2019年4月18日 坪山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20190513185651j:plain

 

羽置の里びりゅう館P~坪山登山口~(西コース)~坪山~阿寺沢分岐~羽置の里びりゅう館P

 

月イチ有休デーだったので、ヒカゲツツジが見頃なはずの坪山にソロで行って来ました!坪山に行くのは4年ぶりの2回目。前回行った時はヒカゲツツジはすでに終わりかけだったから、今度こそ群生が見れるといいな~と思って出掛けてみました。

 

9:00におうちを出発して、20号を走って10:00過ぎにびりゅう館に到着。上野原は近くていーね。第二駐車場に車を停めたらすぐ後にパトカーが入ってきて、おまわりさんが話しかけてきました。何かと思ったら『登山届出してる?』って。出してないって言ったら書かされました…。ホントは低山でも出した方がいいのはわかってるけど、ついつい高尾山と同じくお散歩気分で来てるから(汗)。でも、最近、百蔵山で遭難があったんだって。百蔵山のどこで遭難するんだろーね?

 

おまわりさんから解放されたので出発~。びりゅう館の周りはまだサクラが綺麗でした♡戻ってくる頃は曇ってるはずだけど、もし晴れてたらこのアタリをお散歩しよーと思ってました。

 

f:id:yamajoshi:20190513190619j:plain

 

車道をテクテク歩いて登山口へ。ウワサ通り、駐車場は有料500円になってました。前は無料だったんだけどね。このアタリもサクラが綺麗だよ~♪

 

f:id:yamajoshi:20190513190740j:plain

 

橋を渡るとサクラやモモのお花が…カ、カワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190513191213j:plain

 

川沿いに畑の中の道をしばらく歩いて行きます。足元にはスミレが咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190513191324j:plain

 

カタクリも咲き残ってました♪

 

f:id:yamajoshi:20190513191515j:plain

 

登山口に到着です。東コースには木の枝がたくさん置いてあって、登山道は塞がれてました。前回は東コースから登って西コースから下ったんだけどね。そんなに危ないところあったっけ?さすがに4年前だから記憶が薄いな…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190513191700j:plain

 

花が多いという西コースからびりゅう館に周回するつもりだったので、西コースへ進みました。どちみち東コースはヒカゲツツジが少なかったような気がするんだよね…。歩き出すて細いトラバース道になるとロープが張ってありました。持つヒトいるかな?

 

f:id:yamajoshi:20190513192003j:plain

 

橋を渡って行きます。ここの川床は白いんだよね。何だろ?石灰岩かな?

 

f:id:yamajoshi:20190513192144j:plain

 

薄暗い樹林帯を歩いて行くと鮮やかピンクのミツバツツジが出てきました。キラキラしてる~☆

 

f:id:yamajoshi:20190513192426j:plain

 

一度、開けたところに出ました。こんなところあったかな?

 

f:id:yamajoshi:20190513192551j:plain

 

すぐに再び樹林帯に戻って、九十九折に登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190513192747j:plain

 

ずっと九十九折が続くのかと思ったら、“坪山ここから尾根登り”ってゆー標識があって直登になりました。

 

f:id:yamajoshi:20190513192940j:plain

 

ちょっと急な登りが終わると再びキラキラしてるミツバツツジが見えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20190513193050j:plain

 

とっても濃いピンク!ミツバツツジは、お山のアチコチにちょこちょこ咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190513193347j:plain

 

イワカガミの群生地。群生って言っても数株しか咲いてなかったけど…。まだまだこれからかな?でも、どーしてもこの間行った横根山と比べちゃう(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20190513193640j:plain

 

地面に這うように咲いてる…

 

f:id:yamajoshi:20190513193804j:plain

 

痩せ尾根っぽいところもあるけど、ちゃんとロープが張ってあります。

 

f:id:yamajoshi:20190513193955j:plain

 

どんどん登って行くと“これよりヒカゲツツジ”の標識がありました。ポツポツお花はあるものの、すでにかなり痛んでたり、お花が落ちちゃってたり…。もしやちょっと遅かったかな?って心配したけど“ひかげつつじ”の標識のところからヒカゲツツジ祭りが開幕~♪

 

f:id:yamajoshi:20190513194447j:plain

 

うわわっ、いきなりカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190513194554j:plain

 

光に透かした感じもとってもイイ♪

 

f:id:yamajoshi:20190513194952j:plain

 

登山道がヒカゲツツジに飾られてます。

 

f:id:yamajoshi:20190513195122j:plain

 

両側にヒカゲツツジが咲いてるヒカゲツツジロード。

 

f:id:yamajoshi:20190513195229j:plain

 

まだまだ続くヒカゲツツジロード。笑っちゃうくらいたくさん咲いてます。こんなにたくさん咲くんだね~

 

f:id:yamajoshi:20190513195442j:plain

 

ロープの付いた岩っぽい道を登って行きます。けっこう急だけど、足場はしっかりしてるので丁寧に登れば問題ないです。

 

f:id:yamajoshi:20190513195625j:plain

 

その後も次から次へと出てくるヒカゲツツジ

 

f:id:yamajoshi:20190513195754j:plain

 

シャクナゲみたいなカタチのお花もあります。

 

f:id:yamajoshi:20190513195916j:plain

 

この淡い黄色がカワイイよね~♡

 

f:id:yamajoshi:20190513200430j:plain

 

登山道脇にずーっと咲いてます。すごい!!

 

f:id:yamajoshi:20190513200701j:plain

 

ヒカゲツツジに囲まれてる…。こんな感じだから見とれてなかなか進めません(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190513200825j:plain

 

イワウチワも群生地じゃないところにもポツポツ咲いてます。咲きたてでクシャクシャ(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190513201239j:plain

 

これから咲く子たちも…

 

f:id:yamajoshi:20190513201439j:plain

 

そして、再びヒカゲツツジ祭り!(笑)。この子たちはちょっと痛み始めてたかな…。同じ標高でも陽当りでかなり変わりそう。

 

f:id:yamajoshi:20190513201759j:plain

 

ヒカゲツツジを見ながらもグイグイ登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190513202113j:plain

 

岩場っぽいところもまだまだ出てきますよ~。カワイイお花がたくさんあるのに、なかなかハードなお山です。

 

f:id:yamajoshi:20190513202228j:plain

 

もう終わったかなって思っても、また出てきます。

 

f:id:yamajoshi:20190513203731j:plain

 

このアタリからイワカガミの葉っぱも目にするようになりました。イワカガミのお花はまだまだ先だね。

 

f:id:yamajoshi:20190513203910j:plain

 

990mくらいから蕾も出てきました。当然このアタリのお花は咲きたてフレッシュです。

 

f:id:yamajoshi:20190513204117j:plain

 

ヒカゲツツジロードは続きます。めちゃくちゃ長いね~

 

f:id:yamajoshi:20190513204400j:plain

 

咲きたてで花びらの端っこがまだ丸まってる。

 

f:id:yamajoshi:20190513210128j:plain

 

咲きかけ…

 

f:id:yamajoshi:20190513210603j:plain

 

咲きかけ…

 

f:id:yamajoshi:20190513210813j:plain

 

キレイに咲いてる~♪

 

f:id:yamajoshi:20190513210719j:plain

 

笹が増えてきたけものの、まだヒカゲツツジロード…

 

f:id:yamajoshi:20190513211048j:plain

 

葉っぱが赤っぽい子が増えてきた?

 

f:id:yamajoshi:20190513211226j:plain

 

このアタリからヒカゲツツジはいなくなったけど、ちょーど曇ってきちゃったからよかったカモ?

 

f:id:yamajoshi:20190513211506j:plain

 

最後の急登です。あとは山頂に向かうのみなのでグイグイ登って行きます。岩っぽいので足元注意!です。

 

f:id:yamajoshi:20190513211716j:plain

 

山頂直下がかなりの急斜面だったと記憶してたんだけど、イチバン危ないところは通行止めになって、巻き道ができてました。

 

f:id:yamajoshi:20190513211814j:plain

 

そして山頂に到着です。ちょーどグループが下って行ったばかりだったので、ご夫婦が一組だけの静かな山頂でした。やっぱり平日は空いててイイね~

 

f:id:yamajoshi:20190513185651j:plain

 

さっきまで曇ってたけど、なんとか青空が戻って来てくれました。

 

f:id:yamajoshi:20190513212523j:plain

 

飛竜山と雲取山が見えます。

 

f:id:yamajoshi:20190513212840j:plain

 

三頭山は目の前です。そして、山頂のヒカゲツツジもまだ咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190513213158j:plain

 

青空に乱れ咲き~♪ 花びらの端がちょっと赤いのはなんだろ?

 

f:id:yamajoshi:20190513213312j:plain

 

雲と一緒にほわほわ~ん。

 

f:id:yamajoshi:20190513213356j:plain

 

坪山のヒカゲツツジは小粒なお花が多いんだけど、何故かこの株だけやたらとお花のサイズが大きかったです。花のカタチもちょっと違うよーな…

 

f:id:yamajoshi:20190513213439j:plain


アセビも咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190513214245j:plain

 

おなかが空いてたけどびりゅう館でお蕎麦を食べるって決めてたので、そのまま下山することにしました。あれ?こっちもなかなか急な下りだねぇ。

 

f:id:yamajoshi:20190513214531j:plain

 

ロープついてるし。しかもザレ気味でめっちゃスベるっ(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190513214639j:plain

 

下ったと思ったら登り返し(汗)。地図を見てみたら、何回か小ピークを越えていく感じになってました。でも、こっちのルートにはヒカゲツツジはないと思ってたのに、少しだけ咲いてたのでちょっと嬉しい。

 

f:id:yamajoshi:20190513214848j:plain

 

これでヒカゲツツジは見納めです。

 

f:id:yamajoshi:20190513215002j:plain

 

めっちゃ下ったと思ったら…

 

f:id:yamajoshi:20190513215120j:plain

 

グイグイ登らされます。いつまでアップダウンが続くんだ…オナカスイタ…

 

f:id:yamajoshi:20190513215229j:plain

 

ここからやっと下りになりました。途中で阿寺沢方面との分岐があって、びりゅう館方面に進みます。GPSだと過ぎてたから下り過ぎかと思ったけど、大丈夫でした。

 

f:id:yamajoshi:20190513215335j:plain

 

分岐からは歩きやすい道なのでどんどん下って行くといろんなスミレが咲いてました。スミレコレクションでーす♪

 

f:id:yamajoshi:20190513215547j:plain

 

f:id:yamajoshi:20190513215626j:plain

 

f:id:yamajoshi:20190513215700j:plain

 

f:id:yamajoshi:20190513215757j:plain

 

f:id:yamajoshi:20190513220032j:plain

 

f:id:yamajoshi:20190513220226j:plain


植林の樹林帯を九十九折に歩き、最後に一気に下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190513220506j:plain

 

咲き始めのヒトリシズカ

 

f:id:yamajoshi:20190513220947j:plain

 

びりゅう館に戻って来ました。びりゅう館の周りにはカキドオシがいっぱい咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190513221045j:plain

 

めちゃくちゃオナカが空いてたので、すぐにびりゅう館でランチ~♪ 迷わず天ざるを注文しました。天ぷらには、菜の花、ヨモギ、ネギボウズなど入ってました。大好きなマイタケがちょっとべちゃっとしてたのは残念だったけど、打ちたてのお蕎麦は美味しかったです。ちなみに、そばつゆは甘くないタイプでした。天気予報通り曇ってきちゃったので、お散歩するのはやめておうちに帰ることにしました。平日の昼間だから道路が混むこともなく帰って来れました。

 

午前中はお天気もよかったし、ヒカゲツツジにもたくさん会えて大満足~♪ 去年行った京ヶ倉もたくさんヒカゲツツジが咲くみたいだけど、プラっと見に行くにはちょっと遠いし、近場でこんなに群生が見れるところって他にないよね。急斜面が続くコースだけど、CTは短めだからゆっくりお花を見ながら歩くにはいいカモ。ヒカゲツツジが終わっても、今度はイワカガミがたくさん咲きそうだし、まだまだ楽しめそう。今週末は、かなり混むんだろーな(汗)

 

西上州のアカヤシオはまだ咲いてないみたいだし、今週末はどこに行こうかなぁ…

2019年4月7日 古賀志山(日帰り?)

f:id:yamajoshi:20190507214057j:plain

 

赤川ダムP~中尾根細谷ダム北側登山口~軍艦岩~469P~富士見峠~古賀志山~東稜展望台~お花畑?~北コース登山口~赤川ダムP

 

前日に登った高萩横根山のついでにアカヤシオカタクリに会える岩々のお山、古賀志山に行って来ました!古賀志山は標高は582mと高尾山くらいの高さしかないお山なんだけど、岩場がたくさんあって、コースもたくさんあるということで前々から行ってみたいと思ってたお山でした。

 

車中泊した道の駅うつのみやろまんちっく村で5:00に起きたら、3℃とちょっと寒かったけど風はなくて晴れてました。シュラフから出たくなかったけど、セブンイレブンで朝ゴハンを買ってから宇都宮市森林公園内にある古賀志山に向かいました。公園の駐車場は7:00~だったので、ダムの駐車場?に停めて朝ゴハンをゆっくり食べてから歩き始めました。すでにかなりたくさんの車が停まってて、トレランのヒトがめちゃくちゃ多かったです。

 

最初は舗装路の歩きです。さっきまで晴れてたのにどんどん雲が湧いてきてすっかり曇り空に(泣)。予報では9:00過ぎから曇りだったから早めに歩き出したのに、もう曇るってどーゆーこと?!道路脇にtたくさん咲くスミレに気をとられてどんどん歩いてたらいつの間にか登山口をスルーしちゃってました…

 

f:id:yamajoshi:20190507214518j:plain

 

東屋のところまで戻って登山口から登り始めました。ちなみに、この時は全くわかってなかったけど中尾根への登山口は3つあるらしいです。自分が登ったのは、イチバン北側の登山口だと思います。真ん中の登山口が一番岩に向かうメインのルートかな?このアタリはちゃんとした地図を持ってないのでよくわかりません…

 

f:id:yamajoshi:20190507214733j:plain

 

最初からけっこう急な登りです。ここにもスミレがたくさんさいてたので、足元のスミレを愛でながらゆっくりと登って行きました。ナガバノスミレサイシンかな?

 

f:id:yamajoshi:20190507214807j:plain

 

真っ白なエイザンスミレ…

 

f:id:yamajoshi:20190507215024j:plain

 

キランソウ

 

f:id:yamajoshi:20190507215101j:plain

 

だんだん草がモシャモシャと生えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20190507215316j:plain

 

しばらく登って行くと稜線に出ました。左を見ると岩…

 

f:id:yamajoshi:20190507215525j:plain

 

右を見ても岩。標識もないしどっちかわからずGPSで確認すると、登りたくないなって思った右側のトラロープがついてる長くて急な方の岩場が進む道でした。難易度は高くない岩場だけど、1人だから念のためロープを片手に持って登りました。トレランシューズで岩登りするのが初めてだったからつま先に体重がかけにくくて、最初はちょっとだけ登りにくかったけど、途中からは足場がしっかりしてたので問題なく登れました。でも、ここを下りたくはないな…

 

f:id:yamajoshi:20190507215628j:plain

 

急なところを登り切っても岩がゴロゴロした道が続きます。

 

f:id:yamajoshi:20190507220119j:plain

 

せっかく登ったのに下らされ、また岩場がやってきました。山頂までこんな感じのアップダウンが何回もあります。ここの岩場も難しくはないけど、滑るといけないので鎖を片手に持って登りました。

 

f:id:yamajoshi:20190507220329j:plain

 

この岩場の上部のここの狭いところがちょっと登りにくかったです。ロープ掴んでカラダを引き上げちゃったけど、狭いところを通らずにも登れたのかも?!

 

f:id:yamajoshi:20190507220541j:plain

 

再び岩ゴロの道を進んで、また下らされます。わー、また登りかぁと思って道なりに進んだら目の前の小ピークの巻き道に入りました。するとたくさんのカタクリの葉っぱがありました。もちろん咲いてる子もいましたよ~

 

f:id:yamajoshi:20190509224354j:plain

 

その後もアップダウンしていくと、遂にアカヤシオが登場~♪ 曇り空なのがイマイチだけど、やっぱりカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190509224617j:plain

 

でも、登山道からけっこう遠くて、なかなかいい感じの写真は撮れず…

 

f:id:yamajoshi:20190509224848j:plain

 

469峰付近のアカヤシオがいい感じという情報だったのでそれを楽しみに、山肌にちょこちょこ咲くアカヤシオを遠目で愛でながら、歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190509225058j:plain

 

この白い木が出て来ると469峰は近いです。ここは登らずに巻きました。

 

f:id:yamajoshi:20190509225252j:plain

 

469峰に到着。あれ?アカヤシオは???と思ったら、下の方に咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190509225546j:plain

 

このアタリにわーっっと咲いてると思ってたので、ちょっと拍子抜け。どこかに咲いてるはず…と少し下って行くと、コルっぽいところにアカヤシオがたくさん咲いてました。ちょーど自然林と植林の切れ目っぽいところです。

 

f:id:yamajoshi:20190509225850j:plain

 

蕾を残してる株もあったけど、このアタリのお花は痛み始めてるのが多かったです。散ってるお花もあったしね。ちょっと残念…

 

f:id:yamajoshi:20190509230020j:plain

 

それでも自分はしばらくアカヤシオに見とれてました。みんなちょろっと写真を撮ってすぐに通り過ぎちゃってたけどね。

 

f:id:yamajoshi:20190509230244j:plain

 

ここからしばらくは植林の樹林帯のアップダウンだけど…

 

f:id:yamajoshi:20190509230502j:plain

 

すぐに自然林の岩場歩きのアップダウンに戻りました。

 

f:id:yamajoshi:20190509230830j:plain

 

山肌が薄っすらピンク色~♪

 

f:id:yamajoshi:20190509231047j:plain

 

岩だけじゃなく、根っこっぽいところもあります。

 

f:id:yamajoshi:20190509231346j:plain

 

登山道脇にはこんな感じでアカヤシオがポツポツと。

 

f:id:yamajoshi:20190509231537j:plain

 

わーっ、花びらたくさんのカワイイ子みつけた~♡

 

f:id:yamajoshi:20190509231713j:plain

 

まだ花びらが完全に開く前の咲きたてフレッシュな子も…

 

f:id:yamajoshi:20190509231954j:plain

 

なんか丸太が立てかけてあって、登れるけどなんか登りたくないな…って思ったら、前を歩く2人組が迷うことなく巻いて行ったので同じく巻いて行くことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190509232115j:plain

 

巻き道を歩いて行くとカタクリに会えました♪ 曇ってるから開いてるお花は少なかったけどね。でも、今日はアカヤシオがメインだし、カタクリは見なくてもいーかなって思ってました。この時は…

 

f:id:yamajoshi:20190513112105j:plain

 

途中で巻き道は559Pに向かっているということに気づきました。559Pに行くつもりなかったので、富士見峠に向かう尾根道にショートカットして、再びアップダウンの稜線を進みました。後から調べたら見晴しがいいみたいだし、ヒカゲツツジも咲いてたみたいだったから行けばよかったな…

 

f:id:yamajoshi:20190513112459j:plain

 

せっかくチラホラとアカヤシオが咲いてるのに、なかなかお日さまは姿を見せてくれません…

 

f:id:yamajoshi:20190513112718j:plain

 

薄っすらと日差しが差してきたタイミングでパシャリ。

 

f:id:yamajoshi:20190513113059j:plain

 

カワイイ2人組…

 

f:id:yamajoshi:20190513113212j:plain

 

尾根を少し歩くと開けたところに出ました。残念ながら霞みまくってて遠望はなかったけど、青空が広がってきました。

 

f:id:yamajoshi:20190513113552j:plain

 

今までと違うちょっと平和?な道…

 

f:id:yamajoshi:20190513113924j:plain


巻き道がメインルートっぽくなってたけど、小ピークの岩の上にキレイなアカヤシオが見えたので岩を登って経由してみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190513114019j:plain

 

すると、やっぱり咲きたてフレッシュの濃いピンクのアカヤシオがたくさん咲いてました!!

 

f:id:yamajoshi:20190513114145j:plain

 

ちょーどお日さまも出てきていい感じ♪

 

f:id:yamajoshi:20190513114244j:plain

 

カワイイ、カワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190513114352j:plain

 

青空をバックに…

 

f:id:yamajoshi:20190513114506j:plain

間違いなくここが今日イチです。あまりにキレイだったので、しばらくこの岩の上でアカヤシオを眺めながら休憩しました。

 

f:id:yamajoshi:20190513114932j:plain

 

岩から降りて下って行くと富士見峠に着きました。北コースから上がってくるヒトが多いみたいで、ここで休憩してるヒトが多かったです。

 

f:id:yamajoshi:20190513115331j:plain

 

自分はとりあえずそのまま山頂に向かいました。

 

f:id:yamajoshi:20190513121609j:plain

 

東陵見晴への分岐を過ぎて、木の根っこだらけのところを登って行くと…

 

f:id:yamajoshi:20190513121946j:plain

 

古賀志山の山頂に着きました。山頂にはいくつかベンチがあって休憩できるようになってました。ちょっとオナカが空いてたけど、早めにおうちに帰りたかったのですぐに下山することにしました。ランチも持ってなかったし…

 

f:id:yamajoshi:20190507214057j:plain

 

10時から曇りという予報は外れて、朝は曇ってたけどどんどんお天気は回復に向かってました。これなからカタクリのお花が開くかも…と思って、どこにあるかよくわからなかったけど、レコの軌跡を元にお花畑に行ってみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190513122327j:plain

 

軌跡を辿ってたら東稜展望台に着いちゃいました。全然ここに来るつもりはなかったのに…。ここから鎖場を少し下ってもお花畑に行けるみたいだけど、どのくらいのレベルかわからなかったので、GPSで位置を確認してから改めて軌跡をトレースしてみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190513122543j:plain

 

バリルートっぽいところを下って行くとオバサンのグループが登ってきたのでカタクリが咲いてるところに行けるか聞いたところ、このまま下って行くとすごい数のカタクリが咲いてるってことだったので、どんどん下って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190513122735j:plain

 

途中で道が分かれてるところがいくつかあって、どっちに進むか何回か迷ったけど、とりあえず踏み跡が濃そうな方向に進んで行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190513122915j:plain

 

それでもかなり怪しいところはあったけど、下の方からたくさん声がしたので、方向的には間違ってないなと思って下って行きました。でも、けっこう危なそうなところがあったよ…

 

f:id:yamajoshi:20190513123000j:plain

 

下の方に人影が見えてきたところで前の子供連れのパーティーに追いつきました。子供がこのルートで下りるなんて危なすぎる!まあ、ここを歩くつもりじゃなかったみたいだけどね。

 

f:id:yamajoshi:20190513123138j:plain

 

このアタリからカタクリがポツポツと姿を現しました。

 

f:id:yamajoshi:20190513123256j:plain

 

下りきったところはお花畑のイチバン下のところでした。オバサンの話だと道沿いにずっとカタクリが咲いてて、最後に群生になるってことだったから、群生のイチバン上にでる予定だったのに…。どうやら自分もルートをミスってたっぽいです。こーゆーお山は頻繁に来るヒト達が色んなバリルート作って歩いてるからなかなか難しいよね。ちゃんとした地形図とコンパス持ってればわかるんだろうけど。

 

f:id:yamajoshi:20190513123533j:plain

 

でも、とりあえずはカタクリの群生のところに着いて一安心。登山道脇にはたくさんのカタクリが咲いてました♪ 

 

f:id:yamajoshi:20190513123651j:plain

 

下から見るとこんな感じ。三毳山の群生とかとは比べモノにならないけど、それでもかなりの数のカタクリです。

 

f:id:yamajoshi:20190513123809j:plain

 

下から上の方に歩いて行ってみます。咲いてる、咲いてる~

 

f:id:yamajoshi:20190513123941j:plain

 

ここのカタクリ達はしっかり咲いてました。上の方は終わりに近かったけど、まだまだ十分に見頃の状態でした。

 

f:id:yamajoshi:20190513124443j:plain

 

カワイイねぇ♡

 

f:id:yamajoshi:20190513124710j:plain


仲良く並んで♪

 

f:id:yamajoshi:20190513124747j:plain

 

こんなに咲いてるなら、見に来た甲斐がありました!

 

f:id:yamajoshi:20190513124827j:plain

 

アカヤシオカタクリも無事に見れたので、ここからは北コースで下山することにしました。さすがにハイキングコースになってるだけあって、かなりちゃんと整備された登山道でした。ここから登って来るヒトが多いわけだね。

 

f:id:yamajoshi:20190513125121j:plain

 

途中で中尾根への取付きを通過しました。一番岩への取付きは北コースの途中にあったんだね。そして、石がゴロゴロする道を進んで行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190513125445j:plain

 

その後、東陵見晴への取付きを通過しました。ちょっと沢っぽいところも通って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190513131708j:plain

 

ピンク色のエイザンスミレ…。これもカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190513131750j:plain

 

最後は完全に平坦なところをテクテク…

 

f:id:yamajoshi:20190513131851j:plain

 

北コースの登山口近くにキクザキイチゲカタクリが咲いてました。キクザキイチゲはしっかり開いてるお花を見つけられなかったけど…

 

f:id:yamajoshi:20190513131931j:plain

 

エイザンスミレのブーケ…

 

f:id:yamajoshi:20190513132011j:plain

 

タチツボスミレのブーケ…

 

f:id:yamajoshi:20190513132047j:plain
 

舗装路まで下りてきて、サイクリングロードになってるダム沿いを歩いてみました。まだ7部咲きくらいの感じではあったけど、サクラが綺麗でした。

 

f:id:yamajoshi:20190513132137j:plain

 

新緑とサクラと…

 

f:id:yamajoshi:20190513132225j:plain

 

ダムまで戻ってくるとすっかり晴れていいお天気になってました。完全に予報ハズレタ…(汗)。朝からこんなお天気を期待してたのにな。今日1日歩いて来た山々をしばらく眺めてから駐車場に戻りました。

 

f:id:yamajoshi:20190513132306j:plain

 

帰りはいつも通り下道でゆるゆると帰りました。途中で何か食べようと思ったけど、google先生が案内する道にはコンビニしかなくて、道の駅思川にふと立ち寄ってみたんだけど特に目ぼしいモノもなく、仕方ないから無難にと思って買ったパン屋さんのパンが劇的に美味しかった~♪ シチューパンとクリームパンを買ったんだけど、どちらもトングで持ち上げるとフニャっとつぶれちゃうんじゃないかってくらいの柔らかさ。食べてみるとパンがありえないくらいフワフワで、中に入ってるシチューもクリームもトロトロ~。焼きたてってこともあったかもしれないけど、それでもこんなパンには今まで出会ったことないよ!こんなに美味しいならもう1個シチューパン買って来ればよかった…。ということで、オナカも満たされて順調におうちに帰ることができました。

 

前から岩場の練習しに行きたいなと思ってた古賀志山…。まさかお花を見に行くとは思ってなかったけど、アカヤシオカタクリもたくさん見れてよかったです。今回は、下調べがちゃんとできてなくて一番岩から登れなかったけど、次は一番岩から挑戦してみよーかな?東ルートの岩場にも行ってみたいしね。巻いちゃった559Pや行かなかった御岳山にも行きたいので、また行きます!何だか今年はたくさん栃木に行く年になりそう…(笑)

 

さてさて、来週こそは唐松岳と思っているけど、また寒波が来そうな感じ。そろそろラストチャンスだと思ってるんだけど、どーなんだろ?最近、全くレコが上がってきてないから状況が全然わからないんだよね…

2019年4月6日 横根山(日帰り?)

f:id:yamajoshi:20190506153610j:plain

 

花貫ダムさくら公園P~380m峰~沼尻分岐~見晴の丘~横根山~沼尻分岐~沼尻湿原~沼尻分岐~380m峰~花貫ダムさくら公園P

 

今週末こそ唐松岳か角田山に行きたいと思ってたのに、またしても日本海側のお天気が強風予報だったり、雨マークついてたりでちょっと微妙…(汗)。関東は比較的お天気が良さそうだったので、最近ポツポツとレコに上がってきててめちゃくちゃ気になってた茨城の横根山にソロで行って来ました!標高はたった389mのいかにも里山って感じのお山です。

 

周回しても3時間くらいで登れちゃうお山だけど、高速が混みそうだったので6:00前におうちを出ました。google先生が首都高経由で行けってゆーから久々に首都高使ったけど、やっぱり首都高は交通量が多くてキライ(汗)。いつも通り圏央道使えばよかったな。常磐道の高萩ICを降りて10分くらい走ると花貫ダムさくら公園に到着~。駐車場はすでに半分以上埋まってました。

 

サクラが咲く公園の端っこにある登山道からお山に入って行きました。ちなみに、こんな平地でも風ビュービュー。やっぱり唐松岳は晴れてても強風で無理だったかな…

 

f:id:yamajoshi:20190506154254j:plain

 

駐車場の前の川沿いをしばらく歩いて行くんだけど、オジサン&オバサンのグループが前をのーんびり歩いてて(ちょっと足場が悪かったりするから…)なかなか進まない(汗)。でも、全く避けてくれる気配がなかったので『よいところで前行かせてくださーい』って声を掛けたら快く避けてくれました。ありがとーございます!

 

f:id:yamajoshi:20190506154510j:plain

 

せかっく通してもらったので、スピードアップして川沿いをどんどん歩いて行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190506154820j:plain

 

すぐに尾根に着きました。ここから登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190506155104j:plain

 

キョロキョロしながら登って行くとすぐにお目当てのイワウチワに会えました!わーい♪

 

f:id:yamajoshi:20190506155254j:plain

 

どんどん登って行きます。急斜面ってウワサだったけど、それほどでもないカモ。登山道脇にはポツポツとイワウチワが咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190506155449j:plain

 

ピンクのフリフリがめっちゃカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190506155802j:plain

 

イワウチワが増えてきたからじっくり写真撮りたかったけど、オジサン&オバサングループに追いつかれちゃいそーだったし、まだまだ上の方にたくさん咲いてるはずなのでどんどん登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190506160144j:plain

 

お日さまが当たってなくてもカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190506160340j:plain

 

うつむき加減な子…。まだ、咲きたてかな?

 

f:id:yamajoshi:20190506160637j:plain

 

見て!といわんばかりにピンスポットが当たってる!(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190506160724j:plain

 

こんなに足元に咲いてたらなかなか前に進めません…

 

f:id:yamajoshi:20190506160820j:plain

 

下の方は終わりかけのお花もあったけど、まだ開いてないお花もありました。

 

f:id:yamajoshi:20190506160910j:plain

 

急登が一旦終わって道が平坦になると登山道の脇がアセビだらけになりました。

 

f:id:yamajoshi:20190506161249j:plain

 

アセビもカワイイけど、風が強くてアップで撮れない…(泣)

 

f:id:yamajoshi:20190506161329j:plain

 

緩く下りながら、もうイワウチワは終わっちゃったのかなって思ってたんだけど…

 

f:id:yamajoshi:20190506161547j:plain

 

再び登り始めると、またまた登山道脇にたくさんイワウチワが出てきました。

 

f:id:yamajoshi:20190506161727j:plain

 

4つ子ちゃん~♪

 

f:id:yamajoshi:20190506161812j:plain

 

あまりにもたくさん咲いてて、どこを写真に撮ろうか迷っちゃう(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190506162041j:plain

 

お日さまでキラキラ輝いてる~☆

 

f:id:yamajoshi:20190506162156j:plain

 

こんなにたくさんのイワウチワ見たのは初めてだよ。スゴ過ぎる!!

 

f:id:yamajoshi:20190506162249j:plain

 

登山道にすらこんなにたくさん咲いちゃうんだもん。

 

f:id:yamajoshi:20190506162338j:plain

 

開き始めもフレッシュな子たち…

 

f:id:yamajoshi:20190506162516j:plain

 

登山道から離れた山肌を望遠レンズで撮ってみました。ヒトが入れないところだからか、さらにすごい数の群生です。

 

f:id:yamajoshi:20190506162613j:plain

 

イワウチワがこんなに群生するなんて知らなかった…

 

f:id:yamajoshi:20190506162653j:plain

 

群生しすぎてワシャワシャしてる。

 

f:id:yamajoshi:20190506162752j:plain

 

木の陰にひっそり咲いてる子も。

 

f:id:yamajoshi:20190506163033j:plain


元気に咲いてまーす♪

 

f:id:yamajoshi:20190506163111j:plain

 

わわわーっ、すごいイワウチワの群生!!斜面がイワウチワだらけです。

 

f:id:yamajoshi:20190506163154j:plain


イワウチワの道はまだまだ続きます。

f:id:yamajoshi:20190506163239j:plain

 

そーいえば、ここのイワウチワはお花がみんな大きかったな。

 

f:id:yamajoshi:20190506163351j:plain

 

こんなにイワウチワが咲いてるのにバリアングルが使えないのがめちゃめちゃツラかった。やっぱりカメラ買い換えてくればよかったかな。お花撮るのにバリアングルが使えないなんて致命的すぎる…(涙)

 

f:id:yamajoshi:20190506163447j:plain

 

登山道から外れてたくさんのトレースができてたんだけど、1ヶ所だけロープが張ってあって立入禁止になってるところがありました。何年か前に滑落死亡事故があってしばらく登山禁止になってたみたいだけど、登山道で滑落するようなところはなさそうだったので、このアタリで写真を撮るために入って滑落しちゃったりしたのかなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20190506163612j:plain

 

イワウチワの群生が終わると急に植生が変わって、笹が生い茂る道になりました。

 

f:id:yamajoshi:20190506163931j:plain

 

ちょっとしたスペースがあったので、オジサン&オバサングループと時間をずらすために少しだけ休憩しました。何組かいたからね…。最近よく見かけるキジョランのフワフワをここでも見つけちゃいました!

 

f:id:yamajoshi:20190506164040j:plain

 

再び笹原をしばらく登って広場っぽいところ(380m峰)に着くとオジサン&オバサングループ1組がランチ休憩してました。自分はそのまま山頂方面へ向かって下ります。

 

f:id:yamajoshi:20190506164236j:plain

 

沼尻分岐まで下って、湿原は後回しにして、まずは山頂に向かうことにしました。軽く登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190506174759j:plain

 

モミジイチゴ

 

f:id:yamajoshi:20190506174843j:plain

 

咲きかけのミヤマシキミ…

 

f:id:yamajoshi:20190506174931j:plain


山頂の手前でまた分岐があって、“見晴らしの丘”って書いてあったから行ってみることにしました。見晴の丘って名前がついているにもかかわらず、周りは木に囲まれててほぼ眺望はなし(苦笑)。木々の隙間から海が見えるらしいけど、ここでもオジサン&オバサングループが大勢ランチしてて落ち着かなかったので、すぐに山頂に向かうことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190506175125j:plain

 

山頂に着くとここにもオジサン&オバサングループがいて、しかも記念撮影でずーっと写真を撮ってて、写真撮り終わっても標識に寄っかかってたりして、なかなか山頂標識のところからどいてくれなかったので、1輪だけ咲いてたカタクリの写真を撮りながら大人しく待ちました。ちなみにカタクリは1輪しか咲いてなかったけど、葉っぱはポツポツありました。

 

f:id:yamajoshi:20190506175236j:plain

 

やっと、団体さんがいなくなって静かになりました。そこそこ広さのある山頂だけどここも全く眺望はなし…。都室山にもちょっとだけ興味があったけど、あんまりお花が咲いてなさそうなのでまた今度にします。ってゆーか、ここから都室山には行けないよね?

 

f:id:yamajoshi:20190506175505j:plain

 

山頂から分岐まで戻って沼尻湿原へ。沼尻湿原はかなりこじんまりした湿原だったけど、ミズバショウがちょこちょこ咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190506175820j:plain

 

ちょーど先始めだったのかな?

 

f:id:yamajoshi:20190506175901j:plain

 

決してカワイイって見た目ではないんだけどね(笑)。ザゼンソウみたいに不思議な見た目。

 

f:id:yamajoshi:20190506180027j:plain

 

湿原にはポツポツとカタクリも咲いてました。みなさんはミズバショウに夢中だったけどね。

 

f:id:yamajoshi:20190506180114j:plain

 

木道は朽ちて落ちちゃってたけど、整備はいらないのかなぁ?ベンチがあったからここでランチしよーかとも思ったけど、あまりにも寂しい感じとゆーか、殺風景とゆーか、なんとも言えない感じだったので分岐まで戻ることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190506180204j:plain

 

沼尻分岐を過ぎて380m峰に登り返します。

 

f:id:yamajoshi:20190506180327j:plain


380m峰には誰もいなくて静かになってました。みんな都室山に縦走したのかな?自分も縦走しよーか迷ったけど、下山ルートにもイワウチワが咲いてるみたいだったので、周回で下山することにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190506181140j:plain

 

こちらもなかなかの急斜面です。でも、気をつけて下れば問題ないレベル。あってもよさそうだけど、ロープもないしね。

 

f:id:yamajoshi:20190506181228j:plain

 

イワウチワどこに咲いてるのかなー?ってキョロキョロしながら下ってたら、横の斜面からひょっこりオジサンが出てきて、もしかして…と入って見たらやっぱりいました~♪

 

f:id:yamajoshi:20190506181342j:plain

 

フワフワのコケに囲まれてるのもいい感じです。

 

f:id:yamajoshi:20190506181428j:plain

 

急斜面をどんどん下ります。横の斜面には相変わらずイワウチワがいっぱい。

 

f:id:yamajoshi:20190506181510j:plain

 

めっちゃ濃いピンクの咲き始めの子たち。カワイイー♡

 

f:id:yamajoshi:20190506181605j:plain

 

登山道が岩っぽくなってくると登山道脇にもイワウチワが出てきました。

 

f:id:yamajoshi:20190506181733j:plain

 

斜面いっぱいにイワウチワが群生してます。このアタリ、かなり急なので滑落しないように足場はしっかり確保して撮りました。

 

f:id:yamajoshi:20190506181824j:plain

 

スゴイよ~!!!

 

f:id:yamajoshi:20190506181912j:plain


 登りの時はほとんど風の影響を受けなかったのに、ここは風がビュービュー吹きまくってて、イワウチワが揺れまくりで、なかなか写真が撮れない…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190506181958j:plain

 

白いイワウチワ見つけた~♪ こんなに白いのは初めて見たかも。

 

f:id:yamajoshi:20190506182043j:plain


登りの時は団体さんが何組もいて落ち着かなかったけど、いつの間にか誰もいない静かなお山になってました。

 

f:id:yamajoshi:20190506182136j:plain

 

登山道脇のイワウチワたちはこんな感じ…

 

f:id:yamajoshi:20190506182308j:plain

 

朝からずっとイワウチワを見てるけど、全然見飽きないよ~(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190506182432j:plain

 

下ってきた道を振り返るとこんな感じ。こっちから反時計回りで登ってもいいかもだけど、やっぱり時計回りの方がいいかな。

 

f:id:yamajoshi:20190506182532j:plain


まだ咲いてない蕾ちゃんでイワウチワはおしまいです。大満足♡

 

f:id:yamajoshi:20190506182625j:plain

 

イワウチワがなくなってからも急な下りは続きます。振り返るとどれだけ急なところを下ったのかがよくわかります。

 

f:id:yamajoshi:20190506182740j:plain

 

花貫ダムが見えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20190506182833j:plain

 

最後はユルユルと下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190506182921j:plain

 

しばらく下って行くとヤマザクラの花びらがヒラヒラ舞う場所に来ました。

 

f:id:yamajoshi:20190506183054j:plain

 

モミジの若葉…

 

f:id:yamajoshi:20190506183153j:plain

 

ツバキも…

 

f:id:yamajoshi:20190506183007j:plain

 

さくら公園の舗装路に出る手前で左に入る道があったから行ってみたら、ベンチがある広場になってました。なんかめっちゃ素敵な場所♪

 

f:id:yamajoshi:20190506183510j:plain


こんな素敵なところなのにオネーサン1人しかいなかったので、空いてるベンチでサクラを眺めながらランチすることにしました。風も多少避けられたし、陽射しもポカポカ暖かいし、サクラは綺麗だし、はぁ〜幸せ♡

 

f:id:yamajoshi:20190506183602j:plain

 

ランチの後は芝生に座って日向ぼっこしながらサクラを眺めました。めっちゃ贅沢なお花見だぁ。日向のサクラは満開だったけど、公園全体的には7分咲きって感じかな。

 

f:id:yamajoshi:20190506183702j:plain

 

たまにヒトは通ったけど、みんな長居しないで通り過ぎちゃうので1人の時間が長かったです。

 

f:id:yamajoshi:20190506183752j:plain

 

しばらくのんびりしてから駐車場に戻って、明日登る予定の古賀志山近くの道の駅うつのみやに向かいました。まだ時間が早かったから秋に行った袋田の滝にもちょっと寄り道してみました。実はアップルパイ目当てで行ったんだけど、シーズンオフでアップルパイは売ってなかったです(泣)。仕方ないので、滝だけチラッと見に行くことにしました。秋の混雑具合とは打って変わってヒトが少なくてとっても静かな滝でした。相変わらず水量は少なかったけどね。

 

f:id:yamajoshi:20190506183906j:plain

 

まだ端午の節句にはかなり早いと思うけど、鯉のぼりがたくさん泳いでました。川にも鯉のぼりが映って川を泳いでるみたいで、とてもいい光景でした。

 

f:id:yamajoshi:20190506184008j:plain

 

このアタリのサクラもいい感じに咲いてました♪

 

f:id:yamajoshi:20190506184058j:plain

 

道の駅うつのみやのそばで夜ゴハンを食べて、早めに寝ました。厳冬期用のシュラフだと寝始めはちょっとだけ暑かったからチャック全開にしてたけど、明け方にはかなり冷え込んだのでちょーどよかったです。

 

今年、初めて知って行ってみた横根山はホントにビックリするくらいのイワウチワの群生が見られるお山でした。上は咲き始め、下は終わりかけで真ん中がちょーど満開だったかな?って思います。自分が行った時間が9時くらいだったから、ちょーど地元のオジサン&オバサングループが出発する時間と重なっちゃって、何組ものオジサン&オバサングループと会うことになってヒトが多すぎてちょっと落ち着かなかったけど、それ以外のヒトには10人くらいしか会わなかったので、朝早く行くか、昼前に行くかで時間をずらせばかなりのんびり静かにイワウチワを楽しめそうです。でも、オジサン&オバサングループもみなさん優しくて『1人なの?どこから来たの?』『気を付けてね!楽しんでね!』って何人も声をかけてくれました。かなり気に入っちゃったので、また来年も来たいと思います♪

 

明日は、お天気が崩れなければ古賀志山に登る予定!岩っぽいお山だから、午前中は雨が降りませんよーに…

2019年3月31日 釜伏山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20190505220359j:plain

 

花桃の郷…(車移動)…中間平緑地公園P~日本の里風布館~釜伏山~釜山神社~釜伏峠~中間平緑地公園P…鉢形城

 

先週末も今週末も日本海側のお天気がイマイチよくない…。お天気がよかったら角田山にお花を見に行くか、唐松岳に残雪を楽しみに行くかしたかったのに、このお天気のせいでどちらも行けず(泣)。なので、先週に引き続き、花粉はコワイけど低山でお花を楽しむことにして、東秩父花桃の郷と釜伏山にソロで行って来ました!

 

明け方まで雨が降ってたので、ゆっくり目に起きて花桃の郷に向かいました。おうちを出た時の気温は8℃で空はどんより。埼玉に入ると霧雨っぽいのまで降って来ちゃったけど、予報で9:00くらいから晴れそうだったのでそれを信じて向かいました。花桃の郷に9:00過ぎに着くと、駐車場にはすでに10台くらいの車が停まってて、地元の方々が交通整理とかされてました。まだ、空がどんよりしてたから車で少し仮眠しよーかと思ったけど、とりあえず駐車場脇にある展望台に登ってみることにしました。ちなみに、駐車場は無料だけど協力金300円をポストに入れるカタチになってます。

 

駐車場の隣にある展望台に登ってみると大内山って書いてありました。カタチ的にはこんもりしてるけど、ここお山なの?!(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190505221235j:plain

 

展望台からは大内沢の村が一望できました。濃いピンクの花桃や黄色のサンシュユレンギョウに彩られた村の風景はまさしく桃源郷って雰囲気。眺めてるうちに少し青空が見えてきたのでそのうち晴れることを期待してブラブラし始めてみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190505221117j:plain

 

展望台に向かう階段にたくさん咲いてたレンギョウ

 

f:id:yamajoshi:20190505222315j:plain

 

とりあえず、順路に沿って村の上の方に向かって歩いて行きました。自分が停めたメインの駐車場は花桃の郷といわれてるところの真ん中くらいにあって、上下に花桃が広がってます。でも、駐車場から上がメインかな?

 

f:id:yamajoshi:20190505222714j:plain

 

鮮やかブルーのムスカリ

 

f:id:yamajoshi:20190505222908j:plain

 

仲良く2つ並んだ菜の花…

 

f:id:yamajoshi:20190505223106j:plain

 

 花桃です。ピンクのフリフリがめちゃくちゃカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190505223208j:plain

 

ソメイヨシノかなぁ?一瞬だけ、ちょーど青空が出てきてくれました♪

 

f:id:yamajoshi:20190505223249j:plain

 

たっぷりお花を付けてます。まだ蕾もありました。

 

f:id:yamajoshi:20190505223343j:plain


ピンク、濃いピンク、白…

f:id:yamajoshi:20190505223435j:plain

 

ここはお山ではなく村の中を歩いて行く感じなので、基本的に道は車道です。車で回ってるヒトもいるので、写真を撮る時は邪魔にならないよに注意しないと。

 

f:id:yamajoshi:20190505223604j:plain

 

曇ってるけど、ピンク、キイロ、ミドリとカラフルです。

 

f:id:yamajoshi:20190505223733j:plain

 

里山の春~って感じでめっちゃ癒されます♡

 

f:id:yamajoshi:20190505223827j:plain

 

 カワイイ~♡

 

f:id:yamajoshi:20190505223930j:plain

 

このボリュームのあるフリフリがいいよね。

 

f:id:yamajoshi:20190505224048j:plain

 

こんなだもん。足が止まっちゃいます。

 

f:id:yamajoshi:20190505224441j:plain


スイセンも咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190505224531j:plain

 

マメザクラみたいな?

 

f:id:yamajoshi:20190505224637j:plain

 

花桃の下にはホトケノザの群生も…

 

f:id:yamajoshi:20190505224725j:plain

 

立派なキイロのスイセン

 

f:id:yamajoshi:20190505224805j:plain

 

トウダイグサ

 

f:id:yamajoshi:20190505224846j:plain

 

サンシュユ

 

f:id:yamajoshi:20190505225013j:plain


キブシ…

f:id:yamajoshi:20190505225132j:plain


ムラサキハナナ…

 

f:id:yamajoshi:20190505225257j:plain

 

ツルニチニチソウ

 

f:id:yamajoshi:20190505225342j:plain

 

白い小さなお花…

 

f:id:yamajoshi:20190505225432j:plain


駐車場があるイチバン上までブラブラ歩いてから少し下ってきて、休憩所で甘酒をごちそーになりました!休憩所から少し下ったところにある看板がたくさん付けてあるプレハブ。

 

f:id:yamajoshi:20190505225521j:plain

 

駐車場に戻る途中から見える下の方にも行ってみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190505225605j:plain

 

ボケもちょこちょこ咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190505225713j:plain

 

ミツバツツジも咲き始めてます♪

 

f:id:yamajoshi:20190505225816j:plain

 

咲き残りのウメ…

 

f:id:yamajoshi:20190505225900j:plain

 

歩いてたらだんだん青空が広がってきました。やった~♪

 

f:id:yamajoshi:20190505230009j:plain

 

 下の方の花桃は葉っぱが出始めてるのが多かったです。

 

f:id:yamajoshi:20190505230044j:plain

 

でも、まだまだお花はキレイに咲いてました♪

 

f:id:yamajoshi:20190505230123j:plain

 

このお花のボリューム感!

 

f:id:yamajoshi:20190505230250j:plain

 

やっぱり青空の方が映えるよね。晴れてくれてよかった♪

 

f:id:yamajoshi:20190505230335j:plain

 

朝はガスガスだったので、もう一度、展望台に登ってみました。ガスはなくなってたけど、真っ青な空ではなくてちょっと残念(涙)

 

f:id:yamajoshi:20190505230434j:plain

 

何気に3時間近くもブラブラしちゃったので(笑)、中間平緑地公園へ移動することにしました。車で15分くらいだったかな?県道から曲がってからは細い道が続くけど、行きも帰りも1台もすれ違いませんでした。中間平緑地公園には地元NOの車が3台停まってました。公園には姿は見えなかったから、みんなお山に行ったのかな?せっかくなので展望台に登ってみました。左側のちょこんと尖ってるお山がこれから向かう釜伏山です。

 

f:id:yamajoshi:20190505230740j:plain

 

公園から日本の里に向かいたかったのに、地図がなくて標識も見当たらず、どっち方向に進めばいいのかわからなくてしばらく公園内をウロウロしちゃいました(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20190505230915j:plain

 

やっと風布という文字を見つけたので、下って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190505231015j:plain

 

樹林帯に入って 九十九折に緩やかに下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190505231114j:plain

 

モミジの若葉かな? 

 

f:id:yamajoshi:20190505231228j:plain

 

少しだけどミツマタが咲いてました。しっかり3つに枝先が分かれてるのがよくわかります。

 

f:id:yamajoshi:20190505231312j:plain

 

道路の下をくぐると日本の里風布館に着きました。駐車場にあったサクラがめっちゃキレイ♪

 

f:id:yamajoshi:20190505231358j:plain

 

よく調べてなかったんだけど、なんとなく道路を歩かずに日本の里の中を歩いて行ったらBBQ場の山側の斜面にカタクリがたくさん咲いてました。花桃の郷に向かう途中にもカタクリが咲いてるところがあったんだけど、車から降りるのが面倒だったからスルーしちゃったんだよね。先週、三毳山でたくさん見てたし。でも、偶然会えたのは嬉しかった~♪

 

f:id:yamajoshi:20190505231451j:plain

 

車道に上がって歩いて行くとみかん山の前に駐車スペースがありました。釜伏山だけピストンするヒトはここに停めるみたい。このアタリにもお花がちょこちょこ咲いてました。カキドオシとか…

 

f:id:yamajoshi:20190505231959j:plain

 

キケマン…

 

f:id:yamajoshi:20190505232034j:plain

 

ホトケノザ

 

f:id:yamajoshi:20190505232206j:plain

 

さらに進んで行くと標識があったので、そこからお山に入って行きました。釜伏山とは書いてなかったと思うんだけど、地図を見てここかな?と思って入って行きました。途中までは車でも入っていけるような林道です。

 

f:id:yamajoshi:20190505232450j:plain

 

 ͡コガネネコノメソウ… 

 

f:id:yamajoshi:20190505232526j:plain

 

ここで間違ってないなって一安心。錆びた鉄の標識のイチバン上にマジックて小さく←釜伏山って書いてあります(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190505232609j:plain

 

スミレ見つけた!

 

f:id:yamajoshi:20190505232654j:plain

 

ここから釜伏山までは山と高原地図では破線になってるけど、歩きやすくてわかりやすい道でした。

 

f:id:yamajoshi:20190505232735j:plain

 

モミジイチゴのお花…

 

f:id:yamajoshi:20190505232814j:plain

 

目の前に大きな岩が見えてくると、岩を巻くように階段になります。このアタリから登山道っぽくなってきました。

 

f:id:yamajoshi:20190505233016j:plain

 

階段が続きます…

 

f:id:yamajoshi:20190505233056j:plain


ちょっと岩場っぽいところを登って行くと…

 

f:id:yamajoshi:20190505233145j:plain

 

目の前の岩の山肌にピンクのヒラヒラしたものが見えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20190506095206j:plain

 

キター!!アカヤシオ

 

f:id:yamajoshi:20190506095258j:plain

 

岩場を登って行きます。こーやって見る感じより難しくないです。

 

f:id:yamajoshi:20190506095417j:plain

 

岩場を登るとそこにもアカヤシオが咲いてて、青空にヒラヒラと揺れてました。

 

f:id:yamajoshi:20190506095504j:plain

 

花数は多くないけど、まだ蕾もありました。山肌にもたくさんさいてたけど、写真に撮れるところに咲いてる株は多くなかったです。

 

f:id:yamajoshi:20190506095551j:plain

 

本日の裏メインは実はアカヤシオだったりしたので、キレイに咲いててめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

f:id:yamajoshi:20190506095651j:plain

 

しばらく尾根沿いに歩いて行くとゴヨウツツジの群生地という石碑がある少しスペースのあるところに出て、そこには数本キレイに花をつけてるアカヤシオがありました。ゴヨウツツジってシロヤシオだよね?

 

f:id:yamajoshi:20190506095840j:plain

 

めちゃくちゃ咲いてる~っ!

 

f:id:yamajoshi:20190506095930j:plain

 

めっちゃ濃いピンク♪ しかも咲きたてフレッシュ!

 

f:id:yamajoshi:20190506100014j:plain

 

何気に浅間山が見えてました。この間、黒斑山に行った時と違って真っ白になってました。

 

f:id:yamajoshi:20190506100053j:plain

 

空はすっかり青空になってたけど、いつの間にかかなりの強風で写真を撮るのに苦戦…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190506100153j:plain

 

キラキラしてる~☆

 

f:id:yamajoshi:20190506100236j:plain

 

2つ仲良く並んで…

 

f:id:yamajoshi:20190506100312j:plain

 

咲きたてフレッシュなアカヤシオはホントに可愛かったです。

 

f:id:yamajoshi:20190506100431j:plain

 

今シーズン初のアカヤシオが見れて大満足♪

 

f:id:yamajoshi:20190506100528j:plain

 

倒れてた石碑には花山って書いてあったけど、ここは花山ってゆーお山なの?

 

f:id:yamajoshi:20190506100626j:plain

 

ここでアカヤシオを眺めながらランチしてたら地元のオジサン達と仲良くなって、釜伏山方面に一緒に歩かせてもらいました。他にもポツポツとヒトは来てたけど、みんなアカヤシオ目当てらしく、ピストンしてるヒトばかりでした。

 

f:id:yamajoshi:20190506100736j:plain

 

オジサン達とおしゃべりしながら緩くアップダウンする道を歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190506100833j:plain

 

オジサン達はこれが楊枝になる木だよとか、ツクバネの実を一生懸命探してこれ飛ばすとクルクル回って飛ぶんだよとか、子供みたいにはしゃぎながらいろいろ教えてくれてめっちゃ楽しかったです♪

 

f:id:yamajoshi:20190506100923j:plain

 

登山道脇にはたくさんのアセビが咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190506101004j:plain


オジサン達は岩場になる手前の立入禁止ロープがある道(日本水に向かう道?)に下って行きました。1人のオジサンの車がそっちに停めてあるんだって。自分は釜伏山に行くのでここでバイバイしました。そして、ウワサの激登りです。ここは荒れてるって書いてあったけど、岩場に落ち葉が積もってるだけで荒れてる感じはしませんでした。でも、登りに使った方が安全かな。

 

f:id:yamajoshi:20190506101443j:plain

 

途中のテラスっぽくなってるところからの見晴しがかなりよかったです。今日イチの眺望かも。遠くの雪山まで見えてました。

 

f:id:yamajoshi:20190506101550j:plain

 

落ち葉で滑らないよに登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190506101639j:plain

 

登りきって尾根道を少し進んで行くと釜伏山の山頂に到着しました。休憩するには十分なスペースがあったけど、樹林帯の中だから眺めはイマイチ。釜山神社の奥院にお参りしてすぐ下山することにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190506101741j:plain

 

下り始めがちょっと急で落ち葉が積もった道なので滑らないように注意して下りました。

 

f:id:yamajoshi:20190506101825j:plain

 

エイザンスミレ…

 

f:id:yamajoshi:20190506101908j:plain

 

軽い登り返しもあるけど、基本的には下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190506102021j:plain

 

そして釜山神社に到着です。人気のない静かな神社でした。

 

f:id:yamajoshi:20190506102404j:plain

 

釜伏峠までは軽くRUNしながら下って行きました。途中で本日2回目のミツマタに会っちゃいました。

 

f:id:yamajoshi:20190506102444j:plain

 

釜伏峠で方向感覚がなくなって地図を見てたら、通りがかった車にクラクション鳴らされました。何だろ?と思ったらさっきまで一緒だったオジサン達でした!『車に乗ってけ』ってゆーのでありがたく乗らせてもらいました。車道歩きはキライだからラッキーだったんだけど、アズマイチゲの群生地の写真が撮れず…。まあ、ほとんど咲いてなかったんだけど。でも、群生地のちょっと先にもアズマイチゲが咲くところがあって、そこには数輪咲いてたので、一瞬だけ車を停めて写真を撮らせてもらいました。ちなみにオジサン曰く、満開の時の群生地はそれはもう素晴らしいみたいです。

 

f:id:yamajoshi:20190506102614j:plain

 

車だからあっとゆー間に中間平緑地公園に戻ってきました。オジサン達が公園の中にセンボンヤリが咲いてるってゆーので案内してもらうと、たくさんのセンボンヤリが咲いてました。ってゆーか、ちょーど時期みたいで公園内のアチコチにたくさん咲いてたんだけどね(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190506102800j:plain

 

ヤマツツジも咲いてたけど、なんか花びらがシワシワで元気なかった…

 

f:id:yamajoshi:20190506102843j:plain

 

サクラも咲いてました。淡いピンクが青空に映える♪

 

f:id:yamajoshi:20190506102930j:plain

 

その後、1人のオジサンとお別れして、もう1人のオジサンと駐車場に向かって歩いてたら“ジジババ”ってゆー面白い花がこの時期に咲くんだよって言われて、2人で探しに行くことにしました。公園からかなり下っても全然みつからなくて、そろそろ戻ろうよって思ったけど、オジサンがどーしても見せたいって一生懸命だから付いて行ったら…遂に見つけました~♪

 

f:id:yamajoshi:20190506103033j:plain

 

オジサンが言ってた“ジジババ”はシュンランでした(笑)。1株だけかと思ったら、アチコチに咲いてました。踏み跡がついてたから、知ってるヒトは知ってるんだね。

 

f:id:yamajoshi:20190506103115j:plain

 

オジサンと公園の周遊歩道をぐるっと一周して駐車場に戻ってきました。自分はナビのセットしたりしてて、オジサンが先に駐車場を出たんだけど、途中で異常にノロノロ走ってるオジサンの車に追いつきました。最終的には止まっちゃったので、追い抜かそうと思ったら『せっかくだからサクラ見に行かない?』って誘われて、鉢形城址に車で向かいました。

 

車で5分くらい走ると鉢形城址に着きました。臨時駐車場もあったけど夕方だったからか混んでいませんでした。そして、鉢形城址のエドヒガンザクラはコチラ!大きな立派な桜でめちゃくちゃ見ごたえがありました。 夕方だったからかヒトも少なくて、ここでのんびりするのもいーなって思いました。

 

f:id:yamajoshi:20190506103238j:plain

 

実はここにはカタクリも咲いてます。サクラとカタクリのコラボなんて素敵過ぎる~♡望遠レンズ持ってくればよかった…

 

f:id:yamajoshi:20190506103412j:plain

 

今度こそホントにオジサンとバイバイして、いつも通る道でおうちに帰りました。

 

予報が外れてお天気回復するのがかなり遅かったけど、カワイイ花桃アカヤシオもたくさん見れて大満足です♡他にもカタクリミツマタにも会えちゃって、お花いっぱいの山行になりました。まだまだ雪山にも行きたいけど、こーやって春を感じちゃうと里山ブラブラもしたくなっちゃいます。オジサン達とのいい出会いもあって、とっても楽しい1日でした♪ 花桃の郷はお山ではないので、この時期にちょっとお散歩したい時にはオススメです。村のヒト達が子供も含めてみんなで管理してくれてて、とってもいい村だなって思いました。

 

来週こそはお天気がよかったら唐松岳に行きたいな… 

2019年3月24日 鶏足山~焼森山(日帰り?)

f:id:yamajoshi:20190505134850j:plain

 

鶏足山P~赤澤富士山~鶏足山(北峰)~鶏足山(南峰)~鶏石~鶏足山(南峰)~鶏足山(北峰)~ミツマタの小径(ミツマタ群生地)~焼森山~鶏足山P

 

栃木プチ遠征2日目は、ミツマタの群生で有名な焼森山と鶏足山にソロで行って来ました!ここは前々から一度見てみたいと思ってたミツマタの群生地…。おうちの近くでは、丹沢のミツバ岳が有名だけど、なんとなくココの群生地の風景に惹かれて。でも、ココだけのために来るのはちょっと遠いかなと思ってたけど、三毳山といい感じにセットにできちゃいました。とはいえ、前日の三毳山は不発に終わったんだけど…(苦笑)

 

車中泊した道の駅もてぎで5:00過ぎに起きてシュラフから出ようとしたらめっちゃ寒っ!車のエンジンをかけて温度計を見たら-3℃…。そりゃ寒いよね。寒くなることを見込んで厳冬期用のシュラフを持ってきてたから寝てる時に寒いってことはなかったけど、なかなかシュラフから出られませんでした。朝ゴハンを食べてから、鶏足山駐車場に向かって出発~。道の駅もてぎからは20分くらいなのですぐに到着しました。6時前に着くと20台くらい停められる駐車場はすでに半分くらい埋まってました。みんな早いな…

 

寒くてなかなか外に出る気になれなかったので、少し車の中でダラダラしてから6:30頃に歩き始めました。前日とは違ってめっちゃ快晴でお日さまも出てたけど、そこらじゅうに霜がおりてました。車も霜ビッシリだったからね…。キレイな三角形のお山(赤澤富士山かな?)を眺めながら畑の間を少し歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190505140003j:plain

 

朝日を浴びるホトケノザ…。葉っぱには霜がおりてるけど、元気に咲いてるね~

 

f:id:yamajoshi:20190505135701j:plain

 

鶏足山登山口から登り始めました。いきなりけっこうな登りです。登山口に杖が置いてあったけど、お山に登り慣れていないヒトは持って登った方がいいかも。

 

f:id:yamajoshi:20190505140320j:plain

 

九十九折になってるものの、なかなかの急登が続きます。前日に初めて履いたROCLITE320GTXにも少し慣れてきて、足の置き方とか置く場所とかにちょっと気を使いながら登ったら足裏に感じてたゴツゴツする感じはあまりなくなりました。

 

f:id:yamajoshi:20190505140411j:plain

 

しばらく登ると祠のある赤澤富士山の山頂に着きました。って、ここが山頂だって気づいてなかったんだけどね。標識をちゃんと見てなくて、次のピークが赤澤富士山かと思ってました(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20190505140810j:plain

 

冬枯れの明るい尾根道を歩いて行きます。こーゆー道は好き。

 

f:id:yamajoshi:20190505141217j:plain

 

赤沢山?鶏足山?を眺めながら下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190505141555j:plain

 

林道っぽいところに出て、標識を確認して林道を進んで行きました。なんかどんどん下って行くし、前を歩いていたヒトの声は上からするからおかしい…と思ってGPSを確認したら、違う方向に進んでました(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190505141716j:plain

 

正解の道は標識の裏から上に向かってました。手前の十字になってる標識をちゃんと見れば気づいたはずなのに、奥の標識しか見てなかった…。ちなみに、今日はこれを含めて3回も道を間違えました(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190505142140j:plain

 

緩い登りから、また急な登りになっていきます。下りで使う時は滑りそうだから注意した方がいいかも。

 

f:id:yamajoshi:20190505142458j:plain


登ってる途中で富士山が見えるスポットがあったけど、辛うじて見える程度。どんどん登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190505142945j:plain

 

ミツマタ以外のお花は期待してなかったけど、ウグイスカグラが咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190505145937j:plain

 

一瞬、鶏足山に到着?と思ったけど、鶏足山は少し先の見晴台というところで、ここは赤澤山みたいでした。標識の文字薄すぎ…(汗)。ここに焼森山っていう矢印があったので、ミツマタの群生に行くにはここから行くもんだと思い込んでいました。

 

f:id:yamajoshi:20190505150637j:plain

階段を下ってから登り返して行きます。ちょっと岩っぽくなってきました…

 

f:id:yamajoshi:20190505150957j:plain

 

今度こそ?鶏足山に到着しました。

 

f:id:yamajoshi:20190505151115j:plain

 

ここにも祠があって、ベンチっぽいモノもあって、なかなか眺めが良さそうな山頂でした。後で戻ってくるので、とりあえず鶏石というところに行ってみることにしました。急な岩場を下って行きます。よくわからなかったけど、左手に護摩焚石があったみたい。

 

f:id:yamajoshi:20190505151548j:plain

 

少し登り返して、急なところをさらに下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190505151907j:plain

 

これが鶏石です。鶏に見える?わざわざ見に来る必要はないかも…

 

f:id:yamajoshi:20190505152350j:plain

 

ということで、戻ります(笑)。鶏足山の山頂直下はこんな感じ。

 

f:id:yamajoshi:20190505152450j:plain

 

山頂でちょっとだけ景色を眺めながら休憩しました。霞んじゃってて見えるはずのお山たちは見えなかったけど、ここには展望を期待してきてるわけじゃないので問題なし。

 

f:id:yamajoshi:20190505152808j:plain

 

海がキラキラしてる~♪ 山頂にいたヒトに『もうミツマタ見てきたんですか?』って聞かれて、この時間にここにいるのになんでそんなこと聞くのかな?って思ってました。この時は…

 

f:id:yamajoshi:20190505152909j:plain

 

そして、赤澤山に戻ります。

 

f:id:yamajoshi:20190505153121j:plain

 

赤澤山からは何の迷いもなく焼森山方面にドンドン下って行きました。やっぱりトレランシューズは、柔らかいしクッション性があって、めっちゃ走りやすくて快適です♪ これから低山の下りはこれでガンガン走れちゃうなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20190505153239j:plain

 

気持ちのいい道だったので、何も気にせず、地図も見ず、どんどん歩いて行きました。そのうち標識が出て来るかなーって。

 

f:id:yamajoshi:20190505153701j:plain

 

しばらく下ると“ミツマタの小径”という案内があったので、何の疑いもなくそこに進んで行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190505154020j:plain

 

ここも下りが続いたので軽快に小走りで下って行きました。あまりに下りが続くから“ここどこだろう?”ってふと思ってGPSを見てみると、自分が思った方向と全く違う方向に進んでました。焼森山登山口に向かってるつもりが、地図に載ってない焼森山に向かう途中にあるミツマタ群生地へのショートカット道にいました。自分が行きたかったのは鶏石から戻らずに、そのまま下らないとダメだったみたいです…(汗)。これだけ下ってきて登り返すのもイヤだし、そもそも目的はミツマタだし、とりあえず焼森山には行けるし、キレイに1周する必要はないなって思ってそのまま下り続けました。

 

f:id:yamajoshi:20190505154247j:plain

 

ちょっと沢っぽいジメジメしたところを通ると焼森山への登山道との分岐に出ました。後で焼森山に向かうためにここに戻って来るんだけど、まずはここからミツマタ群生地に向かいます。

 

f:id:yamajoshi:20190505154722j:plain

 

少し歩くと、丸くて黄色いミツマタが見えてきました。群生地の外にあるプチ群生です。

 

f:id:yamajoshi:20190505154912j:plain

 

うわわ、めっちゃカワイイー♡コロコロしてるところも可愛いし、1つ1つのお花のカタチも可愛い。

 

f:id:yamajoshi:20190505155016j:plain

 

これが群生してるってどんな感じなんだろうってワクワクしながら群生地に向かいました。群生地の入口では協力金を徴収しているので200円払って中に入らせていただきました。手前のところには、大きなレンズをつけて三脚を立てたカメラマンさんがいっぱい。ご挨拶して隙間から撮らせてもらいました。樹林帯の斜面をミツマタが埋め尽くしてる…スゴイっ!

 

f:id:yamajoshi:20190505155409j:plain

 

満開まではあとちょっとって感じだったけど(受付では7部咲きって言ってました)、それでもこれだけの数になると圧巻です!ピークの時に来たらめちゃくちゃスゴイんだろーな。

 

f:id:yamajoshi:20190505155810j:plain

 

奥の方までミツマタだらけ…

 

f:id:yamajoshi:20190505155846j:plain

 

ほらっっ!

 

f:id:yamajoshi:20190505155942j:plain

 

コロコロしたお花がそこら中にフワフワ浮いてます♪

 

f:id:yamajoshi:20190505160023j:plain

 

とにかくカワイイっっ♡

 

f:id:yamajoshi:20190505160059j:plain

 

ミツマタのトンネルです。ここを歩いてみたかった~♪

 

f:id:yamajoshi:20190505160222j:plain

 

平日じゃないとヒトが写りこまない写真なんてムリだろうって思ってたのに、そこまでヒトは多くなくて(満開じゃなかったから?)、快晴の日曜日なのにこんな写真が撮れちゃいました。

 

f:id:yamajoshi:20190505160315j:plain

 

お日さまでキラキラしてる~☆

 

f:id:yamajoshi:20190505160359j:plain

 

開ききってないお花も多いので、コロコロしてるお花を探します。

 

f:id:yamajoshi:20190505160445j:plain

 

これはまだ咲ききってないお花たち…

 

f:id:yamajoshi:20190505160522j:plain

 

スゴイよ、スゴイよ~♪

 

f:id:yamajoshi:20190505160613j:plain

 

上の方までずーっとミツマタが咲いてます。

 

f:id:yamajoshi:20190505160824j:plain

 

ミツマタに包まれることができる、とってもメルヘンな道♡

 

f:id:yamajoshi:20190505160929j:plain

 

遊歩道を半分まで来ました。ここからの眺めも圧巻だったんだけど、お日さまの角度でいい感じの写真が撮れず…(泣)

 

f:id:yamajoshi:20190505161040j:plain

 

あまりに可愛くて全然見飽きません。

 

f:id:yamajoshi:20190505161139j:plain

 

この圧巻の眺め!ついつい足が止まっちゃいます。

 

f:id:yamajoshi:20190505161246j:plain

 

夢中で写真を撮り続けてたら、カメラマンさんの人数はかなり減ってて、群生地の入り口に戻る頃にはかなりヒトは少なくなってました。かれこれ1時間以上はいたんじゃないかな?

 

f:id:yamajoshi:20190505161323j:plain

 

光がキレイに差し込むのは朝みたいなので、それが終わるとカメラマンさん達は帰っちゃうみたいです。これでも十分に綺麗なんだけどね。

 

f:id:yamajoshi:20190505161449j:plain

 

暗い樹林帯の中の黄色のお花の色がうまく出せなかったけど、目でみた光景はとても素晴らしいモノでした。

 

f:id:yamajoshi:20190505161525j:plain

 

めちゃくちゃ晴れてるのに気温はあんまり上がってない感じで、写真を撮ってる間に手がかじかんできちゃってカラダも冷えてきちゃったので、群生地を跡にして焼森山に向かうことにしました。さっきの分岐まで戻って、焼森山に登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190505161915j:plain

 

6~7人のグループが下って来たところを登っていったんだけど、途中からなんだか道が荒れてきました(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190505162149j:plain

 

どんどん道が荒れてきたのでGPSを確認したら、どうやら正規の登山道からは離れていて、バリっぽいところを歩いちゃってるみたいでした。でも、歩いたヒトのログは残ってたし、新しい踏み跡もついてたので戻らずに進むことにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190505162252j:plain

 

正規の登山道と合流する手前の登りはかなりの急斜面でした。足を滑らせないよーに一歩一歩、丁寧に登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190505162407j:plain

 

登ってきたところを振り返るとこんな感じ。登る分にはいいけど、絶対に下りたくない…

 

f:id:yamajoshi:20190505162632j:plain

 

やっと尾根が見えてきた…。気を抜かずに登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190505162922j:plain

 

やっと尾根に登って、正規ルートに復活できました。それにしても、どこで間違えちゃったんだろ?途中、標識らしきモノはなかった気がするんだけど…

 

f:id:yamajoshi:20190505163446j:plain

 

尾根に乗ってから焼森山の山頂はすぐでした。狭い山頂だったけどオナカが空いたのでオヤツ休憩にしました。ここもボチボチ眺めが良かったです。

 

f:id:yamajoshi:20190505163628j:plain

 

まだ時間も早いし、あまりにお天気がいいから帰りに三毳山に寄ってみようかな…なんて思い始めちゃったので下山することにしました。最初はザレた急な下りです。

 

f:id:yamajoshi:20190505163752j:plain

 

あの木が生えてるあたりの斜面を登ったんだよね。こーやって見てもかなりの斜度だよ。正規ルートはどこだったんだ…

 

f:id:yamajoshi:20190505164229j:plain

 

しばらく平坦なところを歩いてから再び下り始めます。

 

f:id:yamajoshi:20190505164734j:plain

 

1つ目の分岐はどこに下りることになるのかよくわからなかったからスルーしてさらに下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190505164832j:plain

 

2つ目の分岐の弛み峠から下山しました。

 

f:id:yamajoshi:20190505165225j:plain

 

どんどん下るとシダ類が増えてきて植生が変わってきました。

 

f:id:yamajoshi:20190505165450j:plain

 

そのうち沢と登山道が合流するようになりました。また道を間違ってるんじゃないかと思ってGPSを確認したけど、合ってました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190505165545j:plain

 

下りきると明るい林道になりました。

 

f:id:yamajoshi:20190505165816j:plain

 

スミレ発見~♪

 

f:id:yamajoshi:20190505165924j:plain


この道も気持ちいいね~♪ こっちから焼森山に登ってくるヒトが多いのは納得です。

 

f:id:yamajoshi:20190505170310j:plain

 

畑の脇に咲いてたお花…。ビオラかな?

 

f:id:yamajoshi:20190505170631j:plain

 

駐車場に戻って来ると、周りには路駐がいっぱい!他の方のレコで見たところ、駐車場は7時前には満車になったんだとか。すごい人気だねー。でも、群生地はそんなに混んでなかったよ?

 

google先生で検索したところ、三毳山に寄っても30分くらいしか帰る時間が変わらないことがわかったので、サクッと三毳山に寄ることにしました。途中で、車がグラグラ揺れるくらいの風になって、これじゃお花の写真なんて撮れないかも?2日連続で不作か?と思ったんだけど、めっちゃキレイな群生を見ることができました。三毳山の写真は、前日の写真にマージします。

 

帰りはもちろんいつも通りの下道で。大きな渋滞に巻き込まれることなくおうちに帰ることができました。今回わかったのは、佐野は意外と近いとゆーこと。全開は訳あってバスで来たんだけど、このアタリだったらサクッと来れちゃうなぁ。

 

楽しみにしてたミツマタの群生は、それはそれはとっても素敵な場所でした♡薄暗い樹林帯の中に丸くて黄色いポンポンが大量にフワフワと浮かぶ様はなんとも言えない幻想的な光景だったな。大混雑して、遊歩道が渋滞したりするのかと思ったけど、そんなことは全くなくて、自分のペースで存分に楽しむことができました。今回はタイミング的にちょっと早かったけど、次は満開の時に来てみたい!ちなみに、鶏足山も焼森山も低山ながら、かなり傾斜はキツイです。ハイキング気分で歩くとちょっとツライと思うので、お山に登るつもりがないヒトは素直にいささわ館からの無料シャトルバスを使った方がいいかも?一般車では入れない、群生地の近くまで乗せてくれます。とはいえ、このバスも人気でかなり並ぶらしいけど…

 

ここの群生は数はハンパなかったけど、樹林帯の中なのでガッツリ青空を背景にする写真には向かないかも。秘密の花園的な群生感を撮るにはサイコーなんだけど。ちなみに、ミツバ岳はどんな感じなんだろ?来年は、ミツバ岳にも行ってみたいと思いまーす。

2019年3月23日 三毳山/青竜ヶ岳(日帰り?)

f:id:yamajoshi:20190502155726j:plain

 

みかも山南口P~かたくりの園~野草の園~東口広場~青竜ヶ岳~万葉自然公園かたくりの里~青竜ヶ岳~かたくりの園~みかも山南口P

 

唐松岳に行きたかったけど、平日はあんなに暖かいくせによりによって週末は気温がめっちゃ下がる見込み。風も強そうだし、もしかしたら長野や新潟は下界でも雪が降りそうだったので泣く泣く諦め、予報によっては晴れマークがついていた栃木にソロプチ遠征することにしました。まず1日目は、2年ぶりの三毳山にカタクリに会いに行って来ました!

 

天気予報によって予報が違うのはお天気が安定しない証拠。昼くらいから晴れるといーなという希望をもって、ゆっくり目におうちを出ました。ちなみに、おうちを出たときはポツポツアメが降ってたよ…。関越道は朝ゆっくり出るとところどころで混んじゃうんだけど、東北道は混むことがないからスルスルと走って佐野藤岡ICで下りて、9:00過ぎにみかも山公園南口駐車場に到着。東北道を走ってる時は北の方はちょっと明るいかな?と思ったのに、完全にどんよりな曇り空。まだ時間が早いからか、こんなお天気だからか、駐車場には数台しか車は停まっていませんでした。

 

気温が8℃くらいで寒かったので、外で長時間ブラブラ晴れ待ちしても寒いかなーと思って、時間潰しに道の駅みかもに行ってみました。朝ゴハンを食べて出てきたにもかかわらずすでにちょっと小腹が空いたので、売店で焼きおにぎりとコロッケを買って休憩所で食べました。売店のオバサンのオススメの2品だったんだけど、焼おにぎりがめちゃくちゃ美味しかった!甘じょっぱくて中に桜海老が入ってるのー。コロッケは普通でした(笑)。しばらく休憩所にいるつもりだったけど、やっぱり歩きたくなってきちゃったのでのんびり歩くことにして出発~。まずは三毳神社に直登して行きまーす!そうそう、今日は初めてトレランシューズでのハイキングで、inov-8 LOCLITE320GTXの履きおろしです。舗装路も木道も登山道があって、歩く時間も短いからちょーといいかなと思って。舗装路を歩いてた時はもちろん感じなかったけど、ハイキングコースに入ったら足裏にゴツゴツする感じがしました。今までになかった感覚だから、けっこう気になるかも。

 

f:id:yamajoshi:20190502160717j:plain

 

…と思ったんだけど、舗装路にカンザクラが咲いてるのが見えてフラフラと吸い寄せられて行きました。曇ってるけど、キレイ~♪

 

f:id:yamajoshi:20190502161202j:plain

 

ピンクが濃くてカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190502161243j:plain

 

ミツバツツジも咲いてました♪

 

f:id:yamajoshi:20190502161542j:plain

 

どうせ上に登っても展望もないし、晴れたら帰りに尾根を歩こうかなって思いなおして、そのまま舗装路を歩いてかたくりの園に行くことにしてあじさいの路をテクテク歩いていきました。なんか、パラパラ音がするなーと思ったら霰!!どおりで寒いわけだよね…。雨だったら傘さすけど、霰だったら濡れないからそのまま歩きました。

 

かたくり周遊の路に向かう遊歩道を入ったところにいきなりカタクリが咲いてました!前を歩いてたご夫婦が柵越しに一生懸命写真を撮ってます。

 

f:id:yamajoshi:20190502162012j:plain

 

ここにもカタクリがたくさん咲くんだね~。でも、寒いし、お日さまも出てないから、ほとんどのお花が開いてませんでした。

 

f:id:yamajoshi:20190502162205j:plain

 

開いてるお花があった!と思ったけど、終わりかけの花びらが反り返り過ぎてるお花…

 

f:id:yamajoshi:20190502162329j:plain

 

これも花びらの先っぽが痛みかけてるねぇ。

 

f:id:yamajoshi:20190502162537j:plain

 

これじゃ、かたくりの園に行っても同じようにお花開いてないだろーなって思ったけど、とりあえず、様子を見に行ってみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190502162709j:plain

 

かたくりの園にむかって下って行きます。このアタリの階段の上り下りがけっこう急なんだよね。

 

f:id:yamajoshi:20190502162851j:plain

 

ウグイスカグラ…

 

f:id:yamajoshi:20190502163009j:plain

 

かたくりの園に到着です。前に来た時と違ってヒトはまばらでとても静かでした。

 

f:id:yamajoshi:20190502163159j:plain

 

カタクリの群生です。でも…

 

f:id:yamajoshi:20190502163322j:plain

 

やっぱりお花はほとんど閉じたまま。晴れて気温が高ければ、満開なんじゃないかなーって感じでした。

 

f:id:yamajoshi:20190502163518j:plain

 

一輪だけ元気に開いてた子に人気が集中(笑)。ここにいたほぼ全てのヒトがこの子の写真を撮ってました。

 

f:id:yamajoshi:20190502163934j:plain

 

後で晴れたらまた寄ることにして、とりあえずかたくりの里に行ってみることにしました。移動してるうちに晴れるかも?と思って。尾根沿いを進まずに東口広場を経由していきます。階段を下ってる途中に咲き残ってたフクジュソウ。ここのニリンソウを楽しみにしてたけど、残念ながら開いてるお花はなかったです。

 

f:id:yamajoshi:20190502164728j:plain

 

お天気に左右されないネコノメソウ…

 

f:id:yamajoshi:20190502164840j:plain

 

東屋のところに咲いてたサンシュユ

 

f:id:yamajoshi:20190502165000j:plain

 

同じく東屋のところに咲いてたコブシ…

 

f:id:yamajoshi:20190502165046j:plain

 

お花は期待できないとわかっていたものの、野草の園に寄ってみました。するとシュンランが咲いてました。青竜ヶ岳に向かう登山道にも咲いてるはずだけど、見つけられないかもしれないからね。

 

f:id:yamajoshi:20190502165230j:plain

 

スイセンはそろそろ終わりかなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20190502165345j:plain

 

ここなら咲いてるかなぁ?と思ったけど、開いてるアズマイチゲは見つけられず…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190502165505j:plain

 

東口広場のカンザクラもよく咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190502171411j:plain

 

ポンポン状になってるお花がカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190502171639j:plain

 

曇ってるけど綺麗だから、みんな写真撮りまくりです。

 

f:id:yamajoshi:20190502171731j:plain

 

あまりに寒かったから東口広場にある売店で甘酒を飲んで暖まろうって思ったのに、買ってみたらめっちゃぬるくてガッカリ…(涙)。その後は湿性自然植物園へ。よくわかってなかったから木道を通っちゃったんだけど、下の道を行くとザゼンソウとかが咲いてたみたいです。

 

f:id:yamajoshi:20190502171846j:plain

 

舗装路にぶつかって少し登って行くと右側に稜線に向かう道があります。標識はないけど、登山者が下りてきたからわかりました。

 

f:id:yamajoshi:20190502171929j:plain

 

稜線に向かって落ち葉サクサクの道を登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190502172019j:plain

 

稜線に出てしばらく進むと青竜ヶ岳直下のちょっと急な登りになります。ここが唯一、お山っぽいところかな。

 

f:id:yamajoshi:20190502172244j:plain

 

ちょっと岩場っぽいところもあるけど巻き道もあります。

f:id:yamajoshi:20190502172406j:plain

 

青竜ヶ岳に着くとたくさんのヒトが休憩してました。今日はお天気が悪いからあんまりヒトがいないと思ってたんだけどね。こんなお天気だけど、薄っすらと遠くの山々が見えてました。

 

f:id:yamajoshi:20190502174304j:plain

 

休憩せずにかたくりの里に向かいました。ここからは激下りです。

 

f:id:yamajoshi:20190502174649j:plain

 

下り終わると平坦な道がしばらく続きます。

 

f:id:yamajoshi:20190502174815j:plain

 

そしてさらに下って行くと “カタクリ群生地ハイキングコース”の標識が出てきます。

 

f:id:yamajoshi:20190502174943j:plain

 

標識からさらに下って行きます。帰りはここを登り返さないとなんだよね(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190502175206j:plain

 

かたくりの里に着きました。相変わらず晴れる気配はなくて、かたくりの園とあんまり状況は変わらないかな?って思ったけど、ちょーっとだけ開いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190502175601j:plain

 

シュッとしたいわゆるカタクリっぽい形になるまで開いてないけど、なんとか開いてます(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190502175731j:plain

 

これはこれでヒラヒラした感じがキレイなんだけどね~

 

f:id:yamajoshi:20190502175822j:plain

 

プロペラみたい(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190502175917j:plain

 

1本だけめっちゃ目立ってました!

 

f:id:yamajoshi:20190502180006j:plain

 

花びらが反り返ってないと別のお花みたいだよね。

 

f:id:yamajoshi:20190502180051j:plain

 

花びらが開きかけで不思議なカタチになってる…

 

f:id:yamajoshi:20190502180149j:plain

 

フツーは下向きに咲くけど、上向きに開きかけてる子が!

 

f:id:yamajoshi:20190502180236j:plain

 

 内側が白っぽい子もカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190502180325j:plain

 

いつものカタチにイチバン近かった子。ちょっと白っぽいね。

 

f:id:yamajoshi:20190502180414j:plain

 

ウロウロしてるうちに開いてきたお花が多くなってきた気がしたけど、残念ながら反り返るまでにはいかないみたい。相変わらず晴れないし、気温も低いしね…

 

f:id:yamajoshi:20190502180457j:plain

 

 サクラマーク。カワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20190502180549j:plain

 

かたくりの園では全く開いてなかったアズマイチゲも少しだけ開いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190502180628j:plain

 

イチバン開いてた子はこの子かな。

 

f:id:yamajoshi:20190502180707j:plain

 

かなり長い時間ウロウロしてたけど、全く晴れる気配はなし。ゆっくりかたくりの園に戻るまでになんとか晴れてくれないかなーって祈りながら、かたくりの園に戻ることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190502180812j:plain

 

山頂に戻るとほとんどヒトはいなくなってたので、薄っすら見えると遠くのお山を眺めながらランチにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190502180935j:plain

 

みかもの関所を経由してかたくりの里に戻ります。

 

f:id:yamajoshi:20190502181114j:plain

 

かたくりの園に戻ると午前中よりは少しお花が開いた気もしなくもなかったけど、相変わらずほとんどが閉じたお花でした。なので、またしても人気のアノ子を撮ることに(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190502181203j:plain

 

諦めきれずにウロウロしてたらうっすらとお日さまが出てきたけど、閉じてるお花が今さら開くわけもないので諦めることにしました。朝来た道を戻ります。

 

f:id:yamajoshi:20190502181334j:plain

 

どんどん下ってあじさいの路に向かいます。

 

f:id:yamajoshi:20190502181424j:plain

 

朝は気づかなかったヘビイチゴ

 

f:id:yamajoshi:20190502181518j:plain

 

朝は閉じてたスミレも咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190502181602j:plain

 

あじさいの路に出る手前の群生地も朝よりは少し開いたかも?それでも、こんな感じ…

 

f:id:yamajoshi:20190502181643j:plain

 

ゆっくりあじさいの路を歩いてたら、ちょーどカンザクラのところで晴れてきました。遅っ!!

 

f:id:yamajoshi:20190502181944j:plain

 

お待ちかねの青空がやっと見えました。東口広場のカンザクラは散りかけだったけど、ここはまだまだ蕾もありました。

 

f:id:yamajoshi:20190502182029j:plain

 

ミツバツツジにもお日さまが当たって、色がさらに鮮やかに♪

 

f:id:yamajoshi:20190502182139j:plain


ユキワリソウも見に行ったけど、終わりかけで写真に撮れるところには綺麗な子はいませんでした。なんだかんだで夕方までブラブラしてたので駐車場に戻ると車は停まってませんでした。近くのAEONでお買い物して、夜ゴハンも食べて、翌日登る焼森山の近くの道の駅もてぎに移動しました。田舎のバイパスは高速道路みたいで、みんな飛ばしまくりで凄かった!(笑)

 

久々に行った三毳山のカタクリは相変わらずの密集度でスゴかったけど、ほとんどのお花が開かないままだったのが残念過ぎる…。曇ってても少しは開くかな?と思ってたんだけど。気温が低くてもダメなんだね(汗)。気温が上がって、お日さまが出たら、ほぼ満開に近い状態だったと思うんだけど。でも、カタクリはこれからまだ他のところでも見れる気がするから諦めがつきました。それにしても、みかも山公園はお花がいっぱい咲くし、売店とかもあるし、コースもいろいろあって、お山をやらない友達とお散歩に来ても楽しめそう♪ 来年は、両親と一緒に来てみよーかな?

 

ということで、明日は栃木遠征2日目で焼森山&鶏足山に登ります。目的は、前から見てみたいと思ってたミツマタの群生地。楽しみ~♪ 

 

<おまけ>

翌日、焼森山に行った帰りに諦めきれずに三毳山に寄っちゃいました。東口広場に車を停めて、かたくりの園だけサクッと周りました。晴れてたけど強風だったから、お花の写真を撮るのは難しいかもって思ったけど、樹林帯の中だったのであまり風の影響はなかったです。

 

かたくりの園に着くなり、キラキラしてる斜面が見えました。

 

f:id:yamajoshi:20190502182324j:plain

 

お日さまでカタクリのお花が輝きまくってます。

 

f:id:yamajoshi:20190502182413j:plain

 

前日と違って、もちろんお花も開いてます。

 

f:id:yamajoshi:20190502182622j:plain

 

でも、気温が低いからか反り返りが甘い気が…(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190502182721j:plain

 

 ミドリとムラサキのシマシマ

 

f:id:yamajoshi:20190502182808j:plain

 

開いてるんだけどね…。イマイチ、綺麗に反り返ってる子が見あたらない。

 

f:id:yamajoshi:20190502182859j:plain

 

それでも、この群生感はやっぱりスゴイ!

 

f:id:yamajoshi:20190502182943j:plain

 

反り返り具合はこんな感じ。

 

f:id:yamajoshi:20190502183330j:plain

 

キラキラしてホントにキレイ~

 

f:id:yamajoshi:20190502183415j:plain

 

これだけ咲いてると混んでるかな?って思ってたけど、すでに午後だったからか、風が強くて寒かったからか、思ったよりもヒトは多くなかったです。

2019年3月4〜5日 キナバル山(1泊2日・小屋泊)②

f:id:yamajoshi:20190317213343j:plain

 

1日目:Timpohon Gate~Carson Waterfall~Kandis Shelter~Ubah Shelter~Lowii Shelter~Menpening Shelter~Layang-Layang Shelter~Viilosa Shelter~Paka Shelter~Waras Hut~Panar Laban Base Camp/Laban Rata Resthouse(泊)

2日目:Panar Laban Base Camp/Laban Rata Resthouse~(Ranau Trail)~Sayat-Sayat Hut~Low's Peak~Sayat-Sayat Hut~(Ranau Trail)~Panar Laban Base Camp/Laban Rata Resthouse~Waras Hut~Paka Shelter~Viilosa Shelter~Layang-Layang Shelter~Menpening Shelter~Lowii Shelter~Ubah Shelter~Kandis Shelter~Carson Waterfall~Timpohon Gate

 

とりあえずLaban Rata Resthouseにチェックインすることにしました。入口の前はガイドの溜まり場になってるみたいで、数人がおしゃべりしてました。

 

f:id:yamajoshi:20190317214717j:plain

 

入口のドアにはステッカーがいっぱい!

 

f:id:yamajoshi:20190317213650j:plain

 

1FのレセプションでIDを見せて部屋の鍵をもらいました。夜ゴハンは16:30から、夜食は2:00から、朝ゴハンは7:30からで、夜ゴハンだけは飲み物なし。チェックアウトは10:30。部屋のベッドは空いてる好きなところ、タオルはベッドの上にある、乾季だから飲み水はペットボトル(7RM)を買ってね、とのこと。以前は水もお湯もお茶もコーヒーも飲み放題だったらしいけど、今は全て売店で買う必要があります。

 

f:id:yamajoshi:20190317215207j:plain

 

チェックインの後、売店の前でイタから明日の説明がありました。1:40に起きて、2:00から夜食を食べて、2:30にここに迎えに来て、2:40に出発。ヘッデンと防寒着と水だけ持って荷物はできるだけ軽く、そして何かあったらレセプションを通して自分を呼びなさいとのことでした。その後、イタと別れて宿泊用の部屋がある2Fへ上がりました。

 

f:id:yamajoshi:20190317213854j:plain

 

自分が予約してたはイチバン安いヒーターなしのドミトリーは、階段を上がったすぐ右側の部屋でした。2段ベッドが2台の4人部屋だったけど、イチバンにチェックインしたので左側の下のベッドにしました。後から、アジア系女性と欧米系男性のカップルが来て、最終的に4人部屋に3人でした。ベッドは質素だけどとても清潔で、枕と2枚重ねした毛布とバスタオルが置いてありました。部屋には使い捨てのスリッパもありました。ちなみに、Laban RataのGFはガイド用、マレーシア人はLemaing Hut、ViaFerrataをやるヒトはPendant Hutに泊まります。

 

f:id:yamajoshi:20190317214052j:plain

 

部屋の鍵とIDです。IDを首からぶら下げて歩いてるヒトが多かったけど、自分は邪魔なので必要な時だけザックのポケットから出すようにしてました。

 

f:id:yamajoshi:20190317214249j:plain

 

シャワールーム&トイレには、シャワーが2つとトイレが2つ。人数に対して少ないかな?って思ったけど、待つことはなかったからツアーで来たヒトが泊まる大部屋には付いてたのかも?着いた時に顔を洗ったらお湯が出たけど(風邪引くとイヤだったのでシャワーは我慢しました)、夜にはかなりぬるくなってました。

 

汗で濡れたTシャツからメリノウールのベースに着替えてフリースを着て、パンツの下にトレッキングタイツを履いて、明日のピークアタックに備えてアタックザックに荷物の準備をしました。夜ゴハンまではまだ時間があったから、外に出てみるとさっきよりは雲が少なくなって青空も覗いてきたので、雲で見え隠れする岩肌をしばらく眺めてました。

 

f:id:yamajoshi:20190317214606j:plain

 

16:00過ぎに食堂に行って、レモンティー(13RM)を買って、窓際の席に座って外を眺めながら夜ゴハンが始まるのを待ちました。

 

f:id:yamajoshi:20190317215350j:plain

 

16:30に夜ゴハンが始まると一気に長い列が…。少し行列がおさまってから並んでビュッフェで好きなものを控えめ(笑)に取りました。ビュッフェだとついつい取り過ぎちゃうんだよねー。生野菜やコールスローあり、パンもご飯もお粥もチャーハンもミーゴレンもあり、お肉はチキンもラムもビーフもあり、野菜の炒め物のおかずもあり、果物やデザートもありで大充実なビュッフェなんだけど、ドリンクがないのだけが残念なポイント。予め買っておいたどデカいカップのレモンティーと一緒にいただきました!個人的に気に入ったのは、薄味だけど間違いないマッシュポテトと八角が香るチキンの煮込み。美味しすぎておかわりしちゃいました。スイカもいっぱい食べました~♪

 

f:id:yamajoshi:20190318185821j:plain

 

ゴハンの後は夕陽を見るべく再び外へ出てみました。さっきは気づかなかったけど、ちっちゃいお花が咲いてました。 

 

f:id:yamajoshi:20190317215447j:plain

 

山頂方面はかなり晴れてきてたので、この感じなら明日の朝は晴れるかも…って思いました。

 

f:id:yamajoshi:20190318190114j:plain

 

Donkey Ear's Peakもよく見えるようになりました!折れた方の耳はどこにいったんだろ?

 

f:id:yamajoshi:20190318214103j:plain

 

でも、眼下は相変わらず雲海。日が沈む 方角も雲が多くてダメかなって半ば諦めてました。

 

f:id:yamajoshi:20190318190006j:plain

 

あの木の名前がわからないんだけど、めっちゃいい雰囲気なんだよね。望遠レンズも持って来ればよかったなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20190318214329j:plain

 

お花が夕陽を浴びてキラキラ…☆たぶん、Sayat-Sayatっていうお花。

 

f:id:yamajoshi:20190318214426j:plain

 

雲がどんどん流れてきたけど、なんとか雲の隙間から真っ赤な夕陽を見ることができました。すぐに隠れちゃったし、あんまり空も焼けなかったから浸れなかったのが残念…。ちょっと冷えてきたので部屋に戻ることにしました。外の気温は11℃くらいだったかな?

 

f:id:yamajoshi:20190318214535j:plain

 

イタからは1:40起きって言われたけど、星が見たかったから1:00に起きるつもりで19:30には寝ました。耳栓してても、周りの部屋の音がガタガタギシギシ聞こえてたけど、いつの間にか寝てました。毛布だけだと寒い、シュラフ持って行った方がいいってブログをいくつか読んだけど、フリース着て寝たら暑くもなく寒くもなくでした。途中、同室の人がトイレに行ったりして2回くらい目が覚めたけど、一応ちゃんと寝れて1:00に起きました。張り切って外に出てみると満天の星空☆ヘリポートで星を撮ろうと思ったけど、ライトが煌々としてて明る過ぎで全くダメでした。そもそも、カメラの設定がうまくできなくて撮影場所を探す気力もなく(苦笑)、しばらく星空を眺めてから夜食を食べに食堂に行きました。

 

夜食ももちろんビュッフェ。もちろん夜ゴハンより品数は少ないけど、パン、ごはん、お粥、フレンチトースト、ミーゴレン、シリアル、目玉焼き、トマトビーンズetc…。そして、夜食にはサバティーとコーヒーもあったので コーヒーにシリアル用のミルクをたっぷり入れていただきました。

 

f:id:yamajoshi:20190318215424j:plain

 

食堂の隅でイタと待ち合わせして、ピークに向かって出発~っ!小屋の外にあった温度計は9°Cだったのでだいたい想像通り。風があったけど最初は樹林帯なので、ウインドストッパーのソフトシェルで歩くことにしました。まずは階段を登ってPendant Hutの脇を通って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190318215740j:plain

 

そして、階段は続きます。ここはRanau Trailっていって、地震後に作った新しいルートらしいです。旧ルートの方が時間的には短かったみたいだけど、こっちの方が歩きやすくできてるみたい。カラダは完全に高度順応できてたけど、イタから『とにかくゆっくり!』って何度も言われてたのでどんどん抜いてもらってゆっくり登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190318220021j:plain

 

だんだん石がゴロゴロしてきました。標高が高いから息が切れるのか、抜いていったヒト達がところどころで休んでました。

 

f:id:yamajoshi:20190318220359j:plain

 

だいたい同じ時間に出発するから最初は数珠繋ぎ状態だけど、階段が終わって岩っぽくなる頃にはかなりバラけてきます。

 

f:id:yamajoshi:20190318220615j:plain

 

遂にロープが出てきました。綱引きの綱みたいに太いっ!(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190318220938j:plain

 

めっちゃゆっくり歩いてる自分よりさらにめちゃくちゃゆっくりな歩みのイタをところどころで待ちながら休憩しました。空はに天の川まで見える満点の星空が、真下にはLanau、遠くにはKotakinabaluの夜景がキラキラ見えました☆そして、続々と登ってくる登山者のヘッデンの明かりもたくさん見えました。固定しなかったからブレブレだけど(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190318221044j:plain

 

ここからピークまではずっとロープがあるんだけど、ロープを持った方がいいところはちょっとだけ直登気味のこの1ヶ所のみ。あとは持つ必要はない感じです。ここのロープは持つためにあるんじゃなくて、道しるべ用だからね。

 

f:id:yamajoshi:20190318221826j:plain

 

いつの間にか1km登ってきてました。でも、まだ3kmあるってことだよね?時間はたっぷりあるからのんびり行けばいっかって感じでした。

 

f:id:yamajoshi:20190318222141j:plain

 

7km地点から少しトラバースするように歩いていくと、すぐにチェックポイントのSayat-Sayat Hutに着きました(こんな写真しかなかった…汗)。ID見せてから初めて座って休憩したんだけど、じっとしてるとさすがにちょっと寒かったからすぐに歩き始めることにしました。全然疲れてなかったしね。あまりにイタがゆっくりでなんかヨロヨロしてるから『大丈夫?』って聞いたら、『昨日の夜、よくな眠れなかったから眠い…』って。かわいそだけど、ガイドだから一緒に行かないとだもんね。1人で登っても全然よかったんだけど…

 

f:id:yamajoshi:20190318222712j:plain

 

ここからは階段がなく、ピークまで岩場の登りになります。といっても、槍ヶ岳剱岳みたいな感じではなく、スラブ状のだだっ広い岩場なので難易度的には全く高くないです。道しるべ用のロープ通りに歩いてるヒトが多かったけど、ロープのあるところが必ずしも歩きやすいってわけではなかったので、自分はロープを見失わない範囲内で段差が少ないところを選んだり、急なところはジグザグに歩いて行きました。その方が疲れないし。ガイド達も自分とおなじよーに歩いてました。そして、7.5km地点を通過して富士山越えです!

 

f:id:yamajoshi:20190318223618j:plain

 

すでにピークに立ってるヒトがいるようで、ピーク付近にヘッデンの明かりが見えました。こんな真っ暗な中でピークに立つのちょっともったいないよね。下山を急いでるのかな?なんて思いながら、8km地点を通過。

 

f:id:yamajoshi:20190318224633j:plain

 

さすがに森林限界を超えてからずっと風にさらされてちょっと体が冷えてきたので、これからもっと寒いであろうピークに向けて大きな岩の陰で風を避けてソフトシェルの上からインナーダウンとレインを着て完全防寒。マレーシア人グループのオジサンに『まだ早い。今登っても山頂は寒いだけだから、ここで待った方がいい』って言われたけど、とにかく汗をかかないよーにさらにゆっくりと登って行きました。すると、だんだん空が明るくなってきて、振り向くと何とも言えない綺麗な光景が目の前に現れました…

 

f:id:yamajoshi:20190318225234j:plain

 

ブレブレだけど、Low's Peakも写真に撮れるようになりました。ちょーどピーク付近にヒトがいたので、そこにピントを合わせました。

 

f:id:yamajoshi:20190318225439j:plain

 

夜明けのグラデーションの空に浮かび上がるUgly Sister Peakがキレイ過ぎて、何度も何度も振り返るから全然前に進めなくなってた…

 

f:id:yamajoshi:20190318225859j:plain

 

8km地点を通過…。遂に4000mを超えました!

 

f:id:yamajoshi:20190318230213j:plain

 

何とも言えない空の色に加えて三日月も見えてきて、とっても幻想的な風景。この景色を背にして歩くなんてもったいなさすぎる…

 

f:id:yamajoshi:20190318230502j:plain

 

振り返り、振り返り登って行くと、Low's Peakが目の前に見えてきました。続々とヒトがピークに向かって登って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190318230829j:plain

 

自分もLow's Peakに取り付きますっ!

 

f:id:yamajoshi:20190318231224j:plain

 

少し登って行くといわゆる岩場っぽい登りになりました。ところどころ手を使った方がいいところがあるものの、難易度は高くないので特に問題ないと思います。すでに下ってくるヒトもいるので、あまりヒトが通らなそうなルートをみつけて登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190318231544j:plain

 

ゆっくりと世界が紫色に染まっていって、St,John's Peakはちょっとモルゲンっぽくなりました。ゴリラ岩って言われてるみたいだけど、トトロみたいにも見えました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190318232009j:plain


Alexandra's Peakかな?たぶん手前の斜めになっているところがOyayubi iwu peak 。

 

f:id:yamajoshi:20190318232051j:plain

 

登ってる時は真っで見えなかったSouth Peakも見えるようになりました。

 

f:id:yamajoshi:20190318232144j:plain

 

狭いピークは中国人の団体でめっちゃ混んでたので後回にして、ちょっと下がったところで日の出を待つことにしました。そういえばイタがいないなぁって思ったらかなーり下の方にいて、登って来る様子はなし。下で待ってるってことみたいです(苦笑)。ボーっと景色を眺めているとどんどん空が明るくなってきて、お日さまが出てきました。ご来光です!!

 

f:id:yamajoshi:20190318232316j:plain

 

ご来光を見たからさっさと下山していくヒト達(笑)。まあ、下山も長いからね…。4095.2mから1867mまで約2230mも下るんだから。

 

f:id:yamajoshi:20190318233319j:plain

 

そして、山頂標識の写真待ちの列に並んで、無事にLow's Peak4095.2mをピークハント!!!もちろん今まででイチバン高いお山です。他のヒト達はだいたいガイドに写真を撮ってもらってたけど、イタはやっぱり登って来る様子がなかったので、他のヒトのガイドに記念写真を撮ってもらいました。アタックザックにつけてた腕時計の気温は5℃になってました。風は数mって感じだったから、体感的には2~3℃って感じだったかな。

 

f:id:yamajoshi:20190317213343j:plain

 

あまり居場所がなく、どんどんヒトが登ってくるから早く下山すればよかったんだけど、お日さまが昇って暖かくなってきたし、なんかもったいなくてなかなか下山できず…。ピーク付近をウロウロしてるうちに仲良くなったマレーシア人グループもタイ人の2人組も登って来ました。みんな登頂できてヨカッター♪

 

名残惜しかったけどけっこう長い時間ピーク付近にいたので、下山することにしました。すっかり明るくなってきてSt,John's Peakもさっきと雰囲気が違う…

 

f:id:yamajoshi:20190319163901j:plain

 

あああーっ!Alexandra's Peakの写真を撮ってて、ピークから影キナバルを撮ることを忘れたことに気づきました。中途半端な影キナバルになっちゃった(涙)

 

f:id:yamajoshi:20190319163946j:plain

 

こーやって石を積むのは日本だけじゃないんだね。

 

f:id:yamajoshi:20190319164025j:plain

 

イタがいる岩場の途中まで下りてきました。明るくなってあらためて見てみるとかなりゴツゴツした岩場でした。でも、このくらいの岩場は楽しい~♪ だって、この後はひたすらの地獄がまってるから(汗)

 

f:id:yamajoshi:20190319170435j:plain

 

イタと一緒に下って行きます。前を歩いてるのがイタです。イタが前を歩いたのは、この数百mだけ。どうしてここだけ前を歩いたのかな?自分を待ってるあいだ寒かったからかな?眠かったから早くLaban Rataに戻りたかったのかも。

 

f:id:yamajoshi:20190319171012j:plain

 

キナバル山といえば…のSouth Peak。だいたい、Low's Peakじゃなくて、South Peakの写真が使われるよね。

 

f:id:yamajoshi:20190319171345j:plain

 

8.5kmまで下ってきました。そういえば9kmと9.5kmは見かけてないけど、どこかにあったのかな?

 

f:id:yamajoshi:20190319172109j:plain

 

名残惜しくて、Low's Peakを振り返っちゃいます。他のピークに比べて、かなり登りやすいカタチ。わざとあのカタチに積んだんじゃないよね?(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190320231813j:plain

 

ロープ沿いにどんどん下って行きます。下りは早いね~

 

f:id:yamajoshi:20190320231948j:plain

 

どんどんLow's Peakが遠くなってきました。気が付くとキレイにUgly Sister Peakの影ができてました。

 

f:id:yamajoshi:20190320232036j:plain

 

それにしてもすごい眺め。写真では見てたけど、ホントにここが地球なの?って感じです。別の惑星に迷い込んじゃったみたいな錯覚に陥ります。こんな絶景が見れるんだから、けっこうお金はかかっちゃったけど、やっぱり来てよかったぁ♡

 

f:id:yamajoshi:20190319172551j:plain

 

Low's Peakはもうすぐ見えなくなりそう…。この時にまた来たいって思いました。

 

f:id:yamajoshi:20190320232225j:plain

 

South Peakはどこからが一番カッコよく見えるかなー?この時、すでにイタは後ろを歩いてます。だって、下りなのにゆっくり過ぎるんだもん。

 

f:id:yamajoshi:20190320232334j:plain

 

おっ!この角度がいいかも♪ なんかピークに立ってるな。

 

f:id:yamajoshi:20190320232424j:plain

 

振り返るとホントに最後のLow's Peak…。こーやって見るとすごく急な岩壁を歩いたように見えるけど、実際はそんなに傾斜はキツくないです。

 

f:id:yamajoshi:20190320232530j:plain

 

そして、South Peakはどんどん近づいてきました。イタが写真を撮ってくれるとゆーので撮ってもらいました。他で撮ってもらった写真は全然ダメダメだったけど、ここで撮ってもらった写真だけはまともでした(笑)

 

f:id:yamajoshi:20190320232631j:plain

 

ちっちゃいケルンがいっぱいあります。登ってくるヒトが石を積んだだけだろーけど。こんなちっちゃいと目印にならないもんね。

 

f:id:yamajoshi:20190320232726j:plain

 

スーッと真っ直ぐにのびるロープ。これを道しるべにして暗闇の中を登って行ったんだね。

 

f:id:yamajoshi:20190320232831j:plain

 

遠くにSayat-Sayat Hutが見えてきました。ちなみにこの岩は花崗岩なので滑りません。スニーカーのヒトもたくさんいたけど、そんなに急なところもないし、階段も多いから、雨さえ降らなければ問題ないかな。

 

f:id:yamajoshi:20190320232944j:plain

 

このアタリがDonkey Ear's Peakをイチバン近くで見れるポイント。折れちゃったからか、ロバの耳には見えないね…

 

f:id:yamajoshi:20190320233040j:plain

 

振り返るといつのまにかSouth Peak も見えなくなってました。あ~、もう終わっちゃったんだって思ったら、ちょっと寂しくなったり。

 

f:id:yamajoshi:20190320233129j:plain

 

あっとゆー間にSayat-Sayat Hutに戻ってきちゃいました。ここには小屋もあるからHutって名前になってるけど、今は泊まることなできないようです(トイレは使えます)。お日さまが出てきてかなり暑かったから、レインとインナーダウンは脱いでLaban Rataまで下ることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190320233229j:plain

 

Sayat-Sayat Hutの近くには小屋名の由来?のSayat-Sayatがたくさん咲いてました。このお花は背を低くしながら、かなり上の方まで咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190320233329j:plain

 

ミヤマコゴメグサみたい。

 

f:id:yamajoshi:20190320233506j:plain

 

けっこう標高が低いところに咲いてたお花も咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20190320233547j:plain

 

Sayat-Sayat Hutからはゴロゴロ岩場をトラバースです。

 

f:id:yamajoshi:20190320233416j:plain

 

振り返るとこんな感じ。ちょっと離れたら再びSouth Peakが見えるようになりました。登った時は真っ暗で見えなかったけど、こんな感じになってたんだねー。すごーっ!真っ暗で見えてなくてよかったってブログとかに書いてるヒトを見かけたけど、自分はこんな景色見えたらワクワクしちゃってテンション上げで登って行けちゃうけどなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20190320233633j:plain

 

あっとゆー間に7km地点。ここからググっと下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190321001116j:plain

 

かなり下ってきて、周りに木が増えてきました。遠くに続々と下山して来るヒト達が見えます。

 

f:id:yamajoshi:20190321001428j:plain

 

白椿みたいなお花もこんな高いところにも咲いてます!

 

f:id:yamajoshi:20190321001821j:plain

 

たまーにボコボコ丸い穴があいてる岩があったんんだけど、なんだろう?

 

f:id:yamajoshi:20190321002547j:plain

 

夜食を食べてから何にも食べてないからめちゃくちゃオナカが空いてきたので、ガンガン下って行くことにしました。もう、朝ゴハンでパンケーキを食べることしか考えられない…

 

f:id:yamajoshi:20190321002701j:plain

 

さらに下ってきました。South Peakともそろそろお別れ…(涙)

 

f:id:yamajoshi:20190321003220j:plain

 

唯一、ロープを持った方がよさそうなところはこの先。前のヒトがあまりに遅すぎてヒトが詰まっちゃって写真撮れなかった…。イタにここはロープ持てって言われたから一応持ったけど、花崗岩だから滑らないし、念のため持った方がいい急なところはほんの数mだけ。

 

f:id:yamajoshi:20190321003345j:plain

 

トラバースしていくと階段が見えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20190321100851j:plain

 

岩壁沿いにジグザグに下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190321102530j:plain

 

階段を下っていくと展望台が見えてきました。登りの時にちょっと休憩したところです。

 

f:id:yamajoshi:20190321102802j:plain

 

右手を見るとViaFerrataをやってるヒト達がいました。ちょっと興味あったけど、下山時間が遅くなりそうだったのでやめておきました。

 

f:id:yamajoshi:20190321103216j:plain

 

下って来た岩壁です。ポコッと出っ張ってるところはTunku Abdul Rahman Peakかな?こーやって見るとめちゃくちゃ壁に見えるけど、歩いてるとそんな感じしないんだよね。左上部にSayat-Sayat Hut、そこから真ん中くらいまでトラバースしてからジグザグに下っています。

 

f:id:yamajoshi:20190321103527j:plain

 

岩がゴロゴロする急な斜面を下って行きます。景色に見とれて転ばないよーに気をつけて下りました。

 

f:id:yamajoshi:20190321103857j:plain


そして、階段をグイグイ下って行きます。下りなのにガンガン下ってるから暑くなってきちゃって、ソフトシェルもフリースも脱ぎたかったけど、面倒だったのでベンチレーション全開で下りました。

 

f:id:yamajoshi:20190321104037j:plain

 

短い時間でかなり下ってきました。急な下りだからめちゃくちゃ早いっ!展望台で景色を眺めながら日本人のオジサン達とおしゃべり休憩。オジサン達はHISでKotakinabaluからのツアーを手配してもらったんだって。金額聞いたらかなり高かったょ…

 

f:id:yamajoshi:20190321104353j:plain

 

左手はギザギザの岩群です。ツルっとしたところとギザギザしたところのミックスが、ここの絶景を生み出してるんだろーな。

 

f:id:yamajoshi:20190321104702j:plain

 

急な階段の先にPanar Laban Bace Campが見えてきました。Laban RataからLow's Peakまではみんなツラそうにしてたけど、自分的にはゆっくり登ってたし、特にツライこともなくもう着いちゃったって感じだったけど、最初のこの階段地獄だけは寝起きのカラダにちょいキツかったわ…

 

f:id:yamajoshi:20190321104909j:plain

 

ビビットピンクのお花!シャクナゲって教えてもらったお花よりもシャクナゲっぽいけど、同じお花かなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20190321105211j:plain

 

樹林帯に突入して、さらにガンガン階段を下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190321105853j:plain

 

こんな感じになってるところもあります。

 

f:id:yamajoshi:20190321110016j:plain


ゲートまで下りてきました。Laban Rataまであと少し。

 

f:id:yamajoshi:20190321110140j:plain

 

Pendant Hutのところかな?なんとポストがあります。飾りじゃなくてホントに使えるみたい。

 

f:id:yamajoshi:20190321110321j:plain

 

Laban Rataに戻ってきました。Low's Peakから2時間くらいで下りました。ちなみに登りは、ご来光に合わせて時間調整しながら登ったので予定通りの3時間半くらいでした。フツーにあるいたら3時間かからないと思います。

 

f:id:yamajoshi:20190321110502j:plain


おなかがペコペコだったので、すぐに朝ゴハン~♪ またしでもビュッフェです。夜食よりもちょっと品数が増えてました。パンケーキが美味しいってウワサだったので、パンケーキを食べたけど、粉っぽくてイマイチ…。フレンチトーストの方が美味しかったかな。たっぷりシロップとバターを付けてミルクをたっぷり入れたコーヒーと一緒にいただきました♡

 

f:id:yamajoshi:20190321113921j:plain

 

 イタと10:00から下山開始するって決めて部屋で着替えてパッキングをしなおしてると、ベッド脇に置いておいたペットボトルがないことに気づきました。下山用にと思ってLunch Packに入ってたのを取っておいたのに、同室のカップルに盗られちゃいました(涙)。さすがにお水なしでの下山はキツイので、売店で7RM払って500mlのペットボトルを買いました。この出費がなければ、空港での再両替が8,000円ぴったりにできたのに…。10:00に入口に行くとイタはいませんでした。みんなはどんどんガイドと出発していくのに、イタは来ない…。いつ来るかわからないバスをキャッチしてKotakinabaluに戻らないといけなかったから、できるだけ早く下山したかったので、ラバンラタの従業員の偉そうなヒトに『イタが来ない』って言ったら、その辺にいたヒトにイタを呼びに行かせてくれました。

 

10:20にやっとイタが来て、下山開始~。と、その前に最後にこの景色を見納め。こんなに晴れてくれてありがとう!!

 

f:id:yamajoshi:20190321115915j:plain

 

お天気がいいおかげで足取りも軽いのでサクサク下っちゃいます。でも、眼下には雲が…。ということは、途中から雲に突入するってことだね。

 

f:id:yamajoshi:20190321120034j:plain

 

樹林帯に突入します。涼しくて気持ちいい♪ 前を歩いてる欧米系の2人組とは最後まで前後しながらだいだい同じペースで下ってました。

 

f:id:yamajoshi:20190321120616j:plain

 

そろそろ雲海に突入しそうな予感…

 

f:id:yamajoshi:20190321120711j:plain

 

登りで見たかったこの光景!今日は見ることができました。昨日、この景色が見えてたら、最後の登りももっとウキウキ登って行けてたと思うんだけどな。昨日は何にも見えなくてキツかったょ…(汗)。でも、曇ってくれてたおかげで暑いってことはなく登れたから、暑いのが苦手な自分にはよかったのかも。

 

f:id:yamajoshi:20190321121055j:plain

 

あ、とうとう雲海に突入だ…。お昼に近くなるとやっぱり雲が増えちゃうんだねぇ。これはどこのお山も同じなのかな。

 

f:id:yamajoshi:20190321121436j:plain


Paka Shelterまで下ってきました。振り向くと上の方はまだ晴れてました。でも、これでホントの見納めかな…。ずっと眺めていたかったけど、とにかくバスが気になったので(苦笑)下山することにしました。

 

f:id:yamajoshi:20190321121653j:plain

 

ここからは眺めもないし、とにかく下るのみ。でも、下りは得意なので、たくさんのヒトを抜かしてサクサク下っていけました。それでも、転べないからスピードは落としてるんだけどね…。登ってる時はちょっと段差が大きいなって思ったところもあったけど、下ってるとあまり感じませんでした。今回ストックは持って行かなかったけど、自分的には必要なかったです。慣れないストック使うと余計に疲れるんだよね…。下手くそだからストックに頼ってバランス崩しちゃうしさ。使い慣れてるヒト、下りが苦手なヒトはあった方がいいかもしれないです。

 

f:id:yamajoshi:20190321121919j:plain

 

登りは曇ってて暗くてうまく撮れなかったお花もちょっとお日さまが出てくれた隙に綺麗に撮れました~♪

 

f:id:yamajoshi:20190321122300j:plain

 

Layang-Layang Shelterでちょっと休憩して、さらに下って行きます。高度を下げると植物がとシダ系に変化してきました。

 

f:id:yamajoshi:20190321123216j:plain

 

登山口に近くなると階段が増えてきます。途中で、レンジャーさんに背負われてるヒト、ガイドさんに背負われてるヒトが下って来ました。高山病なのか、足をくじいたのかわからないけど、背負ってきたヒト達はすごいスピードで汗だく。ホントにすごい!

 

f:id:yamajoshi:20190321123544j:plain

 

やっぱり上の方とは木の種類も全然違うね~

 

f:id:yamajoshi:20190321124029j:plain

 

もう最後なのでちょっとスピードアップ。イタはガイド、ポーター達とすれ違う度に挨拶したりおしゃべりしたりしてて、かなり後ろを歩いてました。ちなみに、食堂のスタッフにはイタの親戚がいるそうです。そのヒト達もサンダルなのにすごいスピードで自分たちを抜かして行きました。

 

f:id:yamajoshi:20190321124112j:plain

 

Carson Waterfallまで下ってきて、Timpohon Gateまではちょっとだけ登り返し。でも、ホンノちょっとです。先に出発した日本人のオジサンに追いついたけど、かなりお疲れのご様子…

 

f:id:yamajoshi:20190321124511j:plain

 

ゲートに到着しました!お疲れさまでした!!

 

f:id:yamajoshi:20190321124733j:plain

 

ゲート前にあるボード。そーいえば、ドローン飛ばしてるヒトいないなって思ったら、禁止みたいです。各休憩所にあるボードもちゃんと読んで、写真撮ってくればよかったな。

 

f:id:yamajoshi:20190321124850j:plain

 

TERIMA KASHI SUDI DATANG LAGI(ありがとう、また来てね)の向こうにはミニバスが待機してて、乗り込みとすぐに出発しました。

 

f:id:yamajoshi:20190321125044j:plain

 

残念ながらキナバル山は雲に覆われて全く見えず、余韻に浸ることもできなかったので、Rrception Officeで預けた荷物をピックアップしてBalsam Cafeでランチ~。以前はビュッフェだったみたいだけど、今は6つくらいのメニューから選ぶようになってました。ヌードルスープにしたんだけどあんまり美味しくなくて、ナシゴレンにしておけばよかったってちょっと後悔…

 

f:id:yamajoshi:20190321125449j:plain

 

HISで来てた日本人のオジサン達がコタキナバルまで一緒に車に乗って行けば?ってガイド通してドライバーに確認してくれたんだけど、Kota Kinabaluまで100RMだって。タクシーよりは安いけど(150RM)、さすがにそんなに高いならってことでオジサン達とお別れして予定通りバスキャッチに挑戦!昨日は、マレーシア人グループの車で楽々登った階段を下って行きます。

 

f:id:yamajoshi:20190321125541j:plain

 

来た時と逆方向なので、Kinabalu Park Parkingから道路を渡ったところでバス待ちしました。そういえば、昨日はここも車で通り過ぎちゃって見れてなかったな~なんあて思いながら、日差しが強くてちょっと暑かったけど道路のすぐ脇でバス待ち。16:00にはマレーシア人グループが車で通るはずだから、それまでにバスに乗れなかったらマレーシア人グループが乗せてくれるだろうって思ってたので、けっこう軽い気持ちで待ってたら、20分くらいで“KK”という文字が書かれたミニバスが来ました。満員で乗れないって言われたらどーしよーって思ったけど、止めて見たら乗客は1人だけ。めっちゃボロボロのエアコンなしバスだったけど、一緒に待ってた欧米系のオジーサンと一緒に乗り込んで、無事にKota Kinabaluに戻ることができました。帰りも行きと同じく20RM。行きは出発するまでに2時間近く待ったこと考えると、めちゃくちゃラッキーだったな。

 

f:id:yamajoshi:20190321125622j:plain

 

ということで、キナバル山はめちゃめちゃよかった!感動しました♡実は、成田からコタキナバルに向かう途中で具合が悪くなって、1晩寝れば体調良くなるかと思ったけど、翌日も全然食欲なくて熱があるような気持ち悪いような感じで、こんなんじゃキナバル山になんて登れないょ…って思ってたけど、もう1晩たっぷり寝たらすっかり体調は良くなってて、高山病になることもなく無事に登頂することが出来ました。Laban Rataまでの登りはかなり長かったけど、マレーシア人グループとタイ人2人組とおしゃべりしたり、写真撮ったりしながら歩けたから、最後はちょっとキツかったけど楽しく歩けたし、Sayat-Sayat Hutを越えてからの景色はここは地球じゃなくて別の惑星か?ってくらいに絶景だった。お金はけっこうかかっちゃったけど、それでも4泊6日で登山前後の観光も宿も食事代もお土産も航空券代も全部含めて13万円はかかりませんでした。航空券によってはもっと安く行けるけど、時間かかるしね(帰りの直行便は5時間位でやっぱり楽チンだったし…)。1年ぶりに海外に行って、いろんなヒトと知り合って、いろんな景色を見て、違う文化に触れたことで、とても刺激のある思い出深い山旅になりました。

 

参考までに自分の装備です。荷物は、日本の山小屋1泊と同じイメージ。体調が心配だったこともあり、軽量化するためにちょっとした細かいモノ(クシとか)も使わないモノは全てReception Officeで預けちゃいました。結局、1kgくらいは預けたかも?靴は、いつものアプローチシューズ(ボルダーX)、Laban Rataまでは、キャップ、Tシャツ、春秋用ロンパンで休憩時と標高上がってから薄いウィンドストッパーのソフトシェル、Laban Rataからは、メリノビーニー、メリノベース(厚手)、フリース(中厚)、薄いウィンドストッパーのソフトシェル、夏用トレッキングタイツ、春秋用ロンパン、Low's Peak近くになってからさらにインナーダウン、レイン(上だけ)。これで全く寒くなかったです(当日のお天気によるけど)。予備で、UNIQLOのダウンベストを持ってたけど、Low's Peakで寒さで震えてたタイ人の女の子に貸してあげました。あんな高所で気温の低いところを、汗びちょびちょで登っちゃうんだから、低体温症で亡くなるヒトがいるってゆーのもわかる気がします。観光で登るヒトがたくさんいるから…

 

ちなみに個人での手配は、少しだけ英語ができて(google翻訳あるし)、個人での海外旅行の経験があれば問題なくできます。すぐにメールの返信が来ないとかはあるけど(苦笑)。最新情報が知りたい方はご連絡いただければお答えします。

 

そろそろ日本は春なので、残雪とお花をめいっぱい楽しみたいな~♪