読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年12月29日 入笠山(日帰り・雪山)

 f:id:yamajoshi:20150105222151j:plain

 

富士見パノラマスキー場ゴンドラ山頂駅〜入笠湿原〜マナスル山荘〜岩場迂回コース~入笠山山頂岩場コース~マナスル山荘~入笠湿原~富士見パノラマスキー場山頂駅

 

せっかくお休みに入ったので、2日連続で雪山へ…。かつてのホーム、富士見パノラマスキー場がある入笠山に2014年の登り納めに行ってきました~。

 

天気予報通り、朝からシトシト雨…。でも、気温が高かったから、『このまま山も雨だったらどーしよー』なんて話しながら、車を走らせました。大月あたりも完全に雨だったけど、しばらくすると須玉からチェーン規制の表示が。ノーマルタイヤだったから、韮崎で降りて20号で向かいました。

 

途中からだんだん雪っぽくなってきて、道路の積雪も増えたので、チェーン付けて進みました。標識を見落として、富士見峠交差点をスルーするというハプニングがあったものの、無事に富士見パノラマスキー場入口に到着。ゴンドラ使わず登りたかったから、沢入の駐車場に向かいましたが、戸田市立少年自然の家から先の雪がハンパなくて、チェーンでも登れずあえなく断念(泣)仕方なく、スキー場の駐車場に戻って懐かしのゴンドラに乗りました。

 

駐車場は雨だったけど、予想通り山頂駅は雪でした。登山道はトレースこそあったものの、あまり踏み固められてなくて、ツボ足だと足をとられたり、滑ったり、踏み抜いたり…。それでも、ほとんどヒトの入ってなさそーなフッカフカの新雪にテンション上がりまくりで、雪の中に倒れこんだりして遊びながら進みました。

 

昨日の北横とは、生えてる木の種類が違うし、お天気も全然違ったから、同じ樹林帯でも全然雰囲気が違いました。快晴の青空をバックにした樹林帯はとても素敵だったけど、雪が舞う中の樹林帯もなかなか幻想的でしたよ。

 

f:id:yamajoshi:20150105222534j:plain

 

しばらく行くと急に開けて、入笠湿原に出ました。夏山を知らないから、元がどんななのかわからなかったけど、完全な雪原になってました。 全くヒトが入った様子もなく、ただただシーンと静まりかえってました。

 

f:id:yamajoshi:20150105222727j:plain

 

入笠湿原を抜けると林道に出て、少し登りがキツくなりました。お仲間さん達のペースが早いから、雪に足をとられながらも着いて行くのに必死でした。気温が高くて全然寒くないので、かなり汗かいちゃいました。でも、最近投入したメリノウールのアンダーはとても優秀で、汗冷えとは無縁でした。メリノウール、噂通りスゲー(笑)

 

ちょっと疲れてきたな…って思った時にマナスル山荘に着きました。今日は、マナスル山荘でランチする予定で寄ったけど、調理人さんが買い出し中だったから、お茶と野沢菜をいただきながら暖かい小屋で待たせてもらいました。みんなでノンビリしてたら、調理人さんが戻ってくるのにまだ1時間くらいかかるとゆーことで先に山頂を踏んで来ることにしました。

 

小屋の方の話だと、自分達の前に山頂に向かったのは、同じタイミングで休憩してた3人家族のみとのこと。この先は雪がすごいだろうとゆーことでワカンを履いて出発しました。 昨シーズン1回しか使わなかったワカン…。使い方を忘れてて、最初はかなり苦戦しちゃいました。ちょっと急登になるとズルズルズルズル滑っちゃって(汗)。見かねたお仲間さんがストック貸してくれたけど、やっぱりストック苦手で上手く使えず…。

 

ワカンに悪戦苦闘しながらも新雪に倒れこんだり、ノートレースに突っ込んだり、写真撮りまくったりしていたら、いつの間にか雪は止んで、薄っすら太陽が見えてきました。

 

f:id:yamajoshi:20150105223113j:plain

 

薄日に照らされた木々が綺麗でした。

 

f:id:yamajoshi:20150105223203j:plain

 

あちこちの山で見かけるとろろ昆布(と命名しました(笑))も雪を纏っていつもと違う感じになってましたよ。なんか不思議~

 

f:id:yamajoshi:20150105223253j:plain

 

山頂手前で岩場迂回コースと岩場コースに分かれてました。岩場コースはちょっと急でもちろんノートレース。ラッセルする体力ないので、迷わず迂回コースに進みました。 相変わらずのハイペースにそろそろ休憩したい…と思い始めたところで山頂に到着しましたー!

 

雪は完全に止んでたし、時折、真上には青空が見えたけど、完全に晴れることはなくて眺望は全くなし。でも、風はなく、ほぼ貸切の山頂は気持ち良かったです☆

 

f:id:yamajoshi:20150105223440j:plain

 

下山は、後ろから来てたガイド登山の2人組がトレース付けてくれた岩場コースで降りてみました。まだ誰も踏んでない新雪があまりに気持ち良さそうだったから、トレースをわざと外して雪に埋れながら斜面を落ちるように下りました。めちゃめちゃ楽しかったー♡

 

マナスル山荘に戻ると、また、お茶と野沢菜を出してくれて、みかんまでくれちゃいました。もちろん、ランチもいただきましたよ〜。小屋のヒト達がすごく優しくてよくしてくれるし、コタツにテレビにお風呂まであって、とても居心地の良さそうな小屋でした。

 

ずっとマナスル山荘でダラダラしていたかったけど、下山することにしました。マナスル山荘前は昔スキー場だったらしく開けていて、ワンちゃんを連れたヒト達がソリとかで遊んでました。夏にはお花畑になって、スズランがたくさん咲くのかな~?あまりに気持ち良さそうな場所だったから、新雪に突入して遊びました。でも、新雪のところばっかり歩いたから、さすがに腿がパンパンになっちゃいましたけど、楽しかった~

 

入笠湿原まで戻って来た時には、かなり青空が増えてました。

 

f:id:yamajoshi:20150105223645j:plain

 

さらに下って、山頂駅近くに来た時にはもっと青空が広がってました。これが山頂だったらって悔やまれたけど、眺望が全くなくてもモフモフの新雪を満喫できたから大満足です。

 

f:id:yamajoshi:20150105223858j:plain

 

ちなみに、下山時は登山道はかなり踏まれてて、歩きやすかったです。 登り納めの山行は生憎のお天気だったけど、おかげでヒトの少ない、新雪の入笠山を満喫できちゃいました。晴れてる雪山も好きだけど、雪の雪山の方が雪山らしいと思ったりしちゃいます。

 

去年の10月に山登りを始めてから、1年ちょっと…。低山ハイクからアルプスまで色々な山を登ってきました。そして、雪山やテント泊も始めて、色々な山の楽しみ方を知ることもできました。来年もたくさんの山に登って、色んな景色に出会いたいと思いまーす☆