読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年2月11日 雲竜渓谷(日帰り・雪山)

f:id:yamajoshi:20150213121318j:plain

 

滝尾神社P〜林道ゲート〜稲荷川展望台〜洞門岩〜沢コース〜雲竜渓谷入口〜雲竜渓谷〜雲竜瀑〜雲竜渓谷〜雲竜渓谷入口〜林道コース〜洞門岩〜稲荷川展望台〜林道ゲート〜滝尾神社P

 

去年の冬、いろいろな方のレコを見て、アイゼンを買ったら絶対に行ってみたい!と思っていた雲竜渓谷にお仲間さん達と行って来ました〜!どこのピークを目指すわけでもなく、渓谷の散策のみなので完全にハイキングでした。天気予報では快晴!しかも気温が高くなるとのこと。確かに、朝からすごくお天気はよかったから嬉しかったんだけど、今日の目的は氷瀑&氷柱だったから、気温が上がるのは避けたいところ…

 

東照宮の脇を通って滝尾神社の駐車場へ。この先にも駐車場はあるみたいだったけど、到着時間が遅くて空いてないと踏んでここに駐車しました。ここもギリギリ1台分のスペースしかありませんでした。

 

準備してから、林道を進みます。ところどころ雪やアイスっぽいところがあるものの、アイゼンなしで問題なし。タクシー会社によってはチェーンつけてゲートまで上がってました。普段は路駐が多いみたいだけど、それも一切なし。途中、停められそうなところも空いてたから見頃のピークは過ぎてたってことかも。

 

林道ゲート前の駐車場は数台しか停められないのでさすがにいっぱいでした。ここからゲートをくぐって行く右のルートと来た道が続いていく左のルートに分かれますが、左が正解。右は行けないことはないみたいだけど、正規ルートじゃないみたいです。

 

ゲートからは念のためアイスマスターをつけたけど、途中までは雪もアイスもほとんどなく、すぐに外すハメに。稲荷川展望台をスルーしてどんどん進んで行くとだんだん雪道になったけど、しっかり締まった雪だったのでやっぱり滑り止めは必要なし。アイスマスターは単なる重りになりました…。そして、あまりの気温の高さにベースレイヤーと薄手のソフトシェルだけでも汗だくでした。ニット帽かぶってたら、髪の毛からポタポタ汗が垂れてたよ…

 

何時間歩いたんだろう…あまりの林道の長さに辟易して黙々と歩いてたらやっとのことで洞門岩に到着〜。長かった…(涙)。ツアーのヒト達がヘルメットとアイゼンつけてたのでそれに倣って装着!このアタリからチラチラ氷っぽいものが木々の向こうの岩壁にお目見えしてました~

 

ここから林道コースと沢コースに分かれますが、迷わず沢コースを選択。ロープがある下りがあったり、急坂があったりして林道よりよっぽど楽しかった(笑)。何ヶ所か渡渉ポイントがあったけど、ストックを借りたおかげで難なく通れました。今回、ストックが優秀なことがよくわかりました。ストックなかったら渡渉できなかったところあったな(汗)。そろそろストック買おうかな…

 

沢に出来てた氷のカタチがなんかカワイイかったです♡

 

f:id:yamajoshi:20150213121256j:plain

 

しばらくすると雲竜渓谷入口の広場?展望台?に出ました。階段を下りて渓谷に入ってからもまた何回か渡渉あったけど難しいところはなし。周りには、氷の壁が見えてきてすでにテンションあがって写真撮りまくりでした。

 

お目当てはまだ先なので沢沿いに進んで行くと、友不知と言われてるところに到着しました〜。さっきまでの氷壁とは比べものになんないくらい大きくて綺麗でした。気温が高かったからものすごい勢いで溶けてましたけど。

 

f:id:yamajoshi:20150213121357j:plain

 

芸術的な氷のオブジェ。自然にこんな形になるなんてすごいです…

 

f:id:yamajoshi:20150213121526j:plain

 

さらに進むと氷の神殿といわれている大きな氷柱があるところに到着しました!すごい!!めちゃくちゃ綺麗過ぎる〜♡早速、裏側に入ってみたけど、後ろからどんどんヒトが来るから、引きで写真が撮れず中途半端な感じに…

 

f:id:yamajoshi:20150213121433j:plain

 

この氷柱はかなり太いんだけどすごい勢いで溶けてて、じゃーって音がしてました。氷柱の下の方の表面はポコポコしてて、青く透き通ってて綺麗でしたよ~☆写真を撮るのに夢中になって近寄ったら、この下にある深い水たまりにハマりました(汗)。ブーツの中まで濡れなくてよかった…

 

f:id:yamajoshi:20150213121552j:plain

 

時折、ドーン、ドーンって音がして、氷柱が落ちてきててちょっと怖かったです。このトゲトゲが、とゆーよりも重さがヤバイですね。ヘルメット被ってても一撃でやられちゃいそうです。ホントに大きいので。くれぐれも真下では止まらない方がいいです。

 

f:id:yamajoshi:20150213121809j:plain

 

その後は、雲竜瀑の中段(?)の滝壺まで行きました。急斜面を高巻きに進むんだけど、雪が半分くらい溶けててピッケル要らなかったな…。でも、かなり道幅が狭いのですれ違いは要注意です。

 

慎重に進んで行くとこんな景色が見えて来ます〜

 

f:id:yamajoshi:20150213122023j:plain

 

ちょっと近寄って…

 

f:id:yamajoshi:20150213122054j:plain

 

さらに近寄って…

 

f:id:yamajoshi:20150213122117j:plain

 

何だかすごいことになってる…

 

f:id:yamajoshi:20150213141323j:plain

 

他のところはヒトがものすごく多かったけど、ツアーではここまで来れないみたいなので、ヒトが少なくて静かに堪能できました☆

 

神殿まで戻るとツアーのヒト達が帰ったからか、ヒトがまばらになっていたので、ここぞとばかりに再び写真を撮りまくりました(笑)

  

f:id:yamajoshi:20150213141356j:plain

 

今まで世界のいろんなところでいろんなモノを見てきたけど、自然のチカラってホントにすごいな~と改めて思いました。

 

f:id:yamajoshi:20150213141421j:plain

 

 このヒトの少ないタイミングにもう一度、氷柱の裏側に行きたい!と思っちゃったのですが、お仲間さん達が帰りたいモードだったので諦めました…

 

f:id:yamajoshi:20150213141441j:plain

 

帰るのが名残惜しくて何度も振り返っちゃいます…

 

f:id:yamajoshi:20150213141504j:plain

 

帰りは、雲竜渓谷入口の看板でヘルメットとアイゼン外してから林道コースに進んだら、なんと登り(泣)。大した距離じゃなかったけど、登ると思ってなかったからツラかった…。下りになってからもとにかく長い!途中、稲荷川展望台で女峰山をチラ見しました。

 

f:id:yamajoshi:20150213141524j:plain

 

今年の氷柱は小さかったみたいだけど、それでも淡いブルーのアイスが青空に映えてめちゃくちゃ綺麗でした♡でも、長い林道歩きにはホントにホントにウンザリ…。もっと大きく成長した氷柱が見れるのなら、また来たいなって思うけど、次に来る時は絶対にゲートまで車で来ます!(笑)