳥居です。

 

f:id:yamajoshi:20180114195638j:plain

 

ここの狛犬サンは狼なんだよねー。って、本殿の狛犬サンをチェックするの忘れた!(汗)。赤ちゃん見たかったのにぃ…

 

f:id:yamajoshi:20180114195739j:plain

 

ロウバイがチラチラ見えてたけど、とりあえず山頂標識の写真を撮りに行くと誰もいませんでした。ほぼ快晴に近いお天気の良さで、見晴しはめちゃくちゃ良かったです。前に来た時は、ここで鍋したんだけど、めっちゃ寒くてダウン上下着てたわ…。しかも、雪チラついてたし。

 

f:id:yamajoshi:20180114200425j:plain

 

甲武信ヶ岳両神山百名山コンビ~♪ 今年はシャクナゲの季節に甲武信ヶ岳に行ってみようかな。

 

f:id:yamajoshi:20180114200712j:plain

 

まずはフユザクラ…カワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180114201132j:plain

 

キラキラしてる~♪

 

f:id:yamajoshi:20180114201318j:plain

 

ほぼ終わりって感じで、なかなかキレイなお花を見つけるのは難しくてだいたいはこんな状態でした。

 

f:id:yamajoshi:20180114201354j:plain

 

とゆーことで、ちょっと遠めから(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180114201431j:plain

 

そして、お目当てのロウバイです。青空と黄色がイイネー

 

f:id:yamajoshi:20180114201517j:plain

 

武甲山をバックに…。もっとたくさんお花が咲くといろんな角度から撮れるんだけどなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180114201558j:plain

 

こんな真ん丸の蕾がたくさん付いてました!去年は、終わりかけのロウバイばっかり見てたから、このコロコロ感は新鮮でした。

 

f:id:yamajoshi:20180114201638j:plain

 

お日さまに透かした時のこの透明感がいいよね~♪

 

f:id:yamajoshi:20180114201726j:plain

 

フツーは下向きに咲くのに珍しく上向きに咲いてるお花を発見~!

 

f:id:yamajoshi:20180114201803j:plain

 

ここは日当たりがいいらしく、なかなかよく咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20180114201856j:plain

 

キラキラ…

 

f:id:yamajoshi:20180114201928j:plain

 

逆光にしてシルエットぽくなるのも雰囲気があって好き♡

 

f:id:yamajoshi:20180114202014j:plain

 

周りをちょっとボカして…カワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180114202050j:plain

 

ホントに蝋細工みたいだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180114202128j:plain

 

薄っすらとする甘い香りが心地よかったです。ここが満開になったらすごい香りになるかも?

 

f:id:yamajoshi:20180114202203j:plain

 

キレイに3つお花が並んでた。お行儀よいねー(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180114202236j:plain

 

ちなみに、ロウバイ園はこんな感じでした。やっぱり2分咲きくらいかなぁ?梅園へはまだ入れなくなってました。

 

f:id:yamajoshi:20180114211601j:plain

 

これは違う種類かな?原種っぽい?ロウバイの種類はよくわかりません…

 

f:id:yamajoshi:20180114211640j:plain

 

よく見ると真ん中の色がめっちゃ濃い。全体的に黄色い方が好きかなー

 

f:id:yamajoshi:20180114211715j:plain

 

最初にロウバイ園に入った時は数人しかいなかったのに、写真に夢中になってる間にヒトがめっちゃ増えてました。かなり堪能したので下山しよーかなと思って、せっかく望遠レンズつけてたので下山前に甲武信ヶ岳を撮影。なんか雪なさそう…

 

f:id:yamajoshi:20180114211756j:plain

 

両神山も。相変わらずゴツゴツしててカッコイイお山。

 

f:id:yamajoshi:20180114211832j:plain

 

下山開始~。あれ?ここってこんなに緩い階段だったっけな?前にこっちから登って来た時に、もうこの階段登りたくないーって思った記憶があるんだけど…

 

f:id:yamajoshi:20180114211916j:plain

 

しばらく歩いてたら…キター!!この階段だ。ここキツかった記憶がめっちゃある。かなり寒かったのに、ここで汗だくになったんだよ。

 

f:id:yamajoshi:20180114211947j:plain

 

階段終わって舗装路をしばらく歩いて行きました。うーん、記憶より長かったな…。前はお仲間さん達とおしゃべりしながら歩いてたから短く感じたのかも。

 

f:id:yamajoshi:20180114212026j:plain

 

途中で舗装路から長瀞アルプスでお山の中へ。しばらく歩くと小鳥峠に着きました。このアタリまではけっこうヒトとのすれ違い多し。

 

f:id:yamajoshi:20180114212108j:plain

 

フワフワー♪

 

f:id:yamajoshi:20180114212153j:plain

 

長瀞アルプスはあまり大きなアップダウンがなくて気持ちよーくハイキングできます。

 

f:id:yamajoshi:20180114212245j:plain

 

なんか黒っぽい実を見つけました。

 

f:id:yamajoshi:20180114212325j:plain

 

野上峠を過ぎて、氷池の分岐を過ぎて、だんだんヒトとすれ違うことがなくなってきた頃、御嶽山、天狗山への分岐が出てきました。前は野上駅から長瀞アルプスを歩いてきたから、今日は神まわりをしながら下山することにしました。このルートはあまりヒトが入らないのか、落ち葉がサクサクのままでした。

 

f:id:yamajoshi:20180114212454j:plain

 

落ち葉で滑らないよーに注意しながら下って行くと、御嶽山御嶽大神)に着きました。

 

f:id:yamajoshi:20180114212530j:plain

 

ここにも立派な鳥居がありました。

 

f:id:yamajoshi:20180114212632j:plain

 

山と高原地図だと天狗山に行くと戻ってこないといけないっぽくなってたけど、神まわりの地図をみたら天狗山からそのまま下りていけそうだったので天狗山に寄ることにしました。えと、この祠は…?

 

f:id:yamajoshi:20180114212705j:plain

 

そのまま下ると三笠山大神。

 

f:id:yamajoshi:20180114212736j:plain

 

さらに下った分岐のちょっと先に白峰神社がありました。神まわりの地図はあったけど、天狗山の山頂標識は見当たらなかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180114212807j:plain

 

山と高原地図にないルート。ちょっと道幅は狭い感じ。落ち葉で滑りやすいので注意。って、谷側に落ちてもなんてことない感じだけど。

 

f:id:yamajoshi:20180114212838j:plain

 

ちょっと見にくいけど普寛神霊。

 

f:id:yamajoshi:20180114212912j:plain

 

そして琴平神社。相変わらず落ち葉でズルズルするので、注意しながら下りていきました。

 

f:id:yamajoshi:20180114212944j:plain

 

防山不動明王。目の前には広場っぽい道が続いて手、右側にも道がありました。広場っぽいところはなんだろー?って思いながら通り過ぎたけど、焚火式斎場だったみたいです。ここで火渡りやるのかな?

 

f:id:yamajoshi:20180114213026j:plain

 

次は八海山大神。

 

f:id:yamajoshi:20180114213127j:plain

 

そして秋葉神社

 

f:id:yamajoshi:20180114213201j:plain

 

明るくて気持ちのいい道でした。

 

f:id:yamajoshi:20180114213254j:plain

 

見晴しのいいところもあったし。

 

f:id:yamajoshi:20180114213325j:plain

 

摩利支天。

 

f:id:yamajoshi:20180114213402j:plain

 

心神霊。

 

f:id:yamajoshi:20180114213452j:plain

 

このあと、防山稲荷大明神に寄ったんだけど、ただの準備小屋みたいものかと思って写真は撮りませんでした。御嶽山登山口の鳥居をくぐって、隣のお寺に寄ろうかと思ったけど、犬がめっちゃ吼えてたので断念しました。そして、車道をテクテク歩いて長瀞駅まで戻ってそのまま岩畳に向かいました。

 

f:id:yamajoshi:20180114213525j:plain

 

初めての岩畳はなかなかいいところでした。そんなにヒトも多くなかったしね。時間があったらここでのんびりするのもいーかも。

 

f:id:yamajoshi:20180114213557j:plain

 

岩畳で見つけたあまり見たことないフワフワ♪

 

f:id:yamajoshi:20180114213634j:plain

 

岩畳から駐車場まではほんの1~2分。めっちゃ近かったので駐車場はやっぱりあそこで正解でした。帰りは、正丸トンネルの手前から名栗に抜けたんだけど、青梅方面通行止めの表記を見かけて、通り抜けられなかったらどーしよって思ったけど無事に帰ってこれました(笑)。どこが通行止めなんだろ?

 

2分咲きとはいえ、可愛いロウバイに会えて大満足~♪ 淡い甘い香りに包まれて幸せな気持ちになれました♡2月の中旬でも咲いてるところがあればまた見に行きたいなぁ。思いもよらず、赤城山が見えちゃって、しかも赤城山は白くなって、霧氷っぽかったにも関わらず行けなかったのがちょっと残念ではあったけど…

 

フクジュソウロウバイと続けてお花に会いに行ったらますますお花に会いたくなってきちゃいました!早く春にならないかなぁ(笑)

2018年1月4日 伊豆ヶ岳~古御岳~高畑山~中ノ沢ノ頭~吉田山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20180113173448j:plain

 

正丸駅~伊豆ヶ岳登山口~(男坂)~伊豆ヶ岳頂~古御岳~高畑山~中ノ沢ノ頭~天目指峠~子ノ権現~小床峠~吉田山~秩父御岳神社吾野駅

 

紅葉が終わってから富士山ばっかり見てる気がして…。富士山を眺めるのはもちろん好きなんだけど、一昨日の杓子山でちょっとオナカいっぱいな感じ(笑)。雪山に行きたいけど行けないし、そろそろお花が見たいなって思ってたところにフクジュソウのレコを見つけちゃいました。とゆーことで、久しぶりの伊豆ヶ岳にフクジュソウに会いにソロで行ってきました。初めて伊豆ヶ岳に行った時は芝桜を見に行くためにピストンだった気がするから、2回目の今回は子ノ権現方面へ縦走してみることにしました。

 

お天気よさそーだし、どこかでのんびりしよっかなと思って早めにおうちを出ました。秩父に向かう道は例年ならこの時期は凍結しててもおかしくないのに、完全にドライで全く問題なし。正丸駅の駐車場に着くと、まだ数台しか停まってなくてヨユーでした。『風がなくてよかったですねー』なんて、隣に車を停めたオジサンとちょっと会話してから出発~。駅の脇の階段を撮ろうと思ったら“カードが認識できません”の文字…。またやっちゃったー(泣)。もう1個の日帰り用ザックにはコンデジ入れてあったけど、別のザックで来ちゃったからまたiPhoneで撮影です。ミラーレスはただの錘になるだけなので車に置いてから再スタート。民家の間の舗装路をゆるゆると登って行って馬頭観音がある登山口へ。

 

f:id:yamajoshi:20180113173943j:plain

 

登山口にはミツマタの蕾がありました。今年はミツマタがたくさん咲いてるところに行きたいなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180113174250j:plain

 

 赤い実…。両方とも誰かが植えたんだろーけど。

 

f:id:yamajoshi:20180113174801j:plain

 

沢沿いの登山道をゆるゆると歩いて行きます。ちょっとだけ霜がおりててところどころサクサクしてたけど、基本的には乾いた感じでした。沢は部分的に凍ってるところもありました。標高低いからそんなに凍らないんだろーけど。

 

f:id:yamajoshi:20180113174951j:plain

 

ちょっとした岩っぽいところもあったりします。

 

f:id:yamajoshi:20180113175046j:plain

 

何やら倒木多くて歩きにくいところもありました。

 

f:id:yamajoshi:20180113175359j:plain

 

休んでけ岩?近くにあったボロイ看板によるとこの先が胸突き八丁らしいです。そんな急なところあったっけな?

 

f:id:yamajoshi:20180113175539j:plain

 

落ちてた杉の枝には花粉の素がたくさんついてました。もうそんな季節なの?…コワイょ。

 

f:id:yamajoshi:20180113175728j:plain

 

おそらく胸突き八丁かと思われるところを九十九折に登って行きました。そんなにツライ登りではなかったけどね。しばらく登ると見覚えのあるところに出ました。ここは…

 

f:id:yamajoshi:20180113175940j:plain

 

木の根っこがいっぱいのズルズルの斜面のところ。ここ、登るところ間違えると滑るんだよね…って思ってたのに、手前から登ったらやっぱりズルズル滑っちゃいました(汗)。左側から登った方が少し傾斜が緩いかもです。そうそう、ロープの数が増えてた気がしました。

 

f:id:yamajoshi:20180113180412j:plain

 

このアタリはほぼ杉の植林なので、花粉の時期は絶対に歩けないなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180113180448j:plain

 

急な傾斜を登ると尾根に乗りました。快適な道だけど、風が強くてめっちゃ寒い!!!正丸駅では風なかったのになんで?って思いながら、上着を羽織りました。

 

f:id:yamajoshi:20180113180857j:plain

 

ちょっと岩がゴロゴロしたところもあるけど、関東ふれあいの道だけあって歩きやすくなってました。

 

f:id:yamajoshi:20180113180940j:plain

 

なかなかの急登を登って行きます。振り返ると向かいのお山たちが見えますよ~

 

f:id:yamajoshi:20180113181054j:plain

 

気がつくと男坂と女坂の分岐に出ました。知らない間に五輪山は巻いちゃったみたい。山頂はすぐそこっぽかったけど、登り返すほどのことでもないのでスルーしました。正丸駅からここまで誰にも会わずで男坂にも誰もいない…。前回はまだ鎖場がちょっと怖かったのもあり、ヒトが多くて渋滞してたのもあって女坂から登ったんだけど、今回は男坂から登ってみることにしました。けっこう長そうだから岩場の途中で休憩すると思ったので、登る前にテムレスを装着!

 

f:id:yamajoshi:20180113181225j:plain

 

近付いてみるとツルっとした感じの岩だったけど、断面があったので断面を斜めに沿って登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180113181354j:plain

 

一段登って上を見上げてみました。まだまだだね…

 

f:id:yamajoshi:20180113183907j:plain

 

もう一段登ってちょっと休憩~。やっと半分くらい?

 

f:id:yamajoshi:20180113184334j:plain

 

振り返ってみると眺めはなかなかよかったけど、どれが何山かは全くわかりませんでした(汗)

 

f:id:yamajoshi:20180113184435j:plain

 

あとちょっと…

 

f:id:yamajoshi:20180113184705j:plain

 

下を見下ろすとこんな感じ。傾斜はそんなにキツクないんだよね。

 

f:id:yamajoshi:20180113184857j:plain 

鎖場が終わってからもゴツゴツした岩場が続きました。

 

f:id:yamajoshi:20180113185150j:plain

 

巻けるところがけっこうあったからこの岩も巻こうと思ったんだけど、かなり下らないとダメそーだったので越えました。何気に階段状になってて登りやすかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180113185446j:plain

 

岩を登ると展望が開けました。今日、イチバンのいい眺めだったかも。

 

f:id:yamajoshi:20180113185807j:plain

 

そして、女坂と合流して山頂広場に到着。前に来た時はたくさんのヒトがいたのに、今日は誰もいない…。ここまで誰にも会ってないしね(苦笑)。ここで休憩しよーと思ってたけど、風が強くてあまりに寒かったので歩き続けることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180113191230j:plain

 

ここからはいくつかもピークを越えていくのでアップダウンが始まります。まずは下ってから、西吾野駅に向かう分岐を越えて、登ります。けっこう急だよね…

 

f:id:yamajoshi:20180113191739j:plain

 

壊れた階段も登って行きますよー。この壊れた階段を見て棒ノ折山を思い出しました。あそこの階段、壊れまくってたもんなー

 

f:id:yamajoshi:20180113192003j:plain

 

日当たりのよさそーなところに東屋が見えてきました。あそこで休憩しよーかなって思って登って行ったけど…

 

f:id:yamajoshi:20180113192133j:plain

 

やっぱりここも風強し。東屋に壁があるわけではないのでスルーしました。

 

f:id:yamajoshi:20180113192304j:plain

 

ズルズル滑る乾いた登山道を下ります。風が吹くと目にホコリが…

 

f:id:yamajoshi:20180113192611j:plain

 

アップダウンが多いけど、たまーに出てくる平坦なところに癒されます。

 

f:id:yamajoshi:20180113192859j:plain

 

岩っぽいところをさらに下って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180113193246j:plain

 

また登って、下って、登って…を繰り返すとアセビがたくさん出てきました。

 

f:id:yamajoshi:20180113193741j:plain

 

そして、高畑山に着きました。ナローノ高畑山(笑)。樽生にある高畑山ってことみたいです。

 

f:id:yamajoshi:20180113193957j:plain

 

またしても下り…

 

f:id:yamajoshi:20180113194237j:plain

 

日当たりのいいところのアセビが花芽をつけて春を待ってました♪

 

f:id:yamajoshi:20180113194338j:plain

 

平和な平坦な道を少し歩いて行くと面白いカタチの鉄塔がありました。木々はバッサリ伐採されててちょっと悲しい感じ。

 

f:id:yamajoshi:20180113194534j:plain

 

ここからどんどん下って…

 

f:id:yamajoshi:20180113194638j:plain

 

また登って…

 

f:id:yamajoshi:20180113194740j:plain

 

そろそろ中ノ沢ノ頭?って思ったあたりにイロイロ踏み跡がついててウロウロしちゃったけと無事に中ノ沢ノ頭に到着~。ちなみにここは巻き道があるみたいでした。

 

f:id:yamajoshi:20180113194831j:plain

 

またかなり下って…

 

f:id:yamajoshi:20180113195456j:plain

 

緩やかな道を進んで…

 

f:id:yamajoshi:20180113195750j:plain

 

また登って下ってを繰り返して天目指峠に着きました。東屋があったけど、車道に面してるし、なんか暗かったのでスルーしました。そして、また登って…

 

f:id:yamajoshi:20180113195925j:plain

 

さらに根っこの斜面を登って…

 

f:id:yamajoshi:20180113200041j:plain

 

ちょっと下ってまた登って、さらに登って、平坦な道に出ると階段が見えて、それを登って、さらに岩っぽいところを登ったけど、まだ子ノ権現に着かず(汗)。天目指峠からこんなに登るとは思ってなかった…

 

f:id:yamajoshi:20180113200426j:plain

 

少し下ると祠がポツンとありました。

 

f:id:yamajoshi:20180113200704j:plain

 

ここからは登った分を一気に下って…

 

f:id:yamajoshi:20180113200812j:plain

 

鳥居をくぐると急に開けたところに出ました。日当たりのいい場所にベンチがあったからランチしよーかなーとも思ったけど、ヒトがたくさん通りそうだったのでスルーしました。

 

f:id:yamajoshi:20180113200936j:plain

 

白い大きな手。近くまで行けそうだったけど、また今度。登り返したくなかったから…(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180113201024j:plain

 

民家の裏っぽいところを通って、子ノ権現に着きました。お参りに来てるひとやチャリダーもたくさんいました。お守り買ってるヒトが多かったけど、自分は買わずにスルーしました。男体山のお守り?お札?もあるし。

 

f:id:yamajoshi:20180113201122j:plain

 

レコで見てた大きな草履と大きな下駄。やっと見ることができました。ホントに大きかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180113201243j:plain

 

鐘楼まで登って、鐘を鳴らしちゃいました。鐘楼の裏すごく眺めがよくて、スカイツリーも見えました。

 

f:id:yamajoshi:20180113201344j:plain

 

さて、吾野駅に向かおっかなーって山門の方へ少し歩き出したところで大事なことを思い出しました。フクジュソウ!!!フクジュソウを見るために来たのに危うく見ずに帰るところでした。危なかったぁ…(汗)。とゆーことでフクジュソウを探しに戻るとすぐに見つかりました~♪まっ黄色のお花、カワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180113201842j:plain

 

まだまだ蕾や咲きかけのお花もたくさんあったけど、咲いてるお花も多かったです。

 

f:id:yamajoshi:20180113204805j:plain

 

なんかツクモグサみたい~

 

f:id:yamajoshi:20180113202018j:plain

 

久々にカワイイお花に会えて、嬉しかったです。

 

f:id:yamajoshi:20180113204925j:plain

 

フクジュソウを堪能したので、山門をくぐって下山することにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180113202457j:plain

 

浅見茶屋がやってたら寄ってみたいなって思ってたけど、今日まで浅見茶屋はお休みだし、せっかくなのでヒトの少なそうな破線ルートを歩いて秩父御嶽神社に寄っていくことにしました。ということで、浅見茶屋・吾野駅方面には行かずに西吾野駅・小床方面への道に進みました。

 

f:id:yamajoshi:20180113202744j:plain

 

破線ルートの取り付きがなかなか出てこなくて、このままだと西吾野駅に行っちゃいそーだなー、まあ、それならそれでいいかなって思ってたところに吾野駅方面の標識を発見しました。

 

f:id:yamajoshi:20180113202911j:plain

 

下りだと思い込んでたのにかなりアップダウンがあるルートでした。

 

f:id:yamajoshi:20180113203041j:plain

 

ちょい荒れ気味の急な斜面を下ったり…

 

f:id:yamajoshi:20180113203339j:plain

 

ハッキリした踏み跡がたくさんあって間違えそうな分岐も何ヶ所かありました。分岐の度に地図を見てたし、途中から林道っぽいのと平行に道がついてたから間違えなかったけど。細かく何度もアップダウンを繰り返して吉田山に着きました。ふぅ…

 

f:id:yamajoshi:20180113203740j:plain

 

ここからは完全に下りなので、どんどん下って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180113204030j:plain

 

そして、秩父御嶽神社に到着。ヒトはほとんどいなくて閑散としてました。

 

f:id:yamajoshi:20180113204150j:plain

 

ウワサの長ーい階段。下りでよかった~(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180113204410j:plain

 

そして、東郷公園を抜けて、車道に出て、吾野駅までテクテク歩きました。乗る予定の電車には乗れなかったけど、駅のホームでサンドイッチを食べながら一本後の電車をのんびり待って電車で正丸駅に戻りました。正丸駅の駐車場はけっこう車が増えてたなー。お正月明けの3連休ってこともあるだろーけど、帰りも道は空いてたので順調に帰ってきました。

 

またまたSDカードを忘れるとゆー大失態をしてしまったけど、今日はそんなに写真撮るところがなかったからよかったです。また、やっちゃいそうな気がするから、やっぱり予備を持ち歩こうっと。それと、お目当てのフクジュソウに会えたのは嬉しかったんだけど、軽ーいハイキングのつもりで行ったら何気にガッツリ歩かされちゃった感じでした。次は、浅見茶屋が開いてる時にまた来てみたいな。いつも混んでるみたいだけど…

 

3連休も土日のどっちかはお山に行きたいけど、どこに行こうかなー

2018年1月2日 高座山~杓子山~鹿留山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20180106154243j:plain

 

鳥居地峠P~登山口~高座山頂~大権首峠~杓子山頂~鹿留山頂~杓子山頂~大権首峠~(杓子山沢コース)~ゲート~不動湯~鳥居地峠P

 

 

登り始めはやっぱり富士山が大きく見えるお山でしょってことで、ソロで杓子山に行ってきました!杓子山は前から行ってみたいと思いつつもなかなかタイミングがなく行けてなかったお山でした。さすがに2日からお山に登るヒトは少なそうだから、人気のお山といえど空いてそうだし、何よりこのお山はホントに眺めがよさそうなのでめちゃくちゃ楽しみに出かけました。

 

一昨日、竜ヶ岳に行った時に道志道の様子は確認してあったから、場所的に道志道から行った方がよかったんだけど、万が一の安全をとって中央道で向かいました。鳥居地峠に着くと駐車場にはまだ1台も停まってなくて…4~5台しか停められないって情報だったから早めに来たんだけどね。出発準備してる間に車が2台林道から出てきました。紅富士を撮ってたのかなー?悪路とウワサの林道を歩き始めたら確かにちょっと凹凸が大きい部分がありました。ちゃんと避ければ普通の車でも通れなくなさそーだったけどかなり気をつかいそうなので、運転に自信のないヒトは登山口ではなく、鳥居地峠かふれあいホールに停めた方がいいと思います。ちなみに、林道の途中で不動湯への標識があったから、そっちから登るのもありかな?って一瞬思ったけど、とりあえずはベーシックに高座山から登ることにして、杓子山登山口からゆるゆると登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180106155026j:plain

 

しばらく登ると急に開けて、目の前に高座山が見えてきました。風が強くて寒いっ!

 

f:id:yamajoshi:20180106155239j:plain

 

何の実かなぁ?中身はすでに飛んでいっちゃってるみたいだったけど(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180106155335j:plain

 

カヤトの間を登って行きます。風が遮られて助かりました。

 

f:id:yamajoshi:20180106160646j:plain

 

少し登ってから振り返ってみると富士山がキレイに見えました。雲ひとつない快晴!わーい♪

 

f:id:yamajoshi:20180106155604j:plain

 

ちょっとアップにしてみたけど、一昨日、竜ヶ岳で見た時よりもさらに雪が少なくなってる気がしました。風で飛んじゃったのかなー?ブル道がハッキリ見えちゃってます。夏道で登れちゃうんじゃない?(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180106155727j:plain

 

まだ全然登ってないにも関わらず、あまりにも素敵な眺めに何度も何度も振り返っちゃいました。ちなみに南アルプスも既に見えてたけど、山頂からの方がもっとよく見えます。

 

フジアザミのドライかな?

 

f:id:yamajoshi:20180106160831j:plain

 

登って来たところを見下ろして。ウワサの急登はまだだと思うんだけど、ここでもすでにボチボチな急坂でした。

 

f:id:yamajoshi:20180106161830j:plain

 

よくレコとかでみかける風景が見えてきました。コレが見てみたかったんだよねー。刈られてる文字は最初いらずらかな?って思ってたけど、所有主さんを示すモノなんだそーです。

 

f:id:yamajoshi:20180106162127j:plain

 

ドライになった草花も味があって好きだなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20180106162325j:plain

 

見たことないフワフワ。なんかカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20180106162427j:plain

 

あ、急坂が出てきた。地面が乾いててズルズル滑りました。けっこうな斜度があるので滑り落ちそーで何気にココがイチバン怖かったかも(汗)。だって、ロープなかったょ。

 

f:id:yamajoshi:20180106162556j:plain

 

でも、振り返ると相変わらずいい眺め♪

 

f:id:yamajoshi:20180106162829j:plain

 

急登は続きます。日当たりがいいからあんまり凍結とかしなさそーだけど、凍ってたらコワイな…

 

f:id:yamajoshi:20180106163120j:plain

 

途中でまたしても不動湯&ログハウスへの標識がありました。ログハウスって何???とか思いつつもとりあえずどんどん登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20180106163504j:plain

 

もーちょっとで高座山ってところでやっとロープが出てきました。掴まなくてももちろん登れるレベルだったけど、軽く持ってるだけで恐怖感がなくなって鉛直に立てるから不思議。断然歩くのが楽になりました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180106163601j:plain

 

登りながらちょっと休憩…ってまたしても富士山を眺めちゃいました。だって、めちゃくちゃキレイなんだもーん♪

 

f:id:yamajoshi:20180106164151j:plain

 

高座山の山頂直下がイチバン急だったかも?最初からピストンするつもりはなかったけど、ここ下りたくないなって思いました。

 

f:id:yamajoshi:20180106164525j:plain

 

富士山を眺めすぎてかなり時間かかっちゃったなーって思ったけど、ほぼCT通りに高座山頂に着きました。ここよりも途中の方が眺めがよくてすでに十分に堪能してたので、足を止めずにそのまま杓子山に向かって歩き続けました。

 

f:id:yamajoshi:20180106165009j:plain

 

せっかくアレだけ急なところを登ったのに、かなり下ります。そこそこアップダウンのあるルートってわかってはいるけど…ね。

 

f:id:yamajoshi:20180106165717j:plain

 

ほとんどの木は落葉してるのに、強風に負けずに枯葉をつけてる木がありました。

 

f:id:yamajoshi:20180106165811j:plain

 

冬枯れの明るい道を歩いてたら、杓子山が見えてきた…かも?

 

f:id:yamajoshi:20180106170024j:plain

 

ちょっと木の根っことか岩とか出てきたけど難しいところは全くなく、歩きやすい道でした。

 

f:id:yamajoshi:20180106170508j:plain

 

鉄塔まで来るとハッキリと杓子山が見えてきました。ちょっと送電線が邪魔だけど…

 

f:id:yamajoshi:20180106170556j:plain

 

そこからアップダウンを繰り返して大権首峠に着きました。急ににぎやかな声がしてきたなーと思ったら6~7人のグループに遭遇しました。不動湯から登ってきたのかなー?鳥居地峠にあった地図にはこの大権首峠にもPマークがあったんだけどここまで車でこれるのかなー?確かに車が何台も停められるような広い場所だったけど、車は停まってなかったです。トイレもあったけど、ハングライダーのヒト用のトイレで使えないみたい。

 

そして、いよいよ杓子山へ。ハンググライダー場の脇を通ってボチボチな傾斜の登りになりました。

 

f:id:yamajoshi:20180106171238j:plain

 

しばらく登ると道が二手に分かれました。真っ直ぐは直登ルートっぽいけど、地図には載ってないルートでした。急いでなかったし、のんびり登りたかったので迷わずに巻き道ルートに進みました。もう、急坂はオナカいっぱいだったし…(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20180106171819j:plain

 

しばらく九十九折にゆるゆると登って行くと階段~ロープ場~階段になって例の鐘が見えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20180106172008j:plain

 

そして、杓子山頂に到着~♪途中で空身のオジサンに抜かされたけど、そのオジサンは休むことなく下山して行っちゃったので少しの間山頂を独占することができました。でも、すぐ後には例のグループが登ってきてたのがわかってたので、ちゃちゃっと自撮り。例のモチーフ的な山頂標識に加えて、山梨百名山の標識が新旧2つ、観光協会の標識が1つと4つも山頂標識がありました。

 

f:id:yamajoshi:20180106172218j:plain

 

例のグループのみなさんが登ってきて、山頂が一気に賑やかになりました。気さくに話しかけてくださったので、一緒に南アルプスを山座同定させていただきましたょ。

 

f:id:yamajoshi:20180106172720j:plain

 

聖岳赤石岳荒川岳

 

f:id:yamajoshi:20180106172901j:plain

 

荒川岳塩見岳農鳥岳間ノ岳

 

f:id:yamajoshi:20180106172951j:plain

 

塩見岳農鳥岳間ノ岳北岳、、仙丈ヶ岳鳳凰三山甲斐駒ヶ岳

 

f:id:yamajoshi:20180106173027j:plain

 

北岳仙丈ヶ岳鳳凰三山甲斐駒ヶ岳鳳凰三山甲斐駒ヶ岳は雪山少ないね。

 

f:id:yamajoshi:20180106173110j:plain

 

大涌谷の煙?湯気?も見えました。

 

f:id:yamajoshi:20180106173155j:plain

 

富士山の左側のお山たちは…?

 

f:id:yamajoshi:20180106173229j:plain

 

秩父のお山たち。大菩薩嶺も全然雪なさそう…

 

f:id:yamajoshi:20180106173343j:plain

 

思う存分眺めを堪能してから鹿留山に向かいました。

 

f:id:yamajoshi:20180106173306j:plain

 

緩く下って…

 

f:id:yamajoshi:20180106173453j:plain

 

平坦な道になったーと思ったけど、この先には軽いアップダウンがありました。展望のよい岩場は帰りに寄ることにして、子ノ神を通り過ぎて鹿留山へ。

 

f:id:yamajoshi:20180106173527j:plain

 

コレも何かの実が弾けたあとなのかなー?

 

f:id:yamajoshi:20180106173558j:plain

 

鹿留山頂はピーク感がなくて、開けてもなくて、かなり地味な感じ。長居する理由もないのですぐに杓子山に戻ることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180106173635j:plain

 

この岩場からは杓子山がよく見えました(もちろん、富士山&南アルプスも)。さっきよりヒトがかなり増えてるなー。ここで休憩してもいーかなって思ったけど、やっぱり大展望の杓子山頂で休憩することにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180106173824j:plain

 

杓子山に戻ってくるとちょーどベンチが空いたので、ランチにしました。朝は強風だったけど、すっかり風はなくなって、陽射しは暖かくて、富士山と南アルプスを眺めながらのランチはサイコーでした♪

 

例のグループが鹿留山から戻ってきたので下山することにしました。ベンチ空けてあげないとね。富士山を見ながら下りまーす。

 

f:id:yamajoshi:20180106173916j:plain

 

ドライな草木が気になってついつい撮っちゃいます(笑)

 

f:id:yamajoshi:20180106173951j:plain

 

よく見かけるフワフワも~

 

f:id:yamajoshi:20180106174027j:plain

 

しばらく下ってきて、直登ルートとの分岐。テープいっぱいついてたから今度は試してみよーかな。

 

f:id:yamajoshi:20180106174109j:plain

 

あんまり舗装路を歩きたくなかったからピストンにしよーか迷ったけど、やっぱりあの急な斜面を下りたくなかったし、不動湯から林道の途中に出る道があったから舗装路を回避できそうだったので不動湯方面から下山してみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20180106174343j:plain

 

平和な林道で見つけたフワフワ。

 

f:id:yamajoshi:20180106174418j:plain

 

ススキがキラキラ…☆

 

f:id:yamajoshi:20180106174504j:plain

 

このひょろひょろした実はなんだろ?

 

f:id:yamajoshi:20180106180309j:plain

 

同じ木についてたんだけど、上のがこれからこうなるってことかな?

 

f:id:yamajoshi:20180106180352j:plain

 

キラキラするフワフワを発見~!

 

f:id:yamajoshi:20180106180426j:plain

 

その後、沢コースって書いてあった方に進んでみたけど、林道から出たり入ったりする感じでした。沢コースといっても沢は枯れてるし、特にみどころもないかったのでそのまま林道を下ってもよいかもです。しばらく下るとゲートに到着しました。ここが閉まってたら大権首峠に駐車場があっても停められないな。ちなみに、ゲートの内側にはベンチがあって、そこから富士山が眺められるよになってました。ゲートのところは車が数台停められるスペースがあってワゴンが1台停まってたので、山頂で会ったグループはここから登ってきたみたいです。確かに杓子山に手軽に登るにはここからがベストかもしれません。

 

f:id:yamajoshi:20180106180702j:plain

 

不動湯近道という標識に沿って下って行くと林道をショートカットできました。次に出た道のところで不動湯が左、ログハウスが右になってました。相変わらずログハウスが何かわからなかったので、まず間違いのない不動湯を目指すことにしました。特に面白みのある道ではなかったけど、基本的に歩きやすい道ばかりでした。

 

f:id:yamajoshi:20180106181101j:plain

 

少し進むと舗装路に出て、左右に道があったんだけど、右が不動湯だったので迷わず右に進みました。でも、これが結果的に間違いだったみたいです。朝、林道でチェックしたところに出るにはここを左に行く必要があったみたい。面倒がらずにちゃんと撮った地図を見るべきだったな…

 

不動湯の周りにはドライアジサイがたくさんありました。おうちの周りのアジサイはこうならずに散っちゃうんだけど、朝晩の温度差とか関係あるのかな?

 

f:id:yamajoshi:20180106181213j:plain

 

この時はまだ、舗装路を歩かずにお山の中にどこかから入って登山口近くの林道に出ようとしてたので、どこかで川を渡らないとって思ってずーっと探しながら歩いてたんだけど結局見つけられず…。とゆーことで、ゆるーく舗装路を登りながら鳥居地峠に戻りました。

 

舗装路歩きの途中で見えた杓子山 。めちゃくちゃいいお山だったから、また来るよー!

 

f:id:yamajoshi:20180106181613j:plain

 

そして、三ツ峠。本社ヶ丸まで縦走したいけど、いつ行こうかなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20180106181643j:plain

 

花の都公園でダイヤモンド富士を撮ってから帰ろうかちょっとだけ迷ったけど、この間の竜ヶ岳と同じような写真になっちゃうので止めました。高速はUターンラッシュで混んでたみたいだけど、道志道はいつもよりもちょっと車が多いかな?くらいの感じだったのでのんびり帰りました。

 

雲ひとつない快晴の中、大きな富士山と南アルプスの山々を見ながらのーんびり歩けて、最高の登り初めになりました♡朝は風が強かったけど、杓子山に着く頃にはすっかり風はなくなって、山頂でのんびりできたのはめちゃくちゃ気持ちよかったです。予想踊り、山頂も空いてたしね~。今度は秋のムラサキセンブリに会いに行きたいな。下山は尾根コースからZコースを使ってみたいしね。

 

今年も安全第一でたくさんの頂に登れますよーに☆

 

 

 

2017年12月30日 竜ヶ岳(日帰り)

f:id:yamajoshi:20171230232403j:plain

 

竜ヶ岳登山者用P~本栖湖キャンプ場~登山口~東屋・石仏~竜ヶ岳頂~端足峠~東海自然歩道分岐~割石峠~本栖湖キャンプ場~竜ヶ岳登山者用P

 

大晦日はお天気があまりよくなさそうだったので、本日で登り納め。2017年最後のお山はどこに行こうかなーって考えて候補は2つ。流行に便乗して2017年のお山といわれてる雲取山、もしくは2年ぶりにダイヤモンド富士リベンジで竜ヶ岳。雲取山は駐車場もお山自体もかなり混みそうだったから、朝おうちを出る時に雲ひとつない快晴だったら竜ヶ岳に行こうって思ってたら予想通りスッキリした空にキレイなお星さまが瞬いてました。これならダイヤモンド富士もバッチリ期待できそう…とゆーことで、迷うことなく竜ヶ岳へソロで行って来ました!

 

久々に4時台におうちを出て中央道で河口湖方面へ。高速は混んでなくてスルスルーっと河口湖ICに着きました。いつもはこの先が凍結してるんじゃないかって不安でこの時期に来たことなかったんだけど、まだ雪も降ってないし、最近は雨も降ってないから凍結する要素がないなって思ってのチャレンジ。あちこちに凍結注意チェーン必要とか書いてあってちょっとビビったけど、もし、凍結してて滑ったりしたらその時点で進むのは止めて、御坂山塊のお山に変更しようって決めてました。恐る恐るゆっくり走ってたけど、ー5℃でも全く凍結箇所はないまま竜ヶ岳登山者用駐車場に到着。駐車場には既にたくさんの車が停まってました。でも、上で長い時間待つのはめちゃくちゃ寒いのを過去の経験で知ってたので、ギリギリまで車で待って、薄明るくなってから歩き始めました。キャンプ場を抜けて、階段を登り始めました。いきなり階段はツライ…

 

f:id:yamajoshi:20171230232510j:plain

 

少し登ると木々の間からチラチラ南アルプスのお山が見えてきて、しかもモルゲンし始めました。汗をかかないよーにゆっくり登ってたんだけど、少し先の広い場所から南アルプスが見えるのはわかってたので、ちょっとだけスピードアップしました。

 

f:id:yamajoshi:20171230232710j:plain

 

おおお!南アルプスがモルゲンしてるー♪

 

f:id:yamajoshi:20171230232934j:plain

 

白峰三山のアップー。山頂にいたら南アルプス全体がモルゲンするのが見えるんだろーけど、山頂だと真ん中でダイヤモンドにならないし、風があったりしたら寒過ぎて待ってられないからね…

 

f:id:yamajoshi:20171230233031j:plain

 

反対側にはスッキリな富士山が。これならダイヤモンド富士になりそうってウキウキ♪

 

f:id:yamajoshi:20171230233127j:plain

 

階段を登り終わると、空が明るくなってきました。無事に南アルプスのモルゲンが見れたし、日の出まではまだまだ時間があるのでゆっくり進んで行きました。

 

f:id:yamajoshi:20171230233159j:plain

 

雲ひとつない快晴!!!

 

f:id:yamajoshi:20171230233246j:plain

 

階段が終わればあとは山肌を九十九折にゆるゆる登っていくだけ。やっぱり霜はたくさんおりてたし、地面は凍ってました。お日さまが出るとコレがドロドロになるんだよねぇ…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20171230233334j:plain

 

東屋に向かう途中で三脚立てたカメラマンさんがチラホラ…。確かに、山腹か東屋付近からだと真ん中に見えるらしーから、このアタリでも良さそう。ヒトも少ないし、遮るモノもないし、ここにしよーかなってちょっと迷ったんだけど、なんとなく東屋まで行くことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20171230233413j:plain

 

このアタリから風が強くなってきました。やっぱり、山頂で待つなんて寒すぎてムリ。

 

f:id:yamajoshi:20171230233446j:plain

 

東屋に着くとすでに10人くらいのヒトがいました。東屋のいいポジションは当然ヒトがいたので、東屋の下から撮ることにしました。ちょーど隣にアセビがあったので、風を遮ってくれたからカラダは全く寒くなかったけど、足先はめちゃくちゃ寒かったです。アプローチじゃ靴底も薄いしね…。三脚は当然持ってきてないので、カメラの角度とかズームとか試し撮りしながらお日さまが昇ってくるのを待ちました。

 

f:id:yamajoshi:20171230233521j:plain

 

そろそろかな?と思ってズームしてみたら、山頂付近にちょっとだけ雲が…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20171230233610j:plain

 

わっ!キターーーー!!!

 

f:id:yamajoshi:20171230233643j:plain

 

キラリーン☆

 

f:id:yamajoshi:20171230233720j:plain

 

なんかお日さまの上部が飛んじゃって写らないので、かなりアンダーにしてみたけど、うーん。光の筋はタテにだけ入ってるし、微妙だけど、とりあえずダイヤモンドになったかな?

 

f:id:yamajoshi:20171230233749j:plain

 

アップー。雲は後だったみたいで影響はなかった感じです。

 

f:id:yamajoshi:20171230233819j:plain

 

ダイヤモンド富士、完成~♪コンデジも持ってたけど、途中で持ち換えるヨユーがなくて結局これで終了…。満足いく写真は撮れなかったけど、とりあえずダイヤモンド富士は見れてよかった(笑)

 

f:id:yamajoshi:20171230233848j:plain

 

石仏さんはいつも通り静かに佇んでました。

 

f:id:yamajoshi:20171230233916j:plain

 

手も足も指先がめっちゃ冷たくてやばかったので、すでにすっかりお日さまが当たって暖かそうな山頂に向かうことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20171230233959j:plain

 

笹原の中を歩いて行きます。

 

f:id:yamajoshi:20171230234056j:plain

 

白髪ネギみたいなシモバシラが登山道の土壁にたくさんできてました。お日さまが当たって少しずつ解け始めてシャラシャらと小さな音を立てて落ちていきます。

 

f:id:yamajoshi:20171230234152j:plain

 

こんな感じのえぐれた?登山道を九十九折にひたすら登って行きました。このアタリで撮影してもよいかもしれないです。

 

f:id:yamajoshi:20171230234235j:plain

 

当然、お花なんてなにもないのでフワフワ探し。

 

f:id:yamajoshi:20171230234305j:plain

 

しばらく登って振り返ってみると、御坂山塊と三ツ峠が見えました。御坂山塊は眺めが良くて好きなんだよね~。そんなにヒトも多くないし。

 

f:id:yamajoshi:20171230234404j:plain

 

九十九折が終わって直線コース。青空に向かって登って行きます。風はないし、日差しは暖かいし、めっちゃ気持ちいい~♪

 

f:id:yamajoshi:20171230234446j:plain

 

振り返るとどんどん高く昇っていくお日さまと富士山。ってか、なんでこんなボワっとしちゃうんだろ?コンデジの時の方がお日さまはキレイに撮れてたな…

 

f:id:yamajoshi:20171230234529j:plain

 

どんどん笹が高くなってきました。

 

f:id:yamajoshi:20171230234559j:plain

 

右手には八ヶ岳と奥秩父の山々が見えてきました。いい眺めです。

 

f:id:yamajoshi:20171230234632j:plain

 

八ヶ岳のアップ。雪がめっちゃ少なそう…南の方の編笠岳とかはほとんどないんじゃないかな?

 

f:id:yamajoshi:20171230234707j:plain

 

秩父の山々のアップ。ズームすると五丈岩も小さく見えました。

 

f:id:yamajoshi:20171230234745j:plain

 

笹がさらに高くなって、道幅が細くなって、このアタリはすれ違いがちょっと面倒な場所。

 

f:id:yamajoshi:20171230234819j:plain

 

右手には白峰三山が見えるようになってきました。

 

f:id:yamajoshi:20171230234909j:plain

 

ふと足元の霜に目をやると、なんかフツーの霜と違いました。ウロコ状の霜がお花が咲いてるみたいにキレイにできてました。

 

f:id:yamajoshi:20171230234943j:plain

 

なんでこんなカタチになるんだろー?不思議。

 

f:id:yamajoshi:20171230235014j:plain

 

山頂までの最後の直線。

 

f:id:yamajoshi:20171230235057j:plain

 

山頂すぐ手前で南アルプスがさらによく見えるよーになりました。でも、この先でもっとよく見えるんだよね。楽しみ~♪

 

f:id:yamajoshi:20171230235135j:plain

 

山頂に着きました。2年前に来た時は、ここでテント張ってるヒトとかもいたし、かなりたくさんのヒトがいたんだけど、今日はそんなでもなかったです。風がなかったのでベンチに座ってサンドイッチ食べながらちょっとノンビリしました。

 

ここから雨ヶ岳方面は静岡県です。寒くなかったし、気分も良かったから雨ヶ岳まで行ってみようかなーってチラッと思いながらとりあえず端足峠まで歩いてみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20171230235213j:plain

 

しばらくは右側にずーっと南アルプスのお山たちを眺めながら歩くことができるめちゃくちゃ素敵なトレイル♡そして、こっち側に下りるヒトは誰もいなかったので絶景を独り占めしながら歩きました。

 

イチバン左のちょこんと見えてる白いのが聖岳かな?そして、赤石岳荒川岳。今年は台風のせいで行けなかったから来年は絶対に行きたいな。

 

f:id:yamajoshi:20171230235255j:plain

 

真ん中にちょこんと尖ってるのが塩見岳。今年やっと行けたお山。なかなかのロングコースだったけど、いいお山だったなぁ。 ちなみに、すぐ左は蝙蝠岳みたいです。

 

f:id:yamajoshi:20171230235351j:plain

 

ずっとチラチラ見えてた白峰三山農鳥岳間ノ岳北岳。今年、やっと行くことができた北岳。お天気悪くて二山しか行けなかったから、来年こそは三山縦走したいな。 

 

f:id:yamajoshi:20171230235423j:plain

 

アサヨ峰と鳳凰三山。アサヨ峰も今年行ったお山だけど、良かったな~。鳳凰三山は雪なしかな?久々に鳳凰三山も行きたいな。

 

f:id:yamajoshi:20171230235455j:plain

 

南アルプスの全景です。今年は自分的に南アルプスの年にしてて、北岳間ノ岳塩見岳、栗沢山、アサヨ峰と5座も登ったので(聖岳悪沢岳、荒川三山は行き損ねちゃったけど…)自分登ったお山たちが見れて大満足でした♡こんな素敵な眺めがあるのに誰も来ないなんてもったいなさ過ぎるなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20171230235607j:plain

 

あっ、またしてもキレイな霜がありました。

 

f:id:yamajoshi:20171230235528j:plain

 

南アルプスを眺めながらの笹原歩きが終わるとちょっと急な下りになりました。最初は階段、その後、木の根っこゾーンです。特に危ないところはなかったけど、そこそこ急なので注意しながら下りました。

 

f:id:yamajoshi:20171230235652j:plain

 

しばらく暗い急な斜面を下りると目の前が開けて、毛無山と雨ヶ岳がドーンと見えました。さっきまでは雨ヶ岳まで行ってもいいかなってちょっとだけ思ってたけど、けっこう遠そうだったので、この時点で止めました(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20171230235723j:plain

 

フサフサの霜柱。こっち側の方が霜は少なめだったけど、それでも多少はありました。お日さまに照らされて、ちょっとドロドロし始めてるところもあったので避けながら歩きました。

 

f:id:yamajoshi:20171230235812j:plain

 

反対側と似たような感じで山肌を九十九折に下りました。でも、こっち側の方が歩くヒトが少ないからか、登山道はえぐれてませんでした。

 

f:id:yamajoshi:20171230235841j:plain

 

振り向いて竜ヶ岳を見納め。また来年、リベンジしに来るぞー!

 

f:id:yamajoshi:20171230235955j:plain

 

その後は落ち葉サクサクの尾根歩きでした。ここも素敵な道だなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20171231000027j:plain

 

木の芽が春を待ってる…

 

f:id:yamajoshi:20171231000059j:plain

 

プラプラ歩いてると端足峠に着きました。雨ヶ岳方面は真っ直ぐ、本栖湖は右、東海道自然歩道は左…迷わず左に進みました。

 

f:id:yamajoshi:20171231000247j:plain

 

特に面白みもない植林の中を淡々と九十九折に下って行くと田貫湖方面との分岐に着きました。端足峠からけっこう長かった~って思ったけど、ホントに長かったのはここからでした。最初は富士山見えるし、明るい道でさすが東海自然歩道だなーなんて関心しながら歩いてたんだけど…

 

f:id:yamajoshi:20171231120148j:plain

 

こーゆー植林帯も光と影が素敵でキライじゃないなーなんて思いながら歩いてたんだけど…

 

f:id:yamajoshi:20171231120224j:plain

 

歩いても歩いてもこんな感じの道がずーっと続いて、途中からちょっと飽きてきちゃいました。しかも、まだまだ先は長いし…。でも、歩くしかなかったので、テクテク歩いて行くと橋とかちょっとした階段が出てきました。このアタリは道幅が狭いところがあったり、崩落してるところがあったりしたのでちょっと注意が必要です。

 

f:id:yamajoshi:20171231120254j:plain

 

やっとのことで割石峠に着きました。ここから山梨県です。静岡県側とちょっと雰囲気が変わりました。

 

f:id:yamajoshi:20171231120427j:plain

 

ちょっとだ木道もありました。ミニ湿原的な?

 

f:id:yamajoshi:20171231120500j:plain

 

木道からは富士山がアタマだけ見えました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20171231120532j:plain

 

山梨県に入ってから軽くアップダウンがありました。静岡県側に比べて標識が少なくて(あったとしてもボロイ…)、でもピンクテープはあちこちにあって惑わされそーになったけど、とりあえずイチバン濃い踏み後を辿りました。

 

f:id:yamajoshi:20171231120609j:plain

 

完全に枯れたマユミ…

 

f:id:yamajoshi:20171231120641j:plain

 

ふと左側を見上げると竜ヶ岳の山頂付近が見えました。あそこからグルっと歩いてきたけど、位置から考えるとまだ半周あるってことかな…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20171231120712j:plain

 

だんだん道が林道っぽくなってきて、こんな並木道みたいなところもありました。

 

f:id:yamajoshi:20171231120742j:plain

 

途中、開発中っぽいところがあって電気柵が張ってあったんだけど、ナニを作ってるんだろ?すごーく富士山がよく見えそうなところだったんだけどね。とゆーことで、電気柵がなくなったところから富士山を眺めてみました。

 

f:id:yamajoshi:20171231120826j:plain

 

ススキがフワフワ…

 

f:id:yamajoshi:20171231120857j:plain

 

一旦、車道のすぐ近くまで行って、そこからはしばらく車道と平行して歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20171231120935j:plain

 

そして、本栖部落と本栖湖の分岐を本栖湖方面へ向かってしばらく歩いて行くと、ヴィラ本栖湖のところに出て、キャンプ場の中を通って駐車場に戻りました。朝はあんなにたくさん停まってた車も数台になってました。竜ヶ岳のピストンだったら、山頂でのんびりランチしたとしてもそんなに時間かかんないしね。帰りは、道路チェックを兼ねて道志道から帰ってきました。石割のちょっと先の日影のカーブのところが夜中だと凍ってるかもしれないけど、危なそうなのはそこくらいだったかなー。雪が降るまでは高速使わなくても大丈夫かも。

 

とゆーことで、2017年最後の山行はキレイなダイヤモンド富士で締めくくることができました。ダイヤモンド富士自体はとても素晴らしいモノだったけど、自分のカメラの腕が追いついていないという結果になってしまったけど(汗)。レンズが光に弱いの知ってたのに設定とかちゃんと調べて行かなかったからなぁ。来年こそはもっとカメラの勉強して、キレイなダイヤモンド富士を撮りたいと思います。そして、周回コースに選んだ東海自然歩道は冬は何もなくて単調で飽きちゃったけど、他の季節はお花が咲いたり、見れたりするのかなぁ?もう一度歩くか?と聞かれるとちょっと微妙だけど…

 

2月のスカリ山からゆるーく復活して、なんとか10ヶ月歩いてこれました。去年の今頃は二度とお山は歩けないかもしれないって思ったこともあったけど、ずっと行きたいと思ってた剱岳にも行けたし、塩見岳にも行けたし、高いお山から低いお山までたくさんのお山に登れて、テント泊こそできなくなっちゃったけどホントによかったって思います。来年も安全登山でたくさんのお山を歩きたいな~♡

2017年12月23日 小仏城山~高尾山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20171224222417j:plain

 

日影BS~日影沢林道入口~城山東尾根~小仏城山頂~高尾山頂~4号路~2号路~高尾山口駅

 

今週こそ氷華をみるぞー!って思って行き先は高尾山って決めてたんだけど、週末はどーやら気温が高くなりそうな予報…。ちょっと迷ったけど、夜中は氷点下になりそーだったので、予定通り、お仲間さんと高尾山に行ってきました!お天気は良くてサイコーだったんだけどね…

 

久々に陣場高原下から縦走してもいいかなーと思ってたけど、今日は八峰マウンテントレイルってゆートレラン大会が8:00スタートで夕やけこやけから登ってきて、和田峠陣場山~小仏城山を通るってことだったから、コースにかぶるとやっかいそーだなって思って、コースにギリギリ入らないところを歩きたいなーと思って小仏城山までしか行かないkことにして、歩いたことのない城山東尾根の破線ルートから登ってみることにしました。とゆーことで、高尾駅でお仲間さんと待ち合わせして、小仏行きの始発のバスで日影バス停へ。

 

日影のバス停で降りたのは5人くらいでした。バスもそんなに混んでなかったし、やっぱり空いてそう。車道を少し歩いて日影沢林道の入口を入って行きました。入ってすぐの駐車場にはトレラン大会のスタッフの車が何台も停まってて、みなさんこれから小仏城山に上がっていくみたいでした。久々に会ったお仲間さんとおしゃべりしながら歩いてたらいつの間にか電柱が8になってたので、少し戻って、5と6の間を沢に下りて、渡渉して対岸に渡ってから城山東尾根に取り付きました。

 

f:id:yamajoshi:20171224222521j:plain

 

ハート♡型の葉っぱに霜がついてる…

 

f:id:yamajoshi:20171224222713j:plain

 

上を見上げると木々の間からキレイな青空が見えました。こんなにいいお天気なら他のお山に行ってもよかったかなーってちょっと思っちゃったけど、氷華が見たかったから。

 

f:id:yamajoshi:20171224222749j:plain

 

高尾山の近くだからたくさんのヒトが歩いてるルートだろうけど、さすがに破線ルートだからちょっとワイルド?って思ったけど…

 

f:id:yamajoshi:20171224222839j:plain

 

最初がちょっとだけ急だっただけで、めちゃくちゃ歩きやすい道でした。

 

f:id:yamajoshi:20171224222951j:plain

 

アオキの実…

 

f:id:yamajoshi:20171224223049j:plain

 

少し登ると明るい尾根に乗りました。

 

f:id:yamajoshi:20171224223139j:plain

 

お山で隠れてたお日さまが見えてきました。なんか、全然寒くなくてちょっと心配になりながら登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20171224223220j:plain

 

カシワバハグマの綿毛が飛んで行った後かなー?お花みたい(笑)

 

f:id:yamajoshi:20171224223309j:plain

 

ツヤツヤの赤い実…ミヤマシキミ?

 

f:id:yamajoshi:20171224223344j:plain

 

フワフワキラキラなコウヤボウキ…

 

f:id:yamajoshi:20171224223433j:plain

 

親切な城山への案内があったけど、絶対に間違わないってくらいに道はハッキリしてます。この先の鉄塔のところで踏み跡が3つくらいに分かれてたけど、とにかく尾根を辿れば問題ないです。

 

f:id:yamajoshi:20171224223507j:plain

 

微妙な色合いの葉っぱ…

 

f:id:yamajoshi:20171224223550j:plain

 

木の幹や岩に絡みつく植物がいい感じ♪

 

f:id:yamajoshi:20171224223638j:plain

 

基本的に植林だけど、キライじゃない感じでした。とゆーのも、小仏城山までに会ったのは1組だけとゆー静かなルートだったから。やっぱり、ヒトが少ないところが好きです。

 

f:id:yamajoshi:20171224223755j:plain

 

ヤブムラサキ…かな?

 

f:id:yamajoshi:20171224223833j:plain

 

キレイな飴色の葉っぱが残ってました。

 

f:id:yamajoshi:20171224223910j:plain

 

マルバノホロシの実…かな?

 

f:id:yamajoshi:20171224224001j:plain

 

ちょっとだけ見晴しのいいところもありますが、大した景色は見れません(笑)

 

f:id:yamajoshi:20171224224047j:plain

 

センボンヤリの真ん丸の綿毛も…

 

f:id:yamajoshi:20171224224155j:plain

 

ノイバラの実…

 

f:id:yamajoshi:20171224224254j:plain

 

キラキラだぁ~♡

 

f:id:yamajoshi:20171224224334j:plain

 

たまに平坦なところもあったけど、基本的には登り。最初の尾根に上がるところ以外は急な登りはなし。ちなみに、620.9ピークには特に目印はなかったです。そこから一旦下って登り返してしばらくすると日影沢林道に合流しました。このアタリに日影沢林道の駐車場で会ったトレラン大会の係のヒト達がたくさん立ってました。

 

f:id:yamajoshi:20171224224437j:plain

 

そして、小仏城山に到着~。トイレがすっごくキレイになっててびっくり。茶屋前はまだ朝早いからなのか、時期的なものなのか、ヒトが少なくてすごーく静かでした。そして、富士山がめちゃくちゃキレイに見えました。 

 

f:id:yamajoshi:20171224224552j:plain

 

富士山にタマアジサイとオニドコロのドライを沿えて…

 

f:id:yamajoshi:20171229142044j:plain

 

全く寒くなくて、むしろポカポカ暖かいくらいだったので、茶屋のベンチでのんびり休憩しちゃいました。そして、氷華探しに出発~♪でも、こんなに暖かいとダメかな…って内心思ってたりはしました。

 

f:id:yamajoshi:20171224224640j:plain

 

階段を下って一丁平と巻き道の分岐に近付くと日陰に霜がおりてました。これだけ霜がおりてればもしかしてって歩き出すと…

 

f:id:yamajoshi:20171224224723j:plain

 

ありましたー!ちょっと遠いし、カタチはイマイチだったけど。もーちょっと遠くにもあったけど、入れなかったから…。望遠レンズに換えようか迷ったけど、近くにもあるかもって思ったからしばらく様子を見てみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20171224224836j:plain

 

すると、ありましたー!パカっと花びらが開いたカワイイ氷華です。

 

f:id:yamajoshi:20171224224928j:plain

 

横向きになってる巻貝みたいな氷華も。

 

f:id:yamajoshi:20171224225045j:plain

 

薄い氷が重なってるのかな?

 

f:id:yamajoshi:20171224225011j:plain

 

アップで。めちゃくちゃ繊細な作りになってます。自然のチカラってすごいよなーなんて改めて思ったり。

 

f:id:yamajoshi:20171224225154j:plain

 

クシャクシャーっとまとまってるのもありました。…が、数はめちゃくちゃ少なかったです。もみじ平の巻き道では1つも見つけられずでした(泣)

 

f:id:yamajoshi:20171224225232j:plain

 

氷華があまり撮れなかったので、おまけで霜のアップ(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20171224225325j:plain

 

オカノトラノオ…かな?

 

f:id:yamajoshi:20171224225404j:plain

 

そして、高尾山に着きました。相変わらずスッキリ晴れてて、丹沢の山々から富士山、写真には写ってないけど南アルプスも見えました。

 

f:id:yamajoshi:20171224225454j:plain

 

今日はダイヤモンド富士になるとゆーことで、すでにカメラマンさんが三脚を立てて場所取りをしてました。気持ちはわかるけど、こんなにヒトが多い場所で富士山が見えるいいポジションをお昼前から占領してるって、ちょっと…

 

f:id:yamajoshi:20171229130807j:plain

 

高尾山はこんな時期でもやっぱりヒトが多かったです。混んではなかったけど…。オナカがペコペコだったのですぐに下山することにしました。どこから下山しよーか迷ったけど、久々に4号路を通ってみることにしました。

 

これもミヤマシキミの実かな?

 

f:id:yamajoshi:20171229130835j:plain

 

しばらく下るとこんどはミヤマシキミの蕾…

 

f:id:yamajoshi:20171229130917j:plain

 

グラデーションな色合いの葉っぱ…

 

f:id:yamajoshi:20171229130948j:plain

 

このアタリはまだ枯葉が枝に残ってました。

 

f:id:yamajoshi:20171229131024j:plain

 

虫食いの葉っぱのシルエットもいい雰囲気です。

 

f:id:yamajoshi:20171229131057j:plain

 

そして、お楽しみの吊橋です。いつもはヒトがうじゃうじゃ乗ってるけど、誰もいないタイミングが簡単に作れました。

 

f:id:yamajoshi:20171229131143j:plain

 

1号路を横断して2号路を進みました。夏にここを登ったときはめっちゃ具合悪かったんだよなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20171229131214j:plain

 

そして、琵琶滝まで下りてきました。いつもは早朝にここを通るから門が閉まってるけど、今日は中まで入ることができました。といっても、これ以上、近くには寄れないんだけど。

 

f:id:yamajoshi:20171229131248j:plain

 

ロープウェー駅の前は日凍結してツルツル。子どもたちが滑って遊んでたけど、これ朝はコワイなぁ…。そして、目の前の高橋屋に数年ぶりにチェックイン!いつもはめちゃくちゃ混んでる高橋屋だけど、ちょーど12時だったにも関わらず、2組待ちくらいですぐにテーブルに通されました。量が少なくて全然足りないーって思った記憶があったけど、とろろ蕎麦で十分にオナカいっぱいになりました。

 

ポカポカの快晴の中、快適なハイキングができたのはよかったけど、目的の氷華はまたしてもイマイチ…。気温的には問題なかったと思うんだけど、最近、雨が降ってないから地中の水分量が少ないのかも?と思いました。でも、久々にお仲間さんとのんびり歩けたので、それはそれで楽しかったです。

 

年内にあと1回か2回は登りたいけど、どこに行こうかなぁ…