読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年3月25日 神成山/龍王山~吾妻山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20170326133304j:plain

 

宮崎公園P~神成山登山口~姫天狗~龍王山(第2ピーク)~第3ピーク~旧宇芸神社跡山頂(第4ピーク)~打越祠(第5ピーク)~打越板碑(第6ピーク)~第7ピーク~第8ピーク~吾妻山(第9ピーク)~南蛇井駅

 

週末はすっかり曇りだと思い込んでたのに、金曜になって土曜は晴れることに気づきました。せっかく晴れるならどこ行こう…見晴らしのいいちょっと高いお山?それとも富士山がドーンと見えるお山?もしくは軽い雪山?イロイロ考えたけど、数週間前から気になってたオキナグサに会いにソロで神成山に行ってきました!ホントは、4月に長野の霧訪山に見に行こうかと思ってたんだけど、タイミングが合うかわからないし、行ける時に行っておこうってことで。。

 

歩く時間がとにかく短いからゆっくりおうちで朝ゴハン食べてから出発しました。さすがに関越道に乗ったのが9時くらいだったからちょっと渋滞してた…(汗)。車は神農原駅近くの宮崎公園入口前の駐車スペースに停めました。ここは3~4台くらいしか停められないけど、公園の上にはトイレがあって10台くらい停められる駐車場もありました。この公園はツツジが有名みたい。まだ、ツツジはまだ咲いてなかったけど、他のお花がたくさん咲いてましたよ~

 

お星さまみたいなハナニラ

 

f:id:yamajoshi:20170326133433j:plain

 

城山かたくりの里でもたくさん見た、ムラサキハナナ…

 

f:id:yamajoshi:20170326133525j:plain

 

ここは宮崎城っていうお城の跡みたいだったから、公園の中をウロウロしてみたかったけど、早くオキナグサが見たかったのでコース図をチラッと見て早速歩き出しました。アチコチに親切な道標があって、迷うことはないと思います。登山口は西中学校の裏にあるんだけど、歩いてたら何人もの中学生が挨拶してくれました~♪登山道に入るとすぐに石像が…

 

f:id:yamajoshi:20170326133653j:plain

 

そして、ニコニコしてるお地蔵さん。そうそう、心杖もありました。西中の子達が設置してくれたのかなー?

 

f:id:yamajoshi:20170326133751j:plain

 

こんな感じの冬枯れの明るい道です。天敵の杉がなくていいわ~(笑)

 

f:id:yamajoshi:20170326133856j:plain

 

睨みをきかせてる不動さま…

 

f:id:yamajoshi:20170326134119j:plain

 

少し歩くと大きな石碑が出てきました。城址だからか、こーゆーのが多いです。他にもちょこちょこありました。

 

f:id:yamajoshi:20170326134210j:plain

 

こんな感じのヤセ尾根的なところもありました。そこまで痩せてないし、高度感もないのでフツーに歩けます。どうやらお城の土壁っぽいです。

 

f:id:yamajoshi:20170326134319j:plain

 

見晴台の標識が出てきたのでちょっと左に入ってみると、姫天狗とゆーところでした。天狗に見える???もうちょっと右から撮ったら天狗にみえたかも。あんまり考えずに撮っちゃった(汗)

 

f:id:yamajoshi:20170326134534j:plain

 

姫天狗からの眺め。稲含山がよーくみえます。この時点で、低山だけどなかなかいいお山だなーってすでに気に入っちゃいました。

 

f:id:yamajoshi:20170326134643j:plain

 

新芽がピョコピョコ出始めてました。着々と春は近づいてますね。

 

f:id:yamajoshi:20170326134744j:plain

 

ヒトリシズカ…かな?

 

f:id:yamajoshi:20170326134910j:plain

 

神成城址の地図がありました。ちゃんとこの地図を見て、自分が今どこにいるか確認してたら第1ピークも外さなかったかも… 

 

f:id:yamajoshi:20170326135010j:plain

 

こんな風にたまに小さい分岐がありました。第1ピークかも?と思って左の階段を登って見たけど違いました(汗)

 

f:id:yamajoshi:20170326135106j:plain

 

ハイキングコースに戻って、階段を登っていくと祠がある龍王山に着きました。9-2峰って書いてあって、第1ピークはどっかでスルーしちゃったんだってこの時気づきました。第1ピークまでがずい分長いなって思ったんだよなー

 

f:id:yamajoshi:20170326135240j:plain

 

休憩してたオバサン達にシュンランが咲いてることを教えてもらって夢中で撮影してたら、神成山の山頂標識も大石碑も撮影し忘れちゃいました。シュンランもイマイチだったのに…(涙)

 

f:id:yamajoshi:20170326135329j:plain

 

気を取り直して下りました。9峰あるのでこんな感じで登っては下ってを何回も繰り返します。西上州特有のちょっと岩っぽいザレた感じの道なので、下りは滑らないように注意したほうがいいけど、どこの登りも下りも数分程度と短いです。

 

f:id:yamajoshi:20170326135437j:plain

 

とゆーことで、再び登ります。前のオジサン、オバサングループはかなりキツそうでした。

 

f:id:yamajoshi:20170326135703j:plain

 

第3ピークに到着。特に何もないところ。

 

f:id:yamajoshi:20170326135819j:plain

 

ガタンゴトンって音が聞こえたなーって思ったら、上信電鉄の電車が小さく見えました。2両しかなくて、柄もカワイイ♪

 

f:id:yamajoshi:20170326135945j:plain

 

下ってまた登ると第4ピークの旧宇芸神社跡山頂でした。ミニ自然博物館って書いてある剥製とかが入ってるケースがあったけど、ちょっと怖かった…(汗)。K2クラブってゆーのは、神成山ハイキングコースを整備された上信電鉄と地元の有志の方のグループみたいです。

 

f:id:yamajoshi:20170326140113j:plain

 

再び下るとちょっとだけ開けたところを発見。稲含山がさらによく見えて、麓の畑?田んぼ?のパッチワーク間もいい感じ♪ちょっと右の方を見ると、西上州の山々がいろいろ見えたけど、もっとよく見えるところが後で出てくるので写真はそこで…

 

f:id:yamajoshi:20170326140237j:plain

 

少し登ると第5ピークの打越祠。

 

f:id:yamajoshi:20170326140342j:plain

 

下ってヤセ尾根っぽいところを通って第6ピークの打越板碑。

 

f:id:yamajoshi:20170326140447j:plain

 

ここから一気に下るとちょっとなだらかな感じになって、この分岐を左に行くと第7ピーク。ピークのお知らせ的なものはなかった気がします。

 

f:id:yamajoshi:20170326140610j:plain

 

ポツポツ咲き始めてるツツジを発見~!ミツバツツジかな?ピンク色が茶色だらけのお山に映えてました。

 

f:id:yamajoshi:20170326141001j:plain

 

第7ピークと同じような分岐を再び左に行くと第8ピーク。ここからが西上州の山々を見るにはイチバンよかったかも。

 

f:id:yamajoshi:20170326141321j:plain

 

四叉山、鹿岳、鋤柄山。鋤柄山の左奥は荒船山かな?ゴツゴツした感じが西上州って感じだよね。あのアタリも登ってみたいな。岩登りはちょっとコワイけど…

 

f:id:yamajoshi:20170326141425j:plain

 

これで最後の登りだ~って張り切って登って、第9ピークの吾妻山到着。あれ?オキナグサは??途中のどこかにあるはずなんだけど、どこにあったんだろ?ネットで調べてもよかったんだけど、ちょーどご夫婦が休憩してたので聞いてみると、『この階段の下だよ。看板あったでしょ?』って。目の前の階段を登ることに集中してて気づかなかった(汗)。とゆーことで、せっかく登った階段を下りてオキナグサに会いに行きました。

 

f:id:yamajoshi:20170326141705j:plain

 

おっ!いたいた~。毛がフワフワしててカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20170326141816j:plain

 

このうなだれてる感じもカワイイ。

 

f:id:yamajoshi:20170326142048j:plain

 

おや?!綿毛?お花が終わるとこーなるのかな?まだまだ咲き始めだと思ってたけど…

 

f:id:yamajoshi:20170326142135j:plain

 

思ったより数は少なかったけど会えて満足したので、再び階段を登って吾妻山へ。立派な祠がありました。

 

f:id:yamajoshi:20170326142254j:plain

 

疲れてなかったので休憩せずにそのまま下山開始しました。途中で会ったオジサンの言ってた通り、ケッコウ急な下りでした。岩っぽいし、ザレてるし、傾斜も比較的急で、今までの道と比べるとちょっとハードな感じの道でした。

 

f:id:yamajoshi:20170326142431j:plain

 

しばらく下っていくと鳥居跡がありました。このアタリの下りは緩やかになってます。

 

f:id:yamajoshi:20170326142546j:plain

 

その下には謎の一段目…

 

f:id:yamajoshi:20170326142657j:plain

 

ひたすら下って新堀神社に着きました。こっちの登山口にももちろん心杖がありました。

 

f:id:yamajoshi:20170326142755j:plain

 

神社のそばにもムラサキハナナがたっくさん咲いてました。カワイイー♡

 

f:id:yamajoshi:20170326142901j:plain

 

ここからさらにたくさんのオキナグサを見るために南蛇井駅に向かって歩きました。標識にも何回か出てきた“大サボテンの家”。今は誰も住んでなさそう…

 

f:id:yamajoshi:20170326143018j:plain

 

畑の間を歩きながら神成山を振り返ってみました。歩いてるときは気持ちのいい尾根道って感じだったけど、西上州っぽいゴツゴツしたお山でした。

 

f:id:yamajoshi:20170326143127j:plain

 

南蛇井駅には駅前にすでにオキナグサが咲いてました。お山よりもキレイに咲いてたけど、車がいっぱい来るからか砂まみれ(汗)。改札を通ってホームに進んでみると、ホーム脇や線路の中にめっちゃ群生してました~♡

 

f:id:yamajoshi:20170326143239j:plain

 

何かクチバシみたいに見える。今にもピヨピヨ鳴きそう(笑)

 

f:id:yamajoshi:20170326143336j:plain

 

元気のいい子。でも、これって開ききってないよね?もっと花びらが開くんだよね?

 

f:id:yamajoshi:20170326143426j:plain

 

ちっちゃいチューリップみたい♪

 

f:id:yamajoshi:20170326143513j:plain

 

フワフワの毛がキラキラ光ってる。

 

f:id:yamajoshi:20170326143624j:plain

 

最初は2株だったらしーんだけど、種が飛んでどんどん増えたみたい。神成山にも前はもっとたくさん咲いてたらしーけど、かなり少なかったからなー。ここは、条件があってるのかも?

 

f:id:yamajoshi:20170326143721j:plain

 

渋カワイイ電車に乗って神農原駅まで移動して、宮崎公園前の駐車場に戻りました。

 

f:id:yamajoshi:20170326143826j:plain

 

こんな感じのカラフルな電車も。上から見たのこれだったのかな?ゼブラ柄のもありました。

 

f:id:yamajoshi:20170326143920j:plain

 

電車の中から神成山を激写。さすがに全部は入らなかったけど、ガタガタ揺れてた割にはよく撮れたかも。

 

f:id:yamajoshi:20170326144020j:plain

 

神農原駅から宮崎公園までは10分もかからなかったかも。駐車場前に咲いてた菜の花もついでに撮っておきmさいた。。どこかに菜の花畑も見に行きたいな~

 

f:id:yamajoshi:20170326144109j:plain

 

帰りは下道で皆野を抜けて帰ってきました。車の中から見た美の山(箕山)は、まだお山全体が茶色い感じでした。来月、桜を見に来ようと思ってるけど、いつ頃がいいのかな…

 

神成山は日本一きれいなハイキングコースって書いてあるだけに、ホントに丁寧に整備されているハイキングコースでした。そこかしこに地元のヒト達の愛を感じたなぁ。9つのピークを全部踏もうと思ってたのに、第1ピークを見落としちゃったのは残念だったけど、目的の環境庁の絶滅危惧植物Ⅱ類に指定されてるオキナグサは見れてよかったとゆーことで。プラっと来るにはちょっと遠いけど、近くにこん手軽なお山があったら、毎日お散歩に来ちゃうかも(笑)

 

オキナグサのフワフワの毛を見てたら、ツクモグサを思い出しました。今年もツクモグサを見たいなーと思いながらも、杣添尾根の登りはちょっとキツかったしな…と思ったりするのでした。

2017年3月19日 不老山&大野山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20170320165607j:plain

 

金時公園P~不老山南峰~不老山頂~不老山南峰~世附峠~不老の滝~金時公園P…(車移動)…大野山駐車場~大野山頂~大野山駐車場

 

お天気がよさそーだったからお花を探しに行こうか、軽い雪山行こうかイロイロ考えてたらお仲間さんからお誘いがあって、静岡と神奈川の県境の不老山に行ってきました!なんとなーく名前だけは知ってたけど、自分の中の選択肢には今まで全くなかった不老山…。調べても特に惹かれるお山ではなかったんだけど、久々にお仲間さんと登るリハビリだーと思ったのと、そーいえば不老山のお隣の大野山でダイヤモンド富士が見れるタイミングだってことを思い出して行ってみることにしました。

 

場所的にそんなに遠くないので朝出発。道志から三国峠を抜けるルートで金時公園に向かいました。誰かのブログで8時には駐車場がほとんどいっぱいになってたって見たので大丈夫かなー?と思いつつ向かったけど、ガラ空きでした。このお山、人気ないのかな…(汗)。金時山に行った時にもいた標識の上の金太郎くんにご挨拶してから出発~

 

f:id:yamajoshi:20170320165711j:plain

 

ゆるゆるとしばらく階段を登って行くと展望台に着きました。木々が邪魔であんまり見晴らしはよくなかったです。冬枯れだから少しは見えたけど、夏は何にも見えないかも…。ここはまだ金時公園の中みたいでぐるっと遊歩道が続いてました。

 

f:id:yamajoshi:20170320165827j:plain

 

金時公園を出て林道に入るとすぐにこの看板?がありました。クイズが出題されてましたよ~(笑)。三国山に行ったときもカラフルなのがいくつかあったなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20170320165924j:plain

 

興味津津、雪は深深だって(笑)

 

f:id:yamajoshi:20170320165946j:plain

 

林道はこんな感じでした。歩きやすい道だな~って思ってたけど…

 

f:id:yamajoshi:20170320170017j:plain

 

このお山には鉄塔がたくさん立ってて、鉄塔のおかげで見晴らしがよくなってるところがいくつかありました。最初の鉄塔から見た富士山は霞んではいたものの、けっこう見えてました。でも、電線が邪魔だな…

 

f:id:yamajoshi:20170320170039j:plain

 

次の見晴らしポイント。電線は避けられたけど、やっぱり霞んでるし、手前のお山が富士山にかかってる(汗)

 

f:id:yamajoshi:20170320170104j:plain

 

レーズンみたいなのが落ちてました。なんの実だろ?

 

f:id:yamajoshi:20170320170150j:plain

 

アチラの木から落ちたみたいです。

 

f:id:yamajoshi:20170320170215j:plain

 

最初の崩落地…かなり派手にいっちゃってますね。ヒトが通るには問題なかったけど、林道も崩れてました。

 

f:id:yamajoshi:20170320170238j:plain

 

何の面白みもない林道をひたすら歩きました。ここは不老の千人広場?やっと登山道の標識が出てきました。

 

f:id:yamajoshi:20170320170306j:plain

 

ほぼ消えちゃってるけど不老の霊泉って薄っすら見えた。地図にある不老の清水のことかな??

 

f:id:yamajoshi:20170320170343j:plain

 

青空背景の金太郎くんがとても凛々しかったです。

 

f:id:yamajoshi:20170320172447j:plain

 

やっと登山っぽくなってきた(笑)

 

f:id:yamajoshi:20170320172522j:plain

 

新芽が頑張って生えてきてる。コケもいい感じ。

 

f:id:yamajoshi:20170320172604j:plain

 

登山道に入ったっていっても、林道とずっと平行してる感じでした。登山道は歩きにくいところがあったし、林道の方が楽なんじゃないか…と思ったりして。見える景色も大して違わないしね。

 

f:id:yamajoshi:20170320172640j:plain

 

ミヤマシキミの蕾。もうすぐ咲くかなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20170320172718j:plain

 

登山道がなくなって林道に出て、また登山道があったけどスルーして林道をひたすら歩いてたらいつの間にかとなりのコース(県境尾根?)に来ちゃってました。山頂に向かう登山道は落ち葉でフカフカ

 

f:id:yamajoshi:20170320172747j:plain

 

何かわからないけど、ちっちゃいお花のドライ。

 

f:id:yamajoshi:20170320172815j:plain

 

尾根は明るくて歩きやすい道でした。

 

f:id:yamajoshi:20170320172845j:plain

 

またしても標識が登場。帽子(アルミのボウル?)被ってました。“完全に不老の活路”ってどーゆー意味だろう?ちなみに他のルートにはもっとたくさんの標識があるみたいです。

 

f:id:yamajoshi:20170320172914j:plain

 

そして、不老山南峰に着きました。見晴らしはよくてベンチもあったからここで休憩でもよかったけど、さすがに1000m近くなって気温も少し下がってたし、少し風も出てきてたから山頂まで行くことにしました。それにしても、どんどん霞がひどくなってきてる気がしました。不老山からの眺めは全く期待してなかったけど、肝心の大野山が心配で仕方なかったです。

 

f:id:yamajoshi:20170320172952j:plain

 

南峰からほどなくして不老山の山頂に到着~。ピーク感はなくて広場みたいでした。テーブルとベンチがあったのでランチにしました。誰もいなくて、ホントに人気のないお山なんだねぇって話してたらマウンテンバイクに乗ったヒト達が数人来ました。山頂直下まで林道が続いてるから登って来れちゃうみたいです。

 

山頂直前の道は広葉樹と針葉樹で左右に綺麗に分かれてました。

 

f:id:yamajoshi:20170320173021j:plain

 

木にくっついて生えてる葉っぱ…。裏側にタマゴみたいなのがついてる。シダ系の植物?

 

f:id:yamajoshi:20170320173045j:plain

 

同じ道を戻るのはイヤだったので、世附峠に下りてみることにしました。世附峠からの林道は前の地図には崩落で通行止めって書いてあったけど、峠まで行けばきっと案内が出てるだろーし、もしダメなら他のルートから下山するつもりでした。峠に向かってどんどん下ります…

 

f:id:yamajoshi:20170320173113j:plain

 

けっこう急な斜面をどんどんどんどん下りました。こっちから登るのイヤかも(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20170320173148j:plain

 

やっぱり下りは早くてあっとゆー間に世附峠に到着。デカイ標識がありました。全部読んでたらかなり時間かかりそう(笑)。とりあえず、通行止めの案内はなかったのでここから下りてみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20170320173216j:plain

 

少し進むと二俣に林道が分かれてて、右側の林道(峰坂林道?)は通行止めになってたので、予定通り、左の林道(湯船林道?)に進みました。登りで歩いた林道と違って、キレイにならされた歩きやすい道でした。でも、この林道、過去にアチコチで崩落して通行止めになってただけあって、崩落の跡がたくさんありました。こんな感じでキレイに補修されてたところもあったけど、とにかく崩落しまくりって感じでした。

 

f:id:yamajoshi:20170320173243j:plain

 

またまたちっちゃいお花のドライ…。このお山の春はまだ遠いみたいで全体的に茶色でした。

 

f:id:yamajoshi:20170320173321j:plain

 

前にもどこかで見たけど、ナマコみたいな気持ち悪い実。

 

f:id:yamajoshi:20170320173355j:plain

 

木が木を器用に持ちあげてました(笑)

 

f:id:yamajoshi:20170320173428j:plain

 

木の墓場…枯れた木の根っこがたくさん。こーゆーので地盤が緩くなって崩れるのかなぁ?イヤ、鉄塔と林道のせいかな?

 

f:id:yamajoshi:20170320173512j:plain

 

一番キレイに補修されてたところ。この木の枠みたいなのは何だろう?吸い込まれそう…。ちなみに不老の清水は見つけられませんでした。きっと崩落で埋まっちゃったんだと思います。

 

f:id:yamajoshi:20170320173613j:plain

 

林道をひたすらプラプラ歩き続けてたら、茶色い世界の中でちっちゃい春を発見!!

 

f:id:yamajoshi:20170320173643j:plain

 

唯一のお楽しみのはずだった不老の滝。あまり近くまで寄れず、残念な感じに(汗)

 

f:id:yamajoshi:20170320173714j:plain

 

コケからニョロニョロ…

 

f:id:yamajoshi:20170320173749j:plain

 

ユリワサビ…

 

f:id:yamajoshi:20170320173843j:plain

 

そして、ゲート近くに咲いてた梅。さすがに麓付近には春が来てました。

 

f:id:yamajoshi:20170320173923j:plain

 

幕山の梅よりも花付きがよかった気がするけど、梅もそろそろ終わりだなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20170320174007j:plain

 

ゲートを通って山口橋。ここに最後の手作りの標識がありました。タクシーのお知らせは逆さまになっちゃってました。

 

f:id:yamajoshi:20170320174041j:plain

 

民家の間を通って、246の近くまで行って金時公園に戻りました。金太郎さん、ただいま~♪

 

f:id:yamajoshi:20170320174113j:plain

 

せっかくなので、駐車場の周りをウロついてみることにしました。何となく神社の裏に回ってみたら…

 

f:id:yamajoshi:20170320174140j:plain

 

なんと、ミスミソウを発見しちゃいました~♪まさかこんなところに咲いてるなんて…

 

f:id:yamajoshi:20170320174226j:plain

 

さすがに自生するとは思えないから誰かが植えたんだろーけど。

 

f:id:yamajoshi:20170320174301j:plain

 

前日に見たばっかりだったから、間違いないはず。

 

f:id:yamajoshi:20170320174333j:plain

 

お楽しみのなかった不老山だったけど、ちょっとラッキーな気分になりました☆

 

f:id:yamajoshi:20170320174357j:plain

 

神社はキレイ過ぎて惹かれなかったけど、神社裏の祠は雰囲気があっていい感じでした。

 

f:id:yamajoshi:20170320174431j:plain

 

お仲間さんと別れて、1人でお隣の大野山に向かいました。目的はダイヤモンド富士!!!この3連休がちょーど大野山付近で沈むダイヤモンド富士が見えるタイミングでした。大野山は山頂直下まで車で登れるので、細い山道をグネグネ走って行くと、ところどころ見晴らしのいいところがありました。

 

f:id:yamajoshi:20170320174514j:plain

 

駐車場には2~3台しか車はありませんでした。ダイヤモンド富士にはまだまだ時間的に早かったけど、せっかくだからおやつでも食べながら景色を楽しもうと思って山頂に向かいました。

 

f:id:yamajoshi:20170320174543j:plain

 

木彫りの動物がたくさんいました。牧場だから牛はわかるけど、それ以外にもイロイロいたよ…

 

f:id:yamajoshi:20170320174613j:plain

 

10分もかからずに山頂に到着~。広場みたいな広い山頂でした。東屋もトイレもあって、ベンチもたくさんありました。祠もあって、こんな手作り風の神様?もいましたよ~

 

f:id:yamajoshi:20170320174645j:plain

 

しばらく、山頂標識の近くでおやつを食べながら丹沢の山々を眺めてのんびり過ごすつもりだったけど、外国人のツアーがちょっとうるさくて我慢できなくなって、撮影ポイントらしきところに移動しました。相変わらず、富士山には霞も雲もかかっててダメかもしれないって思ってたんだけど…

 

何となーくそれっぽいモノを見ることができました。でも、あんまりキラキラしてないーーー(泣)

 

f:id:yamajoshi:20170320174711j:plain

 

ズームしてみたら山頂に雲は被ってるし、太陽の手前にも薄ーく雲が出てるしで、さすがにこれじゃキラキラするわけないよねって状況でした。残念…

 

f:id:yamajoshi:20170320174738j:plain

 

それでも、やっぱり富士山はキレイなので日が暮れて空の色が変わっていくのをしばらく眺めてたら、悔しいことに雲はどんどん減っていきました。

 

f:id:yamajoshi:20170320174802j:plain

 

山頂に戻るとすっかり人気がなくなって静まりかえってました。こんなところにも海外のツアー客が来るってすごいよなー。ここでこの時期にダイヤモンド富士が見れるのは3日間くらいなのに。

 

f:id:yamajoshi:20170320174831j:plain

 

空が真っ赤になることはなかったけど、絶妙のグラデーションがキレイでした。日が落ちた後の方がキレイになること多いのに、みんなさっさと帰っちゃってもったいないな。

 

f:id:yamajoshi:20170320174902j:plain

 

もっとずっと眺めていたかったけど、かなりおなかが空いてきたのでおうちに帰ることにしました。246は部分的に混んでたけど、google先生のおかげでほぼ渋滞なしですんなり帰ることができました。

 

まだリハビリ中なのでお仲間さんと一緒に歩けるのか、6時間も歩けるのか心配だったけど、お仲間さんがゆっくり付き合ってくれたおかげで歩ききることができました。でも、林道だらけだったにも関わらず、けっこう疲れたかも。やっぱり体力や筋力が落ちてるんだなーって改めて実感。夏に向けて少しずつ取り戻していかないと…

 

ちなみに、不老山はサンショウバラってゆーレッドリストに登録されてるお花が有名で、さすがにその時期は混むみたい。何もなければ二度と来ないお山だけど、サンショウバラは見てみたいからまた来ちゃうと思います!

 

それと、ダイヤモンド富士は、前年に引き続きビミョーな感じになっちゃったので、またどこかでチャレンジしまーす。

2017年3月18日 草戸山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20170319235610j:plain

 

法政大学BS〜城山かたくりの里〜金比羅宮〜草戸山頂〜高尾山口駅

 

ホントはお仕事に行こうと思ってたんだけど、予想に反してあまりにもいいお天気だったからウズウズしちゃって、どこか行きたいなーって思ったら我慢できなくなって(笑)。そう思った時にはすでにお昼前だったので近場でどこか良さげなところ…って考えて、ずっと見たかったミスミソウ(雪割草)を城山かたくりの里に見に行って来ました!とゆーことで、実は草戸山は単なるおまけで、かたくりの里だけだと歩き足りないから高尾山口までついでに歩いたって感じです。

 

おうちの近くのバス停からバスに乗って法政大学まで行って、そこから20分くらい歩くと城山かたくりの里に着きました。ピークにはまだ早いので駐車場は半分も埋まってませんでした。駐車場から入口に向かうところにすでに桜が咲いててワクワク♪

 

f:id:yamajoshi:20170320000050j:plain

 

まだカタクリがほとんど咲いてないってことで入場料は300円(本来は500円)でラッキー☆カタクリがあんまり咲いてないのはわかってたし、目的はミスミソウなので全く問題なし!入口を入るとすぐにダンコウバイが目に飛び込んできました。

 

f:id:yamajoshi:20170320000448j:plain

 

なんかヒトがたくさんしゃがんでるなって思ったらカタクリがポツポツ咲いてました。めっちゃカワイイ♡去年、二王子岳に行ったときに咲き残りをチラッと見たけど、ちゃんと見るのは初めて。シュッとしてて、今にも飛び立ちそう(笑)

 

f:id:yamajoshi:20170320000606j:plain

 

入口付近にちょこちょこ咲いてたけど、少し登ったところにも数株咲いてました。この透け感がいーよねー。葉っぱがたくさん出てきてたから、来週末くらいにはたくさん見れるんじゃないかなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20170320000919j:plain

 

数株しか咲いてない上にキレイに咲いてるのは遠いところが多かったから、撮るのにかなり苦労しました(汗)。やっぱり、望遠レンズ買おうかなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20170320000953j:plain

 

そして、お目当てのミスミソウがたっくさん♪真っ白なミスミソウの群生。清楚な感じでカワイイ ♡

 

f:id:yamajoshi:20170320001337j:plain

 

雄しべのムラサキがポイントになってる…

 

f:id:yamajoshi:20170320001415j:plain

 

ニョキニョキ生えてました。

 

f:id:yamajoshi:20170320001526j:plain

 

フチが薄~くピンク色になってる…

 

f:id:yamajoshi:20170320001629j:plain

 

丸っこくて全然形が違うけど、ミスミソウなのかな…

 

f:id:yamajoshi:20170320001718j:plain

 

これはちょっと斑?

 

f:id:yamajoshi:20170320001836j:plain

 

ムラサキの縁取り。このアタリはいろんな色が群生しててめちゃくちゃかわいかった~♡

 

f:id:yamajoshi:20170320002638j:plain

 

半分くらいピンク…

 

f:id:yamajoshi:20170320002003j:plain

 

ピンクとムラサキのコラボ。

 

f:id:yamajoshi:20170320002154j:plain

 

シロの縁取り…

 

f:id:yamajoshi:20170320002248j:plain

 

雄しべがめっちゃ主張してる。

 

f:id:yamajoshi:20170320002828j:plain

 

ちょっとムラサキがかったピンク…

 

f:id:yamajoshi:20170320002342j:plain

 

濃いピンク…

 

f:id:yamajoshi:20170320002440j:plain

 

ピンク系の群生。カワイイ~♡

 

f:id:yamajoshi:20170320002534j:plain

 

薄いムラサキ…

 

f:id:yamajoshi:20170320003002j:plain

 

変形???

 

f:id:yamajoshi:20170320003035j:plain

 

真ん中だけがシロ…

 

f:id:yamajoshi:20170320003118j:plain

 

これも雄しべがイジョーに大きい。

 

f:id:yamajoshi:20170320003146j:plain

 

シロが入ったムラサキ。

 

f:id:yamajoshi:20170320003246j:plain

 

斑っぽいムラサキ…

 

f:id:yamajoshi:20170320003340j:plain

 

濃いムラサキ。他にもイロイロあったと思うけど、全部撮りきれなかったし、日陰が多くてブレちゃってた(汗)。でも、たくさん見れて満足でした。

 

f:id:yamajoshi:20170320003408j:plain

 

フクジュソウかと思ったら、キバナセツブンソウなんだって。フツーのセツブンソウとずいぶん違うなって思ったら、ヨーロッパとかアジアの温帯に咲くお花みたいです。

 

f:id:yamajoshi:20170320003611j:plain

 

こっちはフクジュソウ…花びらが細い。

 

f:id:yamajoshi:20170320003503j:plain

 

少し丸っこい感じのフクジュソウ… 

 

f:id:yamajoshi:20170320003529j:plain

 

アズマイチゲは開いたお花が近くになくて、この状態のモノが精一杯(汗)。望遠レンズがあれば可愛く咲いてるのが撮れたんだけどなぁ…。アズマイチゲの葉っぱはダランって垂れてる。

 

f:id:yamajoshi:20170320194851j:plain

 

ユキワリイチゲ。葉っぱに模様みたいなのがあるからすぐわかります。

 

f:id:yamajoshi:20170320003923j:plain

 

シロのキクザキイチゲ。葉っぱが細かくギザギザしてて、アズマイチゲみたいに垂れてない。

 

f:id:yamajoshi:20170320003838j:plain

 

薄いアオのキクザキイチゲ

 

f:id:yamajoshi:20170320003948j:plain

 

濃いアオ?ムラサキ?のキクザキイチゲ

 

f:id:yamajoshi:20170320004028j:plain

 

ゴージャス?な八重のキクザキイチゲ

 

f:id:yamajoshi:20170320004100j:plain

 

サクラゲンカイツツジ。ピンクのお花の透け感が素敵すぎる。

 

f:id:yamajoshi:20170320004329j:plain

 

これも同じかな?かなり色が濃いけど…

 

f:id:yamajoshi:20170320004358j:plain

 

まだ咲ききってないミツマタ。今年こそは群生地に行きたいな。ミツバ岳か焼森山か…

 

f:id:yamajoshi:20170320004452j:plain

 

おおー、なんだこれは?!今までに見たことないくらい大きなミツマタでビックリ。直径5cmくらいはあったかな?タイリンミツマタ

 

f:id:yamajoshi:20170320004523j:plain

 

キイロの大きなポンポンがフワフワ浮いてる様は圧巻でした!!

 

f:id:yamajoshi:20170320004600j:plain

 

ベニミツマタ。これも咲いたら赤いポンポンになってカワイイだろーなー

 

f:id:yamajoshi:20170320005145j:plain

 

ブンゴウメ。フツーの梅とはちょっと違うなって思ったら、梅と杏の雑種?中間?みたいです。なかなか可愛いヤツでした。

 

f:id:yamajoshi:20170320004928j:plain

 

透け感がいい感じなのに、背景が青空じゃないのが残念…(涙)

 

f:id:yamajoshi:20170320004859j:plain

 

コヒガンザクラ。めちゃくちゃカワイイー♡

 

f:id:yamajoshi:20170320005011j:plain

 

カワヅザクラはそろそろ終わりかな?葉っぱがたくさん出てました。

 

f:id:yamajoshi:20170320005040j:plain

 

 半分以上お花が落ちちゃってた終盤のバイカオウレン

 

f:id:yamajoshi:20170320162602j:plain

 

鈴なりに咲くアセビ天城山アセビトンネルも行ってみたい。

 

f:id:yamajoshi:20170320162648j:plain

 

ちゃんと開いてなかったけど、いわゆる日本のセツブンソウ。この間、山の花道で見たヤツ。

 

f:id:yamajoshi:20170320162734j:plain

 

ツバキのイメージを大きく変えた、迫力満点のボクハンツバキ。

 

f:id:yamajoshi:20170320005321j:plain

 

ボケ。和風なお花。

 

f:id:yamajoshi:20170320162314j:plain

 

夏前くらいからアチコチで見かけるショウジョウバカマ。変わった形のお花だから初めて見た時は『わーーっ』ってなったな。すっかり見慣れちゃったけど(笑)

 

f:id:yamajoshi:20170320162445j:plain

 

ムラサキハナナ。最初、ムラサキナハハだと思ってたんだけど、“ハナナ”が正解でした。

 

f:id:yamajoshi:20170320162510j:plain

 

ひょろひょろと咲くマンサク。不思議なお花…

 

f:id:yamajoshi:20170320162842j:plain

 

ヒュウガミズキ。まだ蕾がほぐれ始めたばかり…

 

f:id:yamajoshi:20170320162932j:plain

 

チャルメルソウってかいてあったけど、正確にはコチャルメルソウかな?

 

f:id:yamajoshi:20170320163040j:plain

 

青空背景に撮りたかったけど、あいにくの曇り空になっちゃってうまく色が出なかったキブシ。

 

f:id:yamajoshi:20170320163121j:plain

 

入口付近に咲いてたフキノトウ。もっと育ってるのもたくさんありました。 

 

f:id:yamajoshi:20170320163343j:plain

 

気が付いたら何も飲まず食わずで2時間が経ってました。まだまだお花が少ないってことだったけど、十分たくさん咲いてたから夢中になってしまった…(汗)。草戸山を経由して高尾山口駅まで行くと18時くらいになりそうで、ヘッデンも持ってきてなかったから迷ったけど、急ぎ足で行けば巻けるかなって思ってハイキングコースに向かいました。

 

最初は竹が混ざった平坦な歩きやすい道でした。

 

f:id:yamajoshi:20170320163613j:plain

 

しばらく歩くと評議原という広場っぽいところに着きました。ここは紅葉が綺麗みたいです。ベンチとテーブルがあったからゆっくり休憩したかったけど、どんどん日没が迫ってくるのでおにぎりを1個だけ食べてすぐに歩き続けました。

 

城山湖の駐車場に着くと駐車場には桜らしきものが咲いてました。本沢梅園の梅も咲いてたけど、見頃はちょっと過ぎちゃった感じだったかな。ゆっくり見たかったけどスル―して、金毘羅宮もスル―して、津久井湖畔に向かいました。津久井湖畔のゲートは3月はまだ16:00まででした。この時すでに15:40…ギリギリでした。

 

f:id:yamajoshi:20170320163851j:plain

 

反対側のゲートを無事に通過すると試練のような長ーい階段が出て来ました。でも、脇に道っぽいのができてたからほとんどはそこを拝借。

 

f:id:yamajoshi:20170320163935j:plain

 

アップダウンを繰り返して、もうちょっとで草戸山…とゆーところでまた階段。またまた脇にできてる道を拝借しました。

 

f:id:yamajoshi:20170320164039j:plain

 

とゆーことで草戸山頂に到着しました。ここまで来れば暗くなる前に高尾山口駅まで行けるなって思ったけど、念のため休憩せずに歩き続けました。ちなみに、完全に曇ってしまったので、みはらし休憩所の見晴しはあまりよくなかったです。 

 

f:id:yamajoshi:20170320164244j:plain

 

山頂に植えられてたスイセン

 

f:id:yamajoshi:20170320164336j:plain

 

さあ、下ろうと思ったら何気に急な下りでした。前に歩いたことあるど、こんな感じだったっけ?

 

f:id:yamajoshi:20170320164403j:plain

 

下りを期待してたのに、下ったと思ったら登らされ、また下ったと思ったら登らされ…低山特有のアップダウンの繰り返し。いつの間にか、お日さまもかなり低い位置にいらっしゃいました。

 

f:id:yamajoshi:20170320164515j:plain

 

アオキの赤い実以外は色のついたモノがなくて茶色い世界だなーって思ってたら、ウグイスカズラがひっそり咲いてました。

 

f:id:yamajoshi:20170320164544j:plain

 

散歩のつもりでスニーカーで来ちゃったから、急下り続きで足が痛くて痛くて。そろそろ限界だよーって思った頃に下界の音が大きくなってきて、民家の間を通り抜けて甲州街道に出ました。けっこう遅い時間なのに高尾山帰りのヒト達がまだまだいて、そのヒト達に交じって高尾山口駅まで行って電車で帰りました。

 

できるだけ植えられたお花じゃなくて自生してるお花が見たいから、今まで行ったころがなかった城山かたくりの里。行ってみたら、見たことのないお花がたくさん咲いててなかなか素敵なところでした。こんなところが近くにあるなら、キイロカタクリが咲く頃にも1回行こうかな~

 

そして、南高尾山陵はアップダウンがけっこうあって、トレーニングにとても適しているということを再認識しました(北高尾山陵もだけど)。花粉の季節が過ぎたら、ちょくちょく歩くことにします(笑)

2017年3月12日 日向山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20170312221033j:plain

 

道の駅果樹公園あしがくぼP~芦ヶ久保大観音~琴平神社~日向山頂~山の花道周回~日向山分岐~道の駅果樹公園あしがくぼP

 

例年、この時期は雪山に行ってたから、お山に行ってもあんまり花粉症は関係なかったけど、今シーズンは雪山に行けない。でも、お山には行きたい。かなり体力も筋力も落ちちゃってるからリハビリしたいし、低山でもお山を歩きたい…。とゆーことで、リハビリ第3弾、セツブンソウを見つけにソロで日向山に行ってきました!日向山ってゆーと白砂の南アルプス前衛がメジャーだけど、今回は奥武蔵の日向山です。

 

東京の天気予報は曇りだったけど、芦ヶ久保の予報は9:00過ぎから晴れだったので、9:30位に着くように出発しました。駐車場は広いし、コースタイムが短いからゆっくり出発でも問題なし。道の駅果樹園あしがくぼに着くとお店の開店前なのにすでに駐車場はいっぱいでした。サクッと準備して出発~

 

民家の脇で見つけたこの実は何だろ?帽子かぶってるみたいでちょっとカワイイ。

 

f:id:yamajoshi:20170312221239j:plain

 

少し歩いたところの分岐を風の道コースに進みました。このアタリの梅はまだ蕾が多いなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20170312221337j:plain

 

急な舗装路を登りきると観音様とご対面~。正座してる観音様って珍しいかも。それにしても穏やかなお顔で癒されます。奥に武甲山も見えました。

 

f:id:yamajoshi:20170312221427j:plain

 

登山道っぽくなった道端にモフモフを発見!

 

f:id:yamajoshi:20170312221536j:plain

 

小さい橋を渡って、本格的な登山道に突入です。

 

f:id:yamajoshi:20170312221625j:plain

 

冬枯れの気持ちのいい道でした。低山だし、公道に近いから車やバイクの音が聞こえてきちゃうけど、それでもこんな道を歩いてるだけで楽しくなっちゃう♪ちなみに、標識に高原パーク横瀬(風の道コース)って書いてあったんだけど、高原パーク横瀬って何だろ?

 

f:id:yamajoshi:20170312221705j:plain

 

左側が開けて、武甲山が見えました。

 

f:id:yamajoshi:20170312221845j:plain

 

少し歩くと、さらに見晴らしがよくなって、武甲山がよく見えるよーになりました。段々になってるところにシマシマに雪が残ってる。行こう、行こうと思いつつ行けてない武甲山。もう少し長く歩けるよになったら行ってみようかな。 

 

f:id:yamajoshi:20170312221922j:plain

 

朝の気温は4℃でまだまだ寒かったから、もちろんお花は全然咲いてないんだけど、カワイイ綿毛。新芽がちょこちょこ出てきてました。

 

f:id:yamajoshi:20170312222050j:plain

 

冬枯れてるから風が通りそうな明るい道だけど、夏はどーなってるんだろーか?でも、ココは広葉樹っぽいから秋の紅葉がよさそーかも。花粉症にとっては杉が少なくて嬉しい。杉林のシュッとした感じもキライじゃないけど、なんかアレって人工的な気がするんだよね…

 

f:id:yamajoshi:20170312222358j:plain

 

何てことないよくあるキノコ。ミラーレスにしたばっかりだから、とにかく何でも撮ってみたい(笑)。こんな写真すらキレイに撮れるようになった気がする。

 

f:id:yamajoshi:20170312222639j:plain

 

舗装路に出て振り返ってみると、梅と武甲山のコラボ。もっと梅が咲いてて、快晴だったらキレイだったのになー。このアタリには車であがってきてるヒトもたくさんいました。いちご狩りかな??

 

f:id:yamajoshi:20170312222805j:plain

 

日向山方面に向かって鳥居をくぐって階段を登っていくと琴平神社がありました。

 

f:id:yamajoshi:20170312223004j:plain

 

一礼だけして進んで行くと動物柵があって、それを通り抜けると苦手な階段が…

 

f:id:yamajoshi:20170312223108j:plain

 

マスクしてるから息苦しいし、ヒーヒー言いながら登って、やっと少し平坦なところに出たと思ったら、またもや階段。でも、左に踏み跡があったので迂回ルートかな?って思って進んでみたら、キャンプ場?の脇を通る迂回ルートでした。みんな真面目に階段を登ってるのか、ちょっとワイルドな道だったけど、尾根道に出るとしっかりとした道になりました。久々にフカフカの落ち葉の上を歩くのも気持ちよかった~♡

 

f:id:yamajoshi:20170312223446j:plain

 

このアタリも紅葉がよさそう。今年の紅葉の時期は来てみたいな。牛ノ寝とか丹波天平に似た雰囲気。

 

f:id:yamajoshi:20170312223613j:plain

 

道の両脇が笹原になるとすぐに日向山の山頂に到着~。立派な展望台がありました。

 

f:id:yamajoshi:20170312223905j:plain

 

快晴じゃないからスッキリとはいかなかったけど、周りの山々がよく見えました。伊豆ヶ岳、二子山、武川山、大持山、武甲山。ん?左上に薄っすら環水平アーク?暈?全然気づかなかった…

 

f:id:yamajoshi:20170312224133j:plain

 

金色の恵比寿様がいらっしゃいました。

 

f:id:yamajoshi:20170312224341j:plain

 

少しだけおやつ休憩して山の花道に向かうことにしました。最初は緩い下りなんだけど、途中からケッコウ急な階段になりました。脇に踏み跡もあるけど落ち葉で滑りやすいので要注意。

 

f:id:yamajoshi:20170312224733j:plain

 

下りきると急に開けて山の花道の駐車場が見えました。甘い香りがしてきたな…と思ったらロウバイでした。もうそろそろ終わりって状態だったけど、相変わらず青空にキイロのお花がよく似合います。満開の時に武甲山とセットで撮りたいな。

 

f:id:yamajoshi:20170312225000j:plain

 

一度、舗装路に出て、山の花道の地図を確認してから山の花道に入ったんだけど、よくわからず(汗)。とにかく一番奥まで行ってみることにしました。それにしても、こんなに階段下るんだね…

 

f:id:yamajoshi:20170312225406j:plain

 

分岐を曲がらずにとにかく道なりに階段をずーっと下りてたら、登ってきたご夫婦がこの下の橋のところと分岐の階段の下の橋のところにセツブンソウが咲いてるって教えてくれました。橋の手前の斜面で目を凝らしてみると、枯葉の間からセツブンソウが顔を出してました。はじめまして~♪

 

f:id:yamajoshi:20170312225739j:plain

 

ちょこちょこ咲いてたんだけど、なかなかいいアングルで撮れなかったのでもっと咲いてるとゆーもう1つの橋の方へ川沿いを歩いて移動しました。

 

f:id:yamajoshi:20170312230147j:plain

 

お!まとまって咲いてる~♡

 

f:id:yamajoshi:20170312230230j:plain

 

真上から。白いのは花びらじゃなくて萼らしいです。

 

f:id:yamajoshi:20170312230437j:plain

 

お日さまにあたって神秘的な感じ。群生しててもキレイかもしれないけど、ポツポツ咲いてるのも可憐な感じでいいです。

 

f:id:yamajoshi:20170312230507j:plain

 

寄りそって枯れ葉の下から出てきてる…

 

f:id:yamajoshi:20170312230602j:plain

 

そんなにたくさん咲いてるってわけじゃなかったけど、可愛く咲いてるのが見れて大満足。ちなみに、この階段から下りてくるとセツブンソウがまとまって咲いてるところに出ます。この階段を登るのはイヤだったので、川沿いを歩いて戻ることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20170312230641j:plain

 

一度、舗装路に出て少しだけ登り返して日向山分岐に向かって歩きました。このアタリはよくある杉林…

 

f:id:yamajoshi:20170312230755j:plain

 

下山するつもりが何故か登りだったので、素直に舗装路を下ればよかった…って思ったけど、すぐに分岐に着きました。分岐から丸山方面に少し行くと、鳥居と祠がありました。ホントにこのアタリは山岳信仰なんだなぁって改めて実感。

 

f:id:yamajoshi:20170312230723j:plain

 

しばらく下ると明るい道になりました。お散歩するならこーゆー道が好き。

 

f:id:yamajoshi:20170312230832j:plain

 

道標に必ずいた鳥さん。お世話になりました。

 

f:id:yamajoshi:20170312230900j:plain

 

 民家の畑?に咲いてたダンコウバイ。

 

f:id:yamajoshi:20170312230924j:plain

 

道の駅果樹公園あしがくぼまで戻って、名物のみそポテトを食べました。おいしかったけど、1本で十分かな…2本セットで350円でした。帰りに気になってた日影沢に寄ってみることにしました。曇ってきちゃってたけど、夕方のほうが梅見物のヒト達もいなくなって空いてるかな?って思って行ってみることにしました。

 

日影沢の駐車場はまだ車がたくさん停まってたけど、なんとかスペースを見つけて停めることができました。レコで確認してた木道を歩いて川沿いに下りてみると遠目にも小さいツブツブが見えました。

 

おぉ~っっ、ずっと会いたかったハナメコノメです♡

 

f:id:yamajoshi:20170312230954j:plain

 

シロとアカの組み合わせがめちゃくちゃカワイイ~♡

 

f:id:yamajoshi:20170312231023j:plain

 

数mmしかない華奢なお花があまりに可愛すぎて、シャッター切りまくりでした。セツブンソウの何倍も撮った気がします(笑)

 

f:id:yamajoshi:20170312231048j:plain

 

ちょーどいい開花具合じゃないかな?これですこし日が差し込んでたりしたらサイコーだったんだけど。

 

f:id:yamajoshi:20170312231114j:plain

 

開ききってるお花もボチボチあって、赤い部分がすでに落ちちゃってるモノもちょこちょこ見ました。

 

f:id:yamajoshi:20170312231154j:plain

 

こんな感じでびっしり群生してるところもあります。ちょっと暗かったけど…

 

f:id:yamajoshi:20170312231222j:plain

 

場所に寄ってはまだまだ蕾の方が多いところもありました。

 

f:id:yamajoshi:20170312231250j:plain

 

ユリワサビもちょこちょこ咲いてました。このお花もシンプルでカワイイよね~

 

f:id:yamajoshi:20170312231322j:plain

 

群生してないのもいい感じ♪

 

f:id:yamajoshi:20170312231346j:plain

 

この2つ並んだお花が開き具合もカワイイな~って思ったんだけど、薄暗かったからなかなかピンが合わなくて…。やっぱり、お日さまが出てる時に撮りたいから、来週は小下沢に見に行ってみようかな?

 

f:id:yamajoshi:20170312231414j:plain

 

最後に、駐車場の前の斜面でみつけたアズマイチゲ…かな?全く開いていないのも数株ありました。

 

f:id:yamajoshi:20170312231439j:plain

 

日影沢から帰る時には梅見物のヒトもかなり少なくなってました…。もう16:30とかだったしね。

 

セツブンソウだけを楽しみに向かった日向山だったけど、1時間くらいで手軽に登れちゃうし、奥武蔵の山々が見渡せて、なかなかよかったです。1時間も登るのがキツイよってヒトは山の花道の駐車場まで車で来れば、楽々で登れます。ちょっと、日向山への登りは急だけど、距離が短いから頑張れるんじゃないかな。山の花道は、ちょっと荒れてて、あんまり手入れされてない感があったけど、急なところにきちんと階段とかつけてくれてるだけで感謝です。それにしても花粉がヒドイ…この時期に低山に入るなんて自殺行為だよね(汗)

 

3月末には山の花道にカタクリがたくさん咲くみたいなので、今度は丸山にも登ってカタクリを見に行きたいと思いまーす。

2017年2月26日 幕山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20170305135202j:plain

 

幕山公園第5駐車場~湯河原梅園入口~幕山頂~湯河原梅園入口~幕山公園第5駐車場

 

HPを見たら見頃になってたし、お天気もぼちぼちよさそーだったから、リハビリ第2弾で湯河原の幕山に両親と行ってきました!目的はもちろん湯河原梅林の梅観賞。レコで見てた山麓が梅に彩られるあの風景を見てみたいな~ってずっと思ってたけど、例年この時期は雪山にガッツリ入ってる時期で行けなかったからね。

 

幕山公園の第1~第4駐車場は湯河原梅園開園の9:00からしか開かないらしかったけど、登山者用(?)に第5駐車場は早くから開いてるとゆー情報を元に8:00位に着くように出発しました。圏央道がまだなかった頃は湯河原までってけっこう時間かかったけど、あっとゆー間に到着しました。着いた時には、第5駐車場もそろそろいっぱいにないそうな感じになってました。いっぱいになったら第4駐車場も開くのかな?それとも待たされるのかな?緩いアスファルトの坂道をユルユルと登っていくと湯河原梅林『夢の宴』の入口に到着。第5駐車場から5分位かな?9:00から開園ということで、料金300円は帰りに払ってくださいって言われたけど、帰りにわざわざ払うヒトはいないでしょ(笑)

 

幕山公園に入ると山麓斜面が白やピンクの梅に彩られた幕山が目に飛び込んできました。なかなかいい感じ♪

 

f:id:yamajoshi:20170305135328j:plain 

できるだけヒトが少ないうちに見て周りたかったから、早々に梅林を散策し始めることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20170305135530j:plain

 

幕山登山口の標識もあったけど、ここから入っても最初は梅林の中を歩くことになります。梅林を右上に進んでいけば登山道です。

 

f:id:yamajoshi:20170305135731j:plain

 

青空にピンクが映える~♪

 

f:id:yamajoshi:20170305135901j:plain

 

何かお花が少ないかも…スカスカな感じ(汗)

 

f:id:yamajoshi:20170305135958j:plain

 

離れて見た時はけっこう咲いてた気がしたんだけど、近くで見るとなんだかビミョー(汗)。蕾が付いてるところもあるけど、何にもない枝って…

 

f:id:yamajoshi:20170305140032j:plain

 

こーやってちょっと離れて見るとまあまあいい感じ。梅のトンネル。

 

f:id:yamajoshi:20170305140101j:plain

 

透けた花びらもキレイ~。でも、もうちょっとISO感度上げてもよかったかも?まだまだミラーレスが使いなれなくて、ろくに設定も確認しないまま撮り続けちゃいました…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20170305140135j:plain

 

このアタリは蕾が多いかな?見頃は来週?咲き終わってるのもあり、まだ蕾のもあり、ってゆーか、そもそも花がつきそうもない枝がたくさんあるんですけど。

 

f:id:yamajoshi:20170305142029j:plain

 

派手さはないけど、カワイイお花♡

 

f:id:yamajoshi:20170305142104j:plain

 

紅白梅の競演~♪

 

f:id:yamajoshi:20170305142135j:plain

 

それでも、なんとなーくパシャパシャ撮ってみました。カラダのリハビリはもちろん、カメラの練習も兼ねてたからね。まだまだミラーレスが慣れなくて、コンデジの方がうまい構図で撮れそう(苦笑)

 

f:id:yamajoshi:20170305142229j:plain

 

もうちょっと陽が差してればキレイに透けたんだけどなぁ…

 

f:id:yamajoshi:20170305142304j:plain

 

こっちはまあまあかな?

 

f:id:yamajoshi:20170305142331j:plain

 

ここ幕山はクライミングの練習場にもなってます。岩に張り付いてるヒトがたっくさん。このくらいなら登れそうカモ?

 

f:id:yamajoshi:20170305142418j:plain

 

梅林終点のこのアタリからの眺めがいい感じです。

 

f:id:yamajoshi:20170305142447j:plain

 

しばらく梅林散策して、両親が飽きてそうだったので幕山に登ることにしました。梅林の南東の端っこが登山口になってて、梅林を抜けてそのまま登っていく感じです。最初は木の階段。ビミョーに登りにくいから、階段脇のところを登って行きました。

 

f:id:yamajoshi:20170305142544j:plain

 

しばらくすると東屋があったりして、とにかく九十九折にずーっと登って行きました。階段が終わるとユルユル道に。冬枯れのお山は寂しい感じがするけど、この寂しい感じもキライじゃないかも。

 

f:id:yamajoshi:20170305142800j:plain

 

何の実だろー?ドライになってる。

 

f:id:yamajoshi:20170305142932j:plain

 

アジサイドライフラワー

 

f:id:yamajoshi:20170305143101j:plain

 

途中、谷側が開けてるところが一ヶ所あって、そこからは真鶴半島がよく見えました。

 

f:id:yamajoshi:20170305143222j:plain

 

さらにどんどん登って行きました。写真を撮らない両親はどんどん進んじゃうので、追いつこうと思ってピッチを上げたけど、太り過ぎてるのと体力が落ちてるのとでキツイキツイ…。汗ダラダラ。低山だからアンダーは半袖でもよかったかも。ハイキングコースだから基本的に歩きやすくはなってたけど、一ヶ所だけちょっとだけ急なところがあって、下りは滑りそうだったな。

 

f:id:yamajoshi:20170305143337j:plain

 

タチツボスミレを数株発見~!!落ち葉の間から頑張って顔を出してるところがカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20170305143557j:plain

 

最後、ちょっとだけグチョグチョなところを過ぎると幕山の山頂に到着しました。開けた山頂にはすでにシートを敷いてるヒトがたっくさん。広場みたいになってる山頂は眺めこそあんまりよくないけど、のんびりくつろぐにはいいかもね。休憩してると雲が出てきて、日陰ってきて肌寒くなってきたので下山することにしました。南郷山に行くヒト達が羨ましかったけど、また、次の機会にとっておきます。

 

下山してると、ぞくぞくとヒトが登ってきました。人気のお山なんだねぇ。特に見所もないので、サクサクっと下山して再び梅林を散策~

 

f:id:yamajoshi:20170305143833j:plain

 

できるだけ綺麗なお花を探したんだけどなかなかないし、密集して咲いてるところもあんまりなかったから、写真に収めるのは難しかった…

 

f:id:yamajoshi:20170305143918j:plain

 

とゆーことで、ほとんどいい写真は撮れなかったんだけど、この写真はケッコウ好きかも。

 

f:id:yamajoshi:20170305143958j:plain

 

こーやって見ても、やっぱりお花の数は少ない。

 

f:id:yamajoshi:20170305144030j:plain

 

巨岩がゴロゴロしてるので、クライマーだけじゃなくボルダーもたくさんいました。

 

f:id:yamajoshi:20170305144100j:plain

 

このアタリはちょっといい感じ。

 

f:id:yamajoshi:20170305144129j:plain

 

キレイなお花だけってのがなかなかない。真ん中がよくても上下がダメだったり…

 

f:id:yamajoshi:20170305144202j:plain

 

両親は飽きてたみたいだったけど、せっかく来たんだからって1人で西側の端っこまで歩いてみました。

 

f:id:yamajoshi:20170305144234j:plain

 

西側の端まで散策路を歩いて、アスファルトの遊歩道に下りると道端にオオイヌノフグリの群生がアチコチに。昔は何とも思わない雑草だったけど、今は可愛く思えるから不思議。

 

f:id:yamajoshi:20170305144310j:plain

 

遊歩道を歩いてるとフォトスポットらしきところを発見!池があって、梅が綺麗に植えられてて、幕山もちゃんと背景になるようになってました。

 

f:id:yamajoshi:20170305144536j:plain

 

最後に幕山を眺めながら、名物の『梅ソフト』を食べてました。梅っていっても全然酸っぱくはなく、小梅ちゃんに近い感じの甘い梅味でした。おいしかった~☆

 

f:id:yamajoshi:20170305144658j:plain

 

駐車場に戻る時にウッドチップが敷いてある売店前広場を抜けて、2本だけ植えてある河津桜を鑑賞。こーゆーの撮ってると、もっと明るいレンズが欲しいなぁって思っちゃう。

 

f:id:yamajoshi:20170305145257j:plain

 

やっぱり梅よりも桜の方が撮りがいがあるなぁ。キレイ~♡

 

f:id:yamajoshi:20170305145431j:plain

 

逆光もまたよし。

 

f:id:yamajoshi:20170305145516j:plain

 

公園を出ると駐車場待ちがすごいことになってました。50台くらいは並んでた気がします…。あのヒト達はいつになったら入れるんだろ?(汗)。バスも列ができてたけど、バスはどんどんきてたからすぐに乗れてた気がする。帰りは節約して、高速&有料道路は一切使わずに帰りました。1人だったら往復下道の予定だったしね。

 

幕山の梅林は思ったよりもショボくて残念な感じでした。梅林自体は広いけど、花付きがとにかく悪い。もう、木が古いからかなー?直前の強風で散っちゃったのかなー?あれ見頃って言われても家の前に咲いてる梅の方がずっと花付きがいーんですけど(苦笑)。でも、ボチボチいいお天気の中でのお散歩は気持ちよかったから良しとします。ちなみに、帰りも入園料はもちろん払いませんでした。チェックされないからね。

 

梅はイマイチだったし、帰りの下道も混むから、来年また行くか?って聞かれるとちょっと考えちゃうけど、普段は駐車場は無料だし、高尾山と同じような感じで登れるからスニーカーでも大丈夫だし、のんびりお散歩にはいいと思います。

2017年2月12日 日和田山~物見山~愛宕山~スカリ山~橋本山(日帰り)

f:id:yamajoshi:20170305163118j:plain

 

高麗駅~日和田山登山口~女坂~金比羅神社~日和田山~高指山~駒高集落~物見山~北向地蔵~愛宕山~スカリ山~エビガ坂~ユガテ~福徳寺~東吾野駅

 

数ヶ月の間、おうちの中から冬晴れの青空を眺めて“あぁ、お山に行きたい…あぁ、雪山に行きたい…”ってずーっと恨めしく思ってたけど、故障してたところが少し良くなってきたから、そろそろ復活準備してみよーかなーってことで、リハビリ第1弾でスカリ山にソロで行ってきました!ロウバイが見たかったから宝登山に行こうと思ってたんだけど、混んでるところはあんまり好きじゃないから、ロウバイの数は少なくても静かに自然を楽しみながら歩けそうなスカリ山に行くことにしました。

 

車で行くかどうかも迷ったけど、しばらく歩いてないから帰りはグッタリかも?と思って電車にしました。高麗駅を降りると、駅前のベンチにはトレランのヒトやハイキングのヒトがけっこういました。巾着田方面に車道を歩いて、民家の間を抜けると登山口に到着。登山道は右って書いてあったけど、トイレは直進したところ…何でだろ?石仏に無事の下山をお祈りして登山道に入っていきました。

 

f:id:yamajoshi:20170305163626j:plain 

久々に歩く自然の中はめちゃくちゃ気持ちいいっ!新鮮な空気をいっぱい吸いながらユルユルと歩いていきました。あ、画角が変わっちゃった(汗)。ミラーレス使うの2回目なのでまだ扱いが慣れなくてオロオロ…

 

f:id:yamajoshi:20170305163735j:plain

 

しばらくすると一の鳥居?に到着。鳥居の向こうには男坂と女坂の分岐がありました。普段なら迷わず男坂を選ぶけど、まだ、カラダは完治してないし、転んだりするのは絶対にマズイから女坂を進みました。

 

f:id:yamajoshi:20170305164401j:plain

 

女坂はそれまでの道に比べると岩々なところとかもあって、ちょっとだけ急だったりしたけど危ないところは全くナシ。

 

f:id:yamajoshi:20170305164542j:plain

 

岩の上に観音様…みんなの安全をそっと見守ってました。焦点距離がわからなくて、なかなかいいアングルで撮れず(汗)

 

f:id:yamajoshi:20170305164707j:plain

 

杉林は人工的であんまり好きじゃないけど、木々の間からスーッと入ってくる日差しを見ると悪くないなぁって思ったり。

 

f:id:yamajoshi:20170305164820j:plain

 

気持ち良く歩いているとあっとゆー間に開けたところに出ました。二の鳥居からは巾着田が良く見えました。陽があたって暖かいし、眺めもいいので休憩してるヒトが数人いました。

 

f:id:yamajoshi:20170305164849j:plain

 

少し右を見ると富士山も見えましたよ~♪富士山の右側の高いお山は大岳山。

 

f:id:yamajoshi:20170305164923j:plain

 

振り返ると金比羅神社。ここから日和田山の山頂まではすぐでした。

 

f:id:yamajoshi:20170305165017j:plain

 

山頂への最後の登り。岩っぽくてちょっとだけ急です。

 

f:id:yamajoshi:20170305165054j:plain

 

和田山の山頂は開けてなくて薄暗い感じなので閑散としてました。でも、木々の間から覗くと遠くに筑波山が…

 

f:id:yamajoshi:20170305165135j:plain

 

スカイツリーとか都心方面も見えました。

 

f:id:yamajoshi:20170305165228j:plain

 

そして、よくわからないけど立派な塔が立ってました。

 

f:id:yamajoshi:20170305165304j:plain

 

和田山からの下りは何気にちょっと急でした。転ばないように慎重に足を運びました。

 

f:id:yamajoshi:20170305165343j:plain

 

上を見上げてみたりして、お山を満喫!!

 

f:id:yamajoshi:20170305165416j:plain

 

下りきって高指山を指す方へ少しだけ登ると大きなアンテナに遭遇。地図だとアンテナあたりが高指山の山頂な感じだったんだけど、アンテナに向かう車道には鎖がかかってて、その前にベンチもあったから入れないのかな?って潔く諦めることにしました。後から調べたら、フェンス沿いに進んでいくと、小さい山頂標識があるみたいでした。

 

f:id:yamajoshi:20170305165507j:plain

 

車道をどんどん下っていくとフワッと甘い香りが…お目当てのロウバイに遭遇~♪わわわ~カワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20170305165547j:plain

 

ロウバイ越しに富士山も!

 

f:id:yamajoshi:20170305165626j:plain

 

富士山とロウバイ。もーちょっと富士山が大きく撮れるとよかったけど、さすがに埼玉からじゃねぇ…

 

f:id:yamajoshi:20170305165737j:plain

 

夢中で撮ってたけど、その間にたくさんのヒト素通りして行きました。こんなにキレイなのに~。青空とキイロのお花のコラボが秀逸。でも、もう終わりに近いみたいで、花びらのフチが茶色くなってるお花ばっかり。

 

f:id:yamajoshi:20170305165705j:plain

 

お日さまとのコラボ。キラキラしてキレイ☆

 

f:id:yamajoshi:20170305165816j:plain

 

花びらの透けてるロウバイもキラキラ。こんな透け感もいーよね。今まで使ってたコンデジはF1.8でレンズが明るくてオートで星が撮れたりしてかなり優秀だったけど、ミラーレスにしてやっぱりよかった♪全然使いこなせてないけど、キットのズームレンズでもやっぱり写りが違う気がする。でも、明るい短焦点のレンズも欲しいなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20170305165850j:plain

 

ひとしきりロウバイを堪能して、売店前で擦り寄ってくるネコを無視して、物見山に向かって再び登山道に入りました。駒高部落のところには東屋もありました。トイレもあったかも?

 

f:id:yamajoshi:20170305170725j:plain

 

恵比寿様と大黒様に会いました。イイコトあるかなぁ?

 

f:id:yamajoshi:20170305170401j:plain

 

物見山の山頂は全く眺めはないけど、ちょっとした広場みたいになっててベンチもあったので何人かのヒトが休憩してました。

 

f:id:yamajoshi:20170305170538j:plain

 

ユルユル下って行くと北向地蔵に出ました。この後も無事に歩けますようにってお祈りして先に進みます…

 

f:id:yamajoshi:20170305170814j:plain

 

北向地蔵からは車道を登って行く感じだったんだけど、“大展望”って書いてある標識をみつけたので目の前の急坂を登ってみました。登っても大展望はどこにもなかったんだけど(苦笑)愛宕山ってゆー標識をみつけました。

 

f:id:yamajoshi:20170305170900j:plain

 

踏み跡通りに下ると歩く予定だった車道に出て、そこをしばらく登って行くと“スカリ山入口”ってゆー標識を見つけて、そこからまた登山道に入っていきました。今までの道と比べると、登山道っぽい道でテンションが上がりました。

 

f:id:yamajoshi:20170305170942j:plain

 

ピークに着いたかな?って思ったけど、レコで見た感じと違う…標識もない…ってことでニセピーク。観音ヶ岳たったのかなぁ?一旦、少し下って登り返すとスカリ山の山頂に到着しました。眺めは良くて、ベンチもあったけど、とにかく風が強くて寒かったので水分補給だけして先に進むことにしました。日光連山が見えてる??

 

f:id:yamajoshi:20170305171039j:plain

 

右側の三角のトンガリが武甲山です。何気にまだ行ったことないから、今年は行きたいな。

 

f:id:yamajoshi:20170305171115j:plain

 

スカリ山からの下りがかなり急ってことだったけど、そーでもなかったです。地図だと破線ルートなんだけど、ちゃんと整備されてるし、危ないところもないし、どこが?って感じ。雪があったらイヤだなって思ってたけど、全くなし。

 

f:id:yamajoshi:20170305171157j:plain

 

エビガ坂まで下るとあとはユルユル。何かフォトジェニックなものはないかなーってキョロキョロしながら歩いてると、可愛い葉っぱたちを見つけました。

 

f:id:yamajoshi:20170305171242j:plain

 

陽が差し込む杉林の中をどんどん歩いていくと桃源郷といわれてるユガテに到着。入口付近のロウバイがキレイだったけど、ちょーど雲が出てきちゃってうまく撮影できず。

 

f:id:yamajoshi:20170305171336j:plain

 

やっぱり、見頃は過ぎちゃってるみたいだったけど、たくさん咲いてました。背景が白い雲なのが…(泣)

 

f:id:yamajoshi:20170305171419j:plain

 

いや~、カワイイなぁ♡めっちゃ癒されます。

 

f:id:yamajoshi:20170305171449j:plain

 

民家の入口に紅梅も咲いてました。コチラもカワイイ♡

 

f:id:yamajoshi:20170305171536j:plain

 

標識のある広場の陽だまりのベンチで本日初めての休憩。ベンチは満員御礼状態(笑)。ユガテの景色を眺めながらサンドイッチでサクッとランチしました。早くバーナー担いで来て、暖かいものが食べたいなぁ。

 

f:id:yamajoshi:20170305171614j:plain

 

この梅をボーっと眺めてたらオジサンが写真を撮ってくれました。オジサン、ありがとー。ミラーレスだとなかなか自撮りできないことに気が付きました。わざわざ三脚立てるのもアレだし。やっぱり、コンデジとダブルスタンバイかな。

 

f:id:yamajoshi:20170305171657j:plain

 

よく咲いてたけど柵があって立入禁止になってたから近づけなかったロウバイ

 

f:id:yamajoshi:20170305171950j:plain

 

そうそう、ロウバイに実?がなってるのも見かけました。

            

f:id:yamajoshi:20170305172034j:plain

 

ユガテからは整備された古道飛脚道をユルユルと歩きました。男坂と女坂の分岐があって、橋本山に向かうために男坂を選択しました。寄らない選択もできたけど、眺めがいいとゆーことで寄ってみることにしました。

 

f:id:yamajoshi:20170305172127j:plain

 

橋本山からは、奥多摩の山々を見ることができました。どれがどれかはわからなかったけど…。手前は飯能アルプスかな?

 

f:id:yamajoshi:20170305172102j:plain

 

途中、雨乞塚ってゆー標識があったけど、登りだったからもーいーかなって(苦笑)。そのまま、杉林をズンズン歩いて行きました。

 

f:id:yamajoshi:20170305172358j:plain

 

フツーは吾那神社裏から下りるんだろーけど、吾那神社手前が登りなのが地図見てわかってたので、迂回してずっと下りの福徳寺から下りました。へタレだって自分でも思うけど、数ヶ月間、家と会社の往復くらいしかしてなかったんだから仕方ないって自分に言い訳してみたり(笑)

 

f:id:yamajoshi:20170305172316j:plain

 

後は車道を5分位歩いて東吾野駅に到着~。ケガもなく、調子が悪くなることもなく、無事に歩ききることができました。駅前にコンビニもないので、持ってたお菓子を電車の中で食べながら帰りました。

 

スカリ山はマイナーだけど、噂通りに眺めのよいお山だったな。でも、ユガテは前からちょっと憧れてた場所だったけど、実際に行ってみてあんまり魅力を感じなかったな。もっとお花が咲いてる時期に来るのがいーのかも?でも、久々にお山を歩いて、やこんな低山でもやっぱりお山が好きだなぁって改めて思いました。高山にも雪山にも登りたいのは山々だけど、今は無理せず、自分が登れる低山でゆっくりとリハビリしていきたいと思います。これからはお花の季節だから低山でも楽しいお山はたくさんあるし、少なくとも夏山シーズンまでは様子見でガマンしなくては…

 

いつかまた、テントを担いで縦走できる日が来るといいなぁ。

2016年10月15日 国師ヶ岳~北奥千丈岳(日帰り) 

f:id:yamajoshi:20170305194432j:plain

 

大弛峠P~前国師国師ヶ岳頂~北奥千丈岳頂~前国師~夢の庭園~大弛峠P

 

あんまり体調良くなかったから、短時間で楽に登れて、でも標高が高くて紅葉が見れそうで、おまけに登ったことがないお山…ってことで、国師ヶ岳に行ってきました!ホントは宇多田ヒカルのCMで一躍メジャーなお山になった栗沢山に行こうかなって思ってたんだけど、ホントに体調がイマイチで…。そんなんで登るなよって感じなんだけど、3連休にバスとかホテルとかせっかく予約してたのにお天気がビミョーで東北紅葉遠征ができなかったから、どーしても行きたかったんだ。

 

大弛峠の駐車場は、金峰山の登山口にもなってるので混むことはわかってたので、夜中に着くように家を出ました。初めてのテン泊の時に、富士見小屋から金峰山に縦走してきて、ここから下山したから山道がグネグネ長いのはわかってたけど、ホントに長かったわ…。駐車場に着くと、空いてるスペースはあと3台位って感じでした。車を停めて、寒かったけどトイレに行って、すぐに寝ました。外気温はー1℃。車の中もかなり寒くて、厳冬期用のシュラフ持ってくればよかったなってちょっと後悔しました。

 

赤く焼ける富士山が見たかったから、暗いうちに起きて準備して出発~。いくら整備されたハイキングコースとはいえ、あまりに真っ暗でちょっとだけ怖かったけど、直前に出発したオジサンがいたから大丈夫かなって歩き始めました。ヘッデンを頼りに大弛小屋の脇を通って、木の階段をひらすら登って行きました。そもそも階段は苦手だけど、それにしてもいつもより息が切れたのでちょくちょく立ち止まりながら登り続けました。

 

しばらくすると長い階段ゾーンが終わって、大き目の石がゴロゴロしてる道になりました。段々と薄明るくなってきてたから気持ちは焦るけど、なかなか足が前に出なくてキツかったな。前国師に着いたころには、かなり明るくなってきてて、空が赤くなり始めてるのも見えたから、このまま前国師にいようか迷ったけど、地図で見る限りは国師ヶ岳まであと少しっぽかったから歩き続けることにしました。でも、少し歩いて、方向があってるのか不安になって(地図だと前国師のところに北奥千丈岳への分岐があるように見えたから)、一度、前国師に戻ったりしてタイムロス。それでも、何とか日が昇り始める前に国師ヶ岳頂に着くことができました。山頂は、すでに富士山に向けてカメラをセッティング済みのカメラマンさんでいっぱいでした。

 

f:id:yamajoshi:20170305194512j:plain

 

本来なら、日の出には間に合ってないはずなんだけど、下の方に雲の層ができてたから間に合ったって感じでした。でも、とゆーことは、富士山は赤く焼けないかも?と思いながら、めっちゃ寒かったので上下ダウンを着てスタンバイ。上下ダウン着ててもカメラ構えてる手は凍えて感覚なくなってたけどね。ちょっと高い岩の上に立って待ってたら、お日さまが雲から顔を出し始めました。

 

f:id:yamajoshi:20170305194552j:plain

 

何十回見ても、何百回見ても、どこで見ても、やっぱり朝日はいいなぁ♡朝が来て、新しい1日が始まるって当然のことだけど、すごいことだよね。

 

f:id:yamajoshi:20170305195016j:plain

 

富士山と山肌が少しだけピンクになったけど、やっぱり雲のせいなのかイマイチ…。そして、木々は紅葉してないとゆーか、強風ですでに葉っぱが落ちてしまったらしい。

 

f:id:yamajoshi:20170305195225j:plain

 

でも、とりあえず、富士山のアップ。

 

f:id:yamajoshi:20170305195512j:plain

 

もう1回引きで。あんまり変わらないけど…(汗)

 

f:id:yamajoshi:20170305195641j:plain

 

南アルプスも薄っすらピンク色…

 

f:id:yamajoshi:20170305195743j:plain

 

やっぱり赤くならない富士山。これが限界でした。この後、カメラマンさん達は『ダメだね…』って言いながら次々と下山して行きました。お日さまが当たるよになって少し暖かくなって、残るは数人になった山頂でしばらくボーっと景色を眺めてました。だって、富士山こそ赤くならなかったけど、キレイな景色には変わらなかったから。

 

f:id:yamajoshi:20170305195826j:plain

 

金峰山の五丈岩もピョコンと見えました。

 

f:id:yamajoshi:20170305195908j:plain

 

十分に景色を堪能して、北奥千丈岳に向かうことにしました。薄暗かったし、最後は気が焦ってたから“こんな道歩いてたんだ~”って感じでした。ちなみに、明るくなったら紅葉してるかな?って思ったけど、そもそも紅葉する木が少ないし、すでに紅葉は終わってたみたい…

 

f:id:yamajoshi:20170305195959j:plain

 

いつの間にかお日さまが高くなり始めてて、木々の間から日差しが差し込んできました。

 

f:id:yamajoshi:20170305200038j:plain

 

まずは前国師方面に向かって戻って… 

 

f:id:yamajoshi:20170305200132j:plain

 

分岐を北奥千丈岳に向かいました。ちょっと岩がゴロゴロしてたけど、歩きにくいところはなかったです。

 

f:id:yamajoshi:20170305200212j:plain

 

あっとゆー間に北奥千丈岳に到着~。360℃開けてる広い山頂には誰もいませんでした。

 

f:id:yamajoshi:20170305200345j:plain

 

南アルプス金峰山を眺めながらここでもしばらく座り込みました。眺めが良かったってのもあったけど、体調が悪すぎて、正直歩けませんでした。

 

f:id:yamajoshi:20170305200422j:plain

 

狛犬さんが岩の窪みに佇んでました。同じ狛犬さんをどこかで見た記憶があるんだけど、どこだっけ?

 

f:id:yamajoshi:20170305200502j:plain

 

全く動きたくはなかったけど、このままずっと座ってるわけにもいかないので、ゆっくりゆっくり下山することにしました。こんな岩ゴロのシャクナゲだらけのところ登ってきてたんだ。シャクナゲの季節に来ても良さそう。

 

f:id:yamajoshi:20170305200631j:plain

 

こんな感じの階段をひたすら下ります。体調悪いから下りやすくて助かったけど。

 

f:id:yamajoshi:20170305200755j:plain

 

登りは真っ暗過ぎて寄る意味ないなって思って寄らなかったけど、帰りは夢の庭園を通りました。巨岩がゴロゴロしてたけど、どーゆーところが“夢”なのかは全くわかりませんでした。でも、夢の庭園の階段からの眺めはよかったです。

 

f:id:yamajoshi:20170305200844j:plain

 

大弛小屋近くまで来ると真っ赤なナナカマドを見つけました。結局、紅葉の写真は1枚も撮れなかった…(泣)

 

f:id:yamajoshi:20170305200957j:plain

 

なんとか大弛峠に戻ってこれました。途中で歩けなくなるかと思った…よかった。

 

f:id:yamajoshi:20170305201031j:plain

 

寒さとカラダの痛みで何も食べてなかったから、駐車場でサンドイッチ食べてから帰路に着きました。時間も早かったから下道で帰ったんだけど、なかなかキツかったです。無理しないで高速に乗ればよかった…

 

赤富士は見れなかったし、紅葉も見れなかったし、体調は悪くなるしで散々だったけど、間違いなく景色はキレイだったから行ってよかったって思います。とゆーか、最初に行こうと思ってた栗沢山には間違っても行かなくてよかった…。この感じじゃ自力で下山できなかったかもしれないもん。やっぱり無理は禁物だね。

 

ってことで、この山行中にカラダを壊したので休養期間に入ります。いつ復帰できるか?そもそも復帰なんてできるのか?今は全くわからなくて、復帰できない可能性が高いけど、復帰できると信じてお休みします。